ひろの東本西走!?

読書、音楽、映画、建築、まち歩き、ランニング、山歩き、サッカー、グルメ? など好きなことがいっぱい!

台湾旅行記(詳細編) 1日目-2

2017-05-29 17:23:42 | 台湾旅行記

淡水から帰ってきて初日の夕食はやはり小籠包を食べようということになりました。有名な「鼎泰豊(ディンタイフォン)」は混んでいるだろうなと考えて、こちらもガイドブックにのっていた「點水楼(ディエンシュイロウ)」に行くことにしました。ガイドブックによると、「2012年、台湾の人気小籠包を選ぶネット投票で鼎泰豊を破り、見事第1位を獲得したレスラン。チャイナモダンな落ち着いた雰囲気で、小籠包と上海料理を堪能したい」と書かれていたお店です。

MRTの最寄り駅からは徒歩数分で割と簡単に見つかり、待つこともなくすぐに席に案内されて若干拍子抜けの感も(笑)。店内はガイドブックに書かれていた通り”チャイナモダンな落ち着いた雰囲気”でgood!でした。

小籠包はお店の方のアドバイス(「少しずつ注文。あとは追加追加でOK」)もあってカニ味噌入りや海老入りなどを全てハーフサイズ(5ケ単位)で注文しました。なかなか美味でしたし、色んな種類を食べたかったのでハーフサイズにして良かったです。

他に豚の角煮なども注文しました。これは故宮博物院の至宝の1つでもある「肉形石(豚の角煮そっくりの天然石)」が今は地方の博物館に貸し出されているとのことで、代わりに頼んだものです(笑)。これが結構大きくて最後はお腹いっぱいになりました。

夕食を終えてホテルに戻ってきてからは、ラウンジでコーヒーを頂いてゆったりしました。これで初日は無事終了です。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾旅行記(詳細編)1日目-1

2017-05-27 00:08:45 | 台湾旅行記

台湾旅行記(詳細編) 1日目-1です。旅行の超概要は抜粋版をご覧ください。

まずは出発~到着、ホテル、チェックイン後に早速メトロで出かけた淡水の風景・情景などです。利用航空会社はキャセイパシフィック航空、ホテルはシェラトングランデ台北ホテル(Lグレード!)でした。

出国当日は関空に8:40集合。出発は10:40でした。前日まで2泊3日の長野県→愛知県出張で、帰宅したのは夜の10時頃でした。朝は6時頃に起きたのかな?旅行の準備は一応していて後は妻に任せていましたが、私はさすがに出張疲れが残っていました(汗)。時間がなかったため朝食抜きで家を出、電車内でパンを少し食べたはずです。

定刻より少し遅れて離陸しましたが、台北には12:50(現地時間の13:50)頃着。約3時間のフライトでした。私は機内で映画「ラ・ラ・ランド」を再見。時々アナウンスが入ったりしますし、食事もあるため分断されて見方になりましたが、やはり良い映画です!

台北の空港(台湾桃園国際空港)はなかなか立派で美しいですね。

現地係員の方と無事に合い、バスでホテルに案内してもらってチェックインしたのは予定通り15時でした。

早速部屋へ。内装などはモダン&シンプルですが、広々としてまずは心地よし。昔泊まったホテルで部屋が狭くてスーツケースが満足に開けられないこともありましたが(汗)、雲泥の差です。

どうせ1日中歩き回って疲れて帰ってきて寝るだけだから、ホテルのグレードは安価なBグレードでも構わないという考え方もあり、これまでの海外旅行ではA・Bグレードにすることもありました。ですが、今回は3泊で短いですし&最後のリフレッシュ休暇とういこともあって、Lグレードの「シェラトングランデ台北ホテル」にしました。実はプラン&出発日によっては更に上のSLグレードホテルの方が安くいけるケースがあってこちらもキャンセル待ちを申し込んだりしましたが、残念ながらこれは成立せずでした。

結果的に「シェラトングランデ台北ホテル」は地下鉄(MRT)最寄りからも近くて便利でしたし、派手派手しさは無く落ち着きと適度な高級感がありました。部屋は広々としてバスタブなども大きく心地良し。疲れて帰ってきて広いロビーや部屋に戻ってくると、ホッとすると共に疲れが癒される気もしてこれは実に良かったです。朝食をとるロビーラウンジも吹き抜けになっており開放感があって素晴らしかったですね。朝食バイキングの料理の種類も多くてとても美味しかったです。また、17Fのラウンジは宿泊中は無料で使うことができ、外を歩いて疲れたときにはちょっとリッチになった気分でそこでゆったりと珈琲を飲んだりしました。これもLグレードホテルならではですね。

初日は完全フリーなので、しばし休憩した後にメトロ利用で淡水日帰り観光に出発。念のためホテルのフロントで切符(ICチップ内蔵の?コインタイプ)の買い方を聞きましたが、問題なく購入できてホッ。駅は広々として清潔で、自動スライドドア形式の安全柵も完備していて、ある意味、日本の地下鉄よりも進んでいるかなと感じました。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾旅行記(台北・淡水・九份)-抜粋版

2017-05-24 21:04:49 | 台湾旅行記

うちの会社にはリフレッシュ休暇制度があるのですが、定年前最後のリフレッシュ休暇を利用して、そのしょっぱなの5/18~21に夫婦で3泊4日の台湾旅行(台北・淡水・九份)に行ってきました。今夜はその超概要&抜粋版です(まずは写真主体)。

今回はJTBのスペシャル台北4日間というフリープランを申し込んで飛行機とホテルを押さえてもらい、後は現地オプショナルツアー参加(現地係員と回るもの。但し予約は日本から)と、自分たちで地下鉄(MRT)利用&徒歩で色々巡ることにしました。夫婦で行く海外旅行では新婚旅行で行ったイタリアのみ添乗員と回るツアー(但し各都市で半日自由行動のあるもの)にしましたが、最近は専らフリープランにしています。天候や体調(疲れ具合)などに応じて臨機応変に計画を変えることができますし、多少手間がかかるものの自分たちで好きなものを食べたり、気ままなショッピングも楽しめますしね。

今回の旅行はGW中に最初申し込んだ日程は6/10~でしたが、私や妻の勤務の都合などの関係で日程(案)も色々揺れ動き(5月中旬以降~7月)、最終的にはバタバタと急遽5/18出発になりました。ただ、このところ業務多忙で出張が多く(北海道・岩手・宮城・山梨・埼玉・福岡・鹿児島などなど)、5/15から出発前日の5/17にかけても京都→長野県→愛知出張が入るという超過密スケジュールになりました(汗)。

台湾は私は3回目・妻は初めてでしたが、お目当ての近代建築や景色・景観良し、人良し(優しくマナーも良し)、街なかも清潔で美しく、食べるものは全て美味で存分に堪能して帰ってきました。妻も時間が足りなかったとは思いますが、まずまずショッピングも楽しめたみたいです。

結局、利用航空会社はキャセイパシフィック航空、ホテルはシェラトングランデ台北ホテル(Lグレード!)になりました/しました。旅行代金はホテルグレードもあって多少高めでしたが、結果的には大満足です!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和中庵見学

2017-05-15 13:29:47 | 近代建築

先日、京都市左京区にある和中庵(旧藤井彦四郎邸)を見学してきました。

今日はとりあえず写真のみ少しアップします。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三輪明神・大神神社

2017-05-06 00:23:20 | 日記・エッセイ・コラム

好天に恵まれた5日、奈良県桜井市にある三輪明神・大神神社に参ってきました。私は初めてです。

三輪山の懐に抱かれた神社は新緑が美しく清々しいところでした。

昼食はもちろん三輪素麺で(涼しげで美味しかったです)、帰り際には日本酒アイスと金ごまミルクのソフトを食べました。お酒というよりも酒粕のような味わいがあって面白い味でしたね。

この日もよく歩き回り、御神体の三輪山登拝は手すりなし階段ばかりみたいでさすがに自重しましたが、階段も多数昇降してさすがに疲れました(汗)。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加