ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

ささやかで美味しい夕食

2019-07-09 14:51:35 | 食・レシピ

なにしろ小平畑で自ら栽培したお野菜の数々。

4月に種まきしたトマトが、ようやく収穫できるようになりました。

大玉やミニトマトはまだですが、中玉が取れるようになった。

農園主=小平農学校校長の話では、トマトが一番美味しいのは中玉だーーーとのこと。

私にはどれでも美味しくてわからないのだが、、、。

きゅうりのピクルス。

初夏、最初に出てくるのがきゅうりとインゲンマメです。

きゅうりは大きくなるのが早くて、1週間畑に行かないととんでもない大きさに育ちます。

ヘチマサイズに育ったきゅうりは、たぶん大味なのだろうが、私にはわかりません。

インゲン豆は盛りを過ぎたかもしれない。

えらく大きなインゲン豆ばかりです。

インゲン豆を放っておくと、乾燥してマメ屋さんで売っているマメになって、そのままじゃ食べられなくなる。

下が普通サイズで上の大きいのが小平畑の標準です。

でかいきゅうりばかりになります。

大根じゃないかと思われるきゅうりもあります。

重たくて枝が下がって、大抵は尻餅をついている。

枝豆も、きゅうりも、インゲン豆も大豊作の予感です。

メインは小平畑のナスを豚肉と炒めた「豚ナス」です。

味噌汁はキャベツ味噌なので残念ながら買ったものです。

キャベツやブロッコリーは小平畑では冬野菜として作付けします。

キャベツは水を吸い上げる力がすごいです。

畑のキャベツの根元を切ると、吸い上げた水がピユーと出ます。

まさに瑞々しいとは、、、このこと。

お野菜中心、ヨーグルト、乳製品を食して健康ですよー。

コメント

ナスの揚げ浸し、男の料理

2019-06-27 13:08:51 | 食・レシピ

小平の畑に行って、ジャガイモを40kgと大量に収穫。

ナスとキュウリ、インゲンも豊作でした。

台風が来る前にあるていど収穫しなきゃ〜〜〜。

ナスはみんなで分けたので4個いただいてきた。

さて・さて前回はナス丼だったが、今回はナスの揚げ浸しにチャレンジ。

それも、、、電子レンジを使って誰でも、簡単、すぐできる、、、つくれぽを参考にしました。

何しろ、男の料理は早い、いい加減が命ですから!

 

薬味を最初に作っておきました。

大葉、生姜が定番ですが、自家製のバジルの香りも捨てがたいので入れた。

ナス  4個

大葉  適当

生姜  適当

バジル 適当

めんつゆ大さじ2杯

水   3倍に薄める

ごま油 適当

麺つゆと大葉、バジル、生姜は水で薄めてから、電子レンジで加熱。

それを冷ましておく。

小平畑から直行トレトレ茄子です。

ごま油を刷毛で塗りました。

大さじ2杯ぐらい使ったかなー。

裏表よく塗り込めます。

そしてラップをかけて、電子レンジで500wで3分加熱。

ツクレポでは2分と書いてあったが、2分じゃナスがクタクタにならなかった。

揚げ浸しだから、ナスはクタクタがいいもの、、、。

どちらも熱々になっているので、少し冷ましてから合えて冷蔵庫にしまった。

すると冷めていく間に味がしみ込んでいきます。

じゃーん

ずいぶん遅い時間に料理していた。

帰宅してから、織田フィールドへインターバルトレーニングに出ていたから、ランニングから戻ったのが9:30だったので、風呂に入りつつ、洗濯をしつつ、夕食を食べ、男の料理をしつつ、、、忙しかった。

よくやっているなーと自分でも感心しています。

なにしろ茄子を処理している間にも、、、インゲン豆やトウモロコシも茹でました。

インゲン豆は朝一番で胡麻和えにして、残りを冷凍庫に保存。

トウモロコシとヤングコーンも小平畑からです。

これじゃ、、、主夫をしているのか、仕事人なのか、アスリートなのか、わからないじゃない。

この日の南蛮連合のインターバルは

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/302c4c48caa00522b19b93fb22d21345

コメント

ナス丼ならぬナス定食

2019-06-23 21:09:26 | 食・レシピ

小平畑直行のナスをゲットしたので、またナス丼にチャレンジ。

チャレンジと言っても3回目だから、一番うまくできて当然なのだが、前回のほうがナス丼としては立派だった。

前回はナス丼だったが、今回はナス炒め定食。

ナスは畑に1週間行かなかったら全部巨大になっていた。

キュウリもこん棒のような大きさだった。

普通サイズの3倍はゆうにある。

前回は縦に切ったが、これだけ大きいと長くなりすぎるので、ぶつ切りにした。

1個のナスで3個分のレシピでちょうど良いだろう。

なす     3本

片栗粉  大さじ4

サラダ油 大さじ4

醤油   大さじ2

砂糖   大さじ1

みりん  大さじ2

白ごま  小さじ2

青じそ    5枚

ごはん  300g

片栗粉はナスにまぶしておく。

ナスを水にさらして片栗粉が付きやすくしました。

醤油、甜菜糖、みりんは調合しておきます。

いつもはアバウトですが、料理や菓子、パンなどは最初はレシピ通りやらないと、うまくいたかダメだったかわからないもの。

我が家には白砂糖がありませんので、甜菜糖を使いました。

まずは片栗粉をまぶす。

油は大さじ4杯ですがナスが油を吸収するので追加しました。

 

もっと焦がしたほうが良かったか、、、。

それから、合わせ調味料で煮込みます。

煮込むというよりか調味料で炒めるのかな。

片栗粉をまぶしてあるので、水分がなくなるとねっとりしてきます。

たぶん、ここで調味料の量や水がもっと多かったほうが良かったみたいだ。

ねちねちが少なすぎると思うが、、、。

今回は丼にしないでおかずにした。

薬味は大葉、ミョウガ、大根おろし、白ごまです。

じゃーん

だけど、前回6月9日に作ったナス丼のほうがそれらしかった。

ナスのたれが少なすぎたようだ。

まー充分においしく食べました。

前回は、、、

前回のほうが調味料が多くて、よく味がしみ込んでいた。

残念無念、男の料理なので、レシピ通りやっても上手くいかないときがある。

ナスの切り方も細長いほうが、ナスらしくカッコいい。

6月9日 ナス丼にチャレン

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1e9b94aa854747c013e169141ee801b3

コメント

なす丼、甘辛で激安丼でした

2019-06-09 20:23:38 | 食・レシピ

小平畑直行のなす丼を作った。

畑はそろそろ夏野菜ができ始めた。

きゅうり2本、なすは5個収穫してきた。

落花生が4個種まきしたのに、1個しか目が出ません。

仕方ないので、帰路にある尾崎フラワーパークで、出来合いの落花生の苗を3つゲット。

どうしてか、私は何年やっても落花生に運がないようだ。

でも、なすは簡単な作物で、だれにでもできるようです。

なすと甘長、ジャガイモ、サトイモ、大豆、インゲンなどは簡単なお野菜です。

インターネットで見た「なす丼」にチャレンジですよーーー。

レシピを見ないで作ったので、相当いい加減な料理だったが、美味しくいただいた。

なす     3本

片栗粉  大さじ4

サラダ油 大さじ4

醤油   大さじ2

砂糖   大さじ1

みりん  大さじ2

白ごま  小さじ2

青じそ    5枚

ごはん  300g

だそうです。

なすは小平でとってきた大きななすを1本。

スライスしたなすを油でしっかり炒める。焦げ色が付くまで炒めます。

それから醤油と砂糖を入れ、みりん、を入れて終わり。

ご飯になすを盛り付けてから青じそをのせて、私は大根おろしものせました。

ゴマを振りかけて出来上がり。

料理が始まったら20分ぐらいだった。

材料が、なすなのでただみたいなメニューです。

男の料理は20分。

翌日の朝にもう一度レシピどおり作りました。

ナスを薄くスライス。

レシピがなす3個だったので、昨日の残りの3つを使いました。

片栗粉もレシピどおり大さじ4杯まぶしました。

すると、昨日は片栗粉が少なかったし、醤油に水を足さなきゃいけなかった。

片栗粉には水分が必要だもの〜〜〜。

だからちょい焦げ焦げになった。

今回の方がうまくできた。

合わせも作っておいたのでスムーズ。

昨日よりもさらに美味しそうでしょう。

ただ、なす3個にはフライパンが小さい。

家庭用だもの仕方ない。

コメント

豚肉茄子炒め、男の料理

2019-04-09 22:34:09 | 食・レシピ

豚肉と茄子、ピーマンのゴマ炒めを作りました。

クックパッドのレシピを見ながら、我が家の冷蔵庫にないものは省いて作った。

豚肉(150g)

茄子(3個)

ピーマン(2個)

人参(ひとかけら)

にんにく(ひとかけら)

しょうが(ひとかけら)

片栗粉(小さじ1杯)

醤油(大さじ1杯)

酒(大さじ1杯)

砂糖(小さじ1杯)

唐辛子(ひとかけら)

いりごま(少々)


①ニンニクとショウガを油で弱火で炒めて香りをつける。

②茄子だけ最初にごま油で炒める。茄子は油を吸うので、ゴマ油は足しながら炒めた。茄子に火が通ったら、いったん取り出しておく。

③豚肉と唐辛子をごま油で炒めて火が通ったらピーマン、人参を投入。

④そこに先に炒めておいた茄子を入れる。

合わせておいた調味料を入れて混ぜて出来上がり。


材料さえそろえば、料理時間は20分ぐらいと短い。

じゃーん

ピリ辛でうまかった!

写真にはいりごまが振りかけていなかった。

食べた後に気が付いた、、、後の祭りだ。

そう言えば塩を使わなかったが、しょうゆに含まれる塩分だけで充分だ。

ニコンD5300、50mmf1.8、クローズアップフィルターNo4、ミニミニ三脚、ISO100、f16で1秒、 

コメント

赤カブの甘酢漬け

2019-03-02 12:43:31 | 食・レシピ

赤カブの甘酢漬けなので男の料理というものじゃないかも。

赤カブは比較的細かく切りました。

食べやすい大きさでいい。

リンゴ酢と黒砂糖を使いました。

赤カブをリンゴ酢と黒砂糖でひと煮立てして冷ますだけ。

大きめの赤カブ1個、半カップの酢、黒砂糖適当に。

小さめの鍋に入れて沸騰して少々してから冷ます。

じゃーん

ビンとタッパーに分けました。

タッパーはお弁当に持っていきます。

ビンは自家保存用です。

今回は非常に美味しくできた。

塩で浅漬けより甘酢の方が美味しい。

コメント

キンピラレンコン、クックパッドを見て

2019-02-22 12:30:59 | 食・レシピ

レンコンのカリカリ感とねっとり感が好きなので、先日買いました。

いろいろ忙しかったので、料理ができなかった。

切り口が乾いてきていて、早く食べなきゃと思っていた。

クックパッドを見たら、キンピラにするのが簡単そうだったので、見よう見まねで作りました。

調味料の分量はそれに沿っています。

じゃーん

レンコン(蓮根) 235g

人参 大きめ1本

ごま油 大さじ3

醤油 3(以下全て大さじです)

料理酒 1.5

砂糖 1.5

麺つゆ 1.5

みりん 1

すりごま 1.5

鷹の爪 少し

蓮根をイチョウ形に切り10分間水にさらした。

人参は細長く切った。

良く水を切り、ごま油で炒める。

そのあと調味料を加えて煮込んだ。

約20分で火が通るはずだが、量が多かったので30分かかった。

レンコンを水にさらすと水が濁ります。

あくが出るのだろうか。

火を通した人参は大好物です。

特に肉と一緒に焦がすといい味になります。

バターでこんがり焼き目が付くくらいも大好きです。

ホーロー鍋だったので、ゴム系のへらを使いました。

うま~~~!

コメント

落花生を茹でて食べる

2018-11-02 18:16:47 | 食・レシピ

小平畑でできた落花生を茹でて食べました。

落花生が上手にできたのは今年が初めてで、例年ちょびしか収穫できなかった。

今年はそれなりに収穫できたと言っても、枝豆や他の作物ほどじゃない。

落花生は炒ってカリカリで食べるものだと思っていたが、それが意外に難しいそうで素人は茹でると良いと教わった。

沸騰した鍋に塩をひとつかみいれて20分間茹でました。

なんだか白っぽくて虫さんみたいで、食欲がわきません。

食べれるのか???

なにかの幼虫みたいだし、、、。

見てくれ最悪じゃないか!

ヌルヌルして、、、。

どう見ても虫の幼虫。

で、、、思い切って一口食べたら、、、あーらいけるじゃない!

ヌルヌルはあるが、こりこり感もある。

カリカリはしていないけど、コリコリしている。

酒のつまみに良さそうです。

生落花生はなかなか手に入らないから、こんな食べ方があるなんて、生まれて初めて知りました。

黒落花生は台北は迪化街の「健歩店」で買って

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0b665ca44b479990adb948f06f31ad43?utm_source=admin_page&utm_medium=realtime&utm_campaign=realtime

黒落花生を求めて台湾の嘉義へいく

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ef25be279d48a635f9c2a23fd841e1dc

コメント

全粒粉で天然酵母パンを焼く

2018-11-01 19:34:23 | 食・レシピ

おいしいパンが焼けた。

どうです、こんがりと膨らんだムチムチパンです。

 

コメント

椎茸のふくめ煮

2018-10-12 13:19:59 | 食・レシピ

新宿駅サザンテラスにあった産直のテント売場で、大きな椎茸(華茸)をゲットできたので、ふくめ煮にチャレンジ。

一昨日はニンジンのバター炒めを作ったら、ぜんぶ妻が食べてしまった。

それで椎茸のふくめ煮は多めに100g作ることにした。

まず水洗いです。

ゴミやらなにやら出てきます。

いっぱいの水に石突きが付いたまま一晩水に浸しておきます。

私は重しをしておいたが、必要ないかもしれない。

私は椎茸汁を使いたかったので水は多めにしました。

ふやけた椎茸の石突きを切ります。

そしてお鍋に調味料は醤油、砂糖、みりん、お酒を入れて強火で茹でてアクを取ります。

アクの取り方は、ボールに水を張って、お玉でアクをすくったらボールの水で洗い流します。それの繰り返しです。

アクを取り終わったら、じっくり弱火でコトコト茹でました。

茹で時間は適当です。

水分が飛んで汁がどろんとしてきたらOKでしょう。

味のしみた椎茸煮(ふくめ煮)の完成です。

和食定番のお味ですね。

レシピをいちおう見ましたが適当です。

味見はしたほうが良い。

味が薄かったら調味料を加えるか、もうひと茹でして水分を飛ばす。

お弁当のご飯に添えて、、、うま~~~!

いっぱい作ったのでビンに保存したり、小さなジップにいれて冷凍保存です。

そうすれば、いつでも使いたいときに取り出せます。

参考したパンフレットは、、、

椎茸を買った時にいただいたパンフレットです。

漠然と椎茸を食べたくなったので、このようなレシピがあると嬉しい。

なんでも、産直のお店は、九州対馬からはるばるやってきたようだ。

対馬の華茸と言うそうな、、、。

対馬は行ったことがなく、いつか行ってみたい。遠いので計画しなきゃ行けません。

壱岐、対馬、隠岐と離島は面白そうだ。

コメント

赤かぶの酢漬け、男の料理

2018-07-27 21:03:04 | 食・レシピ

小平畑にこっそり赤かぶの種をまきました。

20本ぐらい芽を出して、今では大きくそだっています。

かぶに限らず漬物は大好きです。

このところの猛暑で葉が枯れていますが、自作なので美味しそうに見えます。

親ばかなんでしょう。

枯れた葉をとって洗って茎を食べます。

かぶ本体の表面を皮むき器でちょっと削った。

塩でもんで、水けをきって、酢につけます。

今回は酢の代わりに梅干汁につけました。

酢よりも梅干汁のほうがはるかに酸っぱい!

茎は太い所だけ細かく切りました。

茎とかぶ本体と少しの葉に塩を振りかけました。

実は、これじゃ塩がだいぶ多すぎたようです。

塩分過多になってしまった。

大きなボールの中に赤かぶと塩を入れてしばらく置いておくと、じわーと水分が出てきます。

塩の浸透圧作用でしょう。

塩が多すぎたので、この後すこし水で洗った。

遠心分離機で脱水してこの状態。

白いのが、赤かぶ本体で、茎がいっぱいあります。

それに梅干汁をかけると全体が赤く染まります。

これで、出来上がりです。

ご飯が進みますよ~~~!

赤カブのピクルス(酢漬け)と浅漬

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/dadb3e7186f8c1faf45eaee80d9ffcc4?utm_source=admin_page&utm_medium=realtime&utm_campaign=realtime

コメント

男の料理、エリンギとシメジ炒めなど

2018-06-20 12:30:35 | 食・レシピ

会議が早く終わったので早め帰宅。

そんな時はスーパーに立ち寄り具材を買ってお料理です。

エリンギと冷蔵庫にあったシメジに生姜をプラスして炒めた。

醬油味です。

お料理と言えないようなものですが、、、うま〜〜〜。

エリンギは大きめにぶつ切り。

シメジはバラになって安いもの。

新生姜が安かったのでいっぱい買ってきた。

次にナス南蛮。

ナスは油を吸うので、フライパンで炒めるときに最初は裏返ししておいた。

火が通てからかき混ぜました。 

それから、果実酢、砂糖、醤油、小麦粉の合わせをダラダラっとかけただけ。

火を止めるチョイ前に刻んだねぎを加えた。

ジャーン

小麦粉が多すぎて固くなった。

お酢もチョビ多かったかな。

ジャガイモのカレー粉炒めは、、、超簡単。

5分間クッキングですねーーー。

ジャガイモを短冊に切っただけ。

それでいて、超うまい!

メインは豚肉チャラチャラ。

合わせにジャガイモと大量の人参。

実は豚肉味の人参やじゃがいもが大好きなんです。

豚肉に比べて人参が多い!

ジャガイモの豚肉味も好きなんですよーーー。

これに砂糖が入ると、すき焼き味じゃないですかーーー。

豚肉は、焼く前に味醂とお酒で味付けしています。

どれも簡単な料理でした。

男の料理教室は、いつも5分間クッキングです。

クックパットがあって便利です。冷蔵庫に何かあったら、これで何ができるか調べて造れます!

コメント

男の料理、ナス南蛮、春菊とごぼうのキンピラ、春菊のナムル

2018-06-16 23:04:30 | 食・レシピ

ナスも春菊も、トウモロコシも、小平畑直行です。

予報では雨と聞いていたが、降りそうもないのでノコノコと小平畑に出勤。

収穫してきたお野菜は、土曜出勤のスタッフとわけました。

トウモロコシは1本だけためしにとってきた。

さっそくお男の料理教室ですよーーー。

トウモロコシは皮付きのまま蒸かしました。

ゆで汁にうまみが逃げるのを嫌って蒸かしたのです。

じゃーん

今日、小平の畑からもいできたトウモロコシです。

ここの、トウモロコシを食べたら、商店や市場でうっているのが食べられなくなります。

味がしっかりしています。

実は実話で、、、トウモロコシは枝からもいだ時に、皮をむいてそのまま生で食べるのが、、、一番おいしい!

生で食べるとトウモロコシの味の微細がよくわかります。

醤油なんかつけちゃ、醤油味でしょ。

これ、、、やめられませんね~~~~~~!

つぶつぶがいい色でしょーーー。

残りのトウモロコシは12本あるけど、もうちょっと畑に置いておこう。

ヤングコーン(間引きトウモロコシ)はスタッフたちに。

夏野菜がこれからです。

ナスはまだ早かったーーー。2本あるからひと夏に150個収穫予定だ。

インゲンは早くもいっぱいとれた。

春菊はもーーーぼうぼうになってしまった。

香草(コリャンダー)は芽が伸びて花が咲いていた。それで香草の種でも取るべし。

トマトはこれからです。

ジャガイモは今月中にザックで2つぶん収穫しなきゃーーー。

甘長はまだですねー。

赤大根が順調に育っています。赤大根だらけになりそうだ、、、。

長ネギも、枝豆も順調に育っています。

里芋はマルチ(保護ビニール)をはいで盛土しておいた。

トウモロコシは今月末に収穫しよう。


まず春菊のナムル。

春菊の太い枝のところは切り落として葉だけを使いました。

茹でてごま油を少々混ぜただけで、その上に海苔を乗せました。

超簡単、春菊のナムル完成。

つぎに

春菊とごぼうと人参のキンピラです。

春菊の葉のほうはナムルにしたので、春菊の茎とごぼう、人参を使いました。

クックパッドでレシピを見て、ごま油と麺つゆで煮詰めました。最後にいりごまをいっぱいかけた。

ごぼうのキンピラだって美味しいのに、トレトレの春菊の茎入りのキンピラです!

美味しいのなんの~~~!

左が小平畑でとれたてのもので、みぎの3個はご近所の中国人八百屋さんのもの、、、。

色艶できが違います!

小平のトレトレのナスは実につやつやですが、、、安いので評判の中国人八百屋さんのは、、、色が薄くてつやが少ない。

安いだけの八百屋さんだからしかたないなーーー。

細切れにして油少々で炒めてから、酢、醤油、砂糖、小麦粉、長ネギを入れてからませただけ、、、。

ナス南蛮完成!

簡単レシピですね。

これも、、、うま~~~!

主菜にはならないけど、立派な副菜ですよーーー。

これにお肉かお魚があれば、、、ご飯が進みます!

明日も仕事があるから弁当に持って行こうーーー。

2017年7月20日 夏野菜が豊作

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/87d5650d0340a86217a5619ecd4d268e

コメント

竹岡ラーメン、梅乃屋

2018-05-07 18:53:34 | 食・レシピ

千葉県の内房の竹岡ラーメンが美味しいと言うので、連休中日に行ってきました。

そんなに、ラーメン・ツウーーーじゃないですが。

ヒマだったんですね。

特急さざなみで君津まで行って、そこから普通列車に乗り換えた。

竹岡駅から「梅乃屋」までは2、6kmあるというので、、、そこからランニングです。

一応は、生涯ランナーなので2、6kmはおちゃのこさいさいだ。

だけど、ピンカーンに晴れて暑かったので、あっという間に汗だくになった。

これから熱いラーメンを食べるというのに、、、。

ジャーン

開店して30分も経っていませんが20人の行列。

みなさん遠くからいらしているよう。

駐車場がこの後ろにあります。

車、バイク、自転車様々な交通手段でおいでになっていた。

が、、、ランニングはいなかった!

並んでいるうちにオーダーを取りにくるので、座ったらすぐに食べられます。

人数を把握しながら作っている。

日曜日のように客が多い時は、メニューがたった2つしかない。

ラーメンか大盛りラーメンだけです。

薬味の玉ねぎが50円だった。

チャーシューが厚切りが5個以上入っていた。

他店のチャーシューメンぐらいは、通常ラーメンでもゆうにあります。

スープは醤油タレを麺のゆで汁でわるだけだが、、、これがいいお味を出している。

基本、醤油ベースですがタレにはチャーシューから出た旨味がたっぷり入っている。

シナチクも多めです。

チャーシューも多めというか、、、劇盛りじゃないか。

わりかしパサパサしたチャーシュウです。

もしかしてタレの方に旨味が出ているのかな。

しっかりお肉のお味です。

私は知らなかったのだが、麺は乾麺を茹でているのだそうです。

麺にタレが染み込んでいるのか色が濃い。

汁がからみやすいのか、最初から色がついているのかどっちかな?

乾麺だとは気がつかなかったぐらい、ナチュラルでおいしい麺です。

この梅乃屋さんは大繁盛で、、、おばさま5人〜6人でてきぱきお客さんをさばいている。

年期が入ったおばさま連中はさすがです。

もしかして、漁師さんのかみさんなのかな〜〜〜?

内房の母さんラーメンですよーーー。

この日、竹岡ラーメンを食べて、、、失敗したのが、、、薬味のネギが別料金とは知らずに頼まなかったこと。竹岡ラーメンの真髄は、実は玉ねぎがてんこ盛りなことらしいから!!!


竹岡ラーメンを知ったのは、八王子ラーメンをフェイスブックにアップしたら、「汝、竹岡ラーメンを知るや?」と南蛮連合の女性に聞かれたからです。

海の向こうに居住しているのに、美味しさを忘れなかったのか、コメントがあったのです。

「玉ネギ」を乗せた姿は八王子ラーメンに似ていて、お味も醤油ベースで油膜がちょびなのもそっくりだ。

もしかして、八王子ラーメンの元祖がそこにあるかもしれない、、、と私も思ったのです。

どっちが、先かわかりませんが、、、。

ラーメンの見た目とお味は、八王子ラーメンや喜多方ラーメンに似ています。

薬味の玉ネギの量が違うくらいかな。

チャーシューの量も違うぞ。

似ているが、迫力は竹岡ラーメン「梅乃屋」さんの勝ちです!

今の喜多方ラーメンじゃなく、昔の喜多方ラーメンの迫力があります。

何しろ、おいしいだけじゃなく、お店の活気というかオバチャマパワーを全身で受け止めますから。

竹岡ラーメンは、、、鉄路はるばる8000円かけて食べに行く価値はある!

八王子ラーメンは、、、だいぶ上品です。

竹岡ラーメンは、漁師さんのまかないラーメンみたいな迫力があります。


では、きっかけとなった、八王子ラーメンは、、、。

おいしいけど、チャーシューは1/5だし、メンマも1/2だし、海苔は同等だったが、、、。

玉ねぎは八王子ラーメンではデフォです。

でも、竹岡ラーメンの薬味のタマネギ50円ではあるが、、、すごい量です。

こんなもんじゃない!

八王子ラーメンはチョイ負けているかな。

むろん、お値段の違いはあるが。

八王子ラーメンの麺が乾麺かどうかは知りません。

じゅうぶんに美味しかった。

八王子ラーメンは玉ねぎが特長で、チャーシューの多さや、迫力じゃないのだと思っています。

だけど、タレのお味はドーモ似ている。

特急列車に乗って竹岡までいって、美味しいラーメンを食べて、大海原を見て充実した連休になりました。

金谷のフェリー乗り場まで10kmのランニングができたし、美味いラーメンを食べたし満足満足だった。帰路はフェリーで久里浜に出て、湘南新宿ラインでねて帰りました。早出したからね。

食べログ(梅乃屋)

https://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12000453/

竹岡からグルッと金谷までランニング

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ad0d8968cdf1ecc5c7787c7460878cad

コメント

朝食のパンを焼く

2018-04-26 16:34:04 | 食・レシピ

天然酵母を使って全粒粉のパン焼き。

ジャーン

マシュマロパン

パンはつくづく水分量が命だと思う。

パサパサは大嫌いだ。

もっともパサパサになったら、牛乳でふやかしてフレンチトーストにする手がある。

だけど、食パンやバゲットじゃないと格好が悪い。

自家製パンよりも美味しいパンに出会うことは少ない。

自家製ローズマリー入りです。

今年は屋上にコリャンダー、バジル、ミントを植えました。

ローズマリーは1階においてあるが、日当たりの良い屋上に持って行くかな。

私はマーガリンを塗って、チーズを乗せて、トーストするのがすきです。

焼かないで、マーガリンとジャムをタプ〜リ乗せて食べるのも、フェイバリットですね。

至福のひとときです。

高価なものじゃないので、、、いくらでもたべれます。

世の中、特に米国ではマーガリンが禁止などと言っているが、私は50年間ぐらいマーガリンばかりです。

太ってはいないし、心臓に問題はないし、キット米国人は食べ過ぎなんだよーーー。 

コメント