千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

東京會舘 ローストビーフ&グリル ロッシニ(丸の内)の「コースB」等

2019年03月30日 | 洋食
【平成31年3月某日 調査・登録】
 東京會舘は、皇居前の一等地に建つ大正11(1922)年創業の老舗宴会場&レストランです。現在の新本館は平成31(2019)年1月8日にオープンしました。


 「ローストビーフ&グリル ロッシニ」は、東京會舘の伝統の味を大切に守りながら、新しい美味しさも追及しているグリルレストランです。東京會舘のスペシャリテの中でも特にファンの多い逸品「ローストビーフ」を味わうことができます。






 さて、それでは「コースB」をいただきましょう。
 「コースB」は、「アミューズ」「Appetizer」「スープ」「メイン」「デザート」「コーヒーor紅茶&小菓子」で構成されています。
 まずは「アミューズ」です。右はマッシュルーム、左はフォアグラです。


 食前酒も楽しみましょう。こちらはシャンパーニュ「ニコラフィアット ブリュット レゼルヴ」のロゼです。エレガントで上品な味わいです。


 次は「Appetizer」です。「魚介のマリネ サラダ仕立て」か「シャルキュトリー パイ生地カナッペ」のいずれかをチョイスします。




 こちらはお酒のお替り「キールロワイヤル」です。


 次は「スープ」です。「トマト風味の野菜スープ」「新玉葱と新じゃがのクリームスープ」のいずれかをチョイスします。




 「パン」もいただきましょう。


 次はいよいよ「メイン」です。魚料理<東京會舘伝統の舌平目の洋酒蒸 ボンファム>、肉料理<牛フィレ肉のグリエ(US)ロッシニ風>、ローストビーフ(US)<温野菜添え>のいずれかをチョイスします。
 こちらは魚料理<東京會舘伝統の舌平目の洋酒蒸 ボンファム>です。トロっとしたオランデーズソースと舌平目の風味のコラボが深い味わいを生み出しています




 ワインは「ブランコット エステート B マールボロ ソーヴィニヨン ブラン」です。ニュージーランド産の美味しい白です。


 こちらは「ローストビーフ」です。国産牛から現代の味覚に合わせて脂の少ない外国産に変更されました。低温でじっくり焼き上げられ、ジューシーな仕上がりです。グレービーソースとホースラディッシュを使用したソースでいただきます。鮮やかなロゼ色、濃縮した肉の旨味が食欲を一層そそります。目の前でシェフが切り分けてくれるのですが、このような厚切りのローストビーフはなかなか見かけません。至福のひと時を過ごせました




 ワインは「ダヴィッド デュバン オート コート ド ニュイ ルイ オーギュスト」です。ブルゴーニュ産です。


 次はデザートです。「アイスクリームとシャーベットの取り合わせ」「ベリーヌ」「ショコラ」のいずれかをチョイスします。
 こちらは「ベリーヌ」です。


 こちらは「ショコラ」です。


 最後に「コーヒー」または「紅茶」と小菓子です。






★ローストビーフ&グリル ロッシニ
 所在:千代田区丸の内3-2-1東京會舘1階
 電話:050-3134-4890
 品代(サービス料10%別):コースB8,640円+ローストビーフ温野菜添えをチョイスの場合(+1,080円)、ニコラフィアットブリュットレゼルヴのロゼ(グラス)2,300円、キールロワイヤル2,052円、ブランコットエステートBマールボロ ソーヴィニヨン ブラン(グラス)1,944円、ダヴィッドデュバンオートコートドニュイルイオーギュスト(グラス)1,944円
コメント

大衆ビストロ ジル(丸の内)の「濃厚 鶏レバーペースト」「熱々アンチョビキャベツ」「炙り鰹と茗荷、しめじのアヒージョ」「超粗挽きスパイシーケフタ」「国産牛サーロインのロースト」等

2018年07月07日 | 洋食
【平成30年7月某日 調査・登録】
 こちらの店「大衆ビストロ ジル」は、東京駅八重洲側に広がる商業施設「東京駅一番街」の2階に新たにオープンした「東京グルメゾン」にあるビストロです。


 まずは、ジルの名物「あふれスパークリングワイン」の白をいただきましょう。香り高く飲みやすい中辛口です


 こちらは「濃厚 鶏レバーペースト」です。


 お酒のお替りは赤ワイン「タクン レセルヴァ カベルネソーヴィニヨン」です。しっかりしたボディがとても美味です


 こちらは「熱々アンチョビキャベツ」です。


 こちらは「炙り鰹と茗荷、しめじのアヒージョ」です。しっかりしたレアの鰹にたっぷりの茗荷としめじとガーリック、これは美味です

 グツグツ煮えている動画です。


 美味しい肴でお酒も進みます。お替りはど~んとジョッキに入った「男気ハイボール」です。


 こちらは「超粗挽きスパイシーケフタ」です。スパイスを利かせたビストロ風ソーセージ、とても美味です




 こちらは「国産牛サーロインのロースト」です。赤身とサシのベストマッチです




 肴もお酒もとても美味でした。ごちそうさまでした。

★大衆ビストロ ジル 東京店
 所在:千代田区丸の内1-9-1東京駅一番街2階
 電話:03-6551-2080
 品代(外税):あふれスパークリングワイン(白)500円、濃厚 鶏レバーペースト480円、タクン レセルヴァ カベルネソーヴィニヨン(グラス)580円、熱々アンチョビキャベツ680円、炙り鰹と茗荷、しめじのアヒージョ880円、男気ハイボール690円、超粗挽きスパイシーケフタ880円、国産牛サーロインのロースト1,880円
コメント

タパスブランコ(神田佐久間町)の「イワシのマリネ」「蒸し鶏のガルシア風」「肉盛り」「ムール貝のvery hotアヒージョ」「スペインオムレツ」等

2018年04月30日 | 洋食
【平成30年4月某日 調査・登録】
 こちらの店「タパスブランコ」は、アキバトリム内にあるスペインバルです。スペインの小皿料理「タパス」や「パエリア」「生ハム」「ワイン」等をカジュアルに楽しめます。


 まずはタパス「イワシのマリネ」をいただきましょう。美味しい!お酒の肴にピッタリです




 ということで、お酒は世界初のワインと日本酒の競演「サンダラ シャルドネ&サケ スパークリング」です。スペイン産シャルドネのスパークリングワインに、日本で造られた日本酒をブレンドしたものです。シャルドネならではの綺麗な酸と果実味、日本酒由来のまろやかな旨味が心地良い、やや甘口のスパークリングワインに仕上がっています。


 こちらはタパス「蒸し鶏のガルシア風」です。これも美味しい!




 美味しい肴でお酒も進みます。お替りは量り売りの「がぶ飲みワイン(赤)」です。50ml108円で、飲んだ後に残りのワイン量で精算します。


 こちらは「肉盛り(2人前)」です。ミスジと赤身をチョイスしました。




 こちらは「ムール貝のvery hotアヒージョ」です。これは美味!辛さも適度でアヒージョの美味しさ全開です




 こちらは「スペインオムレツ」です。フワフワ食感が最高です






 ごちそうさまでした。

★タパスブランコ アキバトリム店
 所在:千代田区神田佐久間町1-6-5アキバトリム5階
 電話:03-5289-3977
 品代:イワシのマリネ540円、サンダラ シャルドネ&サケ スパークリング1,620円、蒸し鶏のガルシア風324円、がぶ飲みワイン(赤)@108×15=1,620円、肉盛り(2人前)2,980円、ムール貝のvery hotアヒージョ961円、スペインオムレツ745円
コメント

ミート矢澤(丸の内)の「ハンバーグ単品 シングル」

2018年04月29日 | 洋食
【平成30年4月某日 調査・登録】
 こちらの店「ミート矢澤」は、大丸東京店地下1階にあります。本社は五反田にある最高級黒毛和牛専門店です。
 《前回のこちらの店の調査・登録:恵方巻ロール


 こちらは「ハンバーグ単品 シングル」です。ジューシーでボリュームのあるハンバーグを堪能できます




 ごちそうさまでした。

★ミート矢澤 大丸東京店
  所在:千代田区丸の内1-9-1
  電話:03-3212-8011(大丸東京店代表)
  品代:ハンバーグ単品 シングル1,650円
コメント

Bar&Tapas Celona(有楽町)の「ピンチョス<サーモン>」「ピンチョス<チキンレバー>」「ピンチョス<サーディン>」「ハモンセラーノ」等

2018年04月07日 | 洋食
【平成30年4月某日 調査・登録】
 こちらの店「Bar&Tapas Celona」は、「東京ミッドタウン日比谷」の地下にある「日比谷フードホール」のスパニッシュバルです。


 昼夜問わず、ピンチョスや生ハム、タパスなど、色とりどりの料理をアルコールとともに楽しめます。


 まずはスパークリング「アンジュエール ブリュット」をいただきましょう。セミドライですっきりした飲み口が美味です。


 バスク地⽅のバルで生まれた料理の提供スタイル「ピンチョス」がカウンターにずらりと並んでおり、セルフサービスで好きなものを取って会計するスタイルです。左から、スモークの⾹りでお酒が進む「スモークサーモンと⼩海⽼」、濃厚な「チキンレバーとししとう、ネギ」、イワシの柔らかな⾷感がバケットと相性抜群の「イワシとドライトマト」です。いずれもとても美味です


 お酒のお替りは、赤ワイン「グラディウム テンプラニーニョ ホーヴェン」です。


 こちらは「ハモンセラーノ」です。適度な塩気がお酒にピッタリです。


 ごちそうさまでした。ピンチョスはサクッと飲んで帰るのにピッタリな肴でした。

★Bar&Tapas Celona
 所在:千代田区有楽町1-1-2東京ミッドタウン日比谷地下1階 HIBIYA FOOD HALL
 電話:03-5157-1811
 品代:アンジュエール ブリュット<グラス>432円、ピンチョス<サーモン>378円、ピンチョス<チキンレバー>324円、ピンチョス<サーディン>378円、グラディウム テンプラニーニョ ホーヴェン<グラス>540円、ハモンセラーノ540円
コメント

ブッチャーズ八百八(富士見)の「幻の赤身ミスジ」「若鶏もも肉のグリル」「豚肩ロース」等

2018年03月10日 | 洋食
【平成30年3月某日 調査・登録】
 こちらの店「ブッチャーズ八百八」は、「カタマリニクと自然派ワインを楽しむ!」をコンセプトにした肉バルです。
 《前回のこちらの店の調査・登録:八百八の前菜盛り・BUTCHERS盛り等


 まずは「樽詰めスパークリング」をいただきましょう。


 こちらは炭火焼きの肉です。左から「幻の赤身ミスジ」「若鶏もも肉のグリル」「豚肩ロース」です。いずれも、食感・風味・味わいが秀逸で美味です








 肉といえば、やはり赤ワインですね。「ヴィニウス ピノ ノワール クラッシック」をグラスでいただきました。イチゴ・チェリーを思わせるアロマ、果実の濃縮感が楽しめるミディアムボディです


ごちそうさまでした。美味しい肉とワインを堪能できました。

★ブッチャーズ八百八 飯田橋店
 所在:千代田区富士見2-2-7YKビル1階
 電話:03-3265-2073
 品代:樽詰めスパークリング529円、幻の赤身ミスジ(180g)1,490円、若鶏もも肉のグリル1,026円、豚肩ロース1,026円、ヴィニウス ピノ ノワール クラッシック(グラス)756円
コメント

Bistro UO-ZA(富士見)の「鮮魚の3点カルパッチョ」「パテ・ド・カンパーニュ」「釜あげシラスのアヒージョ」「ウニのプリン」「中トロ鮪のタルタル」等

2018年02月25日 | 洋食
【平成30年2月某日 調査・登録】
 こちらの店「Bistro UO-ZA」は、毎朝、築地から仕入れる新鮮な魚を使った料理が自慢のビストロです。
 《前回のこちらの店の調査・登録:ウニのプリン・鮮魚の3点カルパッチョ・本日のパスタ等


 まずは「こぼれスパークリングワイン」をいただきましょう。アンジュエールブリュットです。


 こちらは、お店の一番人気「鮮魚の3点カルパッチョ」です。鰹や鯖、サーモン等が美味しく盛られています




 こちらは、「パテ・ド・カンパーニュ」です。これまた美味




 お酒のお替りは「シャンディーガフ」です。ジンジャエールとビールのコラボです。


 こちらは「釜あげシラスのアヒージョ」です。アツアツで奥行きのある美味しいアヒージョです




 美味しい肴でお酒も進みます。お替りは「ビニャ マイポ」です。桃・林檎風味のフルーティーでスッキリした白ワインです。


 こちらは「ウニのプリン」です。ウニが練り込まれたムースにウニがトッピングされ、ウニの殻に盛り付けられています。ウニの香りとウニならではの食感が相まって、えも言われぬ美味しさを醸し出しています






 こちらは「中トロ鮪のタルタル」です。




 ごちそうさまでした。新鮮で美味しい魚を堪能できました。

★Bistro UO-ZA
 所在:千代田区富士見2-3-8横江ビル1階
 電話:03-3261-0003
 品代(外税):こぼれスパークリングワイン580円、鮮魚の3点カルパッチョ780円、パテ・ド・カンパーニュ580円、シャンディーガフ580円、釜あげシラスのアヒージョ580円、ビニャ マイポ(ボトル)2,480円、ウニのプリン980円、中トロ鮪のタルタル780円
コメント

やっぱり あさくま(飯田橋)の「リブロースステーキ」「学生ハンバーグ」

2018年02月12日 | 洋食
【平成30年2月某日 調査・登録】
 こちらの店「やっぱり あさくま」は、創業70年の「あさくま」で培われてきた料理・サービスのノウハウが詰め込まれて新しくできたお一人様や女性客でも入りやすいカジュアルな雰囲気持った店です。本年1月15日にグランドオープンしました。


 料理には「コーンスープ」が付きます。


 こちらは「リブロースステーキ(300g)」です。柔らかく甘みがあってジューシーです。ガーリックチップ&バターが無料でトッピングされます。






 こちらは「学生ハンバーグ」です。創業70周年のあさくまの超ロングセラー商品です。ツナギをほとんど使わずに作られた粗挽きハンバーグです。ガーリックチップ&バターが無料でトッピングされます。






 ごちそうさまでした。美味しい肉を堪能できました。

★やっぱり あさくま 九段下店
 所在:千代田区飯田橋1-3-7JC九段下ビル1階
 電話:03-3556-4129
 品代:リブロースステーキ(300g)2,203円、学生ハンバーグ1,188円
コメント

Cafe1894(丸の内)の「タイアップメニュー ルドンの世界」「ガーデンプレートランチ」等

2018年02月10日 | 洋食
【平成30年2月某日 調査・登録】
 こちらの店「Cafe1894」は、丸の内の三菱一号館美術館にあるミュージアムカフェバーです。明治期に銀行営業室として使われていた空間を復元した二層吹き抜けの開放感あるフロアが特徴です。
 《前回のこちらの店の調査・登録:ガーデンプレートランチ・ハヤシライス








 まずは「スパークリング」で喉を潤しましょう。洋梨のスパークリングで、心地よい甘みとキレのある酸味とのバランスが秀逸です


 こちらは現在、三菱一号館美術館で開催中の「ルドン-秘密の花園」展とタイアップしたメニュー「ルドンの世界」です。印象派の画家と同世代でありながら奇妙な黒の作品を世に送り出したルドンが、鮮やかな色彩の絵画の世界に目覚めていく-そんな彼の画家としての変化と展覧会のキーワード「花・植物」を表現したランチセットです。
 まず、こちらの「前菜」は「真っ黒な小ヤリイカとアスパラガス、蕪、キヌア、牛蒡のピューレとともに」です。「黒」の正体はイカ墨ではなく、黒胡麻のピューレとフレンチドレッシングで和えられたヤリイカ、アスパラガスと蕪、スーパーフードのキヌアです。「白」は牛蒡と白胡麻のピューレです。黒ゴマのピューレがとても美味です




 こちらの「メイン」は「豚肉のハニーマスタード焼き 赤ワインのソース パステル画をイメージして」です。メインは豚バラ肉のハニーマスタード焼きで、下には赤ワインソースが敷かれています。肉の周りは黄色人参のピューレ、フランボワーズのソース、ラディッシュやミニトマトで彩りが添えられ、お花畑が表現されています。見ているだけでワクワクした気分になれます




 こちらはセットのパンです。


 こちらはセットのドリンク「ローズヒップティー」です。人気のエルダーフラワーがブレンドされ、優しい味に仕上げられています<こちらで「ルドンの世界」は終わり>。


 こちらは「Café 1894 ガーデンプレートランチ」です。ハーブティーが付いています。




 ごちそうさまでした。

★Cafe1894
 所在:千代田区丸の内2-6-2三菱一号館美術館1階
 電話:03-3212-7156
 品代(外税):スパークリング500円、ルドンの世界2,000円、ガーデンプレートランチ1,500円
コメント

アルカサール(神田須田町)の「オードブルの盛り合わせ」「炭焼ハンバーグ」「テリヤキステーキ」

2017年12月03日 | 洋食
【平成29年12月某日 調査・登録】
 こちらの店「アルカサール」は、炭焼ハンバーグとステーキがウリの店です。


 こちらは「オードブルの盛り合わせ」です。




 お酒はスペインの赤ワインをデカンタでいただきました。


 さて、店の名物「炭焼ハンバーグ」をいただきましょう。牛肉100%と手造りハンバーグで、中が少し赤い状態で、熱々の鉄板で温めながらいただきます。柔らくてとても美味です






 こちらは「テリヤキステーキ」です。特製のタレで焼き上げられています。




 ごちそうさまでした。

★アルカサール 神田店
 所在:千代田区神田須田町1-12-3
 電話:03-3525-8780
 品代(外税):オードブルの盛り合わせ1,280円、スペイン赤ワイン<デカンタ大>1,500円、炭焼ハンバーグ<200g>1,280円、テリヤキステーキ<200g>1,980円
コメント