千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

マキシム・ド・パリ(丸の内)の「ヴァリエ」

2008年01月28日 | スイーツ・菓子
【1月26日調査(テイクアウト)・登録】
 マキシム・ド・パリは1893年にパリで誕生した伝説のレストランです。東京には1966年に進出してきました。当時、東京では本場パリの味を出し得る本格的フランス料理店が1軒もなく、料理・サービス・インテリア・雰囲気のすべてをパリのマキシムそのままに再現したレストランとして脚光を浴びました。
《前回のこの店の調査・登録:ビュッシュ・ド・ノエル マロン

 「ヴァリエ(洋菓子セット)MVA-20」は、マキシムの定番である赤い箱に、リーフパイ(プレーン・アーモンド)各2枚、フィナンシェ(セサミ・カレ)各1個、フリアン(アマンド)1個、ガレット1個、クッキー5種類各1枚が詰められています。


 「リーフパイ(プレーン)(アーモンド)」はマキシム・ド・パリの製品の中でもひと際人気の高い「ミルフィーユ」のパイづくりの技術を生かしたリーフパイです。



 「フリアン・アマンド」は、ほのかにレモンの香りが漂うアーモンド味です。


 「フィナンシェ・セサミ」は、黒胡麻風味のシットリ・まろやかな焼き菓子です。


 「ガレット」は、フランスの伝統的な焼き菓子でサクサクした食感とともにココナッツとアーモンドの香ばしさが口の中に広がります。


 「フィナンシェ・カレ」


★マキシム・ド・パリ 大丸東京店
  所在:千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店地下1階
  電話:03(3214)3953
  品代:ヴァリエMVA-20 2,100円
コメント (2)

美味卵家(鍛冶町)の「オムハヤシライス」「全部のせオムハヤシ」

2008年01月26日 | 洋食
【1月26日調査・登録】
 この店は、神田のJRガード下にあるオムハヤシなどの卵料理がメインの洋食店で、テレビや雑誌でよく取り上げられています。


 「オムハヤシライス」は、とろけるような半熟卵に手作りの濃厚なデミグラスソースがタップリと掛けられた逸品です。


 「全部のせオムハヤシ」は、オムハヤシに、「鳥唐揚」「コロッケ」「とろけるチーズ」がトッピングされています。


★美味卵家(うまたまや)神田本店
  所在:千代田区鍛冶町2-13-24
  電話:03(5294)1410
  品代:オムハヤシライス700円、全部のせオムハヤシ1,000円
コメント (4)

クリスピー・クリーム・ドーナツ(有楽町)の「アソート ダズン」

2008年01月20日 | スイーツ・菓子
【1月20日調査(テイクアウト)・登録】
 この店は、昭和12(1937)年にUSAで創業した大人気のドーナツ店で、代表的な商品であるオリジナル・グレーズド・ドーナツを中心に、高品質のドーナツとコーヒーを提供しています。
 今日も、有楽町イトシア店ではドーナツを買い求める客で長蛇の行列ができていました。




 こちらは1ダース用の箱です。


 そして、箱を開けると組み合わせドーナツ12個が姿を現します。


 左は「チョコレート グレーズド クルーラー」で、右は「シュガー」です。


 左は「グレーズド クルーラー」で、右は「オリジナル・グレーズド」です。


 左は「オールドファッション チョコレート」で、右は「チョコレート グレーズド スプリンクル」です。


 左は「チョコレート グレーズド」で、右は「トラディショナル ケーキ」です。


 「グレーズド レモン」(画像をクリックすると断面をご覧になれます)


 「チョコレート カスタード」(画像をクリックすると断面をご覧になれます)


 「グレーズド ダブルベリー」(画像をクリックすると断面をご覧になれます)


 「シナモン アップル」(画像をクリックすると断面をご覧になれます)


★クリスピー・クリーム・ドーナツ 有楽町イトシア店
  所在:千代田区有楽町2-7-1有楽町イトシア地下1階
  電話:0120-51-1072
  品代:アソート ダズン(ドーナツ組み合わせ12個)1,700円
コメント (6)

シャム(有楽町)の「カオ マン ガイ(蒸し鶏肉ご飯)」「ゲーンキャオワーン(グリーンカレー)」

2008年01月20日 | アジアン
【1月20日調査・登録】
 店名のSIAM(シャム)とは、タイ王国の旧名です。この店ではタイ人シェフによる本格的なタイ料理を楽しむことができます。


 「カオ マン ガイ(蒸し鶏肉ご飯)」は、程よく蒸された鶏肉とスパイシーな付けダレが良く合っています。


 「ゲーンキャオワーン」は、タイ料理の定番「グリーンカレー」で、鶏肉・ナス・ココナッツミルク等が入っています。カレーの辛さとココナッツミルクのマイルド感が絶妙にマッチし、奥行きのある味わいを醸し出しています


★SIAM(シャム)
  所在:千代田区有楽町1-6-1第2日比谷ビル10階
  電話:03(3592)0053
  品代:カオ マン ガイ(蒸し鶏肉ご飯)1,050円、
     ゲーンキャオワーン(グリーンカレー)1,250円
コメント (2)

屯(九段南)の「じゃこと岩のりの和風サラダ」「フカヒレの梅肉和え」「しらすたっぷりの出し巻き玉子」等

2008年01月19日 | 居酒屋・パブ
【1月18日調査・登録】
 屯(たむろ)とは、人が群れ集まることを指しますが、この店の店内には心地よく柔らかな照明によって落ちつける空間が広がっており、仲間で集い楽しみ、酒や肴を愛でることができます。


 「じゃこと岩のりの和風サラダ」は岩のりの味へのアクセントとじゃこの食感がグッドです。


 「フカヒレの梅肉和え」は、フカヒレのシャキシャキ感と梅肉の酸味のコーディネートが絶妙です。


 「しらすたっぷりの出し巻き玉子」


 「里芋と豚カルビの煮ころがし」


 「うどんのペペロンチーノ和風味」は、うどんを使ったペペロンチーノで、和と伊の味のコラボレーションですが、とても美味に仕上がっています。


 「豚の角煮 味付玉子付き」


★屯(たむろ)
  所在:千代田区九段南4-7-22メゾン・ド・シャルー
  電話:03(3512)6262
  品代:じゃこと岩のりの和風サラダ840円、フカヒレの梅肉和え580円、
     しらすたっぷりの出し巻き玉子890円、里芋と豚カルビの煮ころがし720円、
     うどんのペペロンチーノ和風味750円、豚の角煮 味付玉子付き850円
コメント (2)

edo bakery(飯田橋)の「モンブラン」

2008年01月14日 | スイーツ・菓子
【1月14日調査(テイクアウト)・登録】
 この店はホテル内にあるベーカリーで、いつも焼きたてのオリジナルブレッドや作り立てのスイーツがいただけます。
 《前回のこの店の調査・登録:モーンプルンダー、ジンジャブル、バトネ等

 ふんわりしていて濃厚なマロンクリームがウリの「モンブラン」(画像をクリックすると断面をご覧になれます)


★edo bakery
  所在:千代田区飯田橋3-10-8ホテルメトロポリタンエドモント内
  電話:03(3237)1111
  品代:モンブラン399円
コメント (4)

edo bakery(飯田橋)の「モーンプルンダー」「ジンジャブル」「バトネ」等

2008年01月14日 | 喫茶・パン・サンド
【1月14日調査(テイクアウト)・登録】
 この店はホテル内にあるベーカリーで、いつも焼きたてのオリジナルブレッドがいただけます。
 《前回のこの店の調査・登録:桜あんぱん、カレーパン、パン・オ・レザン

 「モーンプルンダー」は、黒けしの実のペーストを巻き込んだパンです。


 「ジンジャブル」は生姜の風味が効いたパンです。


 「バトネ」は、コンガリ味で、バリバリと固めのため、パンというよりは煎餅のような食感があります。


 「イチゴ&マンゴーサンド」


★edo bakery
  所在:千代田区飯田橋3-10-8ホテルメトロポリタンエドモント内
  電話:03(3237)1111
  品代:モーンプルンダー136円、ジンジャブル170円、バトネ150円、
     イチゴ&マンゴーサンド280円
コメント

麺屋 TAKAHARA(神田岩本町)の「塩らーめん」「醤油らーめん」「水餃子」

2008年01月14日 | ラーメン
【1月14日調査・登録】
 この店は、昭和通りに面したビルの地下1階にあり、以前は「たかはら」という屋号で様々な料理を提供していましたが、現在は「麺屋」の屋号どおり、ラーメンを中心とした業態になっています。鶏ガラから取ったスープをベースにしたアッサリ系のスープを特徴としています。


 「塩らーめん」は広島産の藻塩が使用されています。シャキシャキの水菜が違和感なくトッピングされています。 


 「醤油らーめん」は仙台産の手造り薄口醤油が使用されており、見た目は通常の醤油麺よりも色が薄く、味もしつこくなくアッサリしています。


 「水餃子」


★麺屋 TAKAHARA
  所在:千代田区神田岩本町1-13
  電話:03(3251)5600
  品代:「塩らーめん650円、醤油らーめん650円、水餃子(6ケ)250円
コメント (4)

東京フードシアター5+1(外神田)の「アンチエイジング弁当」「ビーフカツとエビフライの盛り合わせ」

2008年01月13日 | その他
【1月13日調査・登録】
 この店では、広々としたスペースの中、4つのオール電化オープンキッチンで行われるシェフの調理を間近で見ながら、料理を楽しむことができます。
 《前回のこの店の調査・登録:ワンコインメニューキッチンバトル



 また、この店では、ドクターズキッチンと命名された医者と一流シェフのコラボレーションによって実現した美味しくて健康的(アンチエイジング・美肌・メタボ対策)なメニューが多数用意されています。
 「アンチエイジング弁当」は、1日限定30食で、玄米御飯・煮物(ぶり大根)・焼き物(魚の西京焼き)・サラダ(バジル風味のポテトサラダ)・小鉢(とろろもずく)・デザート(ベリーヨーグルト)・香の物・汁物で構成されていますが、いずれもヘルシーなだけでなく、とても美味です


 「ビーフカツとエビフライの盛り合わせ」はパンかライスが付きます。


 なお、いずれもフリードリンク(中米エルサルバトル共和国の有機「温泉水洗」コーヒー、果汁から作ったビネガージュース、オリーブ茶 等)が付いています。

★東京フードシアター5+1
  所在:千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX4階
  電話:03(5297)8441
  品代:アンチエイジング弁当1,000円、ビーフカツとエビフライの盛り合わせ1,000円
コメント (2)

鳥城酒蔵(富士見)の「牛レバー刺し」「煮込」「カシラ」「ナンコツ」「ネギマ」

2008年01月13日 | 居酒屋・パブ
【1月12日調査・登録】
 この店は、すぐ近くの千代田区富士見2-7に、風情のあるいかにも「もつ焼きの居酒屋!」といった感じの気取りのない店を構えていましたが、現在、そちらが再開発中のため、こちらに仮店舗を構えています。再開発が終わる来年4月にはまた元の地へ戻るとのことです。


 「牛レバー刺」は、この店の人気の一品で、新鮮でプリプリしています。


 「煮込」は、蕩けるように柔らかく煮込まれています。


 左3本が「カシラ」、右3本が「ナンコツ」です。塩で焼いてもらいました。


 「ネギマ」はタレで焼いてもらいました。


★鳥城酒蔵
  所在:千代田区富士見2-5-3
  電話:03(3261)2600
  品代:牛レバー刺し550円、煮込400円、カシラ・ナンコツ・ネギマ(1本)それぞれ
     130円
コメント (4)