KYO‐Gのコラム

大好きなハワイ、トライアスロン、ロードバイク、サーフィン、スキーその他興味があること、そして単なる日記(笑)を書きます。

3ナイ運動実施中

2008年11月30日 08時53分33秒 | 日記
新聞、インターネットのニュース、テレビ、雑誌、人の話題などでも、現在の社会情勢のことを否定的に言っているケースが多いです。

マスコミの方はどちらかといえば否定的な物言いで不安感を煽(あお)り、人々の注目を集めて購買してもらう傾向があります。
これは商売なので仕方ないと思いますが、手に負えないのが「話題」です。

それは仕事の関係だったり、知人だったりしますので、「そんな話は聞きたくない!」なんて言うこともできず、聞き続けることになるのです。
あやまってツボを押さえたりするとたいへんです。
「できない、景気が悪い、だれが悪い、環境が悪い・・・・・」というようなネガティブワード(悪い言葉ですね)を延々と聞かされることになります。

これはキツイです。

僕はできるだけネガティブワードを使わないように注意をしているので、このような言葉が非常に気になるのです。

あらためて「3ナイ運動実施中」と意識したいと思います。
この「3ナイ運動」とは、ネガティブなものを「見ナイ、聞かナイ、言わナイ」ということです。(どこかのサルのようです。笑。ん、ちょうどいいので買いにいこうかな!)


このお猿さんのことが気になって、調べてしまいました。
「三猿-さんざる-の物語」というもので、「子どものときは悪いことを『見ザル、言わザル、聞かザル』」という意味だそうです。(参考:日光観光協会日光東照宮


子どものときだけでなく大人になっても『見ザル、言わザル、聞かザル』にした方がよいことって多いと思います。


「ネガティブワード」で検索してみたら、参考となる記事がありました。
独立道場てっぺん、大嶋啓介超元気スタッフ続々育成術!


コメント

マクドナルド、レジ袋を紙袋に

2008年11月29日 06時39分02秒 | 時事・ニュース
マクドナルド、レジ袋を紙袋に CO2削減めざす(朝日新聞) - goo ニュース

マクドナルドでバリューセットを持ち帰りにする場合の過剰包装がとても気になっていました。
そうかといって、その過剰包装ではないと持ち運びに不便なので断れませんでした。

このニュースを見て、「マクドナルドも過剰包装に気づいていたんだ」ということがわかりました。
これによりCO2の削減はもちろん、コストの削減が可能であれべ利益につながるのでがんばって欲しいと思います。


― 包装ゴミ減量へ新たな一歩 ―
マクドナルド、12月より、簡易包装を開始
全国約3,700店で持ち帰り用レジ袋を全廃へ

コメント

出版社が編集する百科事典が無料。執筆に責任を持つ編集の百科事典では日本初!

2008年11月29日 06時22分37秒 | 勉強・知識
正確な知識を得るために、ソフトウエア版の百科事典を2つ購入しています。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2009

ロゴヴィスタ

このアイテムの詳細を見る


エンカルタ 総合大百科 2009 (Amazon.co.jp購入者対象:その場で1,000円割引き)

マイクロソフト

このアイテムの詳細を見る


買ってからさほど経ちませんが、ムスメの質問や自分が興味を持ったことを調べるのに重宝しています。

今回ご紹介するのは、出版社が編集する百科事典が無料で使えるというモノです。

Yahoo!百科事典

ソフトを購入しているので少々衝撃的でしたが、持っているソフト2つにプラスでもうひとつ百科事典が増えて3つ体制となり、同じ事柄を3つの百科事典で確認することができます。

使っている2つの百科事典を比較すると、項目によって説明の文章量が違ったり、マルチメディアの内容が違ったりと、質という面で差があります。
そのため3つの百科事典で調べられるというのは、知識の正確さというか内容の把握度が高まると期待できます。

「そんなに必要ない」という声も聞こえそうですが、知識の習得(知らないことを知ること)ってかなり楽しいです。
人に教えられると素直に聞けないという場面がありますが、自分で調べると「すっ」と入っていきます。


以前では数十万円を払って購入していた百科事典が無料で使える時代となりました。
「昔はよかった」的なことを言う方がたまにいますが、僕はいまの時代が好きです。


購入した百科事典でおもしろいと思うのは「エンカルタ」です。
マルチディアの数や編集の仕方が工夫されていて、ソフトを起動しているとさまざまな項目を見てしまいます。

購入の価値ありですよ。

コメント

サーチャージ値下げで、値下げまでのツアーが破格放出か?

2008年11月28日 05時43分50秒 | ハワイ
燃油サーチャージの値下げが発表されました。
値下げをすることが決まっているのに、今の価格で旅行商品を購入するひとは少ないと思います。
そうなると、旅行商品が販売できない旅行代理店経営は苦しくなると考えますよね。

やはり販売が低迷しているのか、大胆な値下げを仕掛けているようです。
メールで案内が来たものをご紹介します。

(以下抜粋)
キャンペーン期間中、対象の海外パッケージツアーをJCBトラベルデスクにお申し込み・ご参加のうえ、JCBカードで旅行代金をお支払いいただくと、J-Basketメンバー様に限り、燃油サーチャージ相当額の30%分を割り引きいたします。

お申し込み期間:2008年11月20日(木)~2009年1月19日(月)
ご 出 発 期 間:2009年1月1日(木・祝)~2009年3月31日(火)

【対象商品】
下記旅行会社のご案内する海外パッケージツアーが対象です
●ジャルパック  :I’ll(アイル)、AVA(アヴァ)
●ANAセールス:ANAハローツアー
●日本旅行:マッハ、ベストエクセレント、ベスト
●阪神航空:フレンドツアー
●阪急交通社:トラビックス
●アールアンドシーツアーズ:nwaワールドバケーションズ、コンチネンタルエアラインズホリデイズ、ウィッティ
●グローバルユースビューロー:GLOBAL      
●クラブメッド
(抜粋以上)

どうでしょうか。
現在のサーチャージ価格の30%を負担するというオファーなのです。
これなら、値下げ後の価格とあまり変わりはないと思います。

「旅行は行けるとき行っておく」ことが重要だと思っていますので、もし、この時期に休みが取れる方は、この機会に行くと良いと思います。

その他の旅行代理店でも、ハワイ5日間で8万円くらい(サーチャージ込み)でパックツアーを設定しています。(参考:JTB
かなり安いので、こういうモノも良いかもしれませんね。



コメント

荒川市民マラソン、受付終了!

2008年11月27日 06時47分26秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

荒川市民マラソンの受付が終了しました。
昨年と比較して1ヶ月くらい早くなったようです。

東京マラソンの落選メールに荒川市民マラソンの案内があったので、たくさんの人が移行したと考えられます。(参考:東京マラソン落選。そして・・。

上記の参考にあるブログを書いた3日後の申し込み数が「平成20年11月11日現在 お申込人数 6380人(2008/11/11)」とあるので、その日から定員の15,000人までひと月かからず申し込みがあったことになります。


東京マラソンに負けず劣らず、人気が高いマラソン大会ですね。
この大会に楽しく参加するために、きっちりとトレーニングをやっていこうと思います。




コメント

Google Mapを公開していました。

2008年11月26日 07時52分05秒 | メール・インターネット・その他IT関連
個人情報が公開されて問題になっている「Google Map」ですが、僕も公開の設定になっていました。

作成したMapには個人情報の記載がない「ハワイ オアフ島のロスドレスがある場所」なので問題はありません。(笑)

初期設定を「公開」の設定にしていたのは、Googleのミスだったと思います。
Googleはあまりにも一般に広く利用されインターネットの知識が少ない人も利用していることから、初期設定を変更して利用する層でない人がほとんどなのです。

また、個人情報の削除申請をしてから完全削除まで数週間程度かかるということらしいのです。(クラウドコンピューティングが影響しているようです)

いま一度、利用しているWEBサービスの設定を見直す必要がありますね。


コメント

マウイマラソンの申し込みは、今月中に!

2008年11月25日 18時58分04秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

マウイマラソンの事務局からメールが来ました。

「今月中に申し込みをすると、60ドルで申し込みができる」ということです。
時期がたつと高くなってきますので、走ることを決めた方は申し込んではいかがでしょうか。

マラソンのスイッチが入り、トレーニングも気合が入ると思います。

コメント

ハワイ旅行日記「マウイマラソンとニコスピア、砂遊びとプール」5日目を書きました。

2008年11月24日 10時10分35秒 | ハワイ

ハワイ旅行日記「マウイマラソンとニコスピア、砂遊びとプール」5日目を書きました。

前回4日目を書いたときから1ヶ月も経過しているんですね。
時間がたつのは早いですね。

ハワイ旅行から2ヶ月になりました。
ずいぶん遠くのような気がします。

ハワイに行きたい!

ホームページ「ハワイ個人手配旅行ガイド」よりアクセスしてください。
トピックスからでも旅行日記のどちらからでも、たどり着きます。
コメント

寒い時期のジョギング。

2008年11月24日 08時38分22秒 | マラソン・自転車・スイム・トライアスロン

先ほど走ってきましたが、寒かったです。
走っている人の数も、数週間前と比較して少なくなってきている気がします。
これからどんどん寒くなってきて、早朝に走るひとは常連さんだけになるんですよね。

春や秋は一見さんが多いのですが、真夏と冬は走っている人のほとんどは定期的に走る人です。(歩いている方もいます)

これからの冬(僕は修行期間と読んでいます)をどれだけ走るかによって、春以降の体重とカラダのキレに影響してきます。


2月にはハーフマラソン、3月には国内初のフルマラソン(国内初マラソン!といってもマウイマラソンを2回走っただけだからです)に参加しますので、きっちりとトレーニングする必要があります。

このように目標を設定してやる気というか意気込みはあるのですが、いざ朝起きたときに寒いとココロが萎えるんですよね。
(走った後はカラダがほかほかになって悪くはないんですが、そうなるまでが・・。)

ハワイに行きたい。
そうすれば短パンとTシャツで走れます。


コメント

調べるクセ。

2008年11月23日 09時33分57秒 | 勉強・知識
子供用のビデオなどを見ていると、「このコトバはどういう意味?」とムスメが聞いてきます。
以前は自分が知っている知識で話していましたが、最近では辞書を引くようにしています。

辞書は広辞苑ですが、分厚い本タイプではなくてパソコンのソフトです。

質問されてその解答がすぐにわからない場合は「調べよう」と言っているので、ムスメもわからないことがあると「XXってなに?調べて!」と言うようになりました。


広辞苑 第六版 DVD-ROM版~動画・画像・音声付き

ロゴヴィスタ

このアイテムの詳細を見る


ムスメの質問だけでなく、このブログを書くときやインターネットや本を読んでいる時にもこのソフトウエアの辞書を引くことが多いです。
そのとき自分が使っている言葉が、本来の意味ではないことがあります。

これは怖いですね。

会話で使ってしまう場合に相手に伝わっている意味が、僕が伝えたい意味とは異なってしまっている可能性があるからです。

話が上手な人のスピーチを聞くと、平易な言葉しか使っていないことに気づきます。
すべての人が理解できるように、そして誤解をしないように配慮しながら話をしているのでしょう。

僕も、そのように平易な言葉で話せるようになりたいと思っています。


外出中などのPCの無い環境で辞書を使いたいと思ったときは、ケータイに辞書が入っているのでそれを使っています。
以前は電子辞書を持っていたのですが、ケータイを購入したときに入っているので持って歩くのをやめました。

テーブルがある場所では、イーモバイルのEM-ONEを使っています。
画面が大きくて便利です。(ちょっと重いですが)
インターネットに接続してウィキペディアで調べたりもしています。



便利です。

調べることより考えることが大切なので、調べることだけで終わらせずにそこからなにかを発想することを心がけています。

コメント

人を動かす。

2008年11月22日 20時18分42秒 | 日記

久しぶりに「人を動かす」を読みました。
前回に読んだのが昨年の2月11日でした。(参考:出張、移動時間に読む本。

人を動かす 新装版
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
創元社

このアイテムの詳細を見る


名古屋に出張で行ったとき、新幹線の中で読みました。
この本は何回も読んでいるのですが、新しい発見があります。
そして、「自分の振る舞いを改めよう」と決心します。

この本は本当にすばらしい本だと思います。
対人関係の本でこれ以上の本を見たことがありません。

おそらく、1年後くらい経過したときに、新幹線の中で読むのだろうと思います。

おすすめです。
コメント

趣味はハワイ

2008年11月21日 07時33分22秒 | ハワイ

日経のサイトを見ていたら、大人の趣味に絞ったサイトがあるのに気づきました。

G-Style

大人の趣味は「ゴルフ、バイク、自転車、サーフィン、ハワイ、釣り」のようです。

「ハワイ?」

「ハワイも趣味になるんだ」と思いました。
堂々と、「趣味はハワイです」とこれから言おうと思います。

コメント

約束、守れますか?

2008年11月20日 06時54分53秒 | 気づき・アイデア

昨日、名古屋へ日帰りで出張しました。
朝早く家を出て、夜遅くに帰宅となる仕事でした。

起きる時間はいつもと変わらない(もともと早起きをするようにしています)のですが、「絶対に遅れられないので、ちゃんと起きなければ」という義務感から緊張します。

そして朝、時間通りに目覚まし時計を使わずに起きることができました。


このような「仕事で絶対に遅れられない」という状況は確実に守ることができるのですが、いざ、自分の予定となると守れないことが多々あります。

寝坊したり飲みすぎてジョギングのスケジュール通りに行動できなかったり、英語の勉強をしなかったり、(休日の)行動予定を立てても意識しないで行わなかったりと、自分自身で完結する約束については守らないケースが多いです。

ここなんでしょうね、一流といわれる人との違いは。


少しは自分に甘いところがあっても仕方ないと思いますが、その程度をどんどん上げていくことが僕には必要なようです。

今日もジョギングの時間に起きられなくて、反省しながらこの文章を書いております。(笑)

約束を破らない方法があります。

それは「約束をしない」ことです。

しかしそれではなんの意味もないので、適度(少々挑戦が必要)な約束を自分として、それを達成するようにしたいと思います。

コメント (2)

電子渡航認証システム(ESTA)とは

2008年11月19日 05時35分07秒 | トラベル

前回ハワイに行っていたとき、空港である案内を受け取りました。
それは「電子渡航認証システム(ESTA)」についての説明でした。

(米国大使館のサイトから抜粋)
米国国土安全保障省(DHS)は8月1日より、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)を開始した。この新しいオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部である。現在、ESTAのウェブサイトでは任意ので申請を受付けているが、2009年1月12日からは申請が義務化され、米国に短期商用・観光目的(90日以下)で渡航予定のVWP参加国のすべてのビザなし渡航者は、米国行きの航空機や船舶に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けることが必要になる。(抜粋以上)

調べてみたところ「インターネット以外の認証方法」がないようです。
通常インターネットを使っている人は良いと思いますが、年配の方とかはインターネットを日常的に使っていない人は困りそうです。

インターネット以外の認証方法をつくらないところが、これからのITが向かうところがわかるような気がします。

Q&Aで「ESTA申請が認証されるまでにどのくらいの時間がかかりますか?」とあります。
(回答)
ESTAは、可能な範囲内で、渡航者がVWPで渡米する条件を満たしているかをほぼ即座に判定します。ESTA申請の回答には、認証、保留、拒否の 3種類あります。認証された場合は、VWPでの渡米が可能です。ESTA申請が認証されなかった場合は、ビザ申請手続きについて国務省のウェブサイト(www.travel.state.gov)で情報を得るよう案内されます。保留の回答を受けた申請者は、最終回答を受取る前にウェブサイトで最新情報を確認する必要があります。最終回答は72時間以内に受けとれることになっています。(以上回答)

ここで「最終回答は72時間以内」とありますので、少なくとも72時間前には申請しないといけないようです。


2009年1月11日までは任意(2009年1月12日からは義務化)の申請となりますが、早めの申請をしておいた方が良いようです。


(参考:米国への渡航に際し、必要な電子渡航認証システムの手続きに関して(ESTA導入)【重要お知らせ】:JALのサイトより)
コメント

クールなエレベーターボーイを目指して。

2008年11月18日 06時53分49秒 | マーケティング・サービス

エレベーターに乗るとき、どのように振舞いますか?

たいていの場合、エレベーターの扉が開くとそのまま乗り込み行き先のボタンが点灯していなければそれを点灯させるという回答だと思います。

僕の場合、なんらかの障害がなければ操作するボタンの前に位置取り、人が降りる時には「開く」を押すなど、積極的に操作しています。

なぜかというと、こういう操作はだれかがやらなければならないのですが、だれもやらないエレベーターに乗ってしまうことがあったからです。

先に乗った僕はエレベーターの奥の方にいたため、それを見続けることとなりました。
多くの人が降りるときにだれも「開く」のボタンを押さないので、扉が閉まりかけたりしていたのです。

そしてあるときエレベーターに乗った時、的確なボタン操作を行い自分が降りる(下りでした)1階では、すべての人が降りるまで「開く」ボタンを押し続けてスマートに降りていきました。(僕は先に降りたのですが、気になって見ていた)

そこで、僕もそれに倣(なら)い、エレベーターに乗るときは可能な限りこのような操作を行おうと思っています。

いざ実践してみると、あることに気が付きました。

「エレベーター内での振舞いに気をつける人と、まったく無関心な人」がいることです。

前者は志(おおげさ)が同じからか、操作している人に一礼してから降りたり2ヶ所にボタンがあれば僕と反対側のボタンで操作しています。
僕とその人が最後に降りることになるのですが、しばらく譲り合いが発生します。
その場の雰囲気で先に下りるか最後まで残るかを決めます。(ニコヤカな場になります)

無関心な人は、「我が物顔」で振る舞います。
こういう人は年齢にかかわらずいます。
若くてもご年配でもです。

見ていて、このような振る舞いは、あまり格好よくはないですね。


自分の振る舞いが「スマート」とか「クール」というコトバが似合うようになりたいと思っているので、これからも自分の行動について「どうあるべきか」を考えて行動しようと思っています。


コメント