ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

郡上八幡④味噌を買う

2018-04-15 12:48:33 | うんちく・小ネタ

この辺りの名産は何にかと見渡したら、木工細工とお味噌かなーーー。

ニッキ屋(ニッキ飴=シナモン)さんもありました。

大黒屋さんという老舗の味噌屋さんを発見。 

いい感じでしょ。

店を入って正面に飾ってあるのが大黒屋さんオリジナルのお味噌。

お味噌に火を入れていないので発酵が止まっていないそうです。

だから保存には冷蔵庫が必要。 

こちらはお取引のある治朗兵衛さんのお味噌です。

こちらのお味噌は火を入れて発酵を止めています。

良いものでも値段は高くない。

シンプルなものは値段がはりません。

醤油もシンプルな昔ながらの製造で作ったものは、日持ちがしないだけで、高価にはなりません。

私は、東京の西外れにある近藤醸造場に買いに行きます。

https://www.kondojozo.com

江戸末期に活躍した近藤勇(新選組)の末裔のお店です。

大黒屋さんでは、お味噌を2個いただいてきた。

各地を旅すると、その土地のものを少量いただいてきます。

郡上八幡のお味噌屋さん、大黒屋さんのホームページ。

http://kaneko-daikokuya.com/annai.html

こちらが大黒屋さんの地味噌。

辛口だそう。

治朗兵衛さんのお味噌も買ってきました。

こちらは塩分控えめ。

こちらはニッキ屋さん。

シナモンです!

肉桂と書くんですね。

ニッキは確か根だと思いましたが、、、。

肉桂屋さんの桜間見屋さんも相当な老舗のようです。

ニッキ飴を売っていました。 

こちらはお茶屋さんで甘味屋さんでもあります。

郡上八幡のシイタケ茶も絶品で,

抹茶蜜豆をいただいたときに一緒に出てきました、、、そりゃもう買わなきゃいけません。

もちろん速攻で買ってきました。

45袋入っていました。

何かの出汁にも使えそうです。

郡上八幡は味わいのある町です。

郡上八幡③ 食事は飛騨牛

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/633e7eed7dc22ff580e356ec217d1cbd

郡上八幡② 水の町

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/11b55119cdaf99e306a248fcbf66d541 

郡上八幡① お城の見晴らし 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a0a778d23ceb81f556fd81a3c4063dfe

高遠の桜

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d3ed913f0815e6701cffca199a092f75

コメント

栗と野菜を買い出しにあきる野へ

2017-09-24 16:17:49 | うんちく・小ネタ

毎年、この季節になると、東京都の西に位置する「あきる野」へ、栗の買い出しと、「ファーマーズマーケット」に新鮮野菜を買いに行きます。

それと醤油はキッコウゴーで買っています。

https://www.kondojozo.com/medias/

近藤醸造で、その名前から想像できるように、、、幕末の新選組にゆかりがあります。

栗の直売場では、90歳ぐらいのおばあさんが長テーブルで栗を販売しています。

おばあさんは栗の木を100本ぐらい持っていると言っていた。

栗はおじいさんが取っていると言っていたが、お二人でいつまでやれるんだろう。

栗は濡れたタオルを被せて、乾燥しないように日陰に置いてある。

さすがに栗を知り尽くしています。

いい栗を売ってくれますよー。

栗の産地としては有名なのは茨城ですが、あちらは商業ベースなので、ときたまトンデモナイ栗をつかまされることがある。

大きくて立派だと思ったら、、、虫食いがひどかったり、、、いろいろです。

当たれば大きないい栗が手に入りますが、、、。

あきる野の、この家の栗には当たり外れがない。

生産者じかに買っているので、ごまかしたりはしない。

茨城の栗園は、、、観光地商売ですから、、、ちょっとあぶない。

私の経験ですが!

滝山街道を挟んで反対側に駐車場があります。

1kgで品質にもよりますが500円ぐらい。

安いと思いますよーーー新鮮だしね!

毎年、この時期のドライブです。

腹が減ったのでジョナサンでハンバーグ定食です。

子どもちゃんだなーーー。

でも季節感をつけて松茸ご飯ですよ〜〜〜。

お日柄がよろしくて、パフェも頼みました。

栗を買って、新鮮野菜をゲットして、パフェを食べて、童心に帰るってことですねーーー。

夕飯に栗ご飯を作った

栗が新鮮で虫食いがないのが、滝山街道の栗直売場の特徴。

無農薬で栗の木を育てていると、虫がついて半分は捨てると言っていた。売るときも栗が乾燥して傷まないように、濡れたタオルをかけています。いかに栗を美味しく食べてもらうか、、、おばさんは考えている。

栗の皮が柔らかくなるように水に浸けています。 

栗の頭にとんがり帽子が見えるでしょ。あれが新鮮栗の証拠です。ちょこんと3本槍のようで可愛らしい。

ファーマズマーケットに売りに来ていた、一宮のブドウです。

昨年ゲットして美味しかったので、今年もいっぱい買いました。


2016年9月20日 滝山街道の栗やさんへ

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/753abcfe935adf107901e8fd4959841e

ファーマーズマーケットに今年も甲府の一宮から葡萄屋さんが来ていた。むろん昨年美味しかったので、今年も2パックいただいてきました。産直は美味しいです。

コメント

椅子をDIYで張り替えた

2016-03-16 22:27:51 | うんちく・小ネタ

椅子やバイクシートなどの張替えを10年ぐらい前からDIYで始めました。

難しいのはやりませんが、おおかたは簡単です。

必要なのはシートや椅子に貼る生地。

私は新宿岡田屋(総合服飾手芸材料専門店)へ買いに行きます。岡田屋は布からボタンや留め金など、ありとあらゆるパーツがあって、見るだけでも楽しい。

今回張り替えた椅子は小ぶりなメイク椅子と呼ばれるもの。足乗せがついていましたが外しています。高さが変えられて座り心地が良い。業務用のようなので良いお値段がします。

生地が傷んだだけで買い替えはもったいない。

私ら世代は「もったいない世代」とでも言いましょうか、、、。

生地が汚れてきたし座面に穴が開いてしまった。

経年劣化で生地が固くなってもろくなったのだと思う。

薄汚れが拭いても取れにくくなってきたし、穴が開いてはなんとかしなきゃなりません。

布(合成皮、あまり伸びるのは弱い)を岡田屋で購入。

岡田屋・新宿本店は近くに文化服装学園があることもあり、日本の服飾手芸の聖地となっています。

1400mm幅だと思うを1500mm頂いてきた。

5000円はしなかったでしょう。

あとは生地をピーンと張りタッカー(強力ホッチキス)があればできます。

椅子をとりあえずばらばらにします。

組み立てたんだから反対にやっていけばばらばらになるはず。

あんこを傷つけないように古い生地をはがします。

表裏とも薄くあんこが張り付けてあった。

椅子のあんこがヘたって弾力がなくなっていれば、あんこ(岡田屋に売っています)を取り換えるか追加します。

右にあるのがタッカーです。

ホッチキスより押さえやすく力をかけやすい。

タッカーの針(弾)はホッチキスより大きく、6mmや8mmなど高さが違うものがあります。

私はもっぱら6mmを使います。

6mmだとプラスチックにも打ち込めます。

8mmはプラスチックだと入りきらないことがあった。

椅子は木製だったので、生地を引っ張り気味にしてバチバチと止めていきます。

皮が伸びにくかったらドライヤーで温めると良い。

余った生地のあまり鋏でチョッキン。

目隠しの裏地を付けて完成。

裏地は共生地でも適当になんでもいい。

今回は前からついていたものを流用しました

張り終わったものをくみ上げて完成。

うーーむ、実にかわいらしくなった!

バイクシートの張替えは

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c72c64bd01ac6dd53b7ccc701730c992

コメント (2)

月間ランンング400km

2014-08-31 21:02:28 | うんちく・小ネタ

先月の南蛮連合TTで、あまりにもふがいない成績だったもので、ちょっとでも復活しなきゃと「ゆっくり走れば速くなる」浅井えり子さん、を実践。
ランニングじゃなくスロージョグでしたが、400kmを完走(完歩に近い)。

今日は御所や代々木公園じゃなく、小平畑の作業のあと、多摩湖遊歩道を端から端まで往復でした。
ちょうど20kmあります。地面に100mごとに表示があり、モチベーションを保てます。
2014831t1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五日市街道から始まる多摩湖遊歩道の2kmあたりの土手沿いです。
手前にお風呂のお王様がある。
姫と一緒にのんびりジョグ。

2014831t2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多摩湖入口の武蔵大和の10kmポイント。ここで往復します。

ランナーと自転車が多かった。
2014831t3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後期高齢者入りしたので、競技指向のランナーじゃなくなった。

こ洒落た喫茶店でマタ~リ~。
多摩湖遊歩道の小平近くのアジサイ公園にもこ洒落たケーキやさんがある。幾つかありますが今まで入ったことがなかった。畑仕事はするようになったけど、喫茶店、ケーキ屋さんは素通りでしたが、現役カメラマンさんがやっている喫茶店と聞いては訪れるしかないです。
土曜日と日曜日しか喫茶店は開いていません。普段はカメラマンとして仕事をやっていて、趣味のケーキ造りが評判よすぎで、皆に勧められて始めたそうです。
店内のインテリアも手作りで良い味を出していました。
2014831t4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Shell Bread Cafe
東村山市萩山1-31-4
西武新宿線小平駅から徒歩5分

今日の20kmで今月のノルマ400kmはクリアーしました。トータルで401kmだった。ほんとうにゆっくりだったので、スピードはまだまだ、ようやく走れる足になってきたぐらいでしょう。練習できる足つくりと言うわけです。
そもそも、もう追い込むような練習はしません。そんなことをしたら何処か壊れます。走ることは自分の全てじゃない、ほんの一部ですから。

来月の予定は、距離を決めないで練習にロング走を取り入れること。月間300kmを目標に届かなくても可とします。ユルーイのが好きですねー。

コメント (4)

都内で見かけたジレラ150

2014-08-19 15:39:32 | うんちく・小ネタ
歩道に止まっていたジレラ150Gibileo。
単気筒エンジンのスリムなバイク。
キレイですね。
20148a2
乾式クラッチでオイルはドライサンプ。フィンまできっている。クランクケースにダウン・フレームが固定されているから、CB72と同じダイヤモンド・フレームというのか。

20148a1

20148a4
20148a6
20148a5
パワーはどれくらい出ているのだろう?
バットモーターサイクル(川口)で展示されていたバイクのようです。
http://batmci.exblog.jp/18939882/


コメント

新宿トマト

2014-08-18 21:05:03 | うんちく・小ネタ
屋上のプランターのトマトを収穫。
バジルの森に囲まれてミニトマトがいっぱいなっていた。
このところの暑さで、赤く熟した。
2014818s1
バジルも今日収穫します。
繁り過ぎです。

2014818s2
新宿畑のトマトは酸味が強くて尖った味。
小平畑のトマトはマイルドで甘みがある。
どちらも美味しいですよー。



コメント

三郷のイケアに遊びがてら

2014-08-13 13:30:15 | うんちく・小ネタ

イケアはデズニーランドのようです。

日曜日のイケアは、こんなに混雑しているのかというほどだった。

子供連ればかり!

どこか行楽地へ行くより楽しいものねー。

イケア・食堂は超安くて、北欧気分も味わえるし、お徳感満載ですねー。

買い物を済ませたあとイケア食堂へレッツゴー。

北欧のパンとチョコレートを購入。

10482431_628173593962753_1439126909

ここの最大の人気はソフトクリーム50円だろう!

イケア食堂は食事で儲けようというのではなく、買い物疲れを癒そうというぐらいで、それで反対に繁盛している。

イケアの商品はデザインは一流だが、造りは粗悪なんで気をつけたほうが良い。どうでも良い物を上手く使うのがコツです。リビングや家具として重要なパートには使わないほうがベター。

でも、デザインは一流デザイナーを使っているので素晴らしい。製造は人件費の安いところでいい加減に作っているので、壊れること素早いものです。安かろう悪かろう、だけどデザインは最高という不思議なメーカーです。

どんどん買い換えてくれということだろう~~~。

北欧スエーデンも名産サーモンをイケア食堂で食した。

イケア食堂なら、子供がいくら食べても懐はいたまない!

コメント (2)

マウスピースを作った

2014-08-05 21:07:20 | うんちく・小ネタ

従兄弟の歯医者さんでマウスピースを作ってもらった。
201485m1_2
一個は丈夫なボクシング用、もうひとつは寝ている時の歯の保護のため。歯ぎしりはしないけど歯を食いしばっている可能性があります。
それで、分厚く丈夫なマウスピースと、薄いペットボトルのような素材のマウスピースができました。  これは分厚いマウスピースでボクシングなどに使うもの。
201485m2_2
こちらが、夜の歯ぎしりや食いしばり用の薄いマウスピース。 私の歯は噛み合わせ部分が、異常に減っていて、前歯がカミソリのように薄くなっている。リンゴを噛み切るのには切れ味が良いので便利ですが、薄くなりすぎて欠けたら大変なので、ここいらで手をうちます。

若かりし学生時代、私は中大のハードパンチャーだった。ボッスとサウンドバックに打ち込むと、支えていた人ごとすっ飛ばしました。目が悪かったので実戦はなかった。目が良かったらデビューしていただろう。 
201485m3_2
手前がボクシング用,後ろが歯ぎしり用の普通のタイプ。  装着すると薄いタイプは違和感はないけどボクシング用は分厚すぎて変な感じ。 歯形も必要なので作りましたが、上あごだけではは15~16本ぐらい残っている。上下で30本近いのでは、、、。わりかし歯は健康だなーーー。201485m4_2

 

竹内歯科

神田小川帳にあります。腕の良い赤ひげ先生のような感じかな。

http://homepage2.nifty.com/takeuchi-shika/

コメント (2)

ブログの引っ越し

2014-07-23 23:27:22 | うんちく・小ネタ

OCNが今年末になくなるというので、3つあるブログを引っ越しています。

一日に引っ越せる記事は、いいところ10~20ぐらい。

延々とやり始めました。

ブログが「いいね」のフェイスブックに食われているのかもしれません。

ミクシィもなくなったことだし、ブログも減少していくんでしょうか。ブログの役目は本来は意見を言うメディアだったが、日本ではお友達グループになったからだろう。

ホームページのようなものは当然残るにしても、ブログの簡便さと記事としての役割はあるから、私はこれからも使い続けていきます。

コメント (6)

昆虫のマクロは美しすぎる

2014-07-13 17:47:02 | うんちく・小ネタ
スロバキアのカメラマンのDusan Beno氏の写真です。
ここまでクローズアップになると、微に入り細に入り美しいこと!
自然の妙です。
001ec94a25c5140f7c7c14
ありさんですが犬みたいにも見える。
質感が素晴らしい。

001ec94a25c5140f7c7c0b
他の写真も是非ご覧ください。

スロバキアのカメラマンのDusan Beno氏の写真

http://japanese.china.org.cn/photos/2013-12/09/content_30841071_6.htm


から。

2013年3月7日 ありさんのマクロ

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/d/20130307


2013年3月13日 水滴がついた昆虫マクロ

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/d/20130313


コメント

新宿の公園は爺婆用

2014-07-05 23:54:35 | うんちく・小ネタ

新宿 区立の公園にしては広めです。
公園の周りは都営アパート群。
201473h2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦前は新宿区のこのあたりに、軍の細菌研究所やさまざまな研究施設がありました。百人町ふれあい公園は「建設省建築研究所」の跡地で、その前は「陸軍技術研究所」だった。名高き人体実験731部隊のあった所です。近年になってその時の遺骨が土の中からでてきたと言います。恐ろしいことが行われていた時は、部隊の存在も消されていました。「ふれあい公園」などと優しいネーミングですが、この土地は裏腹の歴史を持っています。

現在は良く整備されています。ただ真ん中の芝広場は何とも荒涼とした感じを受けるのは歴史のせいなのだろうか。
201473h1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスケットコートがデーンとあります。

その前に駐輪場がある。
むろん、東京の公園なので大きなトイレがあります。

201473h3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この奥に大きな広場があり、その周りに小川が流れている。川と言っても人工のせせらぎです。
広場には小さな太鼓橋を渡って入る。
201473h4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所が場所だけに駅から遠いし、近隣の人しか来ない公園です。

201473h6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真ん中にある広場の草はだいぶ伸びている。

あまり見かけない遊具ですね。使用方法などを見ると、子供用じゃなくて爺婆の絵が描いてあって、みなさんが想像する使い方じゃない。これから高齢社会になるので、公園も高齢者用にチェンジしてきている。

それと百人町の裏、高層住宅のわきの一般住宅の空き家が多いのと、空き地がミニ公園になっているのに驚いた。ところどころじゃない。いたるところに区営ミニ公園になっていた。税金の実物納税なのだろう。一軒家が相当やばくなっているのだ。ミニ公園が一軒家の間を複雑な形でつながっている。

「百人町ふれあい公園」は 歴史を知っているからか、どことなく暗さを感じますね~~~。
〒169-0073 東京都 新宿区百人町3-28
201473h7

コメント (2)

ローズマリーを挿し木

2014-07-02 10:55:39 | うんちく・小ネタ

鉢植えのローズマリーが何かの具合で枝が折れていました。

コップに水を入れさしておいたところ根が出てきました。

10151890_542195795893867_522920675_ローズマリーはけっこう元気が良い。

小さな枝でも根が出るんですね。

根がいっぱいになってきたので、元の鉢の外側に植えました。

2014626r3来年になると木れっぱしだった小さな枝が大きくなるそうです。

ローズマリーをいっぱい食べられそうだーーー。

2014626r2

コメント (4)

組み箱は

2014-06-12 16:33:29 | うんちく・小ネタ
固紙で立体の箱を作る。
一枚の紙から、組み合わせて立体にする。さまざまな切れ込みや組み立て方があるが、これもキレイな形ができます。
切り口が小さく波打っているのがポイントかな。
2014612h1
日本では包装紙やパーッケージに凝ります。
全くどうでも良い国民もいるけど、日本人はこんな所にも気を使う。
かっこ良くなければイヤなんですね。
2014612h2
切り抜き組み立て方のパテント料金は相当なものだと思います。
2014612h3
これを組み箱とよぶそうな。

中身は何が入っていたかと言うと、、、ケーキです。
おと年の今頃夜中に区役所へ婚姻届を出しました。つまり「入籍記念日」だったんです。入籍しても生活は全く変わりませんが、、、。

コメント

Ranger Rollは、衣類が小さくなり便利です

2014-05-21 18:53:16 | うんちく・小ネタ

会社の衣類を収納する時は、小さくたたんでいます。米軍のレンジャー部隊がやっているRanger Rollという丸め方です。シャツ、靴下、ズボン、タオルなんでもたためる便利なやり方です。

2014521b1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、ロールにしておくと上下になることがないので一目瞭然です。
普通にたたむよりスペースが2/3のサイズになります。

 

Tシャツはスポーツ大会の参加賞です。汗をいっぱいかく夏場は1日にシャツを何回も取り替えます。
2014521b2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たたむと小さくなります。
固く巻くのがこつです。

2014521b3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちこちに巻くと枕に使えそうです。
靴下は。
2014521b6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2枚いっぺんに巻いて被せます。

2014521b7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おにぎりより小さくなります。
タオルや手ぬぐいなど、何でもRanger Rollできます。カリフォルニア・ロールみたいなものですか?

2014521b5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祭の手ぬぐいもこうやっておくと、わかりやすいし小さくなる。
2014521b4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「米軍式Tシャツのたたみ方」を参考にしました
https://www.youtube.com/watch?v=so93nqxZLjM

 

たたみ方はYoutubeを見て下さい。

コメント

元寇の戦い

2014-05-09 10:39:37 | うんちく・小ネタ

西暦1200年代に日本は侵略されて植民地化される危機にあった。

日本全体がまとまっていなかった時代ですが、天皇の勅令で武士たちが一致団結して九州に赴いた。

群雄闊歩の時代で、小田信長や秀吉、家康の登場はまだ先のこと。

Img_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(下村博先生から引用)

日本が島国だったから助かったのだろう。

元の国は今の中国そのもの。元の10万人の兵士を高麗の仕立てた船で北九州に押し寄せてきた。

台風が来て海が荒れていなければどうなったかわからない。おそらく韓国のように、中国のご機嫌を取るような国になっていただろう。

元の兵士たちの残虐性は日本の武士たちを驚かせた。当時の武士は戦う相手とあいまみえると、名前を名乗のりあってから、いざいざ勝負などという、のんびりした戦いで、とても総力戦という戦法はなかった。

元寇の戦いを知って信長や秀吉は戦いの戦法を考えた。元に比べたら日本の各地の武将たちは、信長や秀吉にしたら楽なものだった。

元寇の役は、元と高麗の合同軍だった。高麗の進言で元が欲を出したというのが正しい。元がわざわざ海を越えて、危険な賭けをする意味が、元々なかったからだ。元の10万人の兵隊は、台風(嵐)で海の藻屑に消えた。大変な損失で、元がの勢力が衰えるきっかけになったのかもしれない。

いつの時代も、近隣に中国があり同じような構図になる。

コメント