そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

ゆで太郎@代々木 「朝そばぶっかけ+クーポン海老天」

2016-09-25 10:35:41 | そば
台風の目が
いまから通過しようとする前に

今日もまた




コストパッフォーマンス
世界一位の朝ごはんを
キメに来たのです




330円

何度見ても
日本人のオレでも驚かされます

マンハッタンで
もしコレを3ドルで提供していたら

テロですよ
もはや
交通機能がマヒするほどの
DGRが出来ること必至であります




揚げたて
アッツアツ
ココに220円のビールを添えたら

スノッブな蕎麦屋では得られない
軸の異なる酒飲み天国に
間違いなく変貌を遂げるはず




明らかにコレ
とにかく安さありきの美味さではなく




こんなに美味いのに衝撃的に安いという
まず語られるべきはクオリティ




起承
転転
結結結




100点満点のところを
120点付けざるを得ない
クーポンのエビが華を添え




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

改めて
バンザイ!!
ゆで太郎万歳!!

試しにコレ
オリンピックの折には
国立競技場
千駄ヶ谷の駅前あたりに
一軒出店しておくがよろしい




この3ドルの朝そばをキメた
海外からの客人のツイート

Yudetaro Sugeeeeeeee!!

全世界を席巻すること
コレ間違いなしと言えましょう



立ち食いそば名店100 首都圏編 ポケット (Gakken Mook)
学研パブリッシング


立ち食いそば図鑑 ディープ東京編 (マイウェイムック)
マイウェイ出版



Comment (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新生軒@兵庫県姫路市 「ラーメン&ワンタン麺&ぎょうざ」

2016-09-24 09:35:50 | ラーメン 中国地方


遅めの夏休みを
台風と台風の間をすり抜けつつ

家族と一緒に
新幹線と在来線を織り交ぜて
博多まで向かい

ラヲタ集と合流しつつ
大人の遠足にシフトするという
全身ぶっ壊しツアーということで




とりあえず
姫路IN

あのとき補修直前だった姫路城と
コンペアしてみたかったという

この旅において唯一
ラを優先してのイベンティー




圧倒的 (゚д゚lll) じゃないか!!

異論反論オブジェクションですけど
ノイシュバーンシュタイン城に真っ向から張るのは
このお城ぐらいのもんじゃまいか

オマケにパウワウの巣になっていて
念願のジュゴンへ進化と
おとーさんは裏側でも大満足

ってことで
次のデスティネーション岡山へ向けて
新幹線までの45分間




一杯ぐらいは
キメておかなければなりません




そうそう
こんなレトロに惹かれたワケデス




迷いがないって
ステキなことね

って
ココにビールがないことだけが
オレを迷わせるワケですけど




むう
テレビもねぇ
ラジオもねぇ
胡椒も卓上置いてねぇ
レンゲも言わなきゃ出て来ねぇ

どこぞで読んだ
「ないない尽くし」
ネガティブインフォだったけど

開店時間ジャストのはずの店内に
地元BBAの先客が
既に4組ほどアリアリという
フシギなイキフンはアリアリで




ラーメンに




ワンタン麺




細いもやしに
瀬戸内海沿いの風情を嗅ぎ取りながら
ユマクもほとんどナシナシの
透き通った水面に




コショウでした

かなりのこと
コショウだけがアリアリ




溶けかけのワンタンに
しおれかけのもやし




壊れたままのレディオで
店内にBGMはナシナシ




ダシ感はナシナシ
全体的なシマりがナシナシ




麺の乱雑な絡まりはアリアリで
意外に量もアリアリという

こりゃやっつけられんかもしれんぞ!!
ってなところに




餃子のニンニクパンチを織り交ぜることで




なんとか打たれる句読点

なんとかこの一杯も
アリっちゃーアリに




足しもしないし
引きもしない
進歩もしないし
退化したと思う客は他へ行けばよろしという
完結したワールドがそこには脈々と

何でもアリアリの
まだまだノリノリのオレたちで

ヨカッタね
きっと
わたし




ウォーカームック 姫路城Walker 61806‐38
KADOKAWA/角川マガジンズ


メタリックナノパズル 姫路城
テンヨー


ナノブロック 姫路城 NBH_099
カワダ


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

大喜@湯島 「純とりそば+最強極細麺替え玉」

2016-09-23 11:00:51 | ラーメン 文京区
そうだ湯島へ行こう

ぽっかりと開いた
お昼の2時間に
ふっと降りてくるのは
至高のお昼ごはんなのでした




90分のお昼には
なかなかに降りて来にくい
悦楽の昼ごはんなのでした




な、納豆中華そば!!


ザンネン
×が点っていたので




目に飛び込んできたのは
やはりコレということになりましょうか




正直言ってイイですか
ホントに探していたのは
遠くない昔に存在していた
「梅塩もりそば」の文字

飲みに行った折
お願いしたら
ヤッてくれたりしないかなぁ




ちょ
そういうのもあるのか!!

ランチご飯券を
急いで替玉券に差し替えてもらいながら




むう!!
美しい!!




スーラにも
負けず劣らずの点描画風情が
大喜を
大喜たらしめる
大喜ズム




ウ (゚д゚lll) メ!!

純とりそばってば
毎度ビジュアルも
アンバイも異なって出てくるけど




今回の純とりは
小ぶりな丼からも
お上品な白湯風情からも

どこぞ京都の
はんなりな空気が漂いながら

いやしかし
中身はビッシリ




お宝ハケーン!!




またまたハケーン!!ってな
ワラワラ溢れ出してくる設定




もう16年も前のことになるのか
限定10食の梅塩ラーメンを求めて
お茶の水から走って来たりして

大学院の卒業式にも
スーツのまま走ってきたような
あのときの想い出ぽろぽろしながら




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

今日も大喜は
大喜びの大喜でした

また夜にどうぞ!!ニヤリ

武川さんの
いつものセリフに
オレの肝臓も
大喜びでを共鳴しながら



野球大喜利 ザ・レジェンド: ~こんなプロ野球はイヤだ 4
徳間書店


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

幸楽@山梨県甲府市 「ラーメン」

2016-09-22 09:40:51 | ラーメン 信越地方
綺麗に着飾って
お高くとまるおねいさんよりも




コチラサイドの
かつてのおねいさん

いまとなっては
気のイイBBAの方に




むしろチンピクを隠せず

母さん
オレもイイ具合に
ムケてきたかもしれないよ




まあこの灼熱の中
このサイズのキャパを必死に回す
ユルくて陽気な
JJ&BBA

みんなで丼下げてあげたりして
客が協力的なのが印象的
空気がイイのがタマランね


まあね
待つこと
かなりだけど

まあこりゃ
麺が伸びてようが
スープがヌルかろうが
ビジュアルがアレだろうが
文句を言うのは無粋というもの

なんてところに




う (゚д゚lll) はっ!!

強烈な水面に
ひっくり返りそうになりながら




分かってる!!

アンタ
分かりスギている!!

さっきの水面に
分からせてあげて欲しスギている!!




ラーメンとはそもそも
興奮が伴ってこその
Bな外食であるべきなんです




キレイに着飾って
女子ラー風情にコビたラーメンなんて
ひとっっっつも食いたくないのであります




ワイルド but ビューティフル
じゃなくて




ワイルド だから ビューティフル
なのであります




見事に溶けそうな海苔が
見事に溶けないというのも一興




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

一見
街の中華でありながら

ユルく見えるのはガワだけで
込められたる熱量
明らかに街中アドバンス

パパとガキンチョのタンデムに
JJ&BBA
客の皆さんも
なんだかとても優しくて

こういう出会いがあるから
街の中華はヤメられないワケで



町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう (立東舎)
リットーミュージック


Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

永斗麺@渋谷 「サンマらーめん+味付煮玉子」

2016-09-21 08:14:29 | ラーメン 渋谷区
もはや
並大抵の新店では
チンピクの欠片もない
おじーちゃんになりましたけど

ふじもと
と聞いて

そしてあの日の
もりかわにも
フルえを隠せずに

もう五年も前に
東京でもお目にかかれそうなニューウェーブと
言い切っていた身としては




並大抵の新店ではないな
チンピクどころか
むしろ
ギンギンに

とりあえずは
そのフラッグシップ




サンマをキメに渋谷に来たのでした




オサレな街に
オサレな二階という

あの日のふじもとに比べると
オサレがスギるというものですけど

なにやら
本家を差し置いて
広島方面では展開してるらしく

こんなとき
脳裏をかすめるのは

やはり本家を差し置いて
どーしよーもないイメージを撒き散らした
にほへどな富山ブラック
だったりしますけど




おっと
さんまにえびに
ほたては良いとして

あぶら麺ってのは
一体なんぞねと

まぐろに
あさりと
5本並べての
ふじもと系ではなかったのかねと





刻み玉ねぎに
マー油という
コレまた
見たことないラインを重ねながら

さて
ファーストインプレッション




弾幕うすいなー!!

なにやってんの!!なんつて
脳内のブライトさんが叫びながら




ウズラだけが
僕たちをつなぐもの

圧倒的に盛りの淋しいもやしが
美しく魅せるの
その完全に真逆を演出しながら

まあ
どれどれ
って




甘 (゚д゚lll) っ!!

ちょ!!
コレ!!
なんでこんなに
シュガースウィート!!

っつか
サンマと言われればたぶんそう
ぐらいに収まった
中庸な魚介豚骨風情はなんぞねと




ハリハリっとした細麺の是非

悪くはないとは思いながら
まったくの別物とも思いながら




いやはや
この甘さを
なんとかならんもんかねと

とりあえず
コレでさんまを謳うことなかれと
コレでふじもと系を謳うことなかれと
言い切ってしまって良いのではなかれ




いやしかし
東京人には
その出自が全ど知られていないから
別に責めるものでもないのではなかれと




って
マー油と玉ねぎを入れてみたら
熊本方向にスっ飛んでイってしまい

もう
何が何やら

ということで

本日の結論としては
ピカチュウを三体も狩れてヨカッタ!!
久しぶりの渋谷を歓ぶオレ

っつか
そろそろ改めて
ふじもともりかわラインに再訪を試みる季節になった
ということでよろしいか





【北海道根室産】臭みの少ない根室独自製法 根室魚醤「さんま」125g×5本セット
いんでないかい本舗


Comment
この記事をはてなブックマークに追加