KYO‐Gのコラム

大好きなハワイ、トライアスロン、ロードバイク、サーフィン、スキーその他興味があること、そして単なる日記(笑)を書きます。

ハワイのレンタカー事情、その2。ハワイ旅行2014年7月。クルマがない!

2015年04月12日 07時46分15秒 | ハワイ旅行2014

記事「ハワイのレンタカー事情、その1。ハワイ旅行2014年7月。の続編となります。

あれからもう5ヶ月も経ってしまっているんですね。

さて、「その2」はどんなことになるやら・・。

************************

2日間のオープンカーは、初めてのオープンカーということで、かなり楽しめた。

1日15ドルでコンパクトからオープンカーにアップグレードしたので、お得な感じがした。

さて、今日は1週間のメインのクルマを借りる日だ。

例年のように、朝の活動を終え、ホテルでゆっくりと朝食を食べて11時すぎにホテルを出て、ダラーレンタカーのカラカウア営業所に家族で歩いていく。

日差しが強い。
今日はちょっと湿度が高い気がする。

かなり太陽の位置が高くなってきた。
自分の影がとても小さい。

そういえば6月くらいにはほぼ影がなくなると聞いたことがある。

ゆっくりと歩いたので、12時近くに到着した。

この時間になると、ダラーの行列のなくなり、5名くらい並んでいた。

僕は順番になるのを待った。

30分くらい経った後に、カウンターで予約票を見せた。

「いまクルマがないので、クルマが返却されるまで待つか、1日25ドルの追加料金でオープンカーかジープを借りることが出来ます」という。

また、クルマがない。

いままでなら、追加料金はなしで借りることができたのに、今年は追加料金を取られるのだ。

それにしても1日25ドルとは。
オープンカーのときは15ドルだったのに。

「予約したのにクルマがないのは、そちらのせいではないのか?」というも、「予約だけで代金をもらっていないのに、来るか来ないかわからない予約のために列に並んで待っている人に貸さないことはできない」という。

なんども同じことを言ってみたが、係の人は折れなかった。

ならば値切ろう。

25ドルで7日だと175ドルだ。
約2万円になる。

今回は節約しようと、ミニバンではなくフルサイズにしていた。
その節約もこの強制有料アップグレードにより高くなる。
許容できるのは10ドルくらいだ。

「10ドルではどう?」というも、「25ドルの追加か、クルマが来るまで待つことになる」という。

しかたない「じゃあ15ドル(前回と同じ)ではどうか」と言った。
でも、回答は同じ。

「私に決定権はない。マネージャーに言ってくれ」という。

「電話か」。

僕は電話で英語を話すのは苦手だ。

仕方ない。妻を呼ぼう。

カンタンに状況を説明してから、ダラーのマネージャーに電話をつないでもらった。

僕が言うことを英語でマネージャーに伝えてもらった。

しかし「NO」だ。

ムスメを見ると、暑そうにしていて「まだ~」という。

クルマを待っている人たちは7グループぐらいいるとの事。
2時間待つのか、3時間なのかわからないという。

並んでいられない。

時間を買おう。

「25ドルでいい」としぶしぶ伝えた。

「やれやれ」という感じで係の女性は手続きを進めた。

彼女に非はないと思う。
業務に忠実だったのだろう。

1日25ドルプラスでジープを借りることにした。

「予約時にお金を払う予約方法ならクルマをキープするのか?」と訊いたが、僕の英語がヘタだったのか聞きたいことの回答はもらえず、「途中でクルマがあれば変更できる」と言う。

「その場合はその後の追加料金は発生しないのか」と聞くと、「そうだ」と言った。

そりゃそうだ。
乗っていない分の料金を加算されるのはおかしい。

これはすごい情報だ。

帰りがけにクルマを替えればいい。
夕方には絶対といっていいほどクルマが戻っているからだ。

僕らはジープに乗ってエアコンをがんがんにした。

この太陽が高い時間に、来るかこないかわからないレンタカーを待つのはキツい。

待っている日本人の観光客はそちらを選んだ。
僕は25ドルの追加を選んだ。

価値観だと思う。

さて、冷たい飲み物と食事をしにいこう。
ワードセンターで買い物もする。

僕は、先ほどの不機嫌なカウンターの女性とは違った明るい係員に、ジープの幌の開け方を説明してもらった。

ジョークを交えて説明してもらい、ちょっと気分が明るくなった。




食事をして、買い物をして、ちょっと観光をしてホテルに戻る時間になった。
ダラーレンタカーに行くと、たんまりとクルマがあった。
もちろん、僕らが予約していたクラスのクルマもある。

カウンターに行き、状況を説明した。

「もしかして日本語できます?」と訊くと、「はい」といって流暢な日本語(というか日本人)で話し始めた。

いきさつをカンタンに説明して対応をしてもらった。

「ガソリンを入れますので、ちょっとまっててください」といわれ、僕らのクルマは道路向かいのガソリンスタンドに入っていった。

今日の分25ドルが追加されたど、乗ったことのないジープに乗れた(でもジープはもういいかな)し、悪くなかったか。

フルサイズのレンタカーに乗り、ハワイのラジオ局KINEを流した。

静粛さ、乗り降りのしやすさ、ジープにない心地よさを感じながらホテルに戻った。

ダラーレンタカーで待っている人たち、どれくらいの期間を借りるかわからないけど、「途中でクルマの変更可能だよ」と言ってあげればよかったかな。

コメント

ハワイのレンタカー事情、その1。ハワイ旅行2014年7月。

2014年11月08日 05時40分20秒 | ハワイ旅行2014

ハワイのレンタカー、繋忙期のダラーは時間厳守で。」という記事を書いてからひと月も経過してしまいました。

やっと落ち着いて書ける環境ができました。

(ここからは、以前のハワイ日記形式で)
*****************************
滞在2日目、今日はレンタカーを借りる。

以前は、ハワイに到着と同時にホノルル空港の近く(以前は敷地内にあったが移転)にあるレンタカー会社でクルマを借りて、そのまま帰国日まで借り続けていたが、今回はワイキキで借りることになっている。

早朝に起きて、まずはサーフィンに行く。

レンタカーを借りる場合、「できるだけ早くに借りて、返す日にはできるだけ遅く返す」という方が多いのではないかと思う。

僕もそれがいいと思うが、早朝にやることがあるので、その予定を優先させている。

波に乗りに行くのはハワイに滞在しているときだけで、日本にいるときはサーフィンはしていない。
以前はボディーボードで波に乗っていたが、それも日本ではしなかった。

いまのところ、ハワイでやることの優先順位NO1がサーフィンだ。

ホテルからポイントまで30分くらい歩く。
それもよい散歩となっている。

ロングボードをアタマの上に乗せて、ポイントまでてくてくと歩いている。

ハワイの朝はきもちいい。
早朝の散歩は、「お、朝早いねぇ」という感じで、挨拶をしてくれる人が多い。

日中はあまりいないのではなかと思う。

そんな感じでサーフィンに行く。

その後はロードバイクでサイクリングに行く。

おっと。
このままではその日の日記をそのまま書き続けることになるので、これくらいにしておこう。

サーフィンとか、ロードバイクについての日記は、また別の機会に書きたいと思う。

それらの、僕の貴重な朝のアクティビティを終えてホテルに戻る。

家族での行動に移ろう。

ホテルからカラカウア通りにあるダラーレンタカーまでは、歩いて20分くらいである。
もっとも、10歳のムスメの歩く速度にあわせているので、僕だけならもう少し早い。

時間は11時をまわっている。

先ほど、「レンタカーを借りる場合、できるだけ早くに借りて、返す日にはできるだけ遅く返すのがいい」と書いたが、僕らは11時くらいの時間にクルマを借りに行くことが多い。

なぜなら、「10時くらいまでのカラカウアのダラーは、激しい混雑で借りる手続きに、非常に時間がかかるから」である。

11時くらいに行くと、待っても長くて30分くらいである。

あと、ちょっとセコいのだが、「それくらいの時間に行くと、安めのグレードのクルマがなくなり、そのランクで予約をしているとかなりの確率でアップグレードされた」という経験があり、それをちょっと期待しているところもあった。

カウンターで手続きを始める。
「予約したタイプのクルマがないので、(来た来た!)、15ドル/日でオープンカーはいかがでしょうか(あれ?)」という。

「お金がかかるのですか?(英語です)」と訊くと、「そうだ」という。

オープンカーに乗ってみたかったので、1日15ドルならいいかと思った。
そもそも、今回のレンタル日程は2日なのだ。(7日以上滞在なので、借りる日程を分割している)

「ガソリンがマンタンではないので、給油をしてくる」と言われて、引き渡しまでちょっと時間がかかった。

ダラーカラカウア店の給油は、道を挟んで向かいにあるガソリンスタンドで入れている。

近くて便利。

初めてのオープンカー。

開け方と閉め方を教えてもらった。
クルマのメンテ(掃除とか)をするタトゥがびっしり入ったスタッフが、無愛想に操作した。

ラジオをKINEハワイアンミュージックステーションにチューンして、ハワイアンミュージックを流した。

いい感じだ。

さて、どこまで行こうか。



***************************


ハワイのレンタカー、繋忙期のダラーは時間厳守で。」では、トラブルと書きましたが、その詳細はその2以降で。(笑というか、笑えない?)

オープンカーでのドライブについては、別の記事で書きたいと思います。

コメント (2)