千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

うな正(内神田)の「肝焼き」「短冊」「蒲焼」「素焼」「う巻」「白焼」「ほね唐揚げ」等

2017年05月23日 | うなぎ
【平成29年5月某日 調査・登録】
 こちらの店「うな正」は、神田駅西口商店街にあるうなぎ屋です。背開きにして、一度白焼きしたものを、蒸してから再び焼く関東風の調理法と甘さ控えめの自家製ダレが特徴です。静岡産うなぎが使われています。


 こちらは「お通し」です。


 お酒は「清酒白鶴」を常温でいただきました。


 こちらは「肝焼き」です。内臓全部が焼かれています。適度な苦みが美味で精力付きそうです


 こちらは「短冊」です。


 こちらは「蒲焼」です。ふっくらと柔らかく焼かれています


 こちらは「素焼」です。焼いただけで蒸されていません。コリコリっとした食感と香ばしさが特徴です。


 美味しいうなぎでお酒も進みます。「八海山」「久保田」「〆張鶴」を順番にいただきました


 こちらは「う巻」です。卵が絡むと、うなぎが一段とまろやかになります


 こちらは「白焼」です。焼いた後、蒸されています。お酒のアテに最高です。これは美味


 こちらは「ほね唐揚げ」です。


 リーズナブルな値段でうなぎ三昧の贅沢を味わうことができました。ごちそうさまでした。

★うな正
所在:千代田区内神田3-11-1三恵ビル1・2階
電話:03-3256-9288
品代:清酒白鶴(2合徳利)650円、肝焼き250円、短冊350円、蒲焼(仕入れ状況で値段が変化する)1,800円、素焼(仕入れ状況で値段が変化する)1,800円、八海山(コップ)650円、久保田(コップ)650円、〆張鶴(コップ)650円、う巻700円、白焼(仕入れ状況で値段が変化する)2,000円、ほね唐揚げ500円
コメント

神田きくかわ(神田須田町)の「うな重<ハ>」「うな重<イ>」

2014年01月26日 | うなぎ
【平成26年1月某日 調査・登録】
 こちらの店「神田きくかわ」は、昭和22(1947)年創業の老舗江戸前鰻店です。愛知県三河の直営場をはじめ信頼できる養鰻場のうなぎが使われています。
 《前回のこちらの店の調査・登録:うな重(ロ)



 「神田きくかわ」の「うな重」は、安い→高いの順に「イ」「ロ」「ハ」「ニ」の4種があります。
 こちらは「ハ」で、仕入れ状況にもよりますが通常は1尾半のうなぎが盛られています。注文を受けてから蒸され、タレをつけて炭火でじっくりフックラと焼き上げられたうなぎは実に美味です。こちら店の「たれ」には、砂糖の代わりにレンゲの蜂蜜が使われています。甘辛の絶妙なバランスやコク、まろやかさには定評があります。また、タレは控えめに掛けられており、アッサリ味が好みの客はそのままいただき、濃厚な味が好みの客はテーブルに備え付けのタレを掛けていただくことが可能です。それにしても重箱からはみ出した2つ折りうなぎのボリュームは圧巻です



 こちらは「うな重」の「イ」です。「ハ」に比べると小ぶりで脂のノリも控えめな感じです。



 両方、吸い物や香の物等が付きます。ごちそうさまでした。

★神田きくかわ
  所在:千代田区神田須田町1-24-2
  電話:03(3251)1506
  品代:うな重(ハ)4,850円、うな重(イ)2,980円
コメント (2)

伊豆栄(永田町)の「蒲焼定食」「つくね弁当」「きも吸」等

2012年07月22日 | うなぎ
【平成24年7月某日 調査・登録】
 本日は週末恒例の千代田区内散歩で、紀尾井町・永田町・麹町方面をブラブラしてきました。いよいよ、グランドプリンスホテル赤坂(詳しくは姉妹ページ千代田遺産コチラをご覧ください)の解体作業が始まりました。足場が急ピッチで組まれています。


 散歩の後、少し坂を上ってこちらの店「伊豆栄」に入りました。「伊豆栄」は、上野池之端に本拠を構える鰻料理の老舗です。


 鰻といえば日本酒です。冷酒も美味しいですが、今日は比較的涼しかったので常温で「清鷹」をいただきました。三重の酒で日本酒度は+4です。


 さて、お酒で喉も潤いましたので、いよいよ名物の鰻「蒲焼定食」をいただきます。「お吸物」と「香の物」が付きますが、「お吸物」は普通のものだそうで、折角ですのでオプションで「きも吸」に変更しました。「伊豆栄」のお品書きで一番変わっているのは松・竹・梅のランクです。通常は値段の高い順に、松・竹・梅となりますが、何とこちらの店は逆で、「梅」が一番高いのです。
 さて、本題に戻り「鰻」ですが、こちらの店の「焼き」の技術は200年以上の伝統があり、名人芸とも言える職人の炭の具合と火の通し方の間と煙のまわし方によって、ふっくらと香ばしい蒲焼が出来上がります




 こちらは「つくね弁当」です。「つくね」はお店の特製です。すべての具材が甘くしっかり味付けされています。



★伊豆栄 永田町店
  所在:千代田区永田町1-11-28第10相互ビル
  電話:03-3581-7093
  品代:清鷹(1合)577円、蒲焼定食(梅)4,725円、きも吸+315円、つくね弁当1,365円
コメント (2)

登亭(鍛冶町)の「特選蒲焼き」「きも焼き」

2009年07月19日 | うなぎ
【平成21年7月18日 調査(テイクアウト)・登録】
 今日は「土用の丑の日」です。「土用の丑の日」といえばウナギが定番です。夏バテ防止にウナギを食べる習慣は江戸時代に平賀源内が広めたとのことです。
 ということで、今日はこちらの店「登亭」のウナギをいただきました。「登亭」は、日本橋室町に創業して約50年になる老舗鰻店です。
 《前回の「土用の丑の日」の調査・登録:今荘(神田神保町)の「うな重」


 「特選蒲焼き」は、代々受け継がれてきた伝統の技術と経験で選び抜かれた良質のウナギがふんわり柔らかく蒸され、香ばしく焼き上げられた逸品です。


 「きも焼き」は、ビタミン豊富で、眼精疲労解消に効果絶大と言われています。苦味が体を引き締め、夏バテ解消にもつながります。


★登亭 神田駅前店
  所在:千代田区鍛冶町2-2-9
  電話:03(3256)2091
  品代:特選蒲焼き1,500円→1,400円、きも焼き200円
コメント

神田きくかわ(神田須田町)の「うな重(ロ)」

2009年05月02日 | うなぎ
【5月某日 調査・登録】
 こちら店「神田きくかわ」は、昭和22(1947)年創業の老舗鰻店です。



 こちらの鰻料理には、産地から送られてくる鮮度抜群の生きた鰻が使われています。また、客の注文を受けてから調理を始めるため、相当の待ち時間が必要になります。
 「うな重」は3種(イ・ロ・ハ)あり、今回は真ん中の「ロ」を注文しました。焼きたての鰻は実に美味です。
 こちら店の「たれ」には、砂糖の代わりに蜂蜜が使われています。甘辛の絶妙なバランスやコク、まろやかさには定評があります。また、タレは控えめに掛けられており、アッサリ味が好みの客はそのままいただき、濃厚な味が好みの客はテーブルに備え付けのタレを掛けていただくことが可能です。



 重箱からはみ出した2つ折りうなぎのボリュームは圧巻です


★神田きくかわ
  所在:千代田区神田須田町1-24-2
  電話:03(3251)1506
  品代:うな重(ロ)3,460円
コメント (2)

なかや蒲焼店(神田神保町)の「蒲焼」「白焼」「肝焼き」

2007年07月30日 | うなぎ
【7月30日調査・登録】
 本日は土用の丑の日・・・当然、「うなぎ」ということになります。
 なかや蒲焼店は、昭和21年の創業で、60年以上にわたり神田神保町で営業を続けてきた老舗の鰻店です。


 「蒲焼き(上)」はフックラと蒸し焼きされた江戸前うなぎの逸品です。


 山葵でいただく「白焼」は日本酒に良く合います。


 「肝焼き」は味わいがあって元気回復にもってこいです。


★なかや蒲焼店
  所在:千代田区神田神保町2-13神保町SFビル1・2階
  電話:
  品代:蒲焼(上)2,700円、白焼2,200円、肝焼き(1本)300円
コメント   トラックバック (1)

阿づ満や(九段南)の「うな重」「親子重」

2007年07月07日 | うなぎ
【7月7日調査・登録】
 この店は江戸時代から続く老舗の鰻屋で現在の店主は4代目です。


 紀州備長炭で焼かれる「うな重(松)」はふっくら柔らかです。


 「親子重(上)」


★阿づ満や
  所在:千代田区九段南4-5-13
  電話:03(3261)4178
  品代:うな重(松)2,415円、親子重(上)1,155円
コメント (4)

神田川本店(外神田)の「白焼」「うな重」「吸物」「赤だし」

2007年04月21日 | うなぎ
【4月21日調査・登録】
 この店は、文化2(1805)年創業のウナギ料理の老舗で、板塀に囲まれた料亭風の店構えが伝統の風格を感じさせます。


 お客様はすべて個室に案内されます。秋葉原電気街を擁する都心の中の都心でありながら、和の趣きあふれる個室でゆっくりいただけるウナギ・・・癒され、元気回復すること、間違いありません


 まずは温かい渋いお茶が供されます。


 最初に「白焼」です。わさび醤油でいただきます。身がよく引き締まっており、酒の肴に良く合います。


 そして、本命の「うな重」です。こちらのお店のウナギは伝統的に「辛め」の味付けです。世の風潮がウナギに「甘め」を求めても断固「辛め」・・・それでこそ、老舗です


 「吸物」


 「赤だし」


★神田川本店
  所在:千代田区外神田2-5-11
  電話:03(3251)5031
  品代:白焼(大)2,835円、うな重(大)(新香付)3,990円、吸物630円、赤だし630円
コメント

春木屋善兵衛(九段北)の「春膳」

2006年11月26日 | うなぎ
【11月26日調査・登録】
 この店は鰻の専門店で、蒲焼だけでなく鰻を使った斬新なアイデア料理も楽しめます。
 《前回のこの店の調査・登録:うなぎ



 「春膳」は、110g程度の柔らか仕立ての蒲焼きをリーズナブルに楽しめます。肝吸い・サラダ・香の物も付きます。


★春木屋善兵衛 九段下支店
  所在:千代田区九段北1-3-4
  電話:03(5210)2581
  品代:春膳800円
コメント

うな匠(神田花岡町)の「ひつまぶし」「うな重(特上)」

2006年07月23日 | うなぎ
【7月23日調査・登録】
 今日は土用の丑の日です。土用の丑の日といえば「ウナギ」が定番です。夏バテ防止に「ウナギ」を食べる習慣は江戸時代に平賀源内が広めたとのことです。ということで、今日は「ウナギ」をいただきに「うな匠」を訪ねました。
 この店は、名古屋名物「ひつまぶし」などを提供するうなぎ料理の専門店です。


 「ひつまぶし」は、愛知三河一色産の「ウナギ」を蒸さずに丁寧に焼き上げ、余分な油を落として仕上げられます。最初はそのままで、続いて薬味を入れていただきます。そして最後にダシをかけてお茶漬けのようにいただきます。
 東京の「ウナギ」とは違い、3種類の食べ方が味わえる点が新鮮なだけでなく、硬さや甘さも絶妙な至高の逸品です

 先ずはこのままいただきます。

 次に薬味(海苔・わさび等←お替り自由)を載せていただきます。

 最後にダシ(お替り自由)を掛けていただきます。


 「うな重(特上)」も備長炭でじっくり焼き上げられたコンガリとした表面と柔らかい内面のバランスが絶妙な逸品です



★うな匠 ヨドバシ秋葉原店
  所在:千代田区神田花岡町1-1ヨドバシAKIBA8階
  電話:03(3526)8855
  品代:ひつまぶし2,200円、うな重(特上)2,200円
コメント (2)