千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

SATSUKI(紀尾井町)の「ポークカツカレー」「特製パンケーキ マロングラッセ添え」

2012年09月30日 | カレー
【平成24年9月某日 調査・登録】
 こちらの店「SATSUKI」はホテルニューオータニ(詳しくは姉妹ページ千代田遺産コチラをご覧ください)内にある和洋朝食ビュッフェやシェフこだわりの食材を使用したセレクトメニューなどを楽しめるカフェ&ダイニングです。
 《こちらの店の姉妹店「パティスリーSATSUKI」の前回の調査・登録:スーパーモンブラン


 さて、今日はマスコミやネットで話題沸騰の3,500円カレーをいただきます。9月26日に行われた自由民主党総裁選挙で勝利された安倍晋三 新総裁が投票直前に、げんを担いで召し上がったのがこちらの「ポークカツカレー(フィレ)」です(正確にはこちらの店ではなく宴会場で召し上がったそうです)。

 さあ、勝負ごとにご利益(ごりやく)がありそうな縁起の良いカレーをいただきます。まずは我が国のカレーには付き物の「らっきょう・福神漬・タクアン」がまいりました。漬け物は庶民的ながら、別皿でなんとなく高級感が漂います。


 こちらは付け合わせのキャベツのためのドレッシングです。器がお洒落です。


 じゃ~んっ!「ポークカツカレー(フィレ)」の登場です。






 さあ、カレーを掛けていただきます。庶民の私は「カレーは辛いもの」と決め込んでいますが、こちらのカレーを口に含むと、まず感じるのは「まろやかな甘味」です。円熟味のある野菜などから出たであろう自然な甘味で嫌味がありません。それでいて後から、各種スパイスのピリッと辛い豊かで高貴な味わいが追いかけてきます。フィレカツも香ばしくカラッと揚がっており、食感が素晴らしいです。カレーにはできる限りの辛さを要求してきた私ですが、「こういった奥行きのある高貴な味わいのカレーもあるんだな~」と感心した次第です。(なお、黒服を着た幹部らしき店員にお聞きしたところ、新総裁が宴会場で召し上がったのは、フィレではなくロースだったそうです。)


 さて、もう一品は、「ニューオータニ特製パンケーキ マロングラッセ添え」です。
 まず運ばれてくるのがメープルシロップ3種です。樹液の採取時期によって違い、右から、最も採取時期の早い「エキストラライト」、その次に採取される「ライト」、そしてその次が「ミディアム」です。「エキストラライト」が一番高級とされています。3種をお好みで掛けていただきます。


 こちらの特製パンケーキは、国産のリコッタチーズを贅沢に使用し、ふっくら焼き上げられています。今秋はマロンとラムレーズンがあしらわれています。やたら甘いのですが、カレーとの取り合わせが絶妙です。




 シロップを掛けたところです。


 注文を受けてから生地を作り、じっくりと焼かれるため、ふわふわの食感が絶品です。


★SATSUKI
  所在:千代田区紀尾井町4-1ホテルニューオータニ ザ・メイン ロビー階
  電話:03-5275-3177
  品代:ポークカツカレー3,520円(サービス料込)、ニューオータニ特製パンケーキマロングラッセ添え1,980円(サービス料込)
コメント

宝来屋(九段南)の「七色おはぎ」

2012年09月22日 | スイーツ・菓子
【平成24年9月22日 調査・登録】
 今日は「お彼岸の中日」です。お彼岸にいただくのは「ぼたもち」それとも 「おはぎ」?
 実は両方とも正解です。諸説ありますが一般的には、春の彼岸には春に咲く牡丹にちなんだ大きめで丸い「ぼたもち」を、秋の彼岸には秋に咲く 萩にちなんだ小ぶりで細長い「おはぎ」をいただきます。
 また昔は、秋の「おはぎ」は小豆の収穫期のため穫れ立ての柔らかい小豆を皮も一緒に潰して作った「粒あん」を、春の「ぼたもち」は冬を越して固くなった小豆の皮を取り除いて作った「こしあん」を使っていたそうですが、現在では保存技術等の進展によりこの使い分けは不要となりました。

 さて、ということで本日は靖国神社前に店を構える明治元(1868)年創業の老舗和菓子屋「宝来屋」の「七色おはぎ」です。
  《前回のこちらの店の調査・登録:三色花見だんご


 「七色おはぎ」は、奥左から右へ「こし」「つぶし」「いも」、手前左から右へ「くるみ」「ごま」「きなこ」「くり」の七品で構成されています。こちらの店の「おはぎ」はお彼岸の期間限定の販売です。


 こちらは「こし」です。


 こちらは「つぶし」です。



 こちらは「いも」です。スイートポテトのような味わいが実に美味です


 こちらは「くるみ」です。「おはぎ」にこのようなカリっとした食感があるのは珍しく、意外な相性が美味です


 こちらは「ごま」です。香ばしく仕上がっています


 こちらは「きなこ」です。


 こちらは「くり」です。


★宝来屋本店
所在:千代田区九段南2-4-15
電話:03(3261)4612
品代:こし・つぶし・きなこ・ごま・いも各158円、くり・くるみ各189円
コメント

四季膳(神田司町)の「真鯛づくしコース」

2012年09月12日 | 和食
【平成24年9月某日 調査・登録】
 こちらの店「四季膳」は、神田司町にある真鯛と季節の料理の専門店です。化学調味料などは使わない素材の味を大切にした四季折々の伝統的な和食が評判です。メインの真鯛は築地で活き〆した新鮮なものが使われ、格別の旨さです。真鯛は「低脂肪・高タンパクで消化吸収に優れている」「コラーゲンが豊富」「グルタミン酸・イノシン酸・タウリンなどアミノ酸が豊富」「EPA・DHAが豊富」などの特徴があります。

 「真鯛づくしコース」は全9品と飲み放題で構成されています。1品目は「先付5点」です。前菜5点ものです。


 2品目は「真鯛の刺身盛り合わせ」です。プリプリした食感の真鯛の刺身が盛られています


 3品目は「季節の野菜サラダ」です。味わいのある旬の季節野菜が提供されています。


 4品目は「真鯛竜田揚げ」です。新鮮な真鯛が贅沢に竜田揚げにされています。ふわふわした真鯛を自家製ポン酢でいただきます。


 5品目は通常「真鯛の炙り焼き」ですが、本日は「真鯛のかぶと酒蒸し」です。薄味ですが味に奥行きがあって実に美味です



 6品目は「季節の煮物」です。旬の食材が使われた味わい深い煮物です。


 7品目は「利休仕立ての真鯛茶漬け」です。ごまの風味とほうじ茶で仕立てられ、さっぱりとした味付けです。


 映像はありませんが、8品目は「ぬか漬け」です。自家製の糠床でじっくり漬け込まれ、ぬかの風味がしっかり利いた漬物です。そして9品目は「デザート」のアイスクリームです。
 「飲み放題」は、生ビール・焼酎各種・サワー各種・日本酒・ワイン・ソフトドリンク各種が対象です。映像はハイボールです。


 これだけ至れり尽くせりで鯛料理が楽しめて、しかも飲み放題付きで2,500円とは驚異的コストパフォーマンスです。

★四季膳
  所在:千代田区神田司町2-19-3丸越ビル
  電話:03-5282-4004
  品代:真鯛づくしコース5,000円→グルーポン利用で2,500円
コメント

大勝軒(神田須田町)の「スーラーメン」「坦々麺」

2012年09月08日 | ラーメン
【平成24年9月某日 調査・登録】
 こちらの店「大勝軒」は、あの有名な「大勝軒」は別系統の店で、大正3年に創業した「新川大勝軒(中央区茅場町)」の味と伝統を継承している店です。こちらの店舗は平成24(2012)年6月にオープンしました。


 「スーラーメン」は、こちらの店のランチメニューの人気No.1だそうです。優しい口当たりのスープと沢山の野菜、マイルドな酢の絶妙な味付けが美味です。ヘルシー志向の方に人気があります。




 「坦々麺」は、他店のものに比べると辛みが抑えられ、コクが出ています。上質な胡麻をふんだんに使用することで、濃厚でコクがあるスープに仕上がっています。クリーミーなので、中太麺によく絡みます。




 サービスご飯が付きます。


★大勝軒
  所在:千代田区神田須田町1-18-2須田町パークビル1階
  電話:03-6677-8881
  品代:スーラーメン780円(→グルーポンで390円)、坦々麺780円(→グルーポンで390円)
コメント   トラックバック (2)

エシレ・メゾン デュブール(丸の内)の「ガトー・エシレ ナチュール」

2012年09月06日 | スイーツ・菓子
【平成24年9月某日 調査・登録】
 こちらの店「エシレ・メゾンデュブール」は、ヨーロッパのロイヤルファミリーや三ツ星レストランのシェフにも愛用されているエシレ・バターと、エシレ・バターをたっぷりと使った焼き立てのお菓子やパンを販売している世界初のエシレ専門店です。
 《前回のこの店の調査・登録:クロワッサン

 こちらの「ガトー・エシレ ナチュール」は、入手困難なケーキとして有名です。そもそも、こちらの店は開店前から行列ができるのが常な上に、このケーキは15台限定という超レア商品です。10時開店のところ、勇んで9時15分に到着・・・んっ?誰も並んでいない・・・あれれ・・・今日は臨時休業かな・・・なっ訳ない・・・店の中には開店準備に大忙しの店員さんがいるから・・・などとアタフタしていると、次から次へ後ろにお客さんが並び始めました。ということで、1番札をゲットしたので、入手確実と喜びながら開店を待ち・・・めでたくゲットです!今日に限って言えば、感覚的には9時40分到着でも楽々ゲットできる感じでした。

 さてさて、肝心のケーキですが、まるでエシレバターを食べているかのような感じです。なんとエシレバターがクリームの半量近く使われており、アーモンドプードル多めのリッチな生地を超厚めに包んでいます。ミルキーでコクのあるバタークリームが舌の上で蕩けていきます。




外側のバタークリームの厚みを見てください!


★エシレ・メゾン デュ ブール
  所在:千代田区丸の内2-6-1丸の内ブリックスクエア1階
  電話:03(6269)9840
  品代:ガトー・エシレ ナチュール3,675円
コメント (4)

ポール・ボキューズ・ベーカリー(丸の内)の「ゴーダチーズ・フランス」「塩バターメロンパン」等

2012年09月02日 | 喫茶・パン・サンド
【平成24年9月某日 調査・登録】
 こちらの店「ポール・ボキューズ・ベーカリー」は、フランス料理界の巨匠ポール・ボキューズの名を冠したベーカリーショップです。
 《前回のこちらの店の調査・登録:オレンジボート、パンド・ピザ、ブリオッシュ・メロン、ミルクレーズンハーフ、セサミ・ベーコン


 こちらは「ゴーダチーズ・フランス」です。フランスパンにオランダのゴーダチーズが巻き込まれています。チーズの味が活かされ、素朴ながらとても味わいのある逸品です


 こちらは「フロマージュ・ジャンボンカリー」です。カレー味の生地にチーズとハムが巻き込まれています。


 こちらは「塩バターメロンパン」です。有塩バターが使用され、ほんのりとした塩味がメロンパンの甘さを一層惹き立てている逸品です


 こちらは「ジャーマン(ポテトグラタン)」です。フランスパンにベーコンとポテトがサンドされ、グラタンソースで仕上げられています。


 こちらは「プリンパン」です。プリンの香りがするスッキリとした甘さのパンです。


★ポール・ボキューズ・ベーカリー 大丸東京店
  所在:千代田区丸の内1-9-1大丸東京店地下1階
  電話:03(3212)8011(大丸東京店代表)
  品代:ゴーダチーズ・フランス(ハーフ)336円、フロマージュ・ジャンボンカリー(ハーフ)168円、塩バターメロンパン189円、
     ジャーマン(ポテトグラタン)294円、プリンパン189円
コメント

ミート矢澤(丸の内)の「極味弁当」

2012年09月02日 | 洋食
【平成24年9月某日 調査・登録】
 こちらの店「ミート矢澤」は、大丸東京店に8月22日にオープンした「ほっぺタウン」の中にある全長60mにも及ぶ「お弁当ストリート」にあります。なお、「ミート矢澤」の本社は五反田にある最高級黒毛和牛専門店です。


 「お弁当ストリート」の中で、肉を使った弁当を集めたのが「お肉の細道」ですが、その中でひときわ目を引くのが、マスコミでも話題沸騰の「ミート矢澤」の9,600円弁当「極味弁当」です。案の定、行列ができており、精算を済ませてから30分待ってやっと入手することができました。


 「極味弁当」は、最上級ランク「A5」格付の黒毛和牛のステーキ2枚と黒毛和牛100%のハンバーグが入っています。ステーキは「シャトーブリアン(特上のヒレ)」と「サーロイン」です。


 良質のサシが入りとても柔らかい「ステーキ」は、その名のとおり極味です。こんなに美味しいお肉をいただくのは久しぶりです。口の中に含むとジワ~っと旨味が広がります







 ハンバーグも同様で、挽き肉だからといって安っぽい味はまったくしません。肉汁が滴り落ちる絶品です



 添えられた「マッシュポテト」や「野菜」の味付けも手抜きのない美味しさです


★ミート矢澤 大丸東京店
  所在:千代田区丸の内1-9-1
  電話:03-3212-8011(大丸東京店代表)
  品代:極味弁当9,600円
コメント