千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

近江屋洋菓子店(神田淡路町)の「アップルパイ」「いちごショートケーキ」

2005年07月31日 | スイーツ・菓子
【7月31日調査(テイクアウト)・登録】
 この店の初代経営者は近江八幡の出身で、明治17(1884)年に近江屋パン店としてこの店を創業しました。


 「アップルパイ」は、毎朝市場で、津軽・ジョナゴールド・ふじなど季節毎に旬な素材を選んで調理するというこだわりようです。「いちごショートケーキ」は腰のあるスポンジケーキに苺と生クリームをたっぷり使った逸品です。


★近江屋洋菓子店
  所在:千代田区神田淡路町2-4
  電話:03(3251)1088
  品代:アップルパイ315円、いちごショートケーキ525円
コメント (12)   トラックバック (8)

かんだやぶそば(神田淡路町)の「せいろうそば」「天たね」

2005年07月31日 | 蕎麦
【7月31日調査・登録】
 この店は幕末の名舗「団子坂の蔦屋」の連雀町店を明治13(1880)年に譲り受けて創業した蕎麦屋の名門です。


 「せいろう」は内地産の最上級そば粉十、小麦粉一の外一そばで、薄緑色をしています。蕎麦の香りと適度な歯ごたえが楽しめる逸品です。そばつゆは昆布、鰹節だしから作られた江戸前風の辛口でコクがあります。


 「天たね」は、とても上質な油でカラっと揚げられ、サクサクです。中にはホクホクの海老が入っており、蕎麦に良く合います


★かんだやぶそば
  所在:千代田区神田淡路町2-10
  電話:03(3251)0287
  品代:せいろう630円、天たね1,260円
コメント (4)   トラックバック (1)

中華そば 高はし(飯田橋)の「雲呑麺」「中華そば」

2005年07月30日 | ラーメン
【7月30日調査・登録】
 この店の店主は四ツ谷の名店<こうや>で修行をされた方で、いつも行列の絶えない店です。
 豚骨と鶏ガラからとったコッテリとしながらも透き通るような塩味の効いたスープと表面に思い切り広がる刻みネギが特徴です。
 雲呑は柔らかい肉がたっぷり入った大振りの逸品です。「雲呑麺」と「中華そば」の違いは雲呑の有無だけです。
 魚介系やギトギト豚骨系が流行っている今、塩味お澄まし系のスープは貴重な存在で飽きがきません


★高はし
  所在:千代田区飯田橋3-11-30
  電話:03(3239)5274
  品代:雲呑麺900円、中華そば600円
コメント   トラックバック (4)

笹巻けぬきすし総本店(神田小川町)の「寿司」

2005年07月30日 | 寿司
【平成17年7月30日 調査・登録】
 こちらの店「笹巻けぬきすし総本店」は、元禄15(1702)年創業の老舗で、店名は毛抜きで魚の小骨を抜いたこと、握り寿司を笹の葉で巻いたところに由来しています。
 ネタは鯛・おぼろ・玉子・海苔・えび・光り物・白身・白身魚の7種類で、きつめの塩と酢でしめられ、おはぎのような粘りのある寿司飯、笹の香りが特徴です。


★笹巻けぬきすし総本店
  所在:千代田区神田小川町2-12
  電話:03(3291)2570
  品代:笹巻けぬきすし5個入り1,050円
コメント (6)   トラックバック (1)

竹むら(神田須田町)の「揚まんじゅう」「氷宇治金時」

2005年07月30日 | スイーツ・菓子
【7月30日調査・登録】
 この店は昭和5(1930)年創業の甘味処の老舗です。


 北海道の小豆から作った自家製の餡に小麦粉の衣をつけて、揚げたてのホクホクをいただくのが「揚まんじゅう」!美味です


 暑い夏の期間、この店の定番となるのが、自家製の餡と白蜜で溶いた香り豊かな抹茶がかかる「氷宇治金時」です。店の佇まいとともに暑さを忘れさせてくれる逸品です。


★竹むら
  所在:千代田区神田須田町1-19
  電話:03(3251)2328
  品代:揚まんじゅう430円、氷宇治金時760円
コメント (4)   トラックバック (3)

神田まつや(神田須田町)の「もり」「カレー南ばん」

2005年07月30日 | 蕎麦
【7月30日調査・登録】
 この店は明治17年創業の老舗蕎麦屋で、食通でも高名な作家の池波正太郎氏がこよなく愛した店として有名です。


 本格手打ち・手切りの蕎麦屋としても有名で、蕎麦の繋ぎには全卵を使っています。そば粉五に対し小麦粉三の外二そばで、蕎麦と卵の香りがほどよく漂いとても美味です。汁は江戸前の定番で濃い目ですが上品な甘さも感じられます。


 そして、この店で絶対お勧めなのが「カレー南ばん」です。老舗の蕎麦屋で?と思われるかもしれませんが、スパイスと割下との相性が抜群で、なんとも言えない味を醸し出しています


★神田まつや
  所在:千代田区神田須田町1-13
  電話:03(3251)1556
  品代:もり550円、カレー南ばん900円
コメント (6)   トラックバック (3)

みますや(神田司町)の「柳川鍋」「桜刺し」「牛煮込み」

2005年07月26日 | 居酒屋・パブ
【7月25日調査・登録】
 この店は明治38(1905)年創業の老舗居酒屋です。昭和3(1928)年に建てられた建物や昔ながらの居酒屋の雰囲気が、肴の旨さを一層引き立てています。


 「柳川鍋」は、ゴボウとどじょうの歯ごたえの良さと卵の柔らかさが絶妙です。


 「桜刺し」は、柔らかさの中に旨味が凝縮されています。


 「牛煮込み」は玉ねぎの甘さが程よく出ています。


★みますや
  所在:千代田区神田司町2-15
  電話:03(3294)5433
  品代:柳川鍋800円、桜刺し(赤身)1,300円、牛煮込み600円
コメント   トラックバック (1)

揚子江菜館(神田神保町)の「五色涼拌麺(五目冷やしそば)」

2005年07月24日 | 中華
【7月24日調査・登録】
 この店は明治29年創業の上海料理の老舗ですが、日本で最初に冷やし中華を始めた<元祖冷やし中華の店>として有名です。


 「冷やし中華」は、富士山の四季を、キュウリ・寒天・焼豚・筍・錦糸玉子・海老・サヤエンドウ・椎茸・肉団子・うずら玉子の10種類で表現した盛り付けとなっています。上品な甘酢ダレがいつまでも飽きのこない安定した味を創出しています。


 裏面はこのようになっています。


★揚子江菜館
  所在:千代田区神田神保町1-11-3
  電話:03(3291)0218
  品代:五色涼拌麺(五目冷やしそば)1,470円
コメント   トラックバック (1)

さゝま(神田神保町)の「和菓子」

2005年07月23日 | スイーツ・菓子
【7月23日調査(テイクアウト)・登録】
 この店は昭和4(1929)年創業の老舗です。素材にこだわりながら、ひとつひとつ手作りされた和菓子の上品な甘さが口の中に広がります。


 左は「久寿桜(くずざくら)」、右手前は「涼風」、右奥は「松葉最中」です。季節毎に代わる和菓子が好評です。


★さゝま
  所在 : 千代田区神田神保町1-23
  電話 : 03(3294)0978
  品代 : 季節の和生菓子290円、松葉最中120円
コメント (4)   トラックバック (1)

松翁(猿楽町)の「ざるそば」

2005年07月23日 | 蕎麦
【7月23日調査・登録】
 この店のご主人は「テレビチャンピオン」の蕎麦打ち選手権優勝者としても有名です。
 並そばは茨城県産常陸秋そばを使用し、玄そばのそば殻を取り除いてから製粉した生粉打です。他にも、玄そばのまま製粉した色黒の「田舎そば」、季節によって毎日異なる「代わりそば」もあります。汁は注文時に濃口か淡口かを選べます。 


 天ぷらは、活の海老と穴子を使用して仕上げるため、時間がかかりますが、その分、味は最高です。


 仕上げに鉄瓶で供される蕎麦湯は濃厚な白濁湯で、温度も絶妙です。
 全てが念入りに仕上がった絶品で、肴や酒の種類も充実しており、蕎麦好き、酒好きには堪らない店です

★松翁
  所在 : 千代田区猿楽町2-1-7
  電話 : 03(3291)3529
  品代 : ざるそば900円、天ざる2,200円
コメント