銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

携帯彼氏

2011年04月30日 22時24分15秒 | 邦画ホラー
09年/日本/102分/ミステリーサスペンス・ロマンス/劇場公開
監督:船曳真珠
原作:kagen(魔法のiらんど)

出演:川島海荷、朝倉あき、石黒英雄、小木茂光、星野真里

<ストーリー>
真由美が謎の言葉を残して自殺。同級生の里美と由香は、死の真相を探るため彼女の携帯に残された“携帯彼氏”をダウンロードするが…。
<感想>
個人的に今お気に入りな川島海荷ちゃんの作品何かないかと探って、これを鑑賞。
本作を観て新たに気付いたのは、彼女、目が凄く綺麗。
この目のきらめきが可愛さに繋がっているんだろうな。

一度難を逃れておきながら、また懲りずに「携帯彼氏」を始める友人・由香の暴挙ぶりに

「こいつ真正バカやろっ」

と思わず声に出しちゃった。

そんなバカ友の為に身を危険に晒す必要無いよ、海荷ちゃん。
ほっときゃいいのに・・・て、それじゃ映画にならんか。

「携帯彼氏」に登録すると送られてくるのが、アニメじゃなく実写。
その男どもの顔が無茶苦茶キモい。
そんなのに疑似恋愛する女って、ちょっと引くわ~。

「気持ち悪過ぎ・・・」

海荷ちゃんの一言には大きく頷いてしまった。

そんな海荷ちゃんは所謂巻き込まれ役で、勝手にダウンロードされちゃったが為に、死に怯えながらも、バカ友を助ける事を優先に真相を突き止めていく。

ええ子や~。
顔もチャーミングやけど、心もチャーミングやねぇ。

話としてはホラータッチなサスペンス展開だけど、最終的にはラブロマンスものとなっている。

互いに恥ずかしくて言えなかった

「愛しているよ」

その言葉を告げられた事で、助けてくれた先輩が成仏していく所はプチ感動。

「新しい恋に頑張っちゃうぞ!」
と前向きな海荷ちゃんの姿に

俺でよければ

とふと思った事は内密にして頂きたい。

オフィシャル・サイト

参考:
『携帯彼氏(2009)』
『携帯彼女(2011)』

評価:★★☆海荷ちゃんには★4つ進呈
11/04/30DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-04-21
メーカー:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« シュレック フォーエバー | トップ | ON AIR オンエア 脳・内・感... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実写のいい男がそんなでもなかったのがなあ (ふじき78)
2011-05-05 10:09:28
けっこう前に見たんでうろ覚えなんだけど、実写でイケメン使うなら、せめてジャニーズレベルを使ってもらわんと話のリアリティがないですよね。だから今、現実に同じような腐女子向けゲームがアニメ絵で出回ってるのは正しいのだと思う。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2011-05-05 23:05:25
そうですよ。
あの映画ではイケメンと言われている携帯実写ですが、どうみてもブサメンでしょ。

どこがカッコいいねん!

と軽くツッコミ入りましたね。

実際こういうのはプレイした事ないんですが、面白いんですかね?
あ、かなり昔に「トキメモ」をちょこっとプレイした事ありますわww
Unknown (maki)
2011-06-07 11:50:49
意外とよかったですね
ツッコミどころはたくさんありましたが(笑)
「気持ち悪すぎ…」には同感です が
この作品でアニメ画にしたら、それはそれで滑稽かもと思いました
先輩意外はイケメンいませんでしたね~
>makiさんへ (ヒロ之)
2011-06-07 22:40:48
ミステリーとしては割ときちんとしてますし、最後はロマンスに締めくくったりと、大分アイデアを詰め込んで作られた作品にように思います。

海荷ちゃん目的で借りたんですけれど、ダレる事なく観れた事は何よりです。

疑似恋愛するっていうのは自分にはどうにも馴染みないものなので、正直、あの携帯写真にはドンビキしました(笑)。
Unknown (Quest)
2012-05-31 21:51:51
こんにちは。

サスペンスフルなホラーとしてよく出来ていたと思います。特に思春期の女の子が感じるような不安をホラーとして機能させているのは秀逸でした。

川島海荷は『怪物くん』でも印象的な存在感を醸し出していましたね!
美少女という括りですが、この作品で時折見せる大人びた表情を見ると、将来が楽しみな女優さんになるのではと思います。確かに目がきれいですね、吸い込まれそうです(笑)
>Questさんへ (ヒロ之)
2012-06-01 00:08:00
コメント&TB有難うございます。

仰る通りですね。
ホラーとしての出来は良かったように思います。
ただ個人的には野郎どもが気持ち悪過ぎたのが減点ではありましたが(笑)。

海荷ちゃんは凄く好きです。
あの綺麗な目には何時も釘付けにされちゃいます。
汚れの無い女優として成長していって欲しいものですね。
そういえば怪物くんはきちんと観た事がないです^^;

邦画ホラー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

「携帯彼氏」彼氏を転送し続けて辿りついた許されない凶悪事件の真実 (オールマイティにコメンテート)
「携帯彼氏」ケータイ小説総合サイト「魔法のiらんど」で「恋空」「赤い糸」に続く異例のアクセスを記録したケータイ小説でありホラーサスペンスで携帯にダウンロードしたイケメン ...
携帯彼氏/川島海荷、朝倉あき、石黒英雄 (カノンな日々)
原作は魔法のiらんど発のケータイ小説。またケータイ小説特有の悲話盛りだくさんで涙を誘うラブストーリーかなと思っていたんですが、この作品はミステリータッチを加味した純愛サ ...
携帯彼氏 (LOVE Cinemas 調布)
『恋空』、『赤い糸』など女子中高生に人気の同名ケータイ小説からまた一つ映画化。携帯電話の中のバーチャル彼氏“携帯彼氏”をダウンロードした女性が次々と怪死を遂げるサスペンスラブストーリーだ。主演はドラマ「ブラッディ・マンデイ」の川島海荷。共演に『エリー...
携帯彼氏 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。船曳真珠監督、川島海荷、朝倉あき、石黒英雄、小木茂光、星野真里、大西結花、桑江咲菜、落合扶樹、前田希美。15歳の川島海荷の映画初主演のホラー・オカルト・ラブ ...
『携帯彼氏』新宿ピカデリー スクリーン4 (ふじき78の死屍累々映画日記)
もったいないのは絵が安い事。 川島海荷は充分、可愛いけど、もうちょっと可愛く撮れる気もする。 星野真理は疲れてる。浮かび上がる皺が痛々しい。 小木茂光も疲れてる。まあ ...
『携帯彼氏』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
携帯彼氏 [DVD]クリエーター情報なしジェネオン・ユニバーサル 『携帯彼氏』 2009年(日)監督:船曳真珠 ●学園ホラーの傑作にして、ジャパニーズ・ホラーの秀作  「携帯小説を原作にしたアイドル映画だ」と馬鹿にできない恐怖映画の秀作。話の筋やアイディアと...
それでも少女は恋をする 『携帯彼氏』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:船曳真珠出演:川島海荷、朝倉あき、石黒英雄日本映画 2009年 ・・・・・・ 5点
携帯彼氏 (いやいやえん)
携帯で擬似恋愛。それは別にいいんですよ、ラブプラスとか恋愛ゲームとか、色々ありますからね。でも…アニメ画じゃなく実写…。気持ち悪くないのか?と疑問に思う。よっぽどのイケメンさんたちでもないと、なんか色々納得できない。 実際この作品にでてくる携帯彼氏達...