千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

ラ ブラスリー(内幸町)の「メインディッシュを選べるランチコース」等

2018年10月20日 | フレンチ
【平成30年10月某日 調査・登録】
 こちらの店「ラ ブラスリー」は、帝国ホテル内にあるフレンチレストランです。帝国ホテルは開業以来、長きにわたり正統派フランス料理を追求し、歴代料理長らが生み出した数々の料理を、現総料理長らが「帝国ホテルの味」として守り続けています。ここトラディショナルダイニング「ラ ブラスリー」は、多くの先人たちが培った伝統を継承するレストランです。








 フレンチといえばワインですね。
 白ワインは「コート デュ ローヌ ブラン レ ローレル」をいただきました。とても華やかな香りがあってフルーティーです。味わいはとても瑞々しく美味です


 赤ワインは「ル オー メドック ディッサン」をいただきました。フローラルのアロマと、完熟果実と熟れたタンニンの味わいが特徴でエレガントです


 さて、料理をいただきましょう。「メインディッシュを選べるランチコース」は、「オードブル」「スープ」「メインディッシュ」「デザート」「コーヒーor紅茶」で構成されています。
 まずはじめに、こちらは「オードブル」です。


 パンは「クルミパン」「フランスパン」です。


 次は「スープ」です。「本日のスープ」「コンソメスープ」「オマール海老のスープ」から選べます。
 こちらは「コンソメスープ」です。さすが帝国ホテルだけあって、基本が忠実に守られた滋味あふれる正統派スープに仕上がっています


 こちらは「オマール海老のスープ」です。海老の風味が凝縮されており、こちらもまた美味です


 次は「メインディッシュ」です。「日替わりの魚料理2種」「日替わりの肉料理2種」「伝統の料理ローストビーフ」「牛サーロインのポワレ」「海老と舌平目のグラタン エリザベス女王風」から選べます。
 こちらは「仔牛と生ハムのクレビネット 様々な茸と栗のソテーを添えて」です。美味しい。赤ワインにピッタリです。




 こちらは「的鯛のムニエル 焦がしバターとグルノーブル風付けあわせ」です。的鯛が香ばしく焼かれており、こちらもとても美味です




 次は「デザート」です。デザートワゴンよりお好みのデザートを選べます。
 こちらは「モンブラン」です。


 こちらは「洋梨のタルト」です。


 こちらは「プリン」です。


 最後は「コーヒー」「紅茶」です。




 ごちそうさまでした。トラディショナルダイニングの名のとおり、伝統的かつ王道のフレンチを堪能できました。

★ラ ブラスリー
 所在:千代田区内幸町1-1-1帝国ホテル東京タワー地下1階
 電話:03-3539-8073
 品代<税・サ一部別>:コート デュ ローヌ ブラン レ ローレル<グラス・150ml>1,300円、ル オー メドック ディッサン<グラス・150ml>1,800円、メインディッシュを選べるランチコース(通常料金6,380円のところ一休.comで)5,300円
コメント

原価ビストロBAN!(富士見)の「シャルキュトリー盛合わせ」「野菜のテリーヌ」「和牛カルパッチョ」「豚モツとゴーヤのアヒージョ」「肉盛り合わせ」等

2017年07月22日 | フレンチ
【平成29年7月某日 調査・登録】
 こちらの店「原価ビストロBAN!」は今月7日、富士見にオープンしたユニークなフレンチレストランです。入場料500円を払うことでワイン等のお酒をほぼ原価で飲め、さらに本格フレンチ料理もリーズナブルな価格で楽しむことができます。


 まずは乾杯用に「ガンチア・グラン・レアレ・ブリュット」をいただきました。何とグラスで150円!しっかりとした泡立ちとフルーティーさを兼ね備えた辛口のスパークリングワインです


 こちらは「シャルキュトリー盛合わせ」です。店自家製のパテや豚の脂と白ワインで煮込んでペースト状にした豚のリエットや生ハムの盛り合わせです。お酒の肴に最高です


 こちらは「野菜のテリーヌ」です。夏野菜を使ったラタトゥイユ風のテリーヌで、ビジュアルも美しく涼しげですが、素材の味が最大限に生かされていて、お味の方もグッドです


 美味しい肴に囲まれ、いよいよ赤ワインです。アメリカ産の「ブエナ・ヴィスタ・ソノマ・ジンファンデル」です。フルボディで、ストロベリーやレッドラズベリーのアロマ、ドライフルーツの様な果実味を感じます。しっかりとしたタンニンも美味です


 こちらは「和牛カルパッチョ」です。ハーブ風リコッタチーズとのコラボが最高です




 こちらは「豚モツとゴーヤのアヒージョ」です。アツアツで美味!パンを残り汁に浸けていただけばさらに美味です


 こちらは「トマトのトコロテン ガスパチョソース」です。夏にぴったりのガスパチョソースでいただくツルッとしたトコロテンです。


 こちらは「野菜のピクルス」です。


 さて、仕上げは「肉盛り合わせ」です。シェフお任せの盛り合わせですがボリューム満点で美味です。


 飲めば飲むほど得する感じ!今度はもっと飲めるときに再訪します。ごちそうさまでした。

★原価ビストロBAN!
 所在:千代田区富士見2-2-11一直ビル1階
 電話:03-3556-1123
 品代(外税):入場料500円、ガンチア・グラン・レアレ・ブリュット(グラス)150円、シャルキュトリー盛合わせ750円、野菜のテリーヌ500円、ブエナ・ヴィスタ・ソノマ・ジンファンデル(ボトル)1,900円、和牛カルパッチョ1,000円、豚モツとゴーヤのアヒージョ550円、トマトのトコロテン ガスパチョソース300円、野菜のピクルス350円、肉盛り合わせ(3種300g)2,500円
コメント (2)

GARB pintino(神田錦町)の「飲み放題付 国産食材にこだわった前菜・肉料理・パスタなど!ボリュームたっぷりパーティープラン」

2017年07月05日 | フレンチ
【平成29年7月某日 調査・登録】
 こちらの店「GARB pintino」は、ランチ&ディナーからバー使いまで、あらゆるシーンで安心して、美味しく楽しく寛げる大人のためのカジュアルフレンチレストランです。




 「飲み放題付 ボリュームたっぷりパーティープラン」は、アンティパストやフリット、メイン、パスタ、デザート等で構成されている飲み放題付のプランです。
 まずは、アンティパストの「季節野菜のSTAUB蒸し焼き 淡路島の塩で」です。野菜の食感や素の味わいが活かされた逸品です


 次は「ロメインレタスのシーザーサラダ 熟成バルサミコ風味」です。


 次は「チェリートマトと北海道モッツァレラのカプレーゼ」です。これは美味です


 次は「スペイン生ハム ハモンセラーノ エンボラ 18ヶ月熟成」です。


 次はフリットです。「鳥取県 ひとめぼれ のアランチーニ」や「熊本県 芝海老の唐揚げ」「北海道 ジャガイモのシューストリング」です。


 メインは「ハーブでマリネしたチキングリル」です。


 こちらはパスタ「濃厚トマトソースのペンネアラビアータ」です。


 ラストのデザートは「エンゼルフードケーキ ショコラ」です。


 パンは「銀座ビゴの店」のバゲットで、「飲み放題」のメニューは、ビール「キリンハートランド」、ワイン、焼酎(芋・麦)、カクテル、ウィスキー、ソフトドリンク等です。
 ごちそうさまでした。お洒落で洗練されたカジュアルフレンチレストランでした。

★GARB pintino
 所在:千代田区神田錦町3-22テラススクエア2階
 電話:03-3233-0350
 品代:飲み放題付 国産食材にこだわった前菜・肉料理・パスタなど!ボリュームたっぷりパーティープラン5,000円
コメント

ビストロ ポンヌフ(富士見)の「シェフズプレート」「自家製ハンバーグ」

2016年11月13日 | フレンチ
【平成28年11月某日 調査・登録】
 こちらの店「ビストロ ポンヌフ」は、入口にまずテラス席が続き、その奥にエントランスがある隠れ家風のフレンチレストランです。




 ランチの「シェフズプレート」は、魚料理か肉料理かを選びます。バケットかライス、そして、コーヒーか紅茶が付きます。肉料理とバケットをチョイスしました。本日の肉は「豚バラ肉のシュークルート」です。薄味で素材の味が活かされています




 こちらはランチの「自家製ハンバーグ」です。バケットかライス、そして、コーヒーか紅茶が付きます。ライスをチョイスしました。






 こちらはドリンクです。




 ごちそうさまでした。

★ビストロ ポンヌフ
 所在:千代田区富士見2-3-14 1階
 電話:03-6261-1127
 品代(外税):シェフズプレート1,000円、自家製ハンバーグ1,000円
コメント

ヴァンピックル(丸の内)の「絶品!!炭焼きステーキロッシーニ」等

2016年05月08日 | フレンチ
【平成28年5月某日 調査・登録】
 こちらの店「ヴァンピックル」は昼はビストロ&クレープリー、夜は肉料理と自然ワインがメインの店です。吉田豚や旬の素材を炭火だけで焼き上げる職人技が冴えています。銀座の名店「オザミ・デ・ヴァン」の姉妹店です。
 《前回のこちらの店の調査・登録:炭火焼ランチ<吉田豚のスペアリブ>・炭火焼ランチ<自家製ハンバーグ>等


 まずは自然派のロゼ泡「Bugey Cerdon」をいただきましょう。


 こちらは、ゴールデンウィークの豪華限定メニュー「絶品!!炭焼きステーキロッシーニ」です。牛フィレステーキの上にフォアグラを載せたゴージャスなランチです。フォワグラが香ばしく焼かれていてとても美味です。温泉たまごとパンまたはライスが付きます。












 お酒のお替りは赤ワイン「Flora」です。南仏らしい明るさと大らかさを持ったカベルネ・ソーヴィニョンです。グラスではなくカラフェでいただきました。


 こちらは、同じくゴールデンウィークの豪華限定メニューの「ローストビーフとスモークモッツアレラチーズのガレット」です。サラダが付いています。ローストビーフがとても厚切りです




 ごちそうさまでした。この店ハズレがありません。すべてがとても美味です。

★ヴァンピックル
 所在:千代田区丸の内3-3-1新東京ビル地下1階
 電話:03-6212-1011
 品代:Bugey Cerdon 864円、絶品!!炭焼きステーキロッシーニ2,400円、Flora<カラフェ>2,808円、ローストビーフとスモークモッツアレラチーズのガレット1,400円
コメント

レ セゾン(内幸町)の「全4品ランチコース」等

2015年10月20日 | フレンチ
【平成27年10月某日 調査・登録】
 こちらの店「レ セゾン」は、帝国ホテルのメインダイニングとして君臨するフレンチレストランです。クラシカルモダンをテーマにデザインされた店内は、重厚感と洗練された現代的な雰囲気が調和した落ち着きのある空間となっています。シェフは、フランスシャンパーニュ地方を代表するレストラン「レ クレイエール」でシェフを務めたティエリー・ヴォワザン氏です。素材を厳選し、伝統を踏まえながらも新たな感性を取り入れて作り上げる料理が美味です。








 「全4品ランチコース」は<前菜・魚料理・肉料理・デザート>のコースですが、間にさらに幾つかサービスが入るとてもお得なコースです。
 さっそくこちらは「前菜」の前のサービスです。右の平らな皿に入っているのは帆立です。


 乾杯のポメリーのシャンパンです(こちらはコースに含まれていません)。辛口でとても美味です。


 さて、いよいよ「前菜」です。「前菜」は「半透明なラングスティーヌにフランボワーズとトマト水 紫蘇とルバーブのラビオリと一緒に(1枚目の映像)」か「伝統的なホロホロ鳥のパテアンクルートと付け合わせ(2枚目の映像)」からチョイスします。




 こちらは「パン」です。とても美味しく焼きあがっています。


 さて、次は「魚料理」です。「魚料理」は「マルセイユ風ブイヤベース(1枚目の映像)」か「帆立貝のポワレをスイスチャードにのせて 秋ウコン風味のコンフィチュールとすだちの泡(2枚目の映像)」からチョイスします。




 魚料理には「白ワイン」です。グラスワインが1杯コースに含まれています。


 さて、次は「肉料理」です。「肉料理」は「ジロル茸のクルートを覆った鴨 ブイヨンに浮かべた鴨腿(1・2枚目の映像)」か「リ・ド・ヴォーとキドニーのフィナンシエール仕立て(3・4枚目の映像)」からチョイスします。



 




 肉料理にはやはり「赤ワイン」です。


 さて、次は「デザート」ですが、その前にスイーツのサービスです。とても美味です。




 「デザート」は「ポワール・ウィリアムスのクリーム 季節のソルベライムとアルガンオイルに灯りをともして(1・2枚目の映像)」や「トラディションに仕上げたミルフィーユプラリネ(3枚目の映像)」など全4品からチョイスします。いずれもとても美味です。






 最後にまたサービスでスイーツが付きます。お腹一杯です


 仕上げはコーヒーや紅茶です。




 ごちそうさまでした。

所在:千代田区内幸町1-1-1帝国ホテル東京本館中2階
電話:03-3539-8087
品代:一休限定1ドリンク付!全4品ランチコース9,680円、シャンパン(ポメリー)2,500円
コメント

ヴァンピックル(丸の内)の「吉田豚のスペアリブ」「自家製ハンバーグ」等

2014年12月21日 | フレンチ
【平成26年12月某日 調査・登録】
 こちらの店「ヴァンピックル」は昼はビストロ&クレープリー、夜は肉料理と自然ワインがメインの店です。吉田豚や旬の素材を炭火だけで焼き上げる職人技が冴えています。


 こちらは炭火焼ランチの「吉田豚のスペアリブ」です。肉厚で脂が載って実に美味です。炭火焼の香ばしさが光ります。




 テーブルには肉料理用に「わさび醤油」「マスタード」「塩」が用意されています。


 美味しいお肉といえば、付き物なのは美味しい赤ワインです。「カリニャン」をいただきました。香ばしくコクのある香りの中に、南仏らしい果実味がたっぷりです


 こちらは炭火焼ランチの「自家製ハンバーグ」です。肉汁がとてもジューシーです




 それぞれの料理に温泉卵とサラダとパンまたはライスが付きます。


 こちらの店は初訪問でしたが、とても美味しい肉料理で驚きました。ごちそうさまでした。

★ヴァンピックル
  所在:千代田区丸の内3-3-1新東京ビル地下1階
  電話:03-6212-1011
  品代:炭火焼ランチ<吉田豚のスペアリブ>1,400円、赤ワイン(カリチャン・グラス)810円、炭火焼ランチ<自家製ハンバーグ>1,200円
コメント (4)

オーバカナル(紀尾井町)の「田舎風テリーヌ」「オムレツミックス」「クロックムッシュ」等

2014年01月26日 | フレンチ
【平成26年1月某日 調査・登録】
 こちらの店「オーバカナル」はホテルニューオータニに隣接し、清水谷公園の近くにあります。フランスらしいオープンテラスを持つブラッスリ-でカジュアルなフランス家庭料理を楽しむことができます。
 《前回のこちらの店に併設されたブーランジェリーの調査・登録:フォカッチャ オニオン・クロワッサン・ダノワール・パティシエール・フィセル オ ブール・シューケット



 まずはハウスワイン(赤)です。


 こちらは「田舎風テリーヌ」です。濃厚な肉の味わいが美味で、赤ワインに良く合います


 こちらは「オムレツミックス(ハム&チーズ)」です。フワッとした仕上がりがとても美味です



 こちらはほろ苦さが美味しい「カンパリソーダ」です。


 こちらは「クロックムッシュ」です。チーズの蕩け具合とハムやパンの食感が秀逸です



 こちらは付け合わせの「パン」です。


 最後に「カフェオレ」をいただきました。ごちそうさまでした。


★オーバカナル 紀尾井町店
  所在:千代田区紀尾井町4-1新紀尾井町ビル1階
  電話:03(5276)3422
  品代:ハウスワイン(グラス)550円、田舎風テリーヌ1,260円、オムレツミックス800円、カンパリソーダ800円、
     クロックムッシュ700円、カフェオレ600円
コメント

オーバカナル(紀尾井町)の「メダイのポワレ 白ワインソース」「クレームアメリ」等

2012年04月21日 | フレンチ
【平成24年4月某日 調査・登録】
 千代田区で咲く桜の代表であるソメイヨシノが散る頃、紀尾井町通りには八重桜が咲き誇り桃色の並木が出現します(姉妹ページ千代田遺産コチラを参照)。


 本日はその八重桜を見に紀尾井町へまいりました。こちらの店「オーバカナル」は桜並木の真正面にあり、オープンテラスからは咲き誇る八重桜が手に取るように良く見えます。こちらのブラッスリ-では、カジュアルなフランス家庭料理を楽しむことができます。
 《前回のこちらの店の調査・登録:平目のポワレトマトソース、ミックスサンド、クロックマダム、キッシュ・ロレーヌ


 こちらのフレンチは何をいただいても美味ですが、この「メダイのポワレ 白ワインソース」も例外ではありません。素材である目鯛の味がよく生かされています。 



 美味しい料理と美しい桜に似合うものは、そうお酒ですね。ということで、ハウスワインの赤をキャラフでいただきました。ハウスワインだからと侮ることなかれ!適度な渋みがあって実に美味です。


 こちらの「鶏肉とジャガイモのオムレツ マスタードソース」は、マスタードソースの酸味が玉子の風味とベストマッチしています。



 こちらは「サンドイッチミックス(ハム&チーズ)」です。これは何時いただいても最高です。パンだけでもとても美味しいのですが、ハムやチーズの塩分や食感が加わると美味しさが倍増します



 こちらはデザートにいただいた「クレームアメリ」です。このデザートがまた実に美味です。こんがり焦げたキャラメルの香ばしい苦みと濃厚なカスタードクリームのコラボレーションが秀逸です。



 こちらは仕上げの「カフェ」です。


★オーバカナル 紀尾井町店
  所在:千代田区紀尾井町4-1新紀尾井町ビル1階
  電話:03(5276)3422
  品代:メダイのポワレ 白ワインソース1,200円、ハウスワイン赤(キャラフ)2,100円、鶏肉とジャガイモのオムレツ マスタードソース950円、
     サンドイッチミックス(ハム&チーズ)700円、クレームアメリ650円、カフェ500円
コメント (2)

ラ・メール・プラール(丸の内)の「ランチコースA」「ランチコースB」「リンゴのタルトタタン」

2012年03月27日 | フレンチ
【平成24年3月某日 調査・登録】
 フランスの西海岸に浮かぶ小島に築かれた世界遺産「モンサンミッシェル」はオムレツ料理が有名です。そのモンサンミッシェルで、1,000年の歴史と伝統を受け継いだ「ラ・メール・プラール」が、昨年(2011年)日本に初上陸しました。東京国際フォーラム(姉妹ページ千代田遺産コチラを参照)の1階です。創業者のプラールおばさんが考案したレシピの中でも、富に有名な看板メニューが「ふわふわオムレツ」です。




 「ランチコースA」は、「季節のオードブル」「ポテトフライまたはパン」「オムレツ」「コーヒーまたは紅茶」で構成されています。まずは「季節のオードブル」です。


 ポテトを選びました。


 さあ、いよいよ名物の巨大な「オムレツ」です。ふわふわでまるでメレンゲを食べているような食感です。全卵と生クリームを銅のボウルに入れ、大きな泡立て器でリズミカルかつ念入りに泡立てて作られます。オープンキッチンの店内ではその音が軽やかに響いています。十分に泡立てた後、銅のフライパンで焼いて完成です。味付けはバターと塩だけのシンプルさですが、それだけに卵の旨味が全開です。






 こちらはオプションのデザート「リンゴのタルトタタン」です。リンゴの自然の甘さとシナモンの香りがベストマッチの逸品です。



 コーヒーを選びました。


 そして、こちらは「ランチコースB」です。「季節のオードブル」「ポテトフライまたはパン」「マルミット」「コーヒーまたは紅茶」で構成されています。まずは「季節のオードブル」です。肉厚のサーモンがとても美味です



 パンを選びました。


 「マルミット」は「チキンのクリーム煮」です。さっぱりとした味付けです。





 紅茶を選びました。


★ラ・メール・プラール
  所在:千代田区丸の内3-5-1東京国際フォーラム内
  電話:03-5252-7171
  品代:ランチコースA1,500円、ランチコースB1,500円、リンゴのタルトタタン900円、サービス料10%
コメント (2)