KYO‐Gのコラム

大好きなハワイ、トライアスロン、ロードバイク、サーフィン、スキーその他興味があること、そして単なる日記(笑)を書きます。

昨日、オンラインチェックイン完了!妻とムスメのハワイ旅行、本日からスタート!

2012年07月31日 07時26分57秒 | ハワイ

本日から、妻とムルメがハワイに行きます。

比較的お安い航空券とリーズナブルなホテルを選択しているので、ちょっと長めな滞在ですが、大手旅行代理店の夏休みのパッケージツアー(4泊6日)とあまり変わらない金額となっています。

昨日、オンラインチェックインを完了しているので、空港で荷物を預けるくらいの作業となります。

少し後に、僕もハワイに行きますが、当初の往路便の時間が早く、オンラインチェックインをすることにしていましたが、妻とムスメのフライトでオンラインチェックインをするということがアタマにありませんでした。

今回の妻とムスメの旅行ですが、まったく同じ日程で、ムスメのお友達家族がハワイに行きます。
そのママさんから「チェックイン、終わりました?」と電話がはいりました。

「オンラインチェックインは時間がない場合につかうもの」というイメージでしたが、「空港での手間を省いて時間を有効につかうことができるものなんだ」と認識が変わりました。

ハワイ旅行では、「事前にできることは事前にすませておく」ことが重要で、旅行中に手配等を行うと時間がかかりますし、気分もあまりいいものではありません。

そんなことで、まだ日本でやれることはないか、確認したいと思います。

コメント

ハワイ特典航空券の空き状況。JALとデルタ。

2012年07月30日 07時11分30秒 | ハワイ

今年の夏のハワイは決まってしまっているので、来年に向けての情報として記載します。

本日時点のデルタ航空の特典旅行カレンダー



低マイルでの空席があります。

ではJALはどうかというと、驚くことに空席がたくさんあります。



さすがにお盆の週は埋まっていますが、その前後であれば予約が可能です。
座席数はかなり少ないので、希望した日に家族全員の分はないかもしれませんが、分割して渡航が可能ならここまで待ってから予約をしてもいいと思います。

JALの特典航空券の予約開始時に電話をしたところ、つながらなくてつながったと思ったら100名のキャンセル待ちがあるといわれます。

そんなことをしなくても、この状況からぎりぎりまで待ってから予約できます。

来年がこの状況かというと不明ですが、傾向としては同じではないかと思います。

今年分も、8月後半の特典航空券の空きがでると予想しています。

コメント

ノースショア・スイム・シリーズの参戦に向けて

2012年07月29日 08時11分54秒 | ハワイ

ノースショア・スイム・シリーズの参戦に向けてトレーニングをしてきました。(といっても、5回くらいのスイムトレーニング)

昨年は棄権(スポナビハワイの記事をご参照ください。コメントを記入しています)してしまったので、僕としては過酷なイベントとして記憶しています。
そのときにもらったタンクトップを着て、記事を書いています。

ハワイのスポーツで危険なのは、海でのスポーツだと思います。
このスイム大会で泳いでいるときに、「こりゃ、ちょっと間違えると、命を落とすな」と思いました。

夏になると、水の事故のニュースが流れます。
陸上の生物である人間には、水中は危険な場所です。

そんな危険なスポーツですが、ハワイで大会に出る場合はライフガードがしっかりと見張ってくれていますので、ひとりで泳いだりするより安全です。
サーフィンも初めてなら、きちんとスクールに入って安全に学ぶことをおすすめします。

話しはそれましたが、ノースショアのスイムイベントのトレーニングに行きます。
これから、スポーツクラブの営業が開始になったら、プールで泳いできます!

コメント

ハワイ旅行のパッキング中です。

2012年07月28日 17時37分49秒 | ハワイ

明日、成田空港へスーツケースを送るので、パッキングをしています。
渡航はもう少し後なのですが、数日早く家族がハワイに行ってしまうことから、集荷は週末になってしまうのです。

Radikoで流れるiHeart_Hawaiiを録音した音声を聞きながらのパッキングです。
明日にでも出発しそうな気分になってしまいましたが、ハワイへの渡航は、もう少しあとなんですよね。

本日のフライト、まだ間に合う時間なので、どこか空いているフライトがあれば乗せて欲しい気分です。



コメント

ハワイ(オアフ島)の渋滞について

2012年07月27日 07時03分30秒 | ハワイ

ハワイでレンタカーを借りてドライブをしていて困るのは、渋滞です。

「ハワイでも渋滞するの?」と思うかもしれませんが、けっこうひどい渋滞があります。

ただ、いつも渋滞しているかというと、時間帯は決まっています。

出勤・帰宅の時間は、フリーウエイにひどい渋滞があります。

朝の出勤時間は、H1の西側からワイキキ方面にかけて、すごい量のクルマが走ってきます。
早朝から8時ごろまでなのでしょうか。(ずっと見ているわけではないので、正確性にかけます。ノースショアに行くときに渋滞しているのを見ていました)

そして夕方の帰宅時間は、ワイキキからH1の西側にかけて渋滞となります。
夕方は、ワイキキ方面にも渋滞があります。

かんたんにハワイの渋滞を書きましたが、観光客である我々は、「夕方のワイキキ方面にかけた渋滞」だけ避けるように気をつけることが重要です。

出勤・帰宅の渋滞は、ワイキキステイの観光客にはあまり関係のない(行動が逆)ものです。

しかし、「夕方のワイキキ方面にかけた渋滞」は、はまることが多いです。
たっぷりと遊んだ後の渋滞はつらいです。

そこで、この渋滞を回避するためには、以下の方法があります。

(1)3時ごろまでにはホノルル空港を通過する。(まだ渋滞していません)
(2)ホノルル空港を通過したら、Nimitzにはいってしまう。(H1から降りる)
(3)どうしても夕方に通過してしまう場合は、日曜日にする。(日曜日はたいてい渋滞しません。)
(4)夜に帰る。(ハワイでの走行、右側走行左ハンドルになれていない場合は、おすすめしません。)

どれくらい道が混んでいるかは、Google Mapで見ることが可能です。
また、Honolulu Web Camerasで確認するのもいいです。

いずれにせよ、インターネットで確認することになりますので、接続環境の確保(ホテルでインターネットが接続できる環境、もしくは、モバイルルーター、iPhoneのレンタル等)が必要ですね。

しかし、お金がかかります。(無料のホテルもありますが)

お金をかけずにWIFI環境を使えるところがいくつかあります。(といっても、飲食、買い物をしちゃいますが)

スターバックス(ヒルトンハワイアンビレッジにあるスタバは除く)やマクダーナル(マクドナルドです。笑)でWIFIを無料で接続できますので、活動前の計画をスタバでコーヒーを飲みながら立てるというのもおすすめです。

また、SAFEWAYでも無料WIFIがありますので、買い物のついでに確認するのもいいですね。

ハワイでのインターネットは注意が必要です。
せっかくのハワイなのに、液晶モニターばかりみていては、時間がもったいないから、ほどほどにすることが重要です。


コメント

日帰りマウイ島観光はいかが?

2012年07月26日 06時59分58秒 | ハワイ

「アロハストリート」を見ていたら、こんな記事がありました。

ハワイ諸島間を結ぶ定期便を運行しているアイランド・エアでは、今日から27日(金)まで、片道$62の格安航空券を同社のウェブサイト上で販売している。

安いですね。

円高なので、5,000円くらいです。
往復で10,000円。

ウエストマウイ空港へ行き、レンタカーを借りて島を観光してから、カフルイ空港からオアフに帰るということもできますね。

ただし、予約は27日までなので、早めの予約をおすすめします。
コメント

ハワイ旅行のシミュレーション。

2012年07月25日 07時29分30秒 | ハワイ

ジョギングをするときは、英語学習や音楽、オーディオブック、セミナー音声などを聴いています。

ロードバイクの走行中は集中していないと危険なのでなにも聴きませんが、景色を楽しむことができます。

スイムの時はというと、これが退屈なんですね。
日曜日は2時間くらい泳いだのですが、音楽も聴けないし、プール内なので景色を楽しむこともできません。

「なにかできないかな?」と思い考えたのが、頭の中でシミュレーションをすることです。

メモが必要なこと、たとえばプランニングやアイデアを出すなどはしたくないので、思いついたのがシミュレーションです。

僕の直近でのイベントは、ハワイ旅行です。

そのハワイ旅行を頭の中でシミュレーションをするのです。

成田空港に向かう電車に乗り、空港に到着する。
航空会社のカウンターでのやりとりやチェックイン時の雰囲気、座席に座るところなど、イメージで旅行をしてみます。

これなかなかいいです。

頭の中では言葉で行うのではなく、あくまでもイメージ(映像)で行います。

そのときイメージしたのは、そのとき往路で予約していたエコノミークラスの座席ではなく、ビジネスクラスの座席で行いました。

その後、不思議にそのイメージしていたビジネスクラスに空きがでて、変更することができました。

思考は現実化する?
コメント

ハワイ旅行、往路をフラットベッドで渡航したら、それだけ眠れる?疲労は?

2012年07月24日 22時01分16秒 | ハワイ

ハワイ旅行はとってもスキです。
いうまでもありません。(笑)

しかし、その大好きなハワイ旅行のなかで、「これはちょっと」と思うのがハワイ便の往路です。

ハワイ便の往路はつらいです。
エコノミークラスでは、長身(187cm)の僕はかなりつらいです。

眠りにくいです。

1月のハワイでは、非常口の前の座席を確保できたので、足を伸ばしてリラックスできましたが、それでもイスで寝るのはつらいです。
(機内食を食べないで寝ました)

そのつらい往路で、今度のハワイではフラットベッドシートの予約ができました。

「フラットベッド!」と浮かれていたら、ふと、「ベッドってそもそもフラットだよね」と突っ込みを入れたくなりました。(笑)

「ベッドシートでいいのではないのか?」ということです。

そんな難くせ的なことはおいておいて、僕にとってつらいハワイの往路がどれだけ快適になるかのレポートをしたいと思います。

ただ、「いびきをかいたらおこしてくださいね。とCAさんに行っておかないと」とか、「早く寝たいけど機内食も楽しみたいし」ということや、到着したからレンタカーを運転するので、ワインを飲みすぎないようにするなど、悩みは尽きません。(かなり贅沢な悩みです。)

普段からビジネスクラスで渡航している方にとっては、「そんなこと・・」と思うかもしれませんが、そんなことが楽しいです。(笑)

デルタのマイル、低いマイルで予約がとれないという状況ではありますが、今回の渡航がハッピーに終われば、デルタのマイルを視野にいれた活動をする必要があると思っています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

僕は6時間の睡眠でOKです。
ただし、熟睡することが必要です。

いままでは、到着した日の14時ごろにスイマー(睡魔)が泳いでやってきていましたが(オヤジギャグ)、今回はどんな到着日をすごせるかを検証したいと思います。

僕は機内でビールとかワインとかを飲みますので、飲まない人より初日は疲れる(アルコールが入ると睡眠時間を長くする必要がある)ので、それがどれだけ緩和できるかもお知らせしたいと思います。


コメント (2)

ホノルル便、デルタのフラットベッドシートが取れました!

2012年07月23日 21時09分31秒 | ハワイ

毎日デルタのサイトを見ていました。
往路でビジネスクラスがもっとも低いマイル数で出ていないかの確認です。

妻とムスメがハワイへ中期滞在するのでちょっとでもいけないか、それも費用負担は少なくいけないかと検討し続けていました。
メインはJALのマイレージで予約をすることでしたが、もちろんキャンセル待ちです。
キャンセル待ちを入れていましたが、いっこうに取れる気配はありません。

「やはり、お金でチケットを買うしかないか?」と思っていたところ、ふと、デルタのマイルがあることを思い出しました。

「だめでもともと」ということで見たら、低いマイルでの空席はありませんでした。
しかし、「もしかしたら」という気配を感じました。

それは、デルタのマイルは以下の記事に書いたように、変動していて空き状況を把握することができるのです。



希望する日程がどのランクにあるかの確認をすること、そして、現金で購入した場合の空き座席状況を確認して、その座席が将来的にマイルに開放されるか、それも低いマイルになるのかどうかを予測します。

もし、可能性が高いと判断すれば、マイル予約でマイル数が低くなるチャンスを狙う。
低い場合は、現金で購入できうるもっとも安いフライトを選ぶ。

僕は、JALの便がだんだん価格が安くなっていくのをみて、ぎりぎりまでデルタのマイルでの予約を見て、だめだったらJALのチケットを購入しようと思っていました。

そうしたら、低いマイルの空席を発見して予約をしました。

ただ、往路の時間が早くて仕事の関係等で遅くなったらフライトをあきらめる可能性があったことが心配でしたので、往路のフライトで遅い時間のフライトがでたら手数料を150ドル払っても変更しようと思っていました。

往路はエコノミークラスで復路はビジネスクラスの予約になっています。

「もし、往路でビジネスクラス、それも遅いフライトで低いマイルだったら予約しよう」と思っていたら、出ました。
それも、狙っていたフルフラットシートです。(ただし機材変更がなかった場合)

往路のフライトで遅い時間がでれば、それも同時に変更したかったのですが、そう都合がよく行かないと思いフライトを変更しました。


ということで、往復ビジネスクラスでのフライトが決まりました!!!!!

コメント (2)

ハワイで気をつけたいこと。

2012年07月22日 07時54分54秒 | ハワイ

「ハワイで気をつけたいこと」と書くと、窃盗などの犯罪を思い浮かべると思います。

実際、僕もハワイで車上荒らしにあったことがあります。(オークションで購入した安価なカメラをクルマに残してしまったのが、原因です)

それより、もっと頻繁に起こりえるトラブルがあります。

それは、「熱中症」です。

いまの時期、日本では気温が体温以上に上昇する地域を中心に熱中症になる方が多くいますが、いままで熱中症になってしまった人は、自分の周りにはいません。

しかし、ハワイで熱中症になってしまった人は2名いました。

それは・・・、僕の兄とムスメのお友達のパパです。

もしかしたら、「どちらも僕のせい」かもしれません。(汗)

兄の場合は、オアフ島観光ということで気温が高い時間帯にいろいろなところを周ってしまい、熱中症になってしまいました。(氷でカラダを冷やしてなんとか回復しました。義姉と妻と僕はなんともなかったので、兄の体調が悪かったのかも・・・。)

ムスメのお友達のパパは、昨年のハワイで同じホテルに泊まっていたことから、ムスメたちとプールに入っていました。

2時間くらい入っていたのでしょうか。

その後、頭痛が発生し翌日まで影響してしまったとのことです。

僕はなんともなかった(帽子をかぶっていましたし、僕はそもそも日差しに強い)のですが、ムスメのお友達のパパはプールにはいっても15分(じゅうごふん!)なので、暑い時間に太陽の下にいることの耐性がなかったのだと思います。

ふたりの共通点は「色白」なことです。
これが原因かわかりませんが、日差しに弱いのかもしれません。
体質的に気をつけなければならない体質かと思います。


ということで、ハワイで気をつけたいことは、「熱中症」です。

カラッとしたハワイの気候では、汗をかいてもすぐに蒸発してしまい、「汗をかいていないのではないか」と錯覚してしまいます。

そのため、水分の補給をせずにカラダに熱がたまってしまって熱中症になってしまうのです。

ハワイのローカルを見ていると、1.5リットルのペットボトルでがぶがぶと水を飲んでいます。
僕もハワイに行くと、がぶがぶと水を飲むようにしています。(日本でもがぶがぶと水を飲んでいますが)

ハワイのプレートランチは味が濃いので、それを食べるだけで塩分補給になっていると思いますが、朝食はスコーンとコーヒー程度で済ます場合は、途中で塩分を補給することをおすすめします。
スナックでもいいでしょうし、ゲーターレードなどで水分を補給するのもいいでしょう。

ランチはロコモコでも食べて、ハワイの料理を味わいながら塩分も補給してください。

それでも体調が悪くなることがあるので、海外旅行傷害保険に加入をしておくことをおすすめします。

熱中症の治療程度なら、大人はクレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険でまかなえますが、子どもは担保されていないことがほとんどです。

子どもの分の海外旅行傷害保険はしっかりと加入しておきましょう。

我が家は、すでに2回ほど利用させてもらっています。

1回が気管支炎で、もう一回が骨折です。

海外旅行傷害保険に加入していれば、安心して病院に行けます。

ハワイでお嬢さんが発熱してしまった知人がいます。
保険に加入していなかったこともあるかと思いますが、なかなか病院に行かなかったそうです。
発熱が続いていたので仕方なく病院で治療を受けたところ、翌日には熱がさがり活動ができるようになったとのこと。

「もっと早く病院に行ってればよかった。ほとんどハワイで遊べなかった」。

そんなことを言っていました。
もし、海外旅行傷害保険に入っていたら、発熱した時点で行っていたのではないでしょうか。

ハワイは健康保険がきかないことから、ちょっとした治療でも高額の支払いが待っています。
それが受診を阻害する要因なのです。

ということで、ハワイで気をつけたいことは、熱中症です。

だれでも起こりうることで、なってしまうと回復まで時間がかかるので、短期の滞在の場合は、かなりの時間をムダにしてしまうので、注意してください。

コメント

ハワイでゴルフ、日没までの2時間くらいなら25ドルから・・・。

2012年07月21日 09時09分37秒 | ハワイ
10年前くらいに、「ハワイでおすすめのゴルフ場はありますか?」という質問を受けたことがありますが回答できませんでした。

ゴルフ場はしらなくても、サイトの紹介くらいしたかったのですが、個別のゴルフ場のサイトも少なく、またオンライン予約のサイトがなくて、紹介できなかったのですが、いまなら各種サイトがあり比較検討が可能です。

この記事を書くきっかけは、JALのサイトをみていたときにこのサイトを発見したからです。

ALOHA GOLF

ここでは有料会員になると20%のディスカウントがあるとのことです。

ただ、僕はかなり前にゴルフを引退してしまったので、ハワイでゴルフをした経験はありませんので、どこのゴルフ場がいいかわかりません。

なんでゴルフを引退したかというと、いくつかの(たいしたことのない)理由があります。

・自分が打ったボールを見失う(高く上がってしまってどこに飛んだか視界から消えたり、左右にぶれる)ことが多く、ボール探しの時間が苦痛。
・(参加したときの人がわるかったのかもしれませんが)コンペで一緒にまわったある程度の腕前の人のゴルフ自慢というか、上から目線といういか、ヘタな人への態度が悪かった。
・「スポーツをした」という実感がなまりない。
・けっこうお金がかかる。(1回いくとなんやかんやで2万~3万円の出費)
・雨が降ってもやる。(笑)
・ゴルフ練習場の練習はおもしろくない。

いろいろ理由を並べましたが、「ヘタだったからつまらない」というのが本当の理由ですね。(笑)

スポーツって、なんでもある程度うまくならないとおもしろくならないですね。

とはいえ、ハワイでゴルフをするというのは楽しそうですが、「日中にゴルフをするならサーフィンかな」と思っています。

ハワイのゴルフ場検索で、英語のサイトを見ていたらこんなのがありました。

HawaiiGolf.com


見るとけっこうよさそうなコースが安くでています。

スタート時間:4:52 PM
場所:Ko'olau Golf Club - Visitor
価格:$25.00 /player
You Save 58%

スタートの時間がおそいので、18ホールはムリかもしれませんが、「日没までちゃんとしたゴルフコースでゴルフをしようか?」という感覚でコースを回れます。

日中はサーフィンなどで楽しんだあと、夕方の涼しい時間でゴルフを楽しむことができます。

なんといっても、25ドルです。

日本で練習場に行く価格で、ハワイでゴルフができちゃいます。

場所もLIKE LIKE HWYでいけばワイキキから30分~40分くらいで到着します。

これいいな。

もし、ゴルフ好きな人とハワイで会ったら、このプランでゴルフをしてもいいかも。(ゴルフ好きな人は、この時間帯はNGかも)

ゴルフ好きなら、ちゃんと18ホールを回る日の前日に練習場に行く感覚で利用してもいいですね。


コメント

サーフボード、10フィートのロングボードの予約完了。

2012年07月20日 07時24分44秒 | ハワイ

サーフボードの予約をしました。
今回も前回と同じところで借ります。
ここの良いところは、サーフボードをデリバリーしてくれることです。
他の店で値段が安いところがありましたが、借りに行く手間が省けることがポイントでした。

10フィート(3メートル)のロングボードで、ハワイの波に押されながら進んでいるのをイメージしています。(かっこよくターンとかできないので、イージーなロングボードで海の上に立っているだけです。笑)

コメント

ハワイの離島からオアフ島へのフライト、最適な時間帯は?

2012年07月19日 07時10分55秒 | ハワイ

ハワイ旅行で離島に行くと、滞在日数が短く感じます。

なぜかというと、離島からオアフ島(離島に行った後、たいていはオアフ島で数日滞在すると前提)に移動する時間で半日以上もの時間を使ってしまうからです。

「離島に行くと、1日減った感じがするな」。
マウイマラソンでマウイに行った後、ホノルルのホテルでそのように感じました。

そこで考えたのが、フライトを夕方にすることです。

マウイのリゾートホテルで、チェックアウトまでゆっくりと過ごして、マウイ島の観光をかるーくしてからオアフ島へ移動するのです。

もちろんオアフ島ではなにもできません。

もちろん、この逆、マウイ島から朝早く移動して、お昼前にはオアフ島のホテルに到着してしまうという手もあります。
僕は、プールの広いマウイ島のリゾートホテルに泊まっているので、ホテルでゆっくりしてから、オアフ島に行っていました。

ということで、フライトの最適な時間は、朝と夕方に寄せた時間ということになります。

パッケージツアーの場合だと、フライト時間を離島のホテルのチェックアウト時間に合わせて決められてしまうので、リクエストをするか、個人手配でいくことになります。

アロハストリートに、こんな記事がありました。

ハワイアン航空が航空運賃を値下げ

離島のパッケージツアーは、ワイキキステイのパッケージツアーほどお値段がお安くないので、個人手配をしたほうが安くなるケースが多く見られます。

ただ、交通の便が悪いので、レンタカーを借りない方は、交通手段でお金がかかるので、その費用も計算に入れてください。

コメント

デルタのフラットベッド、ハワイ路線で乗れるなんて!

2012年07月18日 21時39分23秒 | ハワイ

フラットベッドシート
海外旅行のフライトでは、ぐっすり眠りたいものです。

デルタ航空ではビジネスエリートのお客様に、よりいっそう快適なフラットベッドシートをご用意しています。 通路への出入りが簡単な座席配置、プライバシーの向上に加え、完全に横になってお休みいただけるシートは、まるでご自宅にいるような心地よさです。

フラットベッドシートは現在、一部の機材および一部の路線にてご利用いただけます。

全座席が 180 度まで完全に水平にリクライニングし、大型エンターテイメントスクリーンと通路への簡単な出入りを特徴としています。


これを予約できたわけではありません。(笑。題名はあたかもという文言ですね)

今回のハワイ旅行、復路がビジネスクラス(マイルをつかってです)に乗れることになったので、ビジネスクラスというモノに興味をもっていたところ、こんなステキなベッドがあるのに気づきました。

ホノルル便で、このシートを確保できたらどんなにステキなハワイ旅行になるのかと思います。

ハワイ旅行で重要なことは、「往路で寝る」ことです。

こんなステキなシートなら、さぞかしハワイの初日が快適なことでしょう!

予約変更できないかなぁ・・・。
コメント

ハワイでやることのおすすめは、「ハワイでのランニング」。

2012年07月17日 07時17分26秒 | ハワイ

いまでは、ハワイでトライアスロンやランニングやスイムなどのイベントに参加していますが、マウイマラソンを走ると決めた以前(2006年以前)は、日本でジョギングなどを定期的にすることはありませんでした。

それでも、ハワイでは、朝に散歩をしたりジョギングをしたりしていました。

なぜ、日本ではジョギングをしていなかったのにハワイでしていたかというと、「気持ちいい」からです。

ハワイの朝の空気は、かなりいいです。

カピオラニ公園の木々や芝のにおいや、アラモアナビーチの景色、ワイキキの雰囲気など、「かなりいい」です。

ダイヤモンドヘッドの海側の景色もすばらしいです。
そして、走っている他のランナーと朝の挨拶も、キモチを高めてくれます。

「どこを走るの?」という疑問もあろうと思いますので、サイトをリンクしておきます。

スポナビハワイというハワイのスポーツ&イベントを紹介している際とのレポートです。

スポナビレポート
ランニング&ウォーキング基礎情報 ~ハワイ的楽しい走り方~


ハワイの水道は安心して飲めるのですが(上記のサイトにも記載)、スポーツドリンクを購入してウエストポーチでもって行くことをおすすめします。

ハワイでは湿度が低いので、汗をかいてもすぐに蒸発してしまいます。
そのため、汗をかいていないとさっかくして、水分の補給をおこたってしまいがちです。
また、どこに水道があるかわからない場合は、水分を補給したくてもできないケースもあります。

そこで、ウエストポーチでスポーツドリンクを持っていくのです。
水ではなくてスポーツドリンクです。
なぜなら、塩分を失ってしまうと水分を補給しても、カラダが受け付けてくれなくなるからです。

そのため、スポーツドリンクをおすすめしています。

ということで、ハワイでのジョギングはかなりおすすめです。
いま、走っていない方は、夏の日本(朝がおすすめ)でトレーニングをして、ダイヤモンドヘッドの海側まで走ることをおすすめします!

コメント