goo

Swift, "A Description of the Morning"

ジョナサン・スウィフト
「朝」

あちこちから乗合馬車が出てきはじめて
赤い顔の〈朝〉もやってきた。
召使いのベティはご主人さまのベッドを飛び出し、
こっそり自分のベッドに戻ってふとんをぐちゃぐちゃにする。
徒弟はつっかけで店の前の
道掃除。店の床にはおがくずをまく。
モルも器用にモップをふりまわし、
入口と階段を拭き掃除。
ほうきみたいにガリガリの若い連中は、
鉄くず目当てに車輪跡の溝さらい。
石炭売りのよく通る声が聞こえ、
それを煙突掃除の甲高い声がかき消す。
借金取りが貴族閣下の邸宅の門に集まってきて、
煉瓦(れんが)売りのモルは通りの半分くらいまで届く声で叫ぶ。
羊が羊飼いのところに、人が牧師のところに集まるように、
群れなす囚人が看守のところに戻ってくる、
食費やらなんやらの代金を稼ぎに毎晩盗みに放たれてるから。
寝ずの番の役人は黙ってつっ立っていて、
こどもはかばんをもって学校までだらだら歩く。

*****
Jonathan Swift
"A Description of the Morning"

Now hardly here and there a hackney-coach
Appearing, show'd the ruddy morn's approach.
Now Betty from her master's bed had flown,
And softly stole to discompose her own.
The slip-shod 'prentice from his master's door
Had par'd the street, and sprinkled round the floor.
Now Moll had whirl'd her mop with dext'rous airs,
Prepar'd to scrub the entry and the stairs.
The youth with broomy stumps began to trace
The kennel-edge, where wheels had worn the place.
The small-coal man was heard with cadence deep;
Till drown'd in shriller notes of "chimney-sweep."
Duns at his lordship's gate began to meet;
And brickdust Moll had scream'd through half a street.
The turnkey now his flock returning sees,
Duly let out a-nights to steal for fees.
The watchful bailiffs take their silent stands;
And schoolboys lag with satchels in their hands.

https://www.poetryfoundation.org/poems-and-poets/poems/detail/45266
- 一部修正
- 15行目は日本語では二行

*****
都市版田園詩・農耕詩。

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などはないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Collins, "Ode... Herrick, "Cor... »