因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

パラドックス定数 第27項『戦場晩餐』

2011-11-19 | 舞台

*野木萌葱 作・演出 公式サイトはこちら 渋谷SPACE EDGE 23日まで (1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13)
 この季節に台風上陸かと思われるほど激しい雨が、SPACE EDGEを容赦なく叩きつける。
 「この劇場は壁と屋根のある野外です」という開演前の野木さんの挨拶は客席へ寒さ対策の呼びかけであったが、今夜の敵は寒さよりもまさかの雨音であった。
 昨年3月の『ブロウクン・コンソート』のときも、電車など外の騒音で台詞の聞き取れない箇所があったが、決定的な妨げにはいたらなかった。俳優が声を大きくすればよいというわけではなく、自分の観劇した夜の回は、外はどうあれ基本的な声量を変えていないと思われ、結果として手ごたえがじゅうぶんとは言いかねる観劇になった。
 多少のアクシデントは乗り越られたそのとき、「この日に観劇してかえってラッキーだった」という思いがけない喜びをもたらす。夏のフライングステージの『ハッピー・ジャーニー』がまさにそうであった。しかし今夜はどうしようもなかった。非常に残念だ。

 政治的な戦争ではなく、日本人と「あちらさん」(中国を想定か)小競り合いが仕返しに次ぐ仕返しで収拾がつかなくなり、戦地と化してしまった東京・渋谷の中華料理店が舞台である。客足はばったり途絶え、注文が来れば地雷や襲撃や自爆テロで死ぬことを覚悟でデリバリーに行く。
 題名の「戦場晩餐」、まさにその通りの物語が展開される1時間55分である。

 近未来を設定した作品はほかにもたくさんある。そのほとんどが、いかにもSF風の小ぎれいな雰囲気を作っていたことを思い出すと、今回の『戦場晩餐』はずっと泥臭い。ほんものの料理がいくつも出てきて、俳優が実際に飲み食いするせいもある。
 しかしそれなのに作者が描いた近未来の日本の様相がいまひとつピンとこなかったのは、自分が平和ぼけしているのだろうか。
 アメリカでは民間人は誰も銃を所持しなくなったのに、この店には武器商人が足しげく通い、料理のデリバリーに地雷や武器を忍ばせていることを疑って刑事も顔を出す。外国人への激しい憎しみや排斥、貧困や文盲(!)が珍しくないことなど、取ってつけたようではないものの、作者が今なぜこの物語を書いたのか、意図をはかりかねた。
 世の中がどうであろうとたやすく影響を受けず、いつも通りのことをいつも以上に淡々と新作を書き続ける作者の姿勢を信頼しているのだけれども。

 これはもはや好みの問題になってしまうのだが、自分としては近未来の様相や作者の脳内の妄想を描いたものよりも、実際の事件をベースにした作品をみたい。作家の筆は勢いよく、しかも安定感があり、劇団員はもちろん、客演ふくめ俳優陣も手堅い。これほどコンスタントに新作の上演が行われていることに驚嘆する。もっと高く、もっと深く・・・とパラドックス定数への要求はとどまりそうになく、激しい雨音を「どうにもならなかったのか」と歯がゆく思うのである。

コメント

wonderland劇評セミナー第5回

2011-11-19 | 舞台番外編

 劇評サイトwonderlandが10月から5回にわたって、フェスティバル/トーキョー(以下F/T)で上演された演目についての劇評セミナーを行った(於:にしすがも創造舎)。
 セミナーの最終回、本日の講師は堀切克洋さん。早稲田大学演劇博物館研究助手で、新進気鋭の演劇評論家である。
 因幡屋はこのF/Tなるものにまったく食指動かず、告白しますと1本もみていない。
 それでも「合評会だけの参加も可」という主催者側のご厚意に甘えて、セミナーに参加することになった。舞台をみないのだから課題劇評も提出せず、完全に「劇評を読む」ところからのスタートである。

 降りやまない雨のなか、講師、wonderland編集部の方々ふくめ9人でセミナーがはじまった。
 対象演目は、高山明のPort B「Referendum-国民投票プロジェクト」と、ジェローム・ベル『ザ・ショー・マスト・ゴー・オン』である。講師の執筆されたものも含めて!事前に提出された課題を無記名で並べ、どの劇評がおもしろかったか、その理由はなぜかを話し合う。その場合、自分の劇評は対象外とする。つづいて今度は反対に「なぜその劇評をおもしろいものとして選ばなかったか」を議論するのだが、自作がどれかをぎりぎりまで明かさないというところが実にスリリング。しかし雰囲気は終始なごやかで堅苦しさはない。

 

 講師・堀切さんのレクチャーの柱は「劇評を書くときに、自分をどう位置づけるか」である。
 自分とみている舞台の一対一の関係で書くものがブログやツイッター、日記であり、客席に存在しているほかの観客を「もうひとりの自分」としてとらえ、複数の視点を考えて書くか、また客席からも少し距離をおいた地点において書くかで、劇評のあり方が変容する。
 文中の「わたし」という主語が、かぎりなく書いた人本人そのものであるか、「わたし」と書きながら自然に(あるいは巧妙に)多くの読み手を「わたし」のなかに取り込んでいくことも可能であり、無記名のコラムやエッセイ風のものであっても、字数や文体に関わりなく、「批評的」な文章として成立し、読み手の需要も確実にある。

・・・批評と感想文の決定的な違いはどこにあるかは常に悩ましい問題であるが、つまりは「わたし」の立ち位置がどこにあるかであろう。舞台をみている「わたし」がこの文章を書いている「わたし」で一貫しているものが感想文であり、そこから「わたし」が消えて、取り上げた対象が浮かび上がってくるものが批評なのでしょうね・・・

 対象演目はいずれも実験的なパフォーマンス風のものであり、戯曲と俳優と劇場という枠組みを壊し、観客を迷わせるものである。自分の嗜好とは正反対で、『国民投票プロジェクト』にいたっては、果たしてこれが演劇といえるのかとも思う。自分がほぼまちがいなく避けて通る分野であり、だからこそ劇評を読むことによって、その舞台について考え、自分がみている限られた舞台だけでなく視座をひろく、深くする可能性が生まれるのだ。

 さらに、掲載される媒体が紙かWEBかによって読み手の集中力が変容することも考慮して書く必要がある。「わたし」の立ち位置だけでなく、読んでいる「あなた」のことも忘れずに。

 本日提出された劇評は、さらなる論考と推敲を重ねて再提出されて来週(←訂正)水曜日にWEBサイトに掲載の由。セミナーでの議論や講師のアドバイスを参考に、ある方は論考をより深く掘り進め、より鋭く切り込み、またある方はより軽妙に筆を躍らせながら懸命に取り組んでおられることだろう。楽しみだ。

 演劇にとって、また演劇をみる人にとって劇評は必要であり、演劇をより深く考え、楽しむことを可能にする大切なものであることを確信できました。
 不勉強者を受け入れてくださった主催者と講師の堀切さんに感謝いたします。
 ありがとうございました。

コメント