KYO‐Gのコラム

大好きなハワイ、トライアスロン、ロードバイク、サーフィン、スキーその他興味があること、そして単なる日記(笑)を書きます。

自転車とハーフマラソン。

2011年10月31日 06時38分57秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

昨日、手賀沼エコマラソンに参加しました。

会場までクロスバイクで行きました。
本当はロードバイクで行きたかったところですが、盗難が心配(笑)でクロスバイクにしたのです。

昨日の記事で書いたようにエネルギー切れになりそうでしたが、サイクリングもマラソンも楽しめました。



電車で行くのと変わらないかむしろ早くついたのと、電車賃が浮きました。
それはビール代となりました。(笑)



日本の道路って自転車には厳しい状況ですね。
事故には気をつけないと・・。
コメント

手賀沼エコマラソン無事完走。でもちょっと危なかった。

2011年10月30日 14時51分01秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

手賀沼エコマラソン、無事完走しました。

危なかったです。

なにが危なかったかというと、「スタート直後に空腹感が出て来た」からです。

「ハンガーノック(参考資料:リサ・ステッグマイヤーのワンダフルスポーツ)になるかもしれない」と思ったからです。

3キロ地点のところくらいで、暑くて喉は渇く(脱水?)は、空腹感があるわで、かなりピンチな気分で走っていました。

きちんと朝ごはんを食べました。
それも消化時間を考えてスタートの4時間前に調整しました。
しかし、空腹感。

その理由は、大会会場まで20キロの距離をクロスバイクで走ったからに違いありません。
朝食のエネルギーを使ってしまったようです。

そのせいかどうかわかりませんが、1キロごとのタイムもベストタイムより1分も遅く、不安になります。
それは練習不足と体重過多ということで仕方ないとしても、空腹感は恐怖です。

ハーフマラソンということで、飴とかその他の食品類は持っていません。

5キロくらいのところで給水所があったのですが、そこには「水」しかありませんでした。

がっかり。

仕方ないので、水を飲んで走ります。

「空腹感はあるが走れなくなるわけではない」程度なので、スピードを一定に保って走り続けました。

次の給水所が見えました。

そこにはなんと、「ポカリスエットの旗がたっている」ではありませんか。
僕は、「これならなんとかなるかも」と思いうれしくなりました。

なぜなら、ポカリを飲んでいれば、朝起きた後にハーフマラソンの距離程度なら走れるからです。(さすがにフルの距離はムリでした。やってみたことがありますが、途中のコンビニでカロリーメイトを買いまくりでした)

以前からマウイマラソンのトレーニングなどで、早朝のトレーニングを行うときにポカリだけで走っていたからです。

給水所に到着すると「ぽかりがぶ飲み」をしたいところでしたが、飲みすぎも良くないので、300ミリリットルくらいを飲みました。

これはかなり良かったです。

すぐに効きました。

その後の給水所にはポカリがセットされていたので、少々多めに飲ませてもらいました。

最後の1キロではスパートできるくらい回復しました。

こんなことがあり、少々大変な気持ちになりましたが、この大会に出て楽しかったです。

この大会、時期もよく運営もしっかりとしているので、来年も参加したいと思います。

大会を開催してくれた方々、ボランティアの方々、ありがとうございました!
コメント

手賀沼エコマラソン17回大会に参加します。クロスバイクで20キロ走後に参加、大丈夫か?(笑)

2011年10月30日 05時28分00秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

本日、手賀沼エコマラソン17回大会に参加します。

この大会、制限時間が2時間半とかなり短い時間なので、少々緊張しますが、いままでハーフマラソンを走って、2時間半を超えたことがないので大丈夫だと思います。

ただ、8月中旬にハワイから帰国後はギックリ腰&カゼ(頭痛と微熱)でトレーニングできていないのが不安です。

自宅から20キロくらいのところが会場なので、クロスバイク(ロードバイクは盗難にあうとイヤなので)で行こうと持っています。
それで脚を使ってしまって、本番で足が動かなかったらどうしようと思っています。

トライアスロンのトレーニングだと思って、がんばります。
帰りもクロスバイクで帰ってくるので、それも疲れていてちゃんと帰ってこれるかも心配です。

震災の影響で、3月と4月に予定していたマラソンが中止になってしまいましたので、久しぶりの国内レースとなります。


コメント

Continental - Grand Prix 4000S。乗った感想。初めてのタイヤ交換、このロードバイクで。

2011年10月29日 08時14分02秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

Continental - Grand Prix 4000Sに変えたロードバイクで40キロ走ってきました。

今年の7月末にハワイでトライアスロンに出るために購入したロードバイクに装着しています。
ロードバイクを購入した後に、700キロ程度しか走っていないという前提で読んでいただければと思います。

買ったときに装着されていた「Michelin Orium」からの履き替えです。
このタイヤはミシュランのタイヤのなかでも最もお手ごろ価格な設定がされているタイヤです。

このタイヤが僕のロードバイクの標準となっているので、おそらくロードバイク用の高性能タイヤを履いても良く感じてしまうと思うので、そのあたりを差し引いて書きたいと思います。

まず、タイヤ交換ですが、自分でタイヤを交換したのは、マウンテンバイクに乗っていたころに前後のタイヤを交換した以来になりますので、初心者と言っていいでしょう。
パンクの経験はハワイでありましたが、自分で交換しないでバイクショップで手数料を払ってやってもらいました。(初心者なので、自分でパンク修理をすることでの時間と、技術的なリスク、そしてハワイにいるということで、10ドルか12ドルかの手数料を払うことにしました)

ということは、このロードバイクのタイヤを外すのは初めてです。

どきどきしながらタイヤの空気を抜いて、チューブはそのまま使うのでタイヤレバーを使わず(チューブに傷をつけてしまってパンクする)に手で外しました。
けっこうカンタンに外せました。

ハワイのバイクショップ(IT&B)のショップのお姉さん(といっても僕より年下だと思います)がカンタンにタイヤを外して、そしてタイヤを入れていたのを見ていたので、それほど大変ではないと思っていましたが、さらに思っていたより楽でした。

新しいタイヤは折りたたんであるので、それを伸ばしてホイールに巻きます。

タイヤの片側をホイールに装着して、チューブに少々空気を入れてホイールとタイヤの間にセットします。

チューブを入れ終わったら、タイヤの反対側をホイールにはめていくのですが、これがなかなか入りません。
きついとかそういうわけではなく、ただ、セットできないのです。

初心者のためのロードバイク&クロスバイクメンテナンスBOOK
塩田 崇雄
成美堂出版


もう一度、この本を読むと「バルブを中心にして左右均等に引っ張り、タイヤを装着する」と書いてあります。

「そうか、片方がすでに入っているところから、もう片方を入れようとするから入れにくいのか。タイヤをホイールと垂直に持ち上げるようにしていれてみよう」。

この方法にしてから、カンタンにタイヤを装着することができました。
あまりにカンタンで、「さっきはなんだったのか」と思うくらいです。

そして、多くの人が大変な思いをするタイヤを完全に手で装着する最後の作業となりました。

ちょっとチカラを加えたら、「するっ」とホイールにセットされるではありませんか。

そういえば、他の方もこの「Continental - Grand Prix 4000S」は、タイヤのなかでもはめやすい部類であるってかいてあったっけ。

初心者の場合、このはめやすさというのは、重要なことだと思います。
外出中にパンクした場合に、タイヤがはまらないという事態になったらたいへんです。

そういう意味でも、このタイヤは優秀ではないかと思います。

チューブがタイヤに挟まっていないか、念入りにチェックをして空気を入れます。空気を入れるとホイールがミシミシと音を立てるので、ちょっと怖かったです。(笑)

さて、次は後輪です。

先ほどと同じように作業をします。

そして最後にタイヤをはめる作業になりチカラを入れますが、前輪のように入りません。
うー、とうなりながら渾身の力で入れますが、だめです。

前輪と後輪のつくりがちがうのかな?と思いましたが、タイヤを外す時の負荷は同じだったので、それはないかと思いました。

そこで、前輪と後輪の違いを探してみたところ、「チューブの空気の入れ具合が後輪のほうが多い」ということに気づきました。
チューブの空気を抜いてタイヤを入れてみると、これまた「するっ」と入るのです!

こんな違いだけで、ここまで作業負荷が違うんですね。
びっくりです。

タイヤに空気を入れて完了です。
【ここまでは昨日のことです】
***********************************
【ここからは今日10/29です】

早朝に起きて、明るくなってきたので、走りに行きました。

走り始めは、前と比較して道路への吸い付き感があるのがわかります。
タイヤの素材をみても、今回のタイヤの方がグリップしそうなのがわかるので、想像の範囲内です。

最初の20分くらいはウォーミングアップなので、軽く走ります。
「乗り心地は少々良くなったかな」といった感じで、踏んだ感じは「楽にスピードが出るようでした。

これが、スピードを上げると、タイヤの違いが見事なくらいでてきました。

速度が30キロを超えたころから、違いが出ます。

速度を上げても、変わらないのです。
なにが変わらないかというと、速度を上げることでの恐怖感です。

いままでは、速度を上げると、道路のつなぎ目とか荒れているところを走ったときの振動やショックの増加で不安感が発生するのですが、このタイヤはそれがないということです。

35キロ、40キロと速度を上げても、ほとんど変わらない恐怖感なのです。
これには驚きました。

このContinental - Grand Prix 4000Sというタイヤは、レース対応製品なので、高速走行時に安定するようにつくられているのだと感じました。

特に顕著だったのは、坂道で50キロ以上出る道があるのですが、そこでの安定感は、いままでのタイヤとは違って、「まだまだ大丈夫だよ」と言っているような感じなのです。

そこで思ったのは、『初心者こそ、性能の高いタイヤを履くべきである」ということです。

ロードバイクに乗るのは、高速走行をするということなので、どうしても事故の場合にはそれなりのケガをするリスクがあるのです。
それを、タイヤを高性能なものに変えることで、リスクを下げることができるのではないかと思いました。

ただ、このタイヤ、安くはないです。
日本で前後を交換すると、ディスカウントショップで自転車が変えてしまうくらいの価格になります。(笑)

しかし、wiggleで購入すれば、お安く買うことができます。

リスク回避の投資としては、かなり安いと思います。
乗った感じも良くなるので、高性能タイヤへの交換はおすすめです。

200キロくらい走ると、新品タイヤの皮がはがれてさらに良くなるそうなので、そのころにまたレビューを書きたいと思います。
コメント

ロードバイクのタイヤを交換しました。

2011年10月28日 21時36分24秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

wiggleで購入した、Continental - Grand Prix 4000S、明日にこのタイヤで走りたいから、帰宅&食事後に装着をしました。



「え?ビール飲んでいないの?(ビールを飲んでやるには面倒です)」と思う方もいるかもしれませんが、日曜日にハーフマラソンを走るので、ビールを断っています。
体重オーバー(最近のMAX!)、ぎっくり腰とちょっとしたカゼで練習不足なので、これにビールを飲んで体力を落としたら悲惨な結果になるのが見えているからです。

「それなら明日は自転車ではなくてランでしょ?」とこれまた思うと思いますが、ランをした後にロードバイクに乗ります。

「疲れちゃうよ!」との声もありそうですが、新しいタイヤで走ってみたいのです。

このタイヤの最大の特徴は、「パンクしない」ことにあります。
どの方のレビューにも、耐パンク性能と耐久性を評価しているのです。

それに加え、乗り心地が良く、コーナリングも安定しているということですので、どんな感じに走れるか楽しみにしています。

*********************************************

なんで、wiggleでこのタイヤを注文したと、クリアランスの対象で購入価格が1本250円も値下がりするのでしょうか。
wiggleで買うと、なぜかその後に安くなります。(笑)

でも、日本で買うよりかなり安いので、「ま、いいか。」と思っています。

コメント

ホット・ディールズ・ハワイ。フーターズハワイで40ドル分の利用が20ドル。

2011年10月27日 07時15分14秒 | ハワイ

今朝、メールを見ていると、「Hot Deals Hawaii」からメールが来ていました。

「こんなの登録したっけ(たぶんしているのでしょう)」と思いながら、メールを見ると、「Today's Deal: $20 for $40 to use at Hooters Honolulu」というオファーでした。

「Hooters!」。(笑)

男の子なら気になるお店です。(笑)

せっかくひとりでハワイに行くので、「これも、いいかも!」と思っておりましたが、詳しく見るとこのクーポンは「1回の利用につき」とあるので、とてもひとりでは40ドルはムリです。

しかもアルコールは対象外とのこと。

もし、複数人で行かれるのであれば、おすすめです。
あと11時間のオファーですので、お早めに。

場所はアロハタワーにあります。

コメント

The Modern HonoluluのHotwireでの星が変更か?

2011年10月26日 07時13分19秒 | ハワイ予約・プライスライン

昨日の記事で、HotwireでThe Modern Honoluluを5星の画面ショットを掲載しましたが、けさ見たところ、4星に変更されているようです。

「お気に入りのホテルか?」と喜びましたが、「tripadvisor」の口コミでの評価が5段階中3.5だったので、The Modern Honoluluであると判断しました。
ちなみに、お気に入りのホテルは評価4です。

Hotwireのtripadvisorレートはホテルを推測するにはとってもいいヒントになります。
もしかして、ほとんどのホテルを、tripadvisorのレートで確認することができるのではないかと思っています。

それから、プライスラインの価格をおおよそ推測して、狙ったホテルを安く予約することができるかもしれません。

コメント

ハワイオアフ島のプライスラインの価格、MarinaのRESORT - Modern Honolulu $100/night !

2011年10月26日 06時50分40秒 | ハワイ予約・プライスライン

昨日の朝に書いた記事と同じような結果が、Bidding For Travelに投稿されていました。

RESORT - Modern Honolulu 11/23 - 11/29. $100/night

The Modern Honolulu

Hotwireで114ドルだったのが、プライスラインで100ドルで落ちたそうです。

これは安いですね。

ただ、僕はこのホテルではないホテルにプライスラインで安く落札して泊まりたいと思っているので、この結果は僕をちょっと落胆させました。

このホテルに泊まるのも、よい経験かもしれませんが・・・。

コメント

プライスラインのマリーナエリア、新しいホテルが・・・。

2011年10月25日 06時45分32秒 | ハワイ予約・プライスライン

ハワイの予約で利用している「逆オークション」のプライスラインですが、僕らのお気に入りのホテルがあるMarinaエリアに、新しいホテルが登場しました。

それは、「 ザ モダーンホノルル(旧ザ・ワイキキ エディション)」です。
ランクは「Resort」で、お気に入りのホテルは4星なので影響がないのかと思えば、プライスラインの仕組みで影響してくるのです。

4星を選ぶと、それ以上のクラスは自動的にチェックがされるようで、アップグレードされちゃうのです。
「ランクが上がるのなら、良いでしょう」ということだと思います。

しかし、僕のように、そのランクにお気に入りのホテルだけ存在する状況においては、ありがた迷惑です。

ただ、新しいホテルの値段設定が高ければ、落札に応じることはないので良いのですが、僕のお気に入りのホテルより値段設定が安くなると、そこが落ちてしまうのです。

プライスラインの価格調査サイトとして使っている「Hotwire」で見ると、なんと110ドル(プラスフィーと税)なのです。
この価格なら、プライスラインで90ドル台というのもありそうです。(Hotwireの1割から2割安くらいがプライスラインの価格ということが多い)



新しいホテル ザ モダーンホノルル(旧ザ・ワイキキ エディション)、オフィシャルサイトでは259ドルからの設定になっているので、このホテルに泊まりたいというのであれば、Hotwireのレートでもかなりお得です。

このエリア、Resortのもうひとつのホテルがヒルトンハワイアンビレッジになるので、もしかしたら、その可能性もありますが、いままでのチェック歴のなかでは、それはなさそうです。

もし、このホテルになっても良いということで、プライスラインに入札をしつづけるか、もしくは、少々お高くても他のサイトで予約を入れるか、昨日に書いたように、まったくゼロベースでハワイステイを考えるか、悩んでおります。

コメント (2)

お気に入りのホテルにするか、お安いホテルにするか。そして、新しいこと、なにかしたい。ハワイ一人旅。

2011年10月24日 20時05分49秒 | ハワイ予約・プライスライン

ハワイのホテルで悩んでいます。

それは、「お気に入りのホテルにするか、お安いホテルにするか。」です。

「一人なら安いホテルで充分」というキモチと、「一人だからこそ、お気に入りのホテルでスタッフとコミュニケーションを取りながら楽しく滞在する」というキモチの2つがあるのです。

僕がお金を気にしないで使える立場ならこんなことを考えることはないのですが、そういう立場にはまだなっていないので、悩んでいます。

プライスラインでお安く予約できればいいのですが落札できないので、お安いホテルに泊まる可能性も高いです。

でも、お安いホテルといっても、悪くはないところなので、それもいいかと思っています。

一人のハワイ、もしかしたら、いままでにないこと、ゼロベースでハワイ旅行を考えることもおもしろいのかもしれません。

ベッド&ブレックファースト(B&B)みたいなところに泊まるとか、カウアイ島で自然だらけなところに滞在するとか。

なんか、新しいことがしたいですね。
せっかくなので。
コメント

JAL国際線のバッグサイズ、ちょっとオーバーしても大丈夫かな?

2011年10月23日 11時32分09秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

ハワイにクロスバイクを持っていこうと計画しています。
当初は折りたたみ自転車を持っていこうかと思いましたが、自転車のパフォーマンスを考えると、クロスバイクかロードバイクがいいのです。

しかし、預け入れ荷物にならないサイズでは、持っていけません。

そんななか、「Scicon Travel Basic Bike Bag」というケースを発見しました。
飛行機の荷物にするには素材的に薄そうですが、それはパッキングでなんとかしたいと思います。
また、フルカーボンのロードバイクはやめて、アルミのクロスバイクにすることにしました。

しかし、JALのサイズ制限(3辺の合計)が203センチなのですが、この製品は219センチです。

16センチくらいなら、大丈夫かなと思っているのですが、だめだったら成田空港から宅急便で送り返せばよいかなと思っています。

どなたか経験された方はいませんか。
普通はいないか。(笑)




コメント

ハワイのスポーツイベントMagic Island Biathlon、申し込みました。

2011年10月22日 08時36分15秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

Magic Island Biathlonにメールで申込書を送りました。
受理されているわけではないので、少々不安ですが、これでハワイの最終日にハワイのスポーツイベントに参加することがきまりました。

ラン5キロ、スイム1キロと、たいした距離ではありませんが、全力を出したいと思います。

このくらいの距離だと、未知の世界というわけではないので、安心して参加できますね。

また、スイムがアラモアナビーチなので、波もなく気持ちよく泳げそうです。

波があるところで泳ぐのは、本当に大変ですからね。(苦笑)

楽しみです!
コメント

マジック・アイランド・バイアスロン2012、申し込み方法がこんなに・・・・!

2011年10月21日 21時12分50秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

マジック・アイランド・バイアスロン2012に参加しようと思い、インターネットのスポーツ申し込みサイト「Active.com」で検索しました。

しかし、検索できませんでした。

結論は、Active.comでの申し込みがなかったのです。

日本からの申し込み方法は、スポナビハワイで申し込みができます。

しかし、「現地のスポーツイベントを現地の人と同じように申し込みたい」という希望があります。

直接申し込みを行うには、マネーオーダー(スーパーマーケットやコンビニエンス・ストアでお金を出して買う小切手みたいなもの)かチェック(小切手)で支払う必要があります。

日本からは、どちらもムリです。
唯一、インターナショナル・マネーオーダー(国際送金為替、国際郵便小切手)で送る方法がありますが、手数料が2000円かかります。

この参加費は25ドルです。

スポナビハワイさんで5,000円を払って申し込もうか、5,000円ならやめようか、また、他の方法を考えようかと思っていました。

そこで、「トラベラーズチェックを送付してよいでしょうか?」とメールを送ることにしました。
今朝、英語でメールを送ったところ、数時間後に返信がありました。

「Download application form, fill out and email to me. You can pay with cash at day of race.」と。

グレイトです。

明日、お礼の言葉と申込書をメールで送ろうと思います。

バイアスロン、がんばります!(スポナビハワイさん、また、自分で申し込んじゃいます。すみません。)



コメント

マジック・アイランド・バイアスロン2012、参加しようか迷っています。

2011年10月20日 06時36分03秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

マジック・アイランド・バイアスロン2012」という、ラン5キロとスイム1キロのレースがあります。

僕のハワイ渡航期間なのですが、帰国日に開催されます。
開始が早いので、フライトには余裕で間に合いますが、帰国日当日というのが少々気になっています。

「参加するでしょう?」と聞かれると、「かなりその気になっています」と言ってしまいそうです。

ハワイのスポーツイベントでもらうTシャツが、僕にとって良いお土産になっているので、それをもらうだけでもよさそうです。

コメント

ハワイのホテル価格チェック、外出中でも。

2011年10月19日 07時02分38秒 | ハワイ予約・プライスライン

ハワイのホテル予約は、予約時期によっても価格の変動があるので、定期的にチェックしています。

価格の規準としているのは「エクスペディア」です。

昨日、iOS用のアプリがあることに気づき、さっそくiPod Touchにインストールして試したところ、これがかなり便利であることがわかりました。

もしかしてパソコンで検索するより便利かもしれません。
ただ、実際に予約をする段階には、キーボードがあるパソコンのほうが便利かもしれません。

検索スピードも速いですし、ホテルの写真(小さいですが)でて、検索結果をも見やすいです。

コメント