KYO‐Gのコラム

大好きなハワイ、トライアスロン、ロードバイク、サーフィン、スキーその他興味があること、そして単なる日記(笑)を書きます。

ハワイ旅行、帰国便の時間の差。

2014年07月31日 06時54分31秒 | ハワイ

昨日、ハワイから帰国しました。
ティンマントライアスロンの参加など、楽しいことがたくさんありました。

ハワイで楽しいことをするには、時間が必要です。
渡航前にできるだけ渡航日数を確保するために、マイルの特典航空券の日程変更に注力していました。
そのおかげで、もっとも長く滞在できる(当初の休暇内)日程となりました。

さらに、ハワイからの帰国便についての差を書きたいと思います。

(1)JALの帰国便(成田)のいちばん早いフライトは、10:25です。
(2)JALの帰国便(成田)のいちばん遅いフライトは、14:05です。
(JALの帰国便は羽田もありますが、到着が22時と遅いので、除外です。翌日の仕事に差し支える可能性がある)
その差は約3時間半。
双方とも2時間半前にホテルを出発、その1時間前に準備を開始するという前提ですすめます。

3時間半ですが、実質の活動を考えると効果としてはもっと(時間以上のよさ)があると思います。

なぜかといますと、僕が渡航した7月後半の日の出は6時ごろです。
その時間から行動ができます。

ジョギング、散歩、サーフィン、プール、景色を見ながらの朝食などの行動ができます。

(1)の場合は、6時~7時に上記の行動ができますが、1時間しか使えません。
(2)の場合は、6時~10時半まで使えます。

今回の旅行の場合、(2)のフライトだったので、僕は5時45分にホテルを出て、サーフィンのポイント(約15分~20分歩く)に行き、6時過ぎから海に入り、8時15分までサーフィンをしました。
約2時間のサーフィンができました。

(1)の場合だと、日の出前に海に入るのは危険なので、同様に6時からサーフィンをしても1時間もサーフィンをすることができません。(帰りの移動時間等を考慮)
サーフィンをする方だとわかるかと思いますが、時間が長いと波が来る可能性が高くなりますので、満足度に影響します。(1時間だと波が来ない場合があるが、2時間あると波が来る場合がある)

僕は8:30にホテルに到着して、9:30からムスメとプールで1時間遊びました。(9:30~プールならもっとサーフィンをしておけばよかったのですが、前日に決めた予定でホテルに戻ったらムスメがまだ寝ていた。(笑))

ショッピングにしても、帰国前にアラモアナショッピングセンターに行くこともできるかと思います。

フライトの違いはこんなに行動の差があります。

JALのフライト以外では、チャイナが同じ時間帯のフライトなので、チャイナでフライトを確定する方法が安く渡航でき、滞在時間を最大活用できると思います。
特に、夏休み時期の価格差は大きいです。

コメント

ハワイ旅行、成田に到着!

2014年07月30日 18時38分24秒 | ハワイ
帰国しました。

自宅まではクルマではなく電車なので、機内でゆっくりビールを飲みました。

さて、あとは明日からの仕事にむけて、マインドをセットしましょうか。

帰国早々ですが、あぁ、ハワイに行きたい!(^○^)

コメント

ハワイ旅行、早朝サーフィン。

2014年07月29日 23時19分04秒 | ハワイ
ティンマントライアスロンも無事に終わり、早朝に起きてロードバイクをパッキングしました。



その後はサーフィンです。



ハワイでのトレーニングも終了として、バイクとトレーニングやランに時間を使っていた時間を使い、長めにサーフィンをしました。

時間が長かったのもありますが、サーフィンがうまくなったのか、乗りやすい波が多かったのかわかりませんが、たくさんの波に乗れました。

コメント

ハワイ旅行、トライアスロン終了。

2014年07月28日 15時31分26秒 | ハワイ
今回のハワイのメインイベントの「ティンマントライアスロン」に参加してきました。

初めてトライアスロンをしたときもこの大会だったのですが、その時より進歩しているのではないかと思います。

タイムを見てみないとなんともいえませんが、スイム、バイクは前回よりよいと思います。
ただ、ランがアップダウンのコースにやられて、速度が出ませんでした。










この大会は、運営がしっかりしているのですが、手作りな感じがいいです。
大きな大会もいいですが、地元中心の大会はローカル感が高くて、僕の好みです。(なぜか、多くの人がいる中で、「写真を撮影してもらえますが?」と現地の人が、僕に依頼してきました。(???)



コメント

ハワイ旅行、穴場ビーチ。

2014年07月27日 21時40分51秒 | ハワイ
今回のハワイは、クラゲ注意報があり、ムスメと海で遊ぶ回数が少ないです。

今日は、オアフ島東側の「ベローズ・ビーチ」に行きました。
場所はワイマナロビーチの隣に位置しますが、ホームレスがいて治安に問題のある(と思っている)ワイマナロの隣にありますが、ベローズは週末と祝日のみ一般開放される米軍施設なのでワイマナロより安全だと思います。

実際にその場に行ってみると、感じる雰囲気は悪くはありません。

今日の海は波がそこそこあり、ボディーボードで遊ぶにはちょうどいいです。

ムスメも楽しそうにボディーボードをしていました。



ただ、ツーリストの僕らには残念な週末のみの解放となります。
とはいえ、週末でも混雑はしていないし、カイルアに行くよりワイキキからも近いので、おすすめです。

売店はありませんので、食事や飲み物は持っていってください。
アクセスは、レンタカー以外ではムリですので、ザ・バスで行くのはあきらめてください。

カイルアよりローカル色の強いこのビーチ、ぜひ行ってみてください!

コメント

今度はサーフボードの・・・。

2014年07月26日 12時00分16秒 | ハワイ
サーフィンを終えて浜に上がると、サーフボードの3本あるフィンのうち右側のフィンが取れていました。

ちょっとショックです。

気を取り直してホテルに戻りベルさんにそれを話すと、「左側のフィンを取っちゃえばいいよ」といいます。

「真ん中のフィンがあれば大丈夫」。

特殊な器具を使わないとフィンが外れないので、今度もって来てくれるそうです。

ショックだったので、サーフボードの写真は撮っていませんでした。(笑)


コメント

サーフィン、再開。 ハワイ旅行。

2014年07月25日 16時10分43秒 | ハワイ
ボックスジェリーフィッシュに刺されたあと、しばらくはクラゲ注意報が出ていたのでサーフィンをしませんでした。

クラゲに刺された痕跡は残っていますが、右腕の痛みはなくなりました。

と、いうことで、サーフィン、本日無事、解禁です。

夜明けと同時に海に行きました。
2日の空白の時間を埋めるように、僕にとって乗りやすい波が来たので、楽しめました。



サーフィン中、今回見ていなかったレインボーが出ました。


コメント

ハワイ、ティンマントライアスロンの手続き。

2014年07月24日 15時58分29秒 | ハワイ

ハワイ旅行も半分を過ぎました。
半分を過ぎると、寂しくなってきます。

さて、ハワイ旅行の後半に、僕にとっての重大なイベント、「ティンマントライアスロン」があります。

本日、パケットをもらいに行きました。

パケットというのは、レースにでるためのゼッケンや資料をもらうことです。
ティンマンとトライアスロンでは、当日のパケット渡しができないことから、前日までに受け取る必要があります。

それを本日、もらいに行きました。

場所は、The Bike Shopという自転車専門店です。
ここは本格的なバイク(自転車)ショップです。



自転車の品揃えは、少なくないです。



メンテナンスのスペースが広いです。

パケットのセットを見ると、トライアスロンに出場する気分が盛り上がってきます。


コメント

ハワイ旅行、クラゲのその後。

2014年07月23日 23時13分03秒 | ハワイ
クラゲに刺され痛みをこらえながら、ホテルに向かいました。

ホテルのベルさんは、「Mr KYO-G、サーフィンどうだった?」と話しかけてくれます。

「良かったけど、クラゲに刺された」と腕を見せると、「おー!」との反応がありました。

サーフボードを所定の場所にしまって、部屋に戻りました。

数分後、部屋にノックがあり、あけてみると先ほど話をしたベルさんでした。

「対処方法が書いてあるもの(英語)を持ってきた」といいます。
渡されたものを見ると、ボックスジェリーフィッシュにさされた場合の対処方法が書いてありました。

「ビネガー(酢)をかけるといいらしい」と言った後、すぐにレストランから持ってきてくれました。

ありがたいことです。

インターネットでは、「酢は良くない」と書いてあるところもありましたが、もって来てもらったものを信じて酢をかけました。

その後、しっかりと腫れて熱を持っている腕を氷で冷やします。
冷やしているときは痛みも和らぎます。

午後は、痛みの範囲はかなり狭まりましたが、いちばんひどいところが周期的に痛みます。

クラゲ対策の日焼け止めを持っていたので、事前に塗っておけばよかったと思っています。
油断禁物です。

もし、塗っていたら、腕にクラゲが乗っかっていても刺されないので、このブログでその効果を発表できたのにとくやしく思います。

コメント

ハワイ旅行、(今年も)アクシデント!

2014年07月22日 23時34分53秒 | ハワイ
早朝のサーフィン、気持ちよく波に乗っていて、短期間で5本も乗れました。
海の上をするするするーと流れて行きます。

楽しいです。

5本目を乗り終えて海に倒れながら落ちて、サーフボードに乗ったところ、右腕に透明なコードが付いていました。

「びりびりびりびり!」と右腕に激痛が走りました。

「ボックスジェリーフィッシュだ!(クラゲです)」。

必死に海で払い落としますが、すでに右腕には激痛が・・・。

「よりによってクラゲか」。

左腕だけで浜に戻ります。
ポップスというポイントは、浜から遠いです。

何とか戻って、サーフボードレンタルのひとに、「クラゲに刺されたけど病院に行った方がいい?」と聞いたところ、「冷やしておけば3時間くらいで痛みはひくよ」とのこと。

とりあえず痛みをこらえてホテルに戻ります。

つづく・・・。

コメント

ストームと海。ハワイ旅行中。

2014年07月21日 22時06分02秒 | ハワイ

ハワイ滞在も2日目。
カラダもココロもなじんで来ました。

しかし、昨夜のストームで海がブラウンになっていました。

ホテルのベルさんと、まだ空が暗いときに話をしたところ、「川から流れ込んできたので、川にちかいところのサーフポイントはやめておいたほうがいい。」とのこと。

仕方ありません。

それなら、ロードバイクかランです。

まだ、道路が濡れているので、バイクはやめてランにしました。



雨は上がりましたが、雲が多くいつ降ってもおかしくありません。
ヒルトンハワイアンビレッジのところから海を見ても、サーファーの姿は見えません。
波が小さいのが、「サーフィンができなくても仕方ない」とあきらめる一つの材料?です。



ダイヤモンドヘッド側は影響が少ないというか無いといった感じでしたが、サーファーが少なかったです。



ダイヤモンドヘッドをランで1周(約15キロ)しましたが、人が少なく気分はローカル。
毎日、こんなところを走りたい。

ちょっと長めに走れたのは、トライアスロンに向けてよい練習となりました。

コメント

ハワイ旅行、本格始動!

2014年07月20日 21時39分48秒 | ハワイ



ハワイ旅行、本格始動です。


到着日の翌日です。

到着日は疲れているので、サーフィンをしなかったのですが、本日から開始です。

サーフィン初日は、うまく波に乗れないのですが、今回は3回くらい乗れました。
まずまずです。

それより筋肉不足で、パドル力がなくなって終了となったのが課題でした。
日本で満足にスイムのトレーニングをしなかったのが、理由です。

これからのサーフィンでなんとか筋肉をつけていきたいと思います。(そんなカンタンに筋肉が付くのか?と思うかもしれませんが、付くんです。まじめにパドルをすると。ということは、日々の努力が重要ということですね)

その後、ロードバイクでダイヤモンドヘッドを1周。

KCCの朝市では、帰るためトロリー待ちで大混雑。
レンタルの自転車で来ている人がいましたが、気持ちよさと待ち時間の回避という点で、大正解かと思います。

ハワイで乗る自転車は、本当に気持ちいいですね。

コメント

ハワイ旅行、ホノルルに無事到着。ロードバイクの無事。

2014年07月19日 15時55分05秒 | ハワイ
無事に7時間のフライトを終え、ハワイの到着しました。

到着日、レンタカーの予約ができませんでしたので、タクシーでホテルに行きました。

その後、プールに入りウルフギャングのハッピーアワーで、おいしい食事とワイン(ワインがおいしかったです)を楽しみました。

到着日には、ゆっくりホテルで過ごすのは、仕事後に渡航した僕にはよかったです。
早めのハッピーアワーでのディナーは、時差ぼけのカラダにも良いです。

いままでは、到着日にレンタカーを借りて、ショッピングにいくという強行軍だったのですが、こういう過ごし方もいいですね。

コメント

これからハワイ!

2014年07月18日 19時57分19秒 | ハワイ


フライト前のひととき。

コメント

ハワイで出場するトライアスロン用に持っていくロードバイク、大丈夫か?

2014年07月18日 07時02分19秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

宅配業者が自宅に来て、スーツケースとロードバイクのボックスを運んできました。

その後にムスメが配送業者を見ていたところ、「どかーん」という音をたててロードバイクのボックスが倒れたといいます。

スーツケース2個の上にロードバイクのボックスを乗せるという、高い位置からロードバイクのボックスを倒したのです。

帰宅後、その話を聞いてびっくりです。

配送業者に電話をして、話をしました。

(1)ホノルルでしかきちんとバイクの状況がわかならいこと。(組み立てないと状況がわからない)
(2)バイクの破損の場合は対応すること。(自転車の運搬中の破損などは免責なのですが、明らかに過失)
(3)航空会社の運搬があるので、本来は認めていないがホノルルで確認OKとする。

などです。

もし、バイクのフレームが破損したなどで、替わりのバイクが必要となった場合の補償をどうするかという問題がありますので、めんどうなことになったなぁという感じです。

アルミのバイクなので強いと思います。
とにかく、カーボンのバイクでなくてよかったです。

どちらを持っていくか悩んだのです。

とはいえ、落とすところを見ていないと交渉もできなかったわけで、これは見ていたムスメのお手柄ですね。

コメント