ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

太麻里文創咖啡館、日式老屋、台東のカフェ

2019-01-31 10:40:32 | 台湾

2019年、台湾紀行18

台東のおしゃれなカフェを発見!

太麻里文創咖啡館、日式老屋。

太麻里(タイマリ)は台東の南に位置する、風光明媚な小さな町です。

そこが台湾のコーヒー産地なんです。

太麻里コーヒーの豆を販売していました。

台湾では、古い日本家屋をリノベーションして商業施設として使うのが流行りです。

この家屋を夕方見かけたときは、日本家屋の廃屋と思っていた。それが早朝見かけたら、瀟洒な喫茶ではないか。森林公園に自転車で行った帰りに立ち寄りました。

白人夫婦が先客でいらして、庭の東屋でくつろいでいました。

戦時中の古い日本家屋を、、、台湾はよく保存しています。

軽い食事とコーヒーを頼みました。

当然、太麻里コーヒーです。

ワッフルがこんなにキレイに出されるとは!

感激ものです!

赤いのがドラゴンフルーツで、、、日本で食べたものとは大違いで、食感もお味も全然違う。

木で熟した南方の果物が美味しいです!

フルーツサラダ・モーニング。

南国の果物セットみたいなもので、これが美味しいのーーー。

山盛りですよーーー。

台湾の台東の南国の果物で、、、釈迦頭が大産地で、、、これが又美味しいのなんの、日本にいちゃ食べられません。

お釈迦様の頭みたいな果物です!

頭のイボイボをむしり取って食べます。

熟れているとボロボロ取れるんですが、まだ青いと硬くて取れません。

和のティストを生かして、古い建造物をリノベーションしています。

これが老屋っていうのかな?

 

台湾の感度高系のお店には、本をインテリアのように置いています。

知的な感じになるのかしら?

畳部屋があります。

この太麻里文創咖啡館はできて間もないので、日本のガイドブックに載っているかな???

ぜひ、台東にお泊まりになったら、寄って一服なりしてください。

台湾のお料理屋さんや喫茶では、メニューのオーダーが、こんなシートに赤色鉛筆でチェックを入れます。

ラミネートされているので、オーダーが済んだら指で簡単に消せます。

オーダー表が使い回しができるのです。

タイマリは、太麻里という町が台東の南にありました。

高雄に鉄路で行く時に通りました。

特急列車も止まりました。

太麻里文創咖啡館

95042台東市福建路307號

089−330398

台東では南国の果物や、タイマリのコーヒーをおすすめします! 

2019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

コメント

台東の鉄道芸術村

2019-01-30 13:09:37 | 台湾

2019年、台湾紀行17

台東の鉄道芸術村です。

宿から自転車を借りて街をさんさくしました。

台東は自転車で回れるぐらいの町です。

私が降りた台鉄駅は街のはずれにあったから、街中にあったこのレールは古い駅跡、鉄道芸術村(鉄道公園)に通じているはず。

レールは使っている様子はないから。

良い雰囲気のところを走っています。

気が付いたのだが、台湾は鉄道の遺産を大事にとっている。

台湾は鉄道を文明・文化の象徴のように感じているのだろう。

それだけじゃなく、古い建造物を大事に保管している。

いずれ、保存しておけば、りっぱな観光資源になるとわかっている。

台湾の社会と官僚さんたちの想いなのだろう。

近視眼的にビルを立てたりしないのがエライ!

過去の遺物、建築を壊したら、元に戻りませんからねーーー。

人が作った建造物は時代の価値はあるし、自然はもっとでしょう。

一度壊した自然はなかなか元に戻らない。

古い車両を発見。

2000年あたりまで使っていたそうです。

終着駅だった。

日本の車両ですね。

転車台もあるそうだ。

台東の鉄道公園には、実動車があり人を乗せてくれるそうだ。

日本では、こんなに広々とした鉄道公園を知りません。

花蓮にもあったが、台東にも、高雄にも広大な、あの時代の遺跡を保存している。

長期的なビジョンで、いずれここを何か観光施設として売り出すつもりなのだろう。

つぶして巨大な商業施設にするのは簡単ですが、これが100年経ったらなおさら価値は出てくるのでしょう。

台東の路線バスです。

これを握りしめてバスに乗りました。

路線バスは8ノ字型に巡回していました。

わかりやすい時刻表です。

台東鉄道芸術村と言っても、鉄道以外にあまり見るべきアートは無いそうです。私たちは鉄路だけ見て、どこかで展示してあるはずの芸術はパスしました。鉄道博物館と言うと物足りないが、繁栄した駅の跡地を保護しているというと納得します。高雄の旧高雄駅跡地のほうが本格的に保存してあります。それは町の規模が違うから当然なのでしょう。台東の駅は、その昔は狭軌鉄路だったというほうが、興味がわきます。使われていた車両がコンパクトです。今の阿里山森林鉄道の車両じゃないかと思います。車両幅が狭く、席が横2列と1列で3列です。ただ本線だったので、シートはJRの特急と同じようなグレードを使っています。小さいのに本格的なところが面白い。

台湾を歩き回ろうしたら、ヨーヨーカード(イージーカード)が絶対必要

バスでも地下鉄でも、台湾鉄道でも使えます。

購入したらチャージして使います。

空港や駅でで買いました。

帰国して捨てたらもったいないですよー。次回の為にとっておくのがいい。

2019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

 

2018年の台湾旅行2人で18万円の旅です

台湾のインスタントラーメンは

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c0f4b20cebb0156081d63c53453529ac

2018年1月 ⑰台中文学館、日本統治時代の建物を保存

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/39121cac7b4ad3dd39d9d76571763aec

2018年1月 ⑯無為草堂(茶屋)後半

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c8b1fe86e8a71d4347b0a20ec47f6393

2018年1月 ⑯無為草堂(茶屋)前半

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/bce7c918248c288acdc8f1636c449c8d

2018年1月 ⑮宮原眼科、お洒落なスイーツやさん

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/01a991ec6304bbe576045011187398e5

2018年1月 ⑬藍天飯店(ブルースカイホテル)リノベーションは宮原眼科と同じ

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/5f2236a400281321104c912b7524990b

2018年1月 ⑪台中の国家歌劇院 モダーンなインテリアは必見

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/79b098cd33079bcba05a27972598d350 

2018年1月 ⑩台鉄弁当の八角弁当を食べた

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a0d97d1ccb06372509efcee5339a78a8 

2018年1月 ⑨皇爵大飯店、台湾嘉義のホテルは安くてキレイ 

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/00adcf1f3996718244253e94a9fb9c7e

2018年1月 ⑧嘉義のしゃれたカフェ、老院子1951

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/206356f0e06d5b68efb76c3929e238a9 

2018年1月 ⑦阿里山から嘉義へバスで下りる。車窓が雄大だった。 

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/4056856bc0a39776b2a246d71374621b 

2018年1月 ⑥阿里山の神木の森を散策、スピリチェアルを感じました 

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9dd6e6577becc25269bcf3e81b3e2105 

2018年1月 ⑤阿里山森林鉄道に乗り祝山へ向かう 、大雨のなか出発

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/493259cf567fd8b5d71043958fb6dcfd 

2018年1月 ④奮起湖の阿里山森林鉄道、阿里山へバスで行く  

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b476fa15c132c89bc441df33946cb51c 

2018年1月 ③嘉義から阿里山森林鉄道にのる、奮起湖まで 弥次喜多道中

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6207696744ab454f2378baca5430e3c4 

2018年1月 ②彰化の扇形車庫を見に行く 蒸気機関車時代の車両回転台です

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e16d0160442d86fb1dfa095f72c8158f 

2018年1月 ①嘉義へ黒落花生を買い出しに  台湾では黒金剛と呼びます

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ef25be279d48a635f9c2a23fd841e1dc

2018年1月 ⓪台湾人は敬老精神 博愛席に強制的に座らさられた

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/318c87962bd42f1ba3f81f9b4192cbda 

2017年前

台南の中心街を歩く

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/222b45f68f7d9d14df2761894b69ec37

台南の旧市街の安平路  

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/824afefed9d6deb4cb4c6c517720293a

台湾新幹線で台南に行く 

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ce98ba4d368c8919b895656daa0ce693

台湾入国ホテルに着く 

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/85c456bba403c1125aac628d7d316387

台北の初ランステ森林跑站を発見 

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f5bf2fd87ae5eea6e36688eb2234611

迪化街で黒落花生をゲット 

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0b665ca44b479990adb948f06f31ad43

台湾旅行記7、好丘の尖った雑貨屋さん、パン屋さん、かき氷屋さん

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a7831df27e82d37d1a44554a3943ffbc

台湾旅行記5、九份から瑞芳の美食街へ

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1e86112e4b2e2b6b4fed56cb450b6d6d

台湾旅行記4、故宮博物館から台鉄で九份へ

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/eb9458ad6d0fef0a907e5b3c41b68d45

台湾旅行記3、黒落花生

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/77cab75c159796d1b6593681f7b98642

台湾旅行記2、象山トレキング&臨江街観光夜市

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/f5e9ff944588121bc91b58b833aa8442

台湾旅行記1、出国から鼎泰豊の小籠包、神旺ホテル

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/24d0f38a6ce8f2c25eb92c12681773c

コメント

花蓮駅

2019-01-29 09:37:47 | 台湾

2019年、台湾紀行16

花蓮から台東へ特急で向かう。

台鉄花蓮駅は旧市街地から離れた所にありました。

いわば新市街地ということです。

私たちが泊まったホテルは旧市街の真ん中あたりだった。

たぶん歩いたら30分以上かかるだろう。

旧花蓮駅は旧市街地の先にあったが、今では鉄道公園のような形で少し残っているだけ。

旧花蓮駅はモニュメントや市場として残っています。

旧市街地はイキイキと存在しています。

花蓮駅前は広々としているが、面白くもなんともない。

まだ商店街が形成されていないので殺風景な感じだ。

花蓮駅の北側は電化されているので架線があるが、南側の台東側は電化されていない。

花蓮から高雄の南回りがまだ電化されていないようだ。

だから、ジーゼル機関車に引かれた列車にすれ違った。

台湾西側の嘉義近くの彰化の車庫にはジーゼル機関車がいっぱい停まっていたので、なにをけん引するのかと思っていた。

なんでも乗り鉄の方のブログでは、機関車に引かれた列車がマニアにはたまらないそうです。たいていは古い客車なので日本の古い国鉄の名残なのだそうです。その方の情報では機関車列車は急行だったような、、、。

彰化の扇型車庫(台南の近くにある、機関車車庫)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e16d0160442d86fb1dfa095f72c8158f

こちらが駅の南側で台東方向。

架線が無い線路があります。

私が最近読んだ本では、、、昔は花蓮のあたりには、電化どころかレール幅が1mもないようなコンパクトな列車が走っていた。ちょうど阿里山鉄道と同じ列車だと思う。コンパクトな列車が意外に速いスピードで走っていたようだ。

台湾鉄路千公里(40年前の本です。その当時、台湾を列車で1周した記事です。元祖乗り鉄です)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d0bb58f7781ffe2cbccc6e1472339d9e

花蓮の先は、非電化と言え日本と同じ狭軌で線路幅が統一されたのは便利なことです。

台湾全土、同じ車両で走れるんだもの。

お昼時だったので台鉄弁当の販売が始まりました。

花蓮は大きな町なので、お弁当の種類が多かった。

3年前に台北から九份に行って、お弁当を買った時は台鉄弁当1種類しかなかった。大きな15cm角の豚肉がベロンと乗っているだけだった。えらく野蛮な弁当だとその時思ったのだ。

故宮博物館、台鉄弁当、九份散策(台鉄弁当は大きなお肉がベロ〜ンと、ご飯に乗っかっているだけ)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/eb9458ad6d0fef0a907e5b3c41b68d45

それに比べると、、、ずいぶん進歩したのかな、、、弁当が!

台鉄弁当と八角弁当は以前に食べました。

花蓮特選弁当でも食べれば良かった。

実は今朝に小籠包のお店2軒はしごしたので、腹いっぱいでしかも食べ残しの小籠包があったのだ。

残念無念、台鉄弁当を食べれなかった。

八角弁当にも種類がありそうだ。

花蓮は弁当の種類が多い!

食い倒れの町なのか?

窓口で並んで買うのが便利ですが、発音が台東、タイトンと言ったら通じず、タイトーンと言いなおされてしまった。中国語は日本語に比べて4倍難しい。

慣れてくれば自販機で買えます。

特急の自由席みたいなものかな?

行先と特急か急行か鈍行か選ぶ。

自強号が特急。呂光号が急行。区間車が鈍行です。

慣れれば買えそうだ。

月台票は入場券なのか?

時刻表は日本と全く一緒です。

フランスでも同じだった!

フランスは駅に、行先・路線ごとの小さな時刻表が置いてあって便利だった。

電光掲示板も見やすい。

月台がプラットフォームの事です。

何で「月」何だろう???

お隣の駅のずっと先まで自転車で走り回っていた。

車内販売用のお弁当。

これは日本の区間車(普通列車)。

電車かジーゼル列車かわからないけど、このあたりを走っているのでジーゼル列車の可能性あり。

わりかし新しい形の特急です。

台鉄の特急はいろんな種類があり、えらく古いのから最新のまで色々です。

連結部を出していると、口をあんぐり開けていた感じでみっともない。

この形の特急列車は初めてだ。

もしかして日本製じゃなくシーメンスかアルストム?

まさか中国車両じゃないだろう。

プラットホームでいろいろ列車を見て時間つぶし。

すると、、、薄汚れた特急列車が入選してきた。

もしかして、これに乗るの?

あちこち剥げているじゃないかー。

同じ料金で、これに乗るの?

機関車タイプじゃないか!

どこ製なのだろうか

川崎重工も車両を輸出しているからなー。

今現在は中国車両という巨大メーカーが登場して、世界の車両メーカーが戦々恐々していると聞きました。

中国の高速鉄道を作っているのだもの、技術は変わらないし、パイが大きいので安く作れます。

車内はまるで日本にいるみたいに、日本のセンスです。

ヨーロッパ製じゃないでしょ、このセンスは!

花蓮ではガラガラだったが台東に近づくと満席になった。

鉄道の旅は楽しい!

2019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

コメント

花蓮の街角散策

2019-01-28 20:25:15 | 台湾

2019年、台湾紀行15

花蓮(ファーレン)旧市街にあったホテルから、夕方から街散策に出ました。

花蓮の古い鉄道駅は重慶市場の近くで、新駅から離れています。花蓮の見どころはやはり旧市街地になる。

味のある古びた古民家再生の喫茶店で、若い女性に大人気のようだ。

中で写真を撮ったり、外から窓辺の仲間を撮ったり、お客さんは忙しい。

鉢植えの緑もキレイに整理している。

まったりしていると、急に外がにぎやかになってきた。

人がゴミ袋を持って集まってきたので、何だろうと思ったら、けたたましい音楽とともにゴミ収集車が現れた。

ゴミ収集車のルートが決まっているので、住民がゴミを持参しなきゃならないようだ。

ゴミ収集車はゴミを置いておくだけじゃ、回収してくれない。

ゴミ収集車に持って行って手渡しします。

ゴミ出しを誰がやったか、、、わかるのは良いシステムです。

誰のゴミだかわからないのは、日本でも問題になりますから。

それに、ゴミ出しで住人が顔をあわせるでしょ、その日常から住人同士の挨拶があるのは良いことです。

ではでは、鉄道公園のあたりから夜道を散策します。

大きな真円の大理石ボールが水の勢いで回転しているオブジェ!

花蓮は大理石の一大産地ですから、こんな手の込んだオブジェを作ったのだろう。

しかも、この場所は旧花蓮駅があったところ。

ロータリーになっていて古くからの旅舎があり、、、今でも営業していました。

一泊3000円だそうです、怖いもの見たさに泊まりますか?

もう使われていない昔の鉄道レールをたどっていくと、繁華街にでます。

いわゆる旧市街地の繁華街です。

東京みたいに広いわけじゃないので、歩いて回れる範囲です。

ぐるぐる回っても、あココに出るんだって地理がわかります。

情緒がある街です。

台湾全体に言えることですね。

中国本土は、古い町並みを全部壊して、近代的な街に作り変えていますが、台湾はそれの正反対だと思えば間違いない。

古い古い旅舎の看板が出ていたビルの中に、年老いたおばばがテレビを見ていた。

今思うと、あの世代の人は日本語を話すだろうから、声をかければよかったと思った。

残念至極、後の祭りだ!

100年前、70年前、50年前はさぞかしニギヤカだったんでしょう!

回るものは縁起が良いそうだ。

東京に西のはずれ、高尾山薬王院にあるマニ車やタコ石と同じ発想なのか?

花蓮を発つ前に鉄道広場をもう一度見学。 

花蓮から列車で台東に向かった。 

2019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

コメント

松園別館、花蓮の旧日本軍施設

2019-01-27 16:19:43 | 台湾

2019年、台湾紀行14

 

花蓮を去る前に松園別館には行っておきたかった。

 

日本軍指令室と言っていいのか、将校さんのたむろった施設だった。

 

見晴らしの良い高台にあります。

樹齢100年余りの松が見事です。

古い建造物を大事に保存してくれています。

私が行ったときは、若手芸術家の美術展をやっていた。

裏庭では原住民と言っていい人たちの、現地音楽の演奏をやっていた。

ここで終戦を迎えた将校さんがピストルで自殺されたという、悲しい歴史があります。

松園別館の名の通り、松林が美しい。

見晴らしの良い高台に設けられて、当時はさぞかしエキゾチックな施設だったんでしょう。

太平洋を望んだ日本の最南端の指令基地だったのかもしれない。

台湾の、花蓮の人たちは、旧日本統治時代の施設や民家をよく保存しています。

ありがたいことじゃありませんか?

建物の裏手に回り込むと池があって、そこで民族音楽のような演奏をしていた。

左手前には休憩所があるので、観客は座って聞いていた。

どんより曇っていたが、雨が降らないだけましです。

台湾は雨に合う確率が高い。

冬の季節しか台湾に行ったことがないから、他の季節のことはわかりませんが、、、。

松園別館が別館たる、、、将校さんたちの講堂です。

リノベーションする前の写真があったが、ボロボロで朽ちた建造物だった。

それでも取り壊さずに再建築して歴史のかなたにあった、松園別館を現代に引き戻してくれた、花蓮市民に感謝の言葉がありません。

単なる歴史建造物としての観光施設じゃなく、市民のいろんな発表の場に、使うための施設として提供しているのは良いことだ。

歴史と現在とを区切るのではなく、連続として活用している、台湾の政策「リノベーション」には見るべきものがある。

1月なので観光客は少ない。

たぶん、夏場はすごい混雑になるのだろう!

瓦屋根に松の葉が吹き溜まっていた。

ついでに雨が多く湿気が多いのでコケが見事です。

コケもイキイキしているなーーー。

日本の田舎の藁ぶき屋根に草が生えていることがあるけど、台湾では瓦屋根にも草が生えます。

白川郷の合掌造りの屋根にも草が生えていたなーーー。

蔦さんも取り除かないのだろう。

自転車で花蓮市内、郊外を走り回ったので、近辺の地理がよく分かった。

道路の混雑がこれくらいだったら、スクーターが便利かもしれない。

台湾の人はダウンジャケット、日本人はティーシャツ姿。私らには25℃もあったら良い気候ですが、台湾の人には寒いのかもしれない。それとも冬服を着たいだけなのかもしれない。かたやモコモコでかたや薄着です。

スクーターが便利そうだが、レンタバイク屋さんは、花蓮では見かけなかったような、、、

台中や台南では駅前にレンタバイク屋さんだらけだったのだが。

2018年1月 嘉義から阿里山鉄道に乗って奮起湖に向かう。嘉義駅前のレンタバイク。

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6207696744ab454f2378baca5430e3c4 

2019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

コメント

choco・choco屋さん、花蓮市

2019-01-26 12:39:51 | 台湾

2019年、台湾紀行13

台湾の花蓮に面白いチョコレートやさんがあると聞いていた。

chocochocoは、花蓮市内の旧市街地で泊ったホテルの目の前だった。

駅前の新市街よりも旧市街地のほうが面白いことが多々ある。

夜見かけたときは何だろ、、、このぼろ屋は、、、しかし味のある内装だ、と思っていた。

翌日の日中に見たら、花蓮のチョコレート屋さんchocochocoじゃないですか。

このくたびれ加減がかっこ良い!。

リフォームと言うか、こういうのをリノベーションと言うのでしょう。

古い建物を再利用して、内装は現代アートのようなモダンな内装にする。

尖っています!

外観はボロいが、インテリアは見事です。

台湾はリノベーションが素晴らしい。

古い建物を壊すわけでなく、展示館にするのではなく、実際に商業施設としてリフォームして使います。

1階エントランスです。

荒々しい作りがオシャレです。

2階の喫茶コーナー。

本が置いてあって、ゆっくり休息や読書ができます。

写真好きなオーナーで、アフリカ・モロッコの写真が展示してあった。

私も若い時に訪れて、えらく感激したところです。

違う文明に接するのは楽しい。

チョコレートのメニューです。

ここでチョコレートを選んでコーヒーを頼んで2階でまた~~~り。

これも売り物のチョコレート。

280元と書いてあったから、1000円ぐらいかな。

高級チョコレートです。

大きな窓から旧市街の生活が見えます。

東京の銀座のような肩ひじ張った感じが全くない、古民家利用の商店は反対に若々しくお洒落になります。

台湾はリノベーションに政府が援助金を出していると聞きました。

若い人たちがこぞって古民家再生していますね。

対角のお店も、相当くたびれた感じでいい味を出しています。

若い女性に大人気なんです、リノベ―ションした古民家商店は!

古民家の喫茶店の窓辺でこちらを向いてコーヒーを飲んだりして、女性がポーズをとっています。

インスタ映えするからでしょう。

えらく感度が高いとおもう!

新築で豪華でお洒落なのはともかく、ピカピカで歴史も感じないような建築は、歴史を背負った古民家リノベーションにあっさり負けると思う。歴史の厚みをセンスの中に取り込んで勝負しているのだもの。プラスアルファが違います。新築でいくらきれいでもいいけど、過去のアナログな世界のリノベーションはセンスが要求されるが、超面白いものになる。

台湾旅行の醍醐味ですよー、古い民家や建造物を利用したリノベーションは!

chocochoco

http://choco2.com.tw/

2019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

コメント

五覇焦糖包粉圓、花蓮のかき氷やさん

2019-01-25 16:21:59 | 台湾

2019年、台湾紀行12

花蓮の五覇焦糖包粉圓は、ぶっちぎりに独創的なかき氷です。

こんなメロンパンのようなかき氷を、、、よく考えたな!

それが1人のおばさまの手によって40〜50年前に作り出されたもの。

いわば、かき氷の発明ですよ。

メロンパン型かき氷!

網状にかかっているのは焦がした砂糖、つまりキャラメルです。

すごいのは、黒砂糖から実際に大きなお鍋を火にかけて、完全に溶けてグツグツしてキャラメルなるまでかき回して作っていた。

どこかで手に入れたキャラメル香料じゃない。

氷にかかっているキャラメルは、自然な優しい味だった。

香料で味を強調したものじゃないので、濃いめのお味になれた現代人には物足りないかもしれない。

私がかき氷を食べていた後ろで、大きな中華鍋で黒砂糖を火にかけて、キャラメルを作っていた。

時間と手間のかかることです。

オーナーのおばさんが、若い子を使って指示していた。

タピオカが入っていました。

豆やらあんこみたいなものも入っていて、台湾の食べ物全般に言えますが見た目は良くないが、お味は優しい味で好きな人は絶賛しています。

砂糖を入れて火にかけてヘラでかき回す。

かき回さないと、、、すぐに焦げ付いてしまいます。

鍋を火にかけている間は、目が外せません。

お湯のように砂糖湯(キャラメル湯)が沸騰しています。

じゃーん

昔々、日本で北陸の方で(アナウサー)をやっていたと言っていた。

若い時はきれいだったんですよー、きっと!。

夫が消防士さんで、夫婦揃って働いて金を稼いで、、、なんと壁一面に寄付のお礼状が貼ってあった。

新メニューを発明した料理家であるし、夫婦そろって喜徳なお方なんです。

子供達は1人は米国で、1人は台北に住んでいて、たしか子供さんは5人ぐらいだと、、、。

そんなに育て上げて、さらに「お金がないところに寄付するの!」て慈善事業に励んでいらした。

優しいお顔をされていました。

並んで写真を撮ってもらったが、、、お前が怪しい人だと言われてしまった。

感謝状だらけです。

花蓮を訪れたら五覇焦糖包粉圓を訪れて、オーナーのおばさまとぜひ話してください。

日本語世代の方達の、日本語を忘れないようにねーーー。

1月の早朝だったからお客さんは少なかったけど、夏場はすごいのだろう。

おばさんと話していたら、こんなキーホルダーをいただきました。

敵は去る者引っかく者、なかなかのやり手だな、おぬし!

おばさまはアイデアマンなのだ。


五覇焦糖包粉圓 

台湾花蓮市博愛街165號

03−8322929

台北ナビ

https://www.taipeinavi.com/food/1168/ 

2019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

コメント

花蓮の田園風景、自転車でまわる

2019-01-24 22:35:49 | 台湾

2019年、台湾紀行11

台湾東部の町、花蓮の朝を自転車で郊外を走り回る2。

それにしても、すばらしい田園風景だった。

台鉄の駅で言えば3つ目ぐらい先まで行ったら、雲行きが怪しくなってきて、雨がポツリ、、、踵を返すように戻りました。

異国の知らない土地でずぶぬれになって、道に迷うのはごめんでしょ。

これ、危機管理能力の問題です。

見渡す限り、青々とした畑です。

1本道の自転車サイクリング道路です。

このまま道が続いていればいいけど、たいていはどこかでぷっつと無くなる。

あとは必死に地図と地形とスマホのグーグルマップを見て現在地を確認する。

それから行くべき自転車道路を探します。

道端の道路わきにマンゴーやパパイヤがなっていました。

たぶん、手前はタロイモ畑。

田園って書いています。

本当に電線もないような田園だった。

花蓮に行ったら貸自転車で走り回るのは楽しいです。

花蓮ぐらい車やバイク、人が少なかったら、私たち日本人でも車の運転はOKかもしれない。

台湾西海岸の道路の混雑ぶりは、、、車の運転に自信がある私でも敬遠します。

台湾の東海岸線はのどかで牧歌的です。

2019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策2

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策1

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

コメント

コンテナ・スターバックス、日本人建築家・隈研吾氏が設計した、花蓮市

2019-01-23 09:12:59 | 台湾

2019年、台湾紀行10

花蓮で日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックスを見に行った。

自転車を借りて花蓮からここまでは直線で5kmぐらいだが、素晴らしい田園を見ながら寄り道だったので10kmぐらいだった。

日差しが強くて、けっこう汗をかいた。

早朝だったがここだけ人がいっぱい。

自家用車で来る人が多く、広大な駐車場に車が続々はいってくる。

観光バスまで来ていた。

お隣が映画館が入っている施設で、そちらに来る人も多い。

観光バスからどっと下りたお客さんは、スターバックスで30分以上待ってドリンクを手にして、お隣の大きな施設に向かう。映画でも見に行くのかな。

壁面がデザインされている建物の手前がスターバックス。

アレーというくらい小さかった。

スターバックスだからね。

後ろの巨大な建物がスターバックスなのかと思ったが、あんなに巨大なはずがない。

自転車でも来る人は多い。

貸自転車には電動タイプもあり、女性たちは軽快に乗り回していた、楽なんでしょう。

しかも、こちらの電動自転車はこがなくても走るタイプが多い。

原付電動自転車ですね。

日本人建築家の隈研吾氏が設計したとは、、、誇らしい限りです。

これは前庭にあったアートですが、ワイヤーを石みたいなものに巻き付けてある。

面白いものだ!

後で日本に来た台湾人に聞いたら、このワイヤーは台北の高層ビル101のエレベーターに使われているものだと。同じようなオブジェが台北にもあるそうだ。

2019年3月 台湾人を連れて雪山トレッキング(高峰高原)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/04d38f5648e1e84b3c9b5b7a2981ce26

2019年3月 峰の原高原

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1adcdc678b0e9072533260f6a558affe

ではでは中に入ってみましょう。

中は超超混雑していた!

混雑しているのに空いている席があった。

何で座らないのかと思ったら、、、日差しが暑すぎて皆さん避けているようだ。

概して、台湾人や中国人は日焼けを避けます。

こんがり肌など、、、もってのほかと考えているようだ。

白い肌にあこがれているんです。

肌が白いと、それだけで高級人種と思っているようだ。

肌が黒いと労働者で、肌が白い人はお金持ちという、ステレオタイプの考えがあるようです。

だから、白人に憧れが強いのだな。

日陰の席は満席だった。

1月でこれだから、観光客が激増する夏場になったら、、、どうなっちゃうの。

じっさい、台湾の日差しは1月でもジリジリ焼けるほど強いのに、こんなガラス張りで鉄の箱の中は、、、蒸し風呂じゃないか?

夏場は避けたほうがいいと思うよ!

素材が鉄で熱伝導が良いし灼熱のところにあったら手も触れないように熱くなります。

マッスが小さいので空間が小さく暑くなりやすい。

デザインと発想はいいけど、建造物としては快適性に問題はある。

でも、こんなユニークな施設を造る台湾社会は面白い。

一見の価値はあります。

019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

コメント

台湾東部の花蓮郊外を自転車で走る

2019-01-22 15:45:11 | 台湾

2019年、台湾紀行9

花蓮郊外の海岸と田園を自転車で走り回る1。

じゃーん

花蓮はさほど大きな街じゃありません。

10分も自転車で走れば市場があって、すぐに畑が出てきます。

花蓮中心部からまず海岸に向かいます。

市街地を外れたら、、、すぐに豊かそうな畑が出てきます。

この辺りが市街地と郊外畑の境目かなーーー。

花蓮市内のすぐ脇で、パパイヤがたわわになっています。

これが最初だったけど、この先はパパイヤ、マンゴー、やしの実のオンパレード。

海岸に出ました。

太平洋です。

水は極めてキレイです。

だけど知らないところで遊泳は危険ですぞーーー。

台湾ではこんなに晴れるのは珍しいと思う。

消波ブロックが積んであるということは、波をおさえると同時に、砂をとられないようにしている。つまり引き潮も相当かもしれない。ブロックで安全という気がするけど、、、反対に危険な時がある。

この写真の真ん中あたりまで行き、右折して山に向かいました。

自転車道路の表示があるけど、計画倒れみたいに途中でなくなることがままあります。

水牛親子がいたのにはびっくり。

のどかな田園風景でしょ。

熟れすぎじゃないかーーー。

観光地図では自転車道路があちこちにあり、自転車マークが道路にペイントしてありますが、消えかかってわかりにくい。

花蓮市は自転車道路として整備したいそうだが、整備する予算がないのか、いきなり工事現場のダートに変わってしまった。

その先が怪しいと感じたら、、、判断は早くさっさと引き返すのが、知らない土地でのデフォでしょ。

自転車道路がある時はいいんだが、途中で道が整備不良になるんだよーーー。

もしかして、私たちは自転車で皆さんが走る距離を超えてしまったのかもしれない。

基本、花蓮では自転車を借りることを、、、お勧めします!

2019年、台湾紀行35、鶴宮寓(ホックハウス)の共用ラウンジ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e19be8c5067e93ecda93c77b71032108

2019年、台湾紀行34、鶴宮寓(ホックハウス)は台湾で一番人気のゲストハウス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7cb29af5079e6d4911f622952faa3e0e

2019年、台湾紀行33、飛行機の窓から日本列島

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/943369c57e0655d3d1f72ef775fafd89

2019年、台湾紀行32、福品旅店、花蓮の旧市街にあるホテル

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/523ee68d574b3bfc52439bdc7ae3f953

2019年、台湾紀行31、台東の南国フルーツ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/597110d68721e65b2acf57d0c1b372ca

2019年、台湾紀行30、気球民宿、台湾台東

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c9cb42503b0855a45aebc74de5fcd4f6

2019年、台湾紀行29、高雄捷運環状軽軌

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/91b29f1b0433decb76c1e843b377279a

2019年、台湾紀行28、高雄国際空港

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3cea09b2dd1253bc467cb664aa71766f

2019年、台湾紀行27、高雄鉄道博物館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/fa6f57f367249327ca1c75fbf8bccce0

2019年、台湾紀行26、果貿國宅社區

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ddd1d6d3b1abb7a63afdfcc256e1b205

2019年、台湾紀行25、高雄の6号夜市

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/972ad3b1a28519885e0a4fbc038b6e90

2019年、台湾紀行24、呉寶春(ウーパオチュン)パン選手権で世界一になった

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/fac7e2a4dbc2dde08cb9f97eb771f877

2019年、台湾紀行23、朝食専門店の寬來順早餐店

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/de49c118d8b63541f20c40da0c458384

2019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

tps://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策2

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策1

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

コメント

松山空港から国内線、台北から花蓮へ

2019-01-21 10:47:22 | 台湾

2019年、台湾紀行8

台北から花蓮行、早朝UNIAIRのフライトを予約した。

花蓮(東海岸)まで台鉄の特急で行きたかったが、中国本土旅行者がチケットをおさえていて、切符取得が難しかった。

ならばと、私たちはフライトをネットで3か月前から予約しました。

前割で、さらに安くなるので助かります。

台北松山空港から花蓮まで、2人で8000円ぐらいだった。

一日を有効に使いたくて7:10花蓮行です。

国内線とはいえ7:10のフライトだと6:00には、台北の松山空港についていなければならない。

松山空港は台北市内から車で10分余りと近い。

大昔に台湾に行ったときは桃園空港がなくて、松山空港だけだった。

しかも、なんだか中国のにおいと言うのかウーロン茶のにおいと言うのか、ちょっとかび臭いにおいがしました。

リニューアルでもしたのでしょう、今は普通にきれいです。

でもコンパクトな空港です。

国内線が多いので華美ではない。

表示は英語と漢字です。

漢字が日本とちょっと違うけど理解はできます。

羽田行きが多い。

たしか台湾の航空会社を成田から締め出したんです。

そんなことをするのは中国の差しがねです。

それで必然的に台湾の松山空港から羽田行きが今でも多くあるのでしょう。

早朝の1時間に4便もありました。

LCCのような航空会社だと成田→桃園空港(市内まで1時間かかる)になります。

日本と同じコンビニはありますから安心。

台湾の日本のチェーンのコンビニの品ぞろえは、、、日本と全く同じです。

値段も同じだから、台湾では高めだと思う。

荷物チケットですが、日本だとチェックはないけど、台湾はしっかりチェックします。

普通の車体の1.5倍は優にある大きなバスです。

むむむむむプロペラ機だった。

昔は日本国内でもYS11に乗って出張しましたが、それに比べると近代的なプロペラ機です。

台湾の1月は雨が多くてからっと晴れることが少なかった。

台北の空だけぽっかり雲がなく晴れているようでした。

下界が良く見えます。

台北は盆地にあって、街は山に囲まれていて発展のしようがないと聞きました。

プロペラ機は上昇が早い。

台湾の高山が遠望できました。

あの山並みはキット3000mを超えているのでしょう。

太魯閣のガイドさんの話では、3000m超の高山が、九州ほどの大きさの台湾に160を超えると言っていた。

日本には富士山を筆頭にしても23座しか3000m峰はありません。

いくら日本が山国だと言ってもです。

台湾の山国ぶりがわかるでしょ。

花蓮郊外が見えてきました。

その時は気が付かなかったが、海岸線の連山が台東まで続いているんですね

右側がちょうど盆地のような細長い平野でした。

花蓮空港はちょうど真下ぐらいかな

右に旋回して下りていきます。

だたぴろいローカル空港ですが、夏場は込み合いそうです。

空港施設に足を踏み入れると大理石をふんだんに使っていることに気が付きます。

すぐ近くの太魯閣は大理石の産地なんです。

床も壁も大理石。

空港ロビーまで南国チックになります。

夏はパラダイスになるんでしょう

自転車を借りて走り回ったが、花蓮の郊外はこんな感じで気持ちが良かった。

命の洗濯になります。

花蓮に日本人移住希望者が多いのは納得します。

台湾は西側が、歴史ある台南や、古い町並みを生かしたリノベーション都市の台中などがあり、商業の中心地として台北と高雄があるけど、東海岸はゆったりと自然を満喫できる地域です。 

台北から花蓮へのフライトチケットは太魯閣バスツアーと同じ業者さんから買いました。外国人割引があってお得です。

KKDAY東岸国際観光社のフライト

https://www.kkday.com/ja/product/12168

KKDAYの太魯閣バスツアー

https://www.kkday.com/ja/product/2143

2019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

コメント

2019年渋谷駅伝を走ってきた

2019-01-20 19:22:03 | ランニング・大会

渋谷駅伝を走ってきました。

渋谷駅伝は今では代々木公園内でおこなわれています。

昔はNHKの周りの外周路と織田フィールドでやってた。

私は、今ではランニングの大会に出ていませんが、高齢者チームにぜひと呼ばれたので、御一緒しないわけにはいきませぬ。

何でも、4人合わせて300歳にならんとする、南蛮連合史上最高齢チームを組みたかったそうです。

マーーー元気ですけど。

昔ほどじじい然としていないでしょ。

ランニングして鍛えていますから。

ヨボヨボじゃない。

ジョンさんが撮ってくれた雄姿です。

1kmも全力で走ったら、、、もうそこから先は、足がさび付いた鉄のように重くなった。

意識は全盛時のままだから、もどかしいのなんの。

なんで、ここいらでこんなにバテルのだ?

脚が上がっていないでしょ、スピードに乗っていない。

追いかけている時だと目線が上がるものですが、下がっている時は追い切れていないとき。

シューズはズ―――と以前に購入したサブスリーランナー用の勝負靴ですが、、、もったいないくらいのアシックス・ソーティ―マジック。いいシューズを履くと、遅くなってもいい気分です。高性能・高価な車を愛でるようなもの。

クラス13位でタスキをもらって、11位でタスキを渡した。5人抜いて1人女学生に抜かれた。追いかけようにも足がこんがらがって転倒しそうになる。昔だったらな―――!

オープンチームが2位、6位に入って、マスターチームは4位と何位にか入賞していた。

女子はもしかして優勝だったかも。

たまには大会もいいものです。

皆さんの写真も撮ってきました。5枚に1枚ぐらいしか良いのはなかった。

南蛮連合の雄姿の写真①

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2205873956192701&set=pcb.2205876609525769&type=3&theater

南蛮連合の雄姿の写真②

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2205877576192339&set=pcb.2205879072858856&type=3&theater

コメント

液香扁食、花蓮のワンタン屋さん

2019-01-19 21:54:17 | 台湾

2019年、台湾紀行7

花蓮(ファーレン)に行ったら、「液香扁食」のワンタンを食べようと決意していた。

花蓮の街中にワンタン(扁食)やさんが多いのだ。

お店のテーブルについて、花蓮で一番のワンタンを、蓮華で一口いただいた、、、。

何だこれは!!!

こんなに美味いワンタンは初めてだぞ!!!

日本でしか食べたことのなかったワンタンは、、、そんなものだと思っていたが、予想だにしなかったレベルで、、、口の中にいっぱいになった。

日本のワンタンのレベルを、どれだけ超えているか、、、想像だにできない!!!

う~~~ん、うまい!!!

ワンタンを見直した!!!

店構えは台湾のどこにでもある庶民的なお店!!!

たれは別皿(湯飲み茶わん)に2種類、醤油と酢だった。

紙のどんぶりになみなみと入っているワンタンを、蓮華ですくいたれにちょっとつけて食べる。

紙のどんぶりは小さく見えるけど、なんのへたなラーメンどんぶりよりも量がある。

食べても食べても減らないのだ。

しかも、、、うまい!!!

私が今まで食べていたワンタンは、いったい何だったのだろう、、、。

そもそも、日本でワンタン麺と言ったら、麺はタップリ、ワンタンちょっぴりでしょ。

液香扁食のワンタンはメニューが1つしかない!

ワンタンだけ。

味の変化もなし。

オンリーワン、、、ワンタンだけ!

その自信たるや、、、すごい、清い、唯我独尊かもしれないが、形容のしようがないくらい飛びぬけている。

ワンタンとはワンタンだけで、ひとつのお食事になると初めて知りました。

拉麺のいっぱいみたいなものだった。

いっぱいのワンタンで完結しているのです。

ぜひぜひ、台湾は花蓮の液香扁食で味わってください。

ワンタンが、、、こんなものだったとは、初めてだ~~~。

焦がしニンニクとネギです。

そう言えば台湾で食べたものにはネギをふんだんに使ったものが多かった。

ネギが美味しいのだなーーー。

お店は立派な店構えではないが、、、ピカピカに調理場が磨きあげられていて、お店の気合がビリビリ感じられます。

スタッフはおばさまだけ。

おばさまというより、おばさま軍団と言うのが正しいかもしれない。

超・気合入れたおばさまたちなのだ。

ワンタンを茹でる窯はぐつぐつと沸騰している。

左がスープ釜です。

ここ液香扁食のワンタンが美味しいのは、ワンタンそのものの美味しさと、そのスープの美味しさとが相まっているからだ。

台湾全体が薄味なのだが、私もこんな美味なスープを飲んだことがない、と言っていいくらいだ。

スープをたれで薄めて飲むと、これまた微妙なお味に変化する。

ワンタンとスープが絶妙にハーモニーを奏でている。

一点の汚れもない厨房です。

メニューはワンタンのみ!

これ以上気合に入れようがないくらい、ピーンと張りつめた気配をおばさまが醸し出している

すごいよ、おばさま軍団は!

ディンタイフォン本店の小籠包が美味しくて、それなりのお値段がするのは当たり前。

最高の材料を極めて美しく、完璧なサービスを提供して、お値段もそれなりにいただく。

でもここ、液香扁食はディンタイフォン真っ青でしょうね。

ディンタイフォンみたいに、あれやこれやとメニュー展開していない、、、1品勝負の清さはすごいとしか言いようがない。

また、もう一度食べてみたいのは、ディンタイフォンじゃなく、花蓮(ファーレン)の液香扁食ですね!

それくらい衝撃を受けました

一人前ずつに保冷庫に分けてあった。

ただの食堂といった風情ですが、中身はディンタイフォン真っ青なワンタンおばさま。

ディンタイフォンのサービスはキレイな娘さんとハンサムな兄さんだけど、、、液香扁食のサービス嬢はそこいらにいらっしゃる普通のおばさま、だけど、きっとドラゴンボールの仙豆を食べて戦闘力数値が高くなっているんじゃないか。

ま~~~ディンタイフォンとは、違った土俵で勝負していると考えるのが正解かもしれないが、、。

満腹になって、気分良く花蓮の夜をそぞろ歩きでホテルに向かった。

花蓮の町には扁食屋さんがいくつもあるけど、ワンタン1球勝負は液香扁食だけ。

でも、他店もきっと美味しいと思うよー。 

2019年1月 花蓮で小籠包の食べ比べ、評判の公正包子か、地元に愛される周家か

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980 

2016年1月 台北についてその足でディンタイフォン(鼎泰豊)へ向い小籠包を食す 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/24d0f38a6ce8f2c25eb92c12681773cd

2019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

コメント

公正包子と周家のちがい、花蓮で小籠包の食べ比べ

2019-01-18 19:30:15 | 台湾

2019年、台湾紀行6

花蓮(ファーレン)で小籠包と餃子を食べ比べた。

花蓮の公正包子の小籠包や餃子が、うまくてお勧めと書いてあった。

日本のガイドブックじゃなく、ネットでの評判を呼んでいたら、公正包子のお隣にある周家のほうが、むしろ地元民に人気だと書いてあった。

評判のお店と、地元民に愛されるお店と、、、どう違うのか、、、「突撃お昼ゴハン」の出番でしょ。

異国の地に行っても「突撃お昼ゴハン」は忘れてはいけません。

じゃーん

こんな大通りを朝早く歩いて向かいました。

人通りはえらく少ない。

am9:00ぐらいだったからだろう。

スマフォで道順を検索して向かうと、、、。

この一画だけ人が多かった。

手前が公正包子で右隣に周家です。

手前のお店の公正包子は、大通りの中山路に面しています。公正街の入り口にあるので公正包子という名前を付けたのだろう。公正街を1軒中に入ったところにあるのが周家です。つまり場所は角地にある公正包子のほうがよい。

このあたりだけ熱気さえ感じます。

早朝にこの辺りを歩いている方は、皆このお店のどちらかに入っていきます。

お店の中で食べてもよし、でも中華圏なので家で食べるのか、持ち帰る人の方が多い。

せいろをこんなに高く積み上げて、小籠包や餃子を蒸しています。

あたり一面に良い香りが充満して、、、ぐぐっと惹かれて思わず近づいてしまいます。

手前の方はお持ち帰りの方の小籠包をビニール袋に詰めています。

極めて手際よく詰めていきます。

後ろの人たちは、まだ蒸しあがっていない小籠包や餃子をせいろに並べていきます。

人海戦術ですね。

台湾は人が余っている感じがします。

それも若い人が多い!

実に多い!

周家の価格表です。

小籠包は10個入りのせいろが50元=約175円。

せいろ1個で満腹になります。

餃子10個入りのせいろが30元=105円!

台湾では庶民の食べ物は安い、実に安い。

だけど、洒落た庶民が来ないような敷居のたかそうなお店になると、日本と同等かちょっと高めの価格になる。

価格差が大きいのだな。

どちらにしようか迷って、周家に入って小籠包を3つと餃子を10個づついただいて、店内で半分食べました。

それから、公正包子で小籠包を3ついただいてきた。

小籠包は1個売り=5元だが、餃子はひとかご10個売り=30元なのだ。

もう腹がいっぱいなので、あとでホテルか列車の中で食べるつもりだ、、、。

周家の小籠包。

皮が比較的薄いので、中の汁が皮に浸み出している。

ディンタイフォン(鼎泰豊)のものと比べると、、、そりゃ値段が4倍違いますから、見た目の美しさは比べ物にならない!

だけど、美味しさはディンタイフォン匹敵します

包の部分の材質や厚さが違うので、なんとも言えないが、別の食べ物と考えた方が適切だろう。

周家の小籠包の包は比較的薄くて、中の具が多い。

ディンタイフォンの小籠包は包が非常に薄くて、中に汁がたっぷり入っているのが特徴です。

日本の小籠包はディンタイフォンを模したものが多いので、比較的汁っぽいが、台湾東部の花蓮の小籠包は肉まんの包を薄くした感じだった。

2016年1月 台北についてその足でディンタイフォン(鼎泰豊)へ向い小籠包を食す

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/24d0f38a6ce8f2c25eb92c12681773cd

見た目のキレイさはディンタイフォンはさすがですが、お味は周家の小籠包はまったく引けを取らない。

ただ、中に汁が入っていないので、同じ小籠包といっても違うものです。

餃子は、、、どうかな。

中の具が違うんですねー、餃子と小籠包は、、、。

餃子はニラが効いていてお野菜たっぷりです。

小籠包は豚肉がたっぷり入っています。

以前、、、横浜中華街で行列のお店に並んで肉まんを買って食べて仰天したことがあった。

何かというと、その肉まんは直径15cm以上もあるかというくらい大きかったが、中の具がピンポンボールよりもはるかに小さくて「貧乏くさい!」って思ったことがあった。外は巨大で中には大きな空洞があって、その中にコロンと小さな具があった。あんなに嘘くさく作るのは、反対に難しいのではないか。

ありゃ詐欺ですよ!

周家の小さな小籠包の中の具よりも、横浜中華街の巨大肉まんの具の方が小さかったのだ。

周家の具をほめるのが良いのか、、、横浜中華街のそれを「バカにするな」と怒るべきか、、、わからないが。

台湾の小籠包はさすがに本場だけあって、当たり外れは少ないだろう。

横浜は観光地だからねーーーしかたないか。

こちらは公正包子の小籠包。

肉まんの小型版て感じです。

つまり周家に比べて包が分厚い。

どちらも美味しいですよ。

周家のテーブルから外を見ました。

大勢が早朝から忙しく働いている。

お持ち帰りの時はこんなビニール袋に、さらに小分けしたビニールに入れてくれました。

列車で移動の時に、お昼弁当にしました。

2019年1月 花蓮の「液香扁食」のワンタンを食す。孤高のワンタンだ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

*台湾の東海岸から高雄へ 

2019年、台湾紀行35、鶴宮寓(ホックハウス)の共用ラウンジ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e19be8c5067e93ecda93c77b71032108

2019年、台湾紀行34、鶴宮寓(ホックハウス)は台湾で一番人気のゲストハウス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7cb29af5079e6d4911f622952faa3e0e

2019年、台湾紀行33、飛行機の窓から日本列島

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/943369c57e0655d3d1f72ef775fafd89

2019年、台湾紀行32、福品旅店、花蓮の旧市街にあるホテル

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/523ee68d574b3bfc52439bdc7ae3f953

2019年、台湾紀行31、台東の南国フルーツ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/597110d68721e65b2acf57d0c1b372ca

2019年、台湾紀行30、気球民宿、台湾台東

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c9cb42503b0855a45aebc74de5fcd4f6

2019年、台湾紀行29、高雄捷運環状軽軌

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/91b29f1b0433decb76c1e843b377279a

2019年、台湾紀行28、高雄国際空港

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3cea09b2dd1253bc467cb664aa71766f

2019年、台湾紀行27、高雄鉄道博物館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/fa6f57f367249327ca1c75fbf8bccce0

2019年、台湾紀行26、果貿國宅社區

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ddd1d6d3b1abb7a63afdfcc256e1b205

2019年、台湾紀行25、高雄の6号夜市

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/972ad3b1a28519885e0a4fbc038b6e90

2019年、台湾紀行24、呉寶春(ウーパオチュン)パン選手権で世界一になった

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/fac7e2a4dbc2dde08cb9f97eb771f877

2019年、台湾紀行23、朝食専門店の寬來順早餐店

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/de49c118d8b63541f20c40da0c458384

2019年 台湾紀行22 花蓮の重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

*台湾の嘉儀から阿里山へ、そして台中へ

2018年 ⑰台中文学館、日本統治時代の建物を保存

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/39121cac7b4ad3dd39d9d76571763aec

2018年 ⑯台中・無為草堂(茶屋)後半

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c8b1fe86e8a71d4347b0a20ec47f6393

2018年 ⑯台中・無為草堂(茶屋)前半

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/bce7c918248c288acdc8f1636c449c8d

2018年 ⑮台中・宮原眼科、お洒落なスイーツやさん

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/01a991ec6304bbe576045011187398e5

2018年 ⑭台湾の鉄道のあれこれに乗る

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/32dd8d81d51cec516b816bccaba9d346

2018年 ⑬台中・藍天飯店(ブルースカイホテル)リノベーションは宮原眼科と同じ

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/5f2236a400281321104c912b7524990b

2018年 ⑫台湾のインスタントラーメン

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c0f4b20cebb0156081d63c53453529ac

2018年 ⑪台中・国家歌劇院 モダーンなインテリアは必見

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/79b098cd33079bcba05a27972598d350 

2018年 ⑩台鉄弁当の八角弁当を食べた

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a0d97d1ccb06372509efcee5339a78a8 

2018年 ⑨嘉義・皇爵大飯店、台湾のホテルは安くてキレイ 

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/00adcf1f3996718244253e94a9fb9c7e

2018年 ⑧嘉義・しゃれたカフェ、老院子1951

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/206356f0e06d5b68efb76c3929e238a9 

2018年 ⑦阿里山から嘉義へバスで下りる。車窓が雄大だった。 

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/4056856bc0a39776b2a246d71374621b 

2018年 ⑥阿里山の神木の森を散策、スピリチェアルを感じました 

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9dd6e6577becc25269bcf3e81b3e2105 

2018年 ⑤阿里山森林鉄道に乗り祝山へ向かう 、大雨のなか出発

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/493259cf567fd8b5d71043958fb6dcfd 

2018年 ④奮起湖の阿里山森林鉄道、阿里山へバスで行く  

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b476fa15c132c89bc441df33946cb51c 

2018年 ③嘉義から阿里山森林鉄道にのる、奮起湖まで 弥次喜多道中

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6207696744ab454f2378baca5430e3c4 

2018年 ②彰化・扇形車庫を見に行く 蒸気機関車時代の車両回転台です

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e16d0160442d86fb1dfa095f72c8158f 

2018年 ①嘉義へ黒落花生を買い出しに  台湾では黒金剛と呼びます

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ef25be279d48a635f9c2a23fd841e1dc

2018年 ⓪台湾人は敬老精神 博愛席に強制的に座らさられた

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/318c87962bd42f1ba3f81f9b4192cbda

*台北から台南へ

2017年、台湾紀行10 台北・青田七六街を散策して永康街でお食事

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8d7504d73587c194a160741aafbf6508

2017年、台湾紀行9 台南で古い川崎のバイクを発見

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ba2bb2e664e2f4a871daa257b1fba371

2017年、台湾紀行8 台南・正興街の佳佳西市場旅店に泊まり、林百貨店、神農街を見て「度小月」で台南担仔麺を食べた

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/222b45f68f7d9d14df2761894b69ec37

2017年、台湾紀行7 台南の平安路を歩く

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/824afefed9d6deb4cb4c6c517720293a

2017年、台湾紀行6 台北から台湾新幹線に乗って台南に行く

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ce98ba4d368c8919b895656daa0ce693

2017年、台湾紀行5 台北・迪化街の健歩店で黒金剛(黒落花生)を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0b665ca44b479990adb948f06f31ad43

2017年、台湾紀行4 台北・朝食屋さんの阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e424073413c5067d00e47a42d2180c3c

2017年、台湾紀行3 台北・丹油旅店大安店(ダンディホテル)に泊まり大安森林公園を走る

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/85c456bba403c1125aac628d7d316387

2017年、台湾紀行2 台北でランステ、森林跑站 RunBaseを発見

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f5bf2fd87ae5eea6e36688eb2234611

2017年、台湾紀行1 成田のカプセルホテル、ナインアワーズに泊まった

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/08fac90ebbb1d75c83aaf6c7dbf844a3

*台北とその周辺

2016年、台湾旅行記7、台北・好丘の尖った雑貨屋さん、パン屋さん、かき氷屋さん

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a7831df27e82d37d1a44554a3943ffbc

2016年、台湾旅行記6、平渓線でローカル列車の旅

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/035614ba761bf9fc5ac8f58b6d22e38f

2016年、台湾旅行記5、九份に泊まり瑞芳の美食街に向かう

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1e86112e4b2e2b6b4fed56cb450b6d6d

2016年、台湾旅行記4、台北・故宮博物館から台鉄で九份へ

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/eb9458ad6d0fef0a907e5b3c41b68d45

2016年、台湾旅行記3、台北・迪化街の健歩店で黒落花生を買う

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/77cab75c159796d1b6593681f7b98642

2016年、台湾旅行記2、台北・象山トレキング&臨江街観光夜市

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/f5e9ff944588121bc91b58b833aa8442

2016年、台湾旅行記1、日本出国から台北鼎泰豊の小籠包、神旺ホテル

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/24d0f38a6ce8f2c25eb92c12681773cd 

コメント

太魯閣ツアー2

2019-01-16 22:38:21 | 台湾

2019年、台湾紀行5

清水断崖を見学した後、バスツアーは花蓮方向に戻り新城から川を上り太魯閣に向かった。

新城は小さな町なので町はずれに太魯閣渓谷の入口門があった。

まっすぐが太魯閣方向で、その手前を右折すると太魯閣観光案内所が丘の上にあります。

私らのKKDAY太魯閣&花蓮1日ツアーのバスです。

https://www.kkday.com/ja/product/2143

太魯閣のような1本道で混雑する観光地には、これくらいのマイクロバスが便利。太魯閣渓谷は狭いので車の駐車がままならない。

右上の丸が観光案内所があるところで、各ポイントを紹介している。この案内板は路線バスの停留所にあったもの。バスはだいたい1時間に1本だそうです。ただ、日本のようにバスはしっかり止まってくれない。手を挙げて乗る意思を示さないと、アレーという間に通過して乗り逃してしまう。日本人には難しい路線バスです。理由はどれが路線バスかわからないからです。気が付かないうちに通り過ぎられてしまう。

一番奥にある原住民の太魯閣族のレストランに行ってお食事だった。

何とも味が微妙な食べ物だった。

しかし、太魯閣に来たのだから太魯閣族の食事はいいと思う。

レストランの裏手には部族の館がずらっとあった。

梅が咲いていた!

太魯閣渓谷の崖の上の歩道をトレッキングです。

私は高所恐怖症じゃないのでなんてことはないが、ビビる人が大勢いらした。

ここはまだまだ高度感がないが、先に行くに従い高度を上げていった。

もっとも、100年前の道は、今は観光客が通れる幅1mではなく、わずか幅30cmだったそうだ。

そりゃ怖かったろうにーーー。

巨木が河原に点在していた。

あの木は直径3m~5mくらいありそうだ。

樹齢3000年ちかいご神木じゃないですか。

第二次世界大戦前の日本統治時代に、日本の軍部と現地部族が戦ったそうです。無茶な要求を原住民に強いて、住民が蜂起して30cm幅の太魯閣のみちで争ったそうだ。日本軍はこんなところで戦わされて、山を知り尽くしている原住民に全く歯が立たなかったそうだ。最後は天皇陛下が原住民に失礼を詫びて争いは終わった。戦いを仕掛けた日本軍将校さんは左遷されたそうです。そんなことは日本の歴史本には書いていない!

大きな石も大理石でしょう。

右側の方はガイドさん。

今では幅が1mあるけど、これが30cmしかなかったんです。しかも柵もなかったし。こんな所で原住民と戦いたくなかっただろう。どこから飛んでくるかわからない弓矢と昔の日本軍の鉄砲の戦いだった。

命令された兵隊さんは、さぞかし嫌だったろう!

それに、、、何でこんな山の中の原住民と戦わなきゃいけないの!交通の要所でもないし、何か産業があるわけでもないし、いいところ観光だけですから。

今では柵もあるし広くなった。

燕のなんとかという渓谷が狭くなったところ。

左が昔の道で新道は大きい。

すれ違いも、大型バスははみ出してくるからおっかない。

屋根がすれすれですよー。

それで大型バスはセンターラインを踏んできます。

観光バスのフロントに飾ってあった神様???

上流に行くと水はマリンブルーと言うのか、アクアブルーと言うのか、コバルトブルーと言うのか、、、不思議な色です。

岩には地殻活動の証の褶曲が見られる。

台湾は3000m以上の高山が、九州ほどの広さの中に、、、160座ぐらいあるそうです。

実に山深い島なんです

しかもまだ造山活動が活発で、年々山々が高くなっているそうです。

聞いた話では、、、毎年7cm高くなっているそうだ。

それで日本と同じように地震があります。

崖をくりぬいて作った道をお寺に向いました。

道路建設でお亡くなりになった方々を祭っています。

太魯閣はスケールが大きいのか絵になりにくい。見て感じる分にはいいけど、何か撮ろうとするならば考えねば!

2019年1月 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行22 重慶市場

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e98a93844584f8f3ac9a91a48eeaf51

2019年 台湾紀行21 高雄の竜虎塔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ae2ff24f43ef6cc4c35c95f5c9b09a9c

2019年 台湾紀行20 台東の森林公園

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a55783862ff637f6bad55df8b0a4d71c

2019年 台湾紀行19 台東から高雄に向かう車窓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 台湾紀行18 台東のカフェ太麻理文創咖啡館日式老屋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/8f38e28d151b828a21006de5a7ee0609

2019年 台湾紀行17 台東鉄道芸術村

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/63e73f5bdb477f3ba8136c0d1182fbbd

2019年 台湾紀行16 花蓮駅(ファーレン)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年 台湾紀行15 花蓮の市内

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c184033a911a19e5e0071985bf2bcbae

2019年 台湾紀行14 花蓮の旧日本軍施設、松園別館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/36114b169d89dc92e24867ca656bccf2

2019年 台湾紀行13 花蓮のchoco・choco屋さん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0770b5ad773b24b61243b430eaa72771

2019年 台湾紀行12 花蓮のかき氷屋さん五覇焦糖包粉圓

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6f088cd71e4286de2ef53914192bc610

2019年 台湾紀行11 花蓮郊外の田園風景、自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6ae908de26f120c31fed360f9619bd36

2019年 台湾紀行10 日本人建築家・隈研吾氏が設計したコンテナ・スターバックス

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/33143f7a1d28fb9ffb5927d3c92ca611

2019年 台湾紀行9 花蓮海岸から自転車で散策

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3aae10a794fb80f04f09b59bb478ec48

2019年 台湾紀行8 台北から花蓮へUNIAIRのフライト

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3ec1212bb7c38129c103fc80fdc3207e

2019年 台湾紀行7 花蓮一番のワンタン屋さん「液香扁食」

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/2672e295990ade5aed42c77782701a69

2019年 台湾紀行6 花蓮の公正包子と周家の小籠包を食べ比べ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c5f8a869891275087aeab1905727d980

2019年 台湾紀行5 太魯閣ツアー2 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d73116ea91c17d9138415b851e5cfb44

2019年 台湾紀行4 KIKI拉麺(高級インスタント拉麺)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a05706be80fa78b8623e43eeb9bec6ce

2019年 台湾紀行3 太魯閣ツアー1(清水断崖、七星潭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1ecf178907038b9bd02fa5178d56596a

2019年 台湾紀行2 行冊(ウーキングブック)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7f813656534924ffc5dc68c4befa0b06

2019年 台湾紀行1 台北の迪化街にある健歩店で黒落花生を買う

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/269bc3e58974df1217a941d4d4d521c4 

コメント