ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

携帯用カメラを買った

2005-03-17 22:31:42 | つちのこカメラ

shoumennanameランニングやトレールラン、マラニックなどに持っていくカメラを購入した。
デジカメの進歩は早くゴロゴロしていたデジカメが、あっという間に携帯電話より小さくなった。それでいて画素数は400万にアップして、日常防水。これだったらウエストバックにチョッコリ入る。
あまり小さいと手の中で踊ってしまい、ある程度大きいほうが使いやすいのは事実です。
この2台で使いやすいのは左の古いタイプです。グリップがよくブレにくいし、手になじむので落とさない。だが、ちょっと大きくてランニングには持っていこうと絶対に思わない。その点、新製品は小さくて防水機能が付いたし大きさ重さも全く苦になりません。
画像に関しては3年前の古い300万画素のデジカメでも十分、レンズもゆったりとした設計でシャープ。小さい方は1回しか撮影していないがナカナカ色良しシャープでした。
ただメモリーカードの規格が数多くあるのはいただけない。同じメーカーで購入年がたった3年違うだけでメモリーカードやパソコンとカメラを繋ぐコードも違っていた。カメラメーカーと家電業界の引っ張り合いと聞きますが、次期DVDにしても意地の張り合いでユーザーなどお構いなし。ユーザーより会社のメンツということか。
機械はそれ自体の機能がいくら優秀でも、他者との互換性やアフターサービスの良し悪しが、使い勝手を左右します。修理を本当にしっかりやってくれるか?その修理の値段は妥当か?急いでやってくれるか?
Shimoの個人的な経験では、
サービスが一番良かったのは、プリンターやスキャナーではエプソン。とにかく修理が早いし、安いし、どれくらいの頻度で使うとパーツが壊れると明示してくれた。
パソコンではNECのサービスが良かった。
反対に同じく修理に出しても直ってこなかったりしたのが、○○ノンのプリンターとスキャナーだった。修理に出しても直ったんだか直っていないんだか分からんような物が戻ってくる。壊れたら買い替えなさいという姿勢なんだなーと思った。○○ノンの商品は新品の時は魅力てきで性能もよいが、壊れたり長く使おうと思ったら問題がある。Shimoは、それ以来○○ノンのその手の製品は買っていない。○○ノンはカメラ部門でもその傾向があった。商品は製造中止から7年でパーツの供給をメーカーとして行わなくてよいそうだが、他社では(ニコン、オリンパス、リコーetc)古いカメラを持ち込んだら「整備は無料でやらせていただきました、長くお使いありがとうございます」といわれたことがありました。○○ノンでは絶対に無いでしょう。
以上は個人的な感想です。

2010年05月20日 OLYMPUS CAMEDIA μ-mini

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/d/20100520

2008年08月12日 オリンパス・カメディアC3100

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/d/20080812

2007年05月27日 2台のOLYMPUS CAMEDIA μ-min ヤフオクでゲット

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/d/20070527

コメント (5)