千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

神田 はちまき(神田神保町)の「海老天重」「穴子天重」

2012年01月28日 | 和食
【平成24年1月某日 調査・登録】
 こちらの店「神田 はちまき」は、昭和6(1931)年に創業した老舗の天ぷら屋です。レトロな雰囲気の店内で、昔ながらの江戸前天ぷらをリーズナブルな値段でいただくことができます。江戸川乱歩氏や井伏鱒二氏ら多くの有名人に愛された店としても有名です。客室にはかつて訪ねて来られた有名人の色紙や写真がところ狭しと貼られています。
 店名の「はちまき」は、創業者が修業先の料亭から独立する際、親方から「一生ねじり鉢巻きで勉強だ」と激励を受けたことに由来するようです。




 こちらは「海老天重」です。厳選された食材の揚げ立ては実に美味です。丼タレは、鰹節・昆布・味醂・塩等をその日の天候や気温に合わせて微妙に調整して作られるそうです。



 こちらは「穴子天重」です。穴子や野菜がカラっと揚がっており、実に美味です。具材のボリュームは凄いのですが、ご飯のボリュームが控え目なのがお洒落です。



★神田はちまき
  所在:千代田区神田神保町1-19
  電話:03-3291-6222
  品代:海老天重850円、穴子天重1,200円
コメント (2)

百萬石(神田須田町)の「たこカルパッチョ」「ぎんなん」「ポテトサラダ」等

2012年01月28日 | 居酒屋・パブ
【平成24年1月某日 調査・登録】
 こちらの店「百萬石」は、都営地下鉄岩本町駅から徒歩数分、靖国通りから1本入った静かな路地にあり、昔ながらの居酒屋といった雰囲気が漂う「おでん」や「焼き魚」が美味しい店です。


 10数年ぶりの訪問ですが店内の雰囲気は変わっていません。まずは「たこカルパッチョ」です。


 お酒は「ハイボール」です。


 お酒のアテに「ぎんなん」もいただきました。


 「ポテトサラダ」はボリュームがあって美味です。


 最後は「焼きそば」です。ご馳走さまでした。


★百萬石
  所在:千代田区神田須田町2-15-1
  電話:03-3253-5077
  品代:たこカルパッチョ650円、ハイボール500円、ぎんなん650円、ポテトサラダ500円、焼きそば800円
コメント

むらた(岩本町)の「蛤なべセット」「エビフライ」

2012年01月28日 | 和食
【平成24年1月某日 調査・登録】
 こちらの店「むらた」は、昭和初期に創業した「とんかつ」や「すき焼き」が有名な老舗料理店です。



 寒いこの季節、こちらの店のメニューで一番人気があるのが「蛤なべ」です。口コミで評判が広がり、各地からお客さんが集まっていらっしゃるようです。ということで、今宵は「蛤なべセット」です。まずは「お通し」です。大きな蟹の身が入った酢の物です。



 次は「本まぐろ刺身」です。こちらの店には10数年前に何度も伺って食事をしたのですが、看板メニューの「とんかつ」もさることながら、感心するほど美味しいのがお刺身でした。今でもまったく変りなく美味です。蕩けるような本まぐろを堪能できました


 さて次はこちらの店の看板メニュー「一口カツ」です。箸がススっと入るほど肉が柔らかく、それでいて周りの衣はサクっと揚がり、さすがに看板メニューだけのことはあります。黒い衣はラードの為せる技です。焦げたような見かけですが、それが中身のフックラ感を一層演出しています。



 さて、次は今宵のメインイベント?である「蛤なべ」です。汁は味噌仕立てです。


 この蛤の色艶とボリュームをご覧くださいいかにも美味しい味を出してくれそうな御姿をされています



 蛤と野菜を入れて、暫しグツグツと煮ます。


 出来上がりです。蛤もパックリと開きました。蛤から滲み出たエキスと風味が汁や野菜に広がり、実に美味です。蛤のプリプリとした食感も最高です。



 鍋の〆は定番の「うどん」です。「おじや」を選ぶこともできます。どちらも美味だと思いますが、絵的には「おじや」のほうが美しいかもしれません。


 「蛤なべセット」は終わりましたが、「セット」には入っていない「エビフライ」も食べてみようという声が上がり、オーダーしました。こちらも「とんかつ」と並ぶ定番メニューです。私はいただいていないので味のコメントはできませんが、見るからに美味しそうです


★むらた
  所在:千代田区岩本町2-7-2
  電話:03-3866-3012
  品代:蛤なべセット5,100円、エビフライ(2本)945円
コメント (2)   トラックバック (1)

久兵衛(紀尾井町)の「志野(にぎり)」「志野(ちらし)」

2012年01月15日 | 寿司
【平成24年1月某日 調査・登録】
 こちらの店「久兵衛」は銀座に本拠を構える有名寿司店です。あの魯山人がこよなく愛した店として知られています。


 「志野(にぎり)」は、サラダやにぎり、味噌汁等で構成されるコース料理です。まずはサラダです。


 そして、メインは「にぎり」です。彩りも鮮やかな高級新鮮魚介を思う存分に楽しむことができます。こうしてみると、寿司というのは、まさに「和」の芸術品ですね。外国の方も好まれるのは単にヘルシーだからではなく、完成された「和」の美しさがあるからだと思います。



 穴子は塩(右)とタレ(左)の2種類の味を楽しむことができます。


 こちらは寿司で握られた海老のカシラを焼いて別皿で提供されるものです。とても香ばしく、海老の風味全開の珍味です。


 こちらは「シジミの味噌汁」です。



 そして、「志野(ちらし)」は、にぎりのコースと同様に、まず、サラダが供されます。そして、「お造り」が続きます。歯ごたえのよい新鮮魚介が使われています。


 穴子がトッピングされた「ちらし」ご飯です。



 さらに、絶品の「ウニ」も別皿で供されます。


★久兵衛 ニューオータニ店(タワー店)
  所在:千代田区紀尾井町4-1ホテルニューオータニタワーロビー階
  電話:03-3221-4145
  品代:志野(にぎり)6,300円、志野(ちらし)6,300円 別途サービス料10%
コメント

そば切り源四郎(神田神保町)の「おつまみ盛合せ」「玉こんにゃく」「そば切り(板そば)」等

2012年01月15日 | 蕎麦
【平成24年1月某日 調査・登録】

 姉妹ブログ蕎麦遺産そば切り源四郎の情報を掲載しました。
コメント

大阪百貨店(有楽町)の「たこ焼き」「どて焼き」「いか焼き」等

2012年01月09日 | 和食
【平成24年1月某日 調査・登録】
 こちらの店「大阪百貨店」は、食い倒れの町「大阪」のアンテナショップとして、平成23(2011)年7月に有楽町の東京交通会館にオープンしました。「浪花のええもんうまいもん」が揃えられています。
 コンセプトは「知る、味わう、愉しむ大阪」で、店内では「たこ焼き」や「いか焼き」などの大阪の食品や土産が売られています。


 こちらは「たこ焼き」です。フワフワっとした食感が美味です。



 こちらは「角ハイボール」です。


 こちらは「どて焼き」です。甘~い味付けが堪りません!


 こちらは「いか焼き」です。まさに大阪の味です。



★大阪百貨店
  所在:千代田区有楽町2-10-1東京交通会館1階
  電話:03-5220-1333
  品代:たこ焼き380円、角ハイボール400円、どて焼き180円、いか焼き380円
コメント

つきじ喜代村すしざんまい(有楽町)の「本鮪五貫にぎり」「冬の北海六貫にぎり」等

2012年01月08日 | 寿司
【平成24年1月某日 調査・登録】
 こちらの店「つきじ喜代村すしざんまい」の本店は築地にあり、その日に築地市場に入荷した新鮮な魚介類が厳選されて仕入れられています。
 築地の中央卸売市場で平成24年初の取引「初競り」が1月5日に行われましたが目玉である国産クロマグロが昨年の最高値を2400万円も上回る5649万円(1キロ当たり21万円)で競り落とされました。その落札者が「つきじ喜代村すしざんまい」です
 《前回のこちらの店の姉妹店「つきじ喜代村廻るすしざんまいAKIBA店」の調査・登録:寿司




 今日はこちらの店の「新春極上本まぐろ初セリ祭り」の初日で、寒い中行列してやっと入店できました。そんな訳で体も冷え、まずは熱燗です。「白鶴」といきましょう。


 こちらは本日の「初セリ祭り」のメイン商品である「本鮪五貫にぎり」2人前と「冬の北海六貫にぎり」1人前の一皿盛りです。


 こちらは「大とろ」と「中とろ」です。脂が載って蕩けるような味わいが最高です


 こちらは「ぼたんえび」「ホタテ」「ズワイガニ」です。


 こちらは「活タコ」と「赤身まぐろ」です。


 こちらは「あぶりとろ」です。炙りがマグロの脂を一層惹き立てています


 こちらは「ウニ」と「いくら」です。


 こちらは「とろたく手巻き」です。


 美味しい寿司が続き、酒も進みます。次は富山の淡麗辛口「銀盤 純米大吟醸」です。


 こちらは「上穴子」です。食感・風味・甘味が最高です。



★つきじ喜代村すしざんまい 有楽町店
  所在:千代田区有楽町2-1-3
  電話:03-3500-2201
  品代:白鶴(純米深山霞2合)893円、本鮪五貫にぎり(1人前)1,598円→1,029円、
     冬の北海六貫にぎり(1人前)1,751円→1,280円、銀盤 純米大吟醸735円、上穴子420円
コメント

新荘園(飯田橋)の「四川風激辛マーボー豆腐定食」「ラーメンセットA」

2012年01月07日 | 中華
【平成24年1月某日 調査・登録】
 こちらの店「新荘園」は飯田橋のアイガーデンテラスに平成23(2011)年11月3日にオープンしました。五感を楽しめる四川料理と伝統的で新しい上海料理を味わうことができます。


 「四川風激辛マーボー豆腐定食」は、本場成都の陳麻婆豆腐とライス・スープ・お新香・デザートのセットです。オーダーのとき、ウェイターさんから「激辛マーボー豆腐はとても辛いですが大丈夫ですか?辛さを調整することもできますがどうされますか?」と聞かれましたが、「辛くてOKです」と答えました。相当辛いものと覚悟していましたが、いただいてみると激辛というほど辛くはなく、辛さの中に旨味のある美味しいマーボー豆腐でした。



 「ラーメンセットA」は、「鶏そば」と「日替わりミニ丼」と「デザート」のセットです。本日の「日替わりミニ丼セット」は「エビチリ丼」です。「鶏そば」はサッパリとしていてとても美味です。





★新荘園 飯田橋店
  所在:千代田区飯田橋3-10-9アイガーデンテラス2階
  電話:03-6380-8879
  品代:四川風激辛マーボー豆腐定食800円、ラーメンセットA900円
コメント (2)

九段 ゑん重(九段南)の「ぎんなん」「玉こんにゃく」「川海老の唐揚」「せいろ」等

2012年01月07日 | 蕎麦
【平成24年1月某日 調査・登録】

 姉妹ブログ蕎麦遺産九段ゑん重の情報を掲載しました。
コメント

上海ブギ(九段南)の「上海ブギコース」

2012年01月07日 | 中華
【平成24年1月某日 調査・登録】
 こちらの店「上海ブギ」では、上海モダンとも言える内装の店内で上海にルーツを持つ自慢の点心「上海小籠包」や名物の「大皿焼き餃子」などをリーズナブルな値段で楽しむことができます。


 「上海ブギコース」は、7品構成です。まずは「前菜3種盛り合わせ」です。


 次は「干し貝柱入りスープ」です。こちらのスープ、塩の味がまったくしません。そもそもそういう作りのヘルシースープなのか、それとも単に塩を入れ忘れたのか、何かもの足りなさを感じる不思議なスープでした


 次は「上海小籠包と蒸し点心2種」です。


 次は「海老のマヨネーズソース炒め or 海老のチリソース炒め」です。本日は「海老のチリソース炒め」を選びました。春巻きの皮を千切りにして揚げたようなものとレタスの食感がシャキっとしていて、海老と合わせていただくと実に美味です。


 次は「鶏と野菜のオイスターソース炒め」です。


 次は「四川麻婆豆腐ご飯 or 五目固焼きそば」です。本日は「五目固焼きそば」を選びました。


 最後は「デザート」の杏仁豆腐です。


 そして、飲み放題込コースは、ビールやハイボール、ワイン、焼酎などが飲み放題になります。

★上海ブギ
  所在:千代田区九段南4-7-17市ヶ谷杉喜ビル1・2階
  電話:03-3221-9119
  品代:上海ブギコース(飲み放題込)3,480円
コメント