ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

コシヒカリとあきたこまち

2004-09-29 15:00:21 | うんちく・小ネタ
先日、新潟十日町市枯れ木又のランニングファーマーである山田さんにお米の予約をしました。最近は玄米食なので減農薬か有機減農薬栽培のものを頼んでいた。山田さんの田圃は新潟のホクホク線の魚沼丘陵駅から30分ぐらい山道を行ったところなので、「魚沼産コシヒカリ」だけ作っていると思って注文したところ、正真正銘「魚沼産コシヒカリ」も作っているが、これからは「あきたこまち」だと言う。なぜなら「あきたこまち」は「こしひかり」より丈夫で農薬が1回少なくてすむ。精米を食べるならコシヒカリでも良いが玄米を食べるとなると少しでも農薬の使用量が少ないほうがいい。それで山間部で無農薬を目指す稲作りを進める山田さんは、気象条件に強く害虫にも強い「あきたこまち」を一押ししています。お米のブランド志向に一石をとうじています。古代米(黒米)も作っているがそれはさらにデリケートだそうだ。
枯れ木又には「のっとこい」という交流施設がありクラブの合宿に宿代わりにも格安で泊まれます。

コメント

街中28kmロングラン

2004-09-27 13:42:41 | ランニング

日曜日は新潟へ稲刈りに行く予定だったが、諸般の事情で都内ランに切り替えた。
大田原フルマラソンまで2ヶ月をきったので、ロングランをまたやろうと思っていたところ、銀座に用事があったので走っていった。
スッパツにランシャツ、ウエストバック姿で繁華街をキョロキョロ、ウインドショッピングしながらナンバ走りで都内を駆け抜けた。
この日は小雨交じりの天候で暑くなかったが新宿から皇居を抜け銀座まで10kmあるのでヤッパリ汗まみれ、泥ミドロ。コダックの会場の人には汗臭くてビショビショで悪かった。コースは新宿~銀座が10km、虎ノ門、大門、麻布十番、広尾、渋谷、代々木で21km、ロングランにはちょっと短いのでホームコースの代々木公園を1周半回って参宮橋門から出てマックで腹ごしらえ。参宮橋商店街の床屋に挨拶をして家に戻ったらナイキのペドロメーターで28kmと表示がでた。便利なものです。というわけで今週は110km走りこんだ。
家に戻ると一関ハーフ組のミカさんアヤさんがPBを出したとメールが入っていた。彼女らは南蛮連合に入って1年ぐらいなのに東京国際女子マラソン市民の部の資格をクリアした。これから皆で応援です。
はらぱそブログにトラックバックです。

コメント (2)

皇居30kmランニング

2004-09-23 15:41:13 | ランニング

休日なのでゆっくり起き皇居へ走りに行った。
いつも代々木ではあきるので一周5kmのコースでロングラン。
5kmのスプリットタイムは以下
5km   30:29
10km  30:48
15km  28:53
20km  27:11
25km  25:33
30km  24:35   2:47:35
まだ気温が高く毎周回給水をとった。
皇居ランニングクラブ、皇居の近くの銭湯を紹介。銭湯は汗を流してから着替えられるので便利です。ロッカー代に300円かかるとしたら銭湯は安い。

コメント

恒例の水曜日トレーニング

2004-09-23 10:18:51 | ランニング

南蛮連合は世界各国から集まっているのでなかなか会えない人がいる。
今日も長いことみなかった2人が代々木にきた。ブライアンはバルセロナに戻っていたそうで会うのは2年ぶりだ、今は藤沢の慶応大学で教鞭をとっている。以前は筑波にいて茨城あたりの大会に良く出ていた。南蛮には学者肌の人が多い気がする。
1200m、1200m、1000m、1000m、800m、800m、400m間を200mのジョグで繋ぐのが速い組のメニューで、セカンドグループはそれから200m短くした距離を同じように走るが間のジョグはなし。今日はミカとアヤが1本目からジェイ(チャレンジラン10kmで総合20位)にくらいついていき後ろにいたボブが「2人はいったい何をしているの」とあきれていた。私はすぐに彼女らの”たくらみ”がわかり「調子がいいから!」と横にいたボブに返事をした。実際2本目まで追いつかなかった。3本目からようやく彼女らも疲れてきたらしく後ろに下がってきた。しかしいつもゴール間際になると後ろから足音をたて野獣のように追い上げてきた。後から聞いたところによると「今週末に一関ハーフに出るので3本目以後は流した」そうだ。

コメント

トランスポーター

2004-09-21 20:09:15 | 

46b1
ランニング大会に乗っていく車を買い換えることにした。
10年以上も乗っていたワンボックスのラルゴは使い勝手や性能に満足していたが、車の足回り、デフ、ギヤなどが磨り減ってきて異音が出てゴーゴーうるさくなってきた。車選びの基準が①室内で着替えができること②安全なこと③あまり大きすぎないこと④燃費が良いこと。考えていたところに車のセールスマンがタイミングよく飛び込んできた。地方の大会だと6人以上乗車していくから必然的に2ボックスタイプでニッサンのセレナに決め。仕事にはちょっと小さいが普段用にはピッタシ!コンパクトで偉そうにエラが張っていないのは◎。もう一台の車ロードスターで大会に行ったことがあるが、マニュアル車なので帰りの運転中に疲れた足がつってしまって大変だった。ツーシーターのこの車は疲れた時に運転するもんじゃない。セダンのジャガーはフォーマルな車なのでこういうときには使わない。汗臭くなるのが目に見えているしTPOがあると思うから。

コメント

チャレンジラン

2004-09-20 11:41:54 | ランニング

9月19日国立霞ヶ関競技場(正式名称)でチャレンジランがトラックで中距離、外苑周回コースで10kmがおこなわれた。
私は30kmロングランのつもりで家をランシャツ、ランパン、小銭を入れたウエストパック、帽子といういでたちでスタート。5kmで南蛮連合の仲間が走るのを応援するために千駄ヶ谷の国立競技場に立ち寄ったが、なにを思ったか当日エントリーをした。何はともあれトイレに行きそのままスタートラインへ、当日組は3000人の最後尾に。号砲がなってもしばらく押し競饅頭状態で動かない。人いきれと30度の暑さでもうトッラク内から周回コースに出る前にダメージがあった。5kmぐらいまで人が多くて大変。流れが良くなったころには暑さで走る気力もうせていた。49分50秒かかってゴール。そのあとはロングランと言ってもトータル20kmぐらいのへとへとランで家に戻った。バットな一日だった。ジェイソンが全体で4位、ジェイが20位、ミカが女性の部で8位と南蛮連合のメンバーは活躍したがイツモは速い速いヨシコさん(東京国際の常連)が失速していた。

コメント

青梅丘陵トレールラン

2004-09-18 18:21:00 | トレイル・ランニング

9月18日連休の初日、日の出山に再チャレンジしようと朝8:00に新宿を車で出発。中央高速の料金所を入った瞬間に渋滞が始まり、この先絶望的なので最初の調布インターで降りた。国道を武蔵五日市にむけトコトコ走るがなかなかたどり着けない。時間もどんどん過ぎていくので近場の青梅丘陵に目的地を変更した。今日は17:00までに会社に戻らなければならなかったから。
青梅丘陵はハイカーがチラホラで高尾山だったらココの200倍ぐらいの人ごみでしょう。日の出山に登る金毘羅尾根コースだってココよりは多いだろう。今日は登りが42分で辛垣城あとまで着いた、復路のくだりが47分という登りのほうが速いという変なタイムだった。
青梅駅前と奥多摩街道沿いに食べ物屋があり高尾山口駅前よりバラエティーにとんでいる。駅前に駐車場が2つあるが、少し青梅丘陵を上った所に永山公園があり、無料なので走る人にはそちらが便利です。高速道路、一般道路の渋滞は連休なのでしかたがない。最初から青梅だったら電車で行った。

コメント

インターバル・トレーニング

2004-09-16 20:50:39 | ランニング・インターバル

昨日のトレーニングメニューは400m、800m、1200m、1600m、1200m、800m、400mで間に200mのジョグでつないでいきました。9月に入って一番涼しかったが走るとさすがに玉の汗。だけど乾燥していたので汗のひくのが早かった。
最近、巷で凶悪な犯罪がしかも被害者が弱者でなお且つ周りの人が見ぬ振りをしているという情けないことになっている。国民全員スポーツをやらせ、まず体力を付けさせ、顔に表情を復活させ、連帯力と行動力をつけてもらわなければ日本の将来はどうなることやら。感情はストレートに出したほうが社会の健全と個人の健康に良い。

コメント

高尾山ト~陣馬山28kmトレールラン

2004-09-11 18:44:35 | トレイル・ランニング(高尾山系)

久しぶりに高尾陣馬山28kmを走った。
ちょうど良い気候で暑くもなく寒くも無い、日差しもなく良かった。
駅   ~高尾山 31:11
高尾山~小仏峠 24:54
小仏峠~明王峠 39:04
明王峠~陣馬山 15:42 往き1:50:52
陣馬山~明王峠 12:05
明王峠~小仏峠 33:49
小仏峠~高尾山 27:04
高尾山~駅    22:23 往復3:26:14
陣馬山で水を飲んだだけで途中で休まなかった。
ほとんど走りとおしたが、久しぶりだし風邪が治ったばかりなので、ゆっくり走り特に下りは慎重に降りてきた。
シューズのゲル富士がグリップしなくなったわりにタイムが良かった。
このくらいの距離を走るとお腹がぺこぺこになるし満足できる。
今年のフルマラソンは3時間前半が目標!

コメント   トラックバック (1)

南蛮1マイル

2004-09-09 12:44:39 | ランニング・インターバル

月1回の1マイルの記録会で5分40秒。
風邪が完治し、涼しくなってきたので、これからスピード練習に入る。
いつもの水曜日夜のトッラクでの練習会、南蛮連合には2年ぶりにイギリスから戻ってきた者、外人の新人3人が入りと賑やかになった。
診療日誌さんにトラックバック。昨日の織田フィールドは6時ごろまで夏休み明けの学生であふれていました。また来週!

コメント

軽井沢合宿(浅間山噴火)パートⅡ

2004-09-06 12:01:11 | トレイル・ランニング

01a1

9月3日~5日、軽井沢合宿、タエコ、ミカ、アヤ、ファブリッツオ、マリオ、ルカ、ショージの7名。
浅間山が噴火してどうなることかと案じたが、高峰高原をはさんで浅間の反対側、池の平ら方面にランニングコースを変更し事なきを得た。噴火の影響は浅間山の北側に噴煙がまわり、南にある軽井沢、西の高峰高原には影響がなかったのだ。
最初の日は高峰高原ホテルから水の塔山2202m、東篭の塔山2227m、をへて池の平まで往復13KMの高地トレールラン。標高2000M以上のピークをむすぶインターバルトレーニングで、特に登りで空気が薄く感じられ息が切れた。
二日目は宿舎(センチュリーヴィラ)がある中軽井沢の千ヶ滝地域から旧軽井沢まで往復15KMのロード。豪雨の中を往路キロ4分30秒で、復路はだんだん速くなりキロ4分20秒以下。最後に急な坂を駆け上る良いペース走になった。
今回の合宿は台風の余波のため天候が悪く、距離は走れなかったが平地では得られない練習であった。食事は自炊でイタリア人のマリオが家から持参したパスタとソースで作ってくれ、豪華な食事でカーボローディング。メンバーが世界各国から集まった南蛮連合のうれしさです。今回はレバノン人の奥さんが同行予定だったが都合がつかなくなり、期待していたレバノン料理なるものを食べられなかった。合宿費用は2泊3日、食事、交通費込みで一人当たり5000円以下という信じられない額だった。前日から浅間山が噴火した影響で幹線道路が通行止めになるなど、時期が時期だけに行楽地の温泉もすいていてゆったりと入浴できた。
そろそろ秋、なのでミカとアヤは東京国際女子マラソンの準備に入る。常連のタエコさんは今年は出るかどうか決めていない。
来年から東京都が主催の大きなマラソン大会を企画しているので、東京国際マラソンは女子の部と男子の部と市民マラソンが一緒になるかもしれない。そうすると純然とした東京国際女子マラソンは今年が最後になる。

コメント