千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

加賀・能登・金沢 江戸本店(有楽町)の「能登もみいか」

2006年09月23日 | 和食
【9月23日調査(テイクアウト)・登録】
 この店は、平成17年11月に、加賀・能登・金沢の特産、地物、名産等を一堂に会するアンテナショップとしてオープンしました。


 「能登もみいか」は、するめいかをワタを取らずに天日干しにしたものです。


 火で軽く炙っていただきます。


 「ワタ」の濃厚な味が酒の肴に最高です


★加賀・能登・金沢 江戸本店
  所在:千代田区有楽町1-5-2東宝ツインタワービル1階
  電話:03(3500)3883
  品代:能登もみいか(5枚入り)672円
コメント

わかやま喜集館(有楽町)の「さんま姿寿司」

2006年09月23日 | 寿司
【9月23日調査(テイクアウト)・登録】
 この店は、和歌山の観光情報や特産品を取り揃えたアンテナショップです。


 この「さんま姿寿司」は、保存食から発展した料理といわれ、約2,000年の歴史を誇ります。熊野灘の秋刀魚を丸ごと塩漬けし、さらに古座川の梅酢に漬けて風味付けされます。生臭さがなく独特の旨味が醸し出されています。



★わかやま喜集館
  所在:千代田区有楽町2-10-1東京交通会館地下1階
  電話:03(3216)8000
  品代:さんま姿寿司750円
コメント (2)

客家(有楽町)の「海老老麺」「豚足老麺」

2006年09月23日 | 中華
【9月23日調査・登録】
 この店は、晴海通りに面しており、歴史を感じさせる店構えが特徴の台湾料理店です。


 「海老老麺」は、大ブリでプリプリの新鮮な海老と青梗菜が載った麺です。鶏ガラと野菜から丁寧に取った滋味溢れるスープが実に美味です


 「豚足老麺」は、時間をかけてじっくり煮込んだ豚足が付いています。トロトロになるまで煮込まれ、箸でも簡単にほぐせる豚足はこの店の名物になっています。



★客家
  所在:千代田区有楽町1-6-3
  電話:03(3502)0039
品代:海老老麺900円、豚足老麺850円
コメント

洋々亭(九段北)の「酢豚」「ピーマン肉炒め」

2006年09月23日 | 中華
【9月22日調査・登録】
 この店では、リーズナブルな料金で美味しい中華料理を楽しめます。
 《前回の調査・登録:木くらげ玉子炒め

 適度の酸味が旨い「酢豚」


 「ピーマン肉炒め」


★洋々亭
  所在:千代田区九段北1-3-4
  電話:03(3264)1890
  品代:酢豚700円、ピーマン肉炒め700円
コメント

wabisuke九段(九段北)の「自家製〆さば」「卵焼」「砂肝のオイスター炒め」

2006年09月23日 | その他
【9月21日調査・登録】
 この店は「トルコライスの店」として有名だった二七通りの「フジ」が移転して9月1日に開店したものです。


 「自家製〆さば」


 「卵焼」


 「砂肝のオイスター炒め」


★wabisuke九段
  所在:千代田区九段北1-5-5
  電話:03(3262)1675
  品代:自家製〆さば800円、卵焼400円、砂肝のオイスター炒め500円
コメント

慶楽(有楽町)の「モヤシと豚肉の焼きそば」「スープ入りヤキメシ」「シュウマイ」

2006年09月18日 | 中華
【9月18日調査・登録】
 この店は、作家の故・池波正太郎氏のお気に入りだった店として有名です。


 池波正太郎氏晩年の「銀座日記」では、「モヤシと豚肉の焼きそばとビール。きょうは迷わず、これと決めていた。」とも書かれ、「モヤシと豚肉の焼きそば」は氏の定番であったようです。旨味が滲み出た軽い餡かけ風のモヤシと豚肉の炒めがとても美味です。


 この店でもうひとつ有名なのが「スープ入りヤキメシ」です。スープは広東風のアッサリとした味付けで、しっとりと馴染んだ焼飯との相性は抜群です。



 「シュウマイ」


★慶楽
  所在:千代田区有楽町1-2-8
  電話:03(3580)1948
  品代:モヤシと豚肉の焼きそば950円、スープ入りヤキメシ1,000円、
     シュウマイ900円
コメント (4)

沌(飯田橋)の「トムヤムクン汁そば」「タイ風やきそば」

2006年09月17日 | アジアン
こちらの店は閉店し、跡地には新荘園が開店しました

【9月17日調査・登録】
 この店は、野菜や香草をタイより空輸し、いつもフレッシュなタイ料理を提供しています。


 「トムヤムクン汁そば」は、世界三大スープのトムヤムクンを使った麺料理です。通常のトムヤムクンスープより酸味が抑えられた味付けになっています。


 「タイ風やきそば」は、かなり甘い味付けが特徴です。


★沌(とん)飯田橋店
  所在:千代田区飯田橋3-10-9アイガーデンテラス2階
  電話:03(3237)0470
品代:ランチ トムヤムクン汁そば(サラダ・デザート付)750円、
     ランチ タイ風やきそば(スープ・サラダ・デザート付)800円

こちらの店は閉店し、跡地には新荘園が開店しました
コメント   トラックバック (1)

INDO-IN(神田小川町)の「ブラウンカレー」「レッドカレー」

2006年09月16日 | カレー
【9月16日調査・登録】
 カレーの名店が軒を連ねる神保町のすぐそば(神田小川町)に、港区浜松町に本拠を置くINDO-INが進出してきました。


 「ブラウンカレー(辛口ポーク)」は、野菜をたっぷりと使って煮込んだスープをベースとしたジャガイモ入りの辛口ポークカレーです。


 「レッドカレー(甘辛ビーフ)」は、コクと旨味、スパイスの刺激、フルーツの甘さがウリのカレーです。はじめはフンワリとした甘さが口の中に漂いますが、後から辛さが追いかけて来ます。実に奥行きのある味は拍手ものです


★INDO-IN 御茶ノ水店
  所在:千代田区神田小川町3-20-4
  電話:03(3294)0377
  品代:ブラウンカレー650円、レッドカレー600円
コメント

洋々亭(九段北)の「木くらげ玉子炒め」

2006年09月16日 | 中華
【9月15日調査・登録】
 この店では、リーズナブルな料金で美味しい中華料理を楽しめます。
 《前回の調査・登録:キムチにこみ・ニラレバ炒め・大辛ラーメン

 中華料理の定番「木くらげ玉子炒め」


★洋々亭
  所在:千代田区九段北1-3-4
  電話:03(3264)1890
  品代:木くらげ玉子炒め650円
コメント

えん(神田花岡町)の「秋刀魚のお造り」「下仁田名産とろこんにゃく」「鮪と分葱のぬた和え」

2006年09月16日 | 居酒屋・パブ
【9月14日調査・登録】
 この店では、料理人が山海の食材に精魂込めて、手料理として提供しています。

 「秋刀魚のお造り」は角の立ったプリプリの食感が美味です


 「下仁田名産とろこんにゃく」


 「鮪と分葱のぬた和え」


★えん アトレヴィ秋葉原店
  所在:千代田区神田花岡町1-9アトレヴィ秋葉原5階
  電話:03(5298)2796
  品代:秋刀魚のお造り680円、下仁田名産とろこんにゃく650円、鮪と分葱の
     ぬた和え580円
コメント