遊木民のアトリエ

物作り、創り、造りの好きな生き物です。

東京土産

2018-09-30 | その他

  お江戸2日目昼食後は各自自由行動。

  私はアメ横へ、アメ横センタービルの地下の食品売り場へ。

  ここはエスニックの食材・調味料が揃っていて楽しいスポットです。

  今回購入したのは生のシャコ。

  帰宅して早速3%の食塩水でボイルして出来上がり。

  冷凍しておいて寿司種にします。

  台湾産のスイカの種。

  ビールのお供に最高です。

 

  その他、地上で購入したのは利尻昆布と棒鱈。

  いも棒は真鱈の棒鱈ですが、真鱈の棒鱈は高価です。

  今回はスケトウダラの棒鱈で我慢です。

  利尻の昆布は昆布締めや、牡蛎の昆布焼き用です。

  

 

  昆布締め   昆布焼き

コメント

藤田嗣治展

2018-09-27 | その他

  お江戸2日目は東京都美術館へ、藤田嗣治展が目的です。

 

  改めて藤田の才能に驚かされました。

  これほど多様な画法と作品を制作した画家はいなかったのでは?

  今まで大規模な藤田展が開かれなかったことが不思議でしたが、

  著作権を管理する未亡人が反対し、図録や画集すら出すことが

  出来なかったことは大変な損失だったと思います。

  今後、藤田の再発見・研究が進むことを望まずにはいられません。

  昼食は3153ビルにある「ねぎし」で牛タンのランチにしました。

 

 

 

 

 

コメント

ミケランジェロ展へ

2018-09-24 | その他

  先日、所用があり家族でお江戸に行ってきました。

  お江戸到着が昼前でしたのでまずは腹ごしらえ。

  東京文化会館内の精養軒へ。

  まずはビール。

 

  私のオーダーは牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。

  満足の逸品でした。

 

  昼食後はミケランジェロ展へ、道路をはさんですぐの近代美術館です。

 

 

  昨年行ったダビンチとミケランジェロ展でも感じたのですが観察力の

  すごさには・・・・。

  制作過程やそのときの時代背景がよくわかり、前回とは別の

  感銘がありました。

  その後、予定の所要をすませました。

 

  

 

コメント

いただき物の佃煮

2018-09-11 | その他

 

  少し前になりますが、お土産に「柿安」の詰め合わせを頂きました。

  酒の肴に、弁当のおかずに、ご飯の友に、何かと便利です。

  Mさん、Kさんありがとうございました。

コメント

縄文展

2018-07-14 | その他



  楽しみにしていた「縄文展」。





  装飾土器のイメージでしたが、その認識が覆りました。


  実用土器としての機能美。


  祭祀用としての土器の神秘さと重厚さ。


  今まで概念としてあった縄文文化を再認識しました。

  
  これはもう一度見てみたい展示です。





  昼食は東洋館の別館にあるホテルオオクラのレストランへ。


  「花籠膳」とかのセット和食にしました。






  昼食後は、法隆寺宝物館で仏教美術を堪能しました。

   
  プーシキン、カメラ博物館、縄文展と満足のお江戸でした。


コメント

プーシキン展とカメラ博物館

2018-07-10 | その他



  先週の週末に家族でお江戸に行ってきました。

  プーシキン展と縄文展を観るためためです。

  両方見られるのはこの週末だけでした。

  まずは腹ごしらえと東京文化センター内の「精養軒フォレスティーユ」で

  1日20食のクラシック弁当を。

  過去2回ほどオーダーしましたがいずれも品切れ。

  今回は11時30分と早い時間だったのでセーフでした。

  タイとホタテと海老のカルパッチョ、ビーフシチュー

  高野豆腐と夏野菜の炊き合わせ。





  東京都美術館





  プーシキン展、印象派の絵画を堪能しました。





  定宿にしているホテルから近い、カメラ博物館。

  内部は撮影禁止でした。

  江戸時代から現代までの実機がすごい数。

  思わず見入ってしまいました。

   
コメント

成田山新勝寺と精進料理

2018-07-07 | その他



  先日、菩提寺の行事に参加して成田山新勝寺に参拝しました。





  お護摩祈祷を受けました。




  
  精進料理を頂きました。




 
  特筆すべきは「大浦牛蒡」です。

  直径15㎝、長さ80㎝の大きさで、この地域でしか栽培できないとか。

  確かに牛蒡は地域と密接に結びついた植物です。

  会津の伝統野菜の「立川牛蒡」も会津坂下町の立川地区でしか栽培できません。

  精進料理の大浦牛蒡の味付けは江戸時代の味その物だそうで、

  大変甘い味付けでした。

コメント

親戚からの贈り物

2018-06-24 | その他



  少し前になりますが、親戚から贈り物が届きました。

  毎回趣向をこらして送って頂いています。

  今回は「賛否両論」の笠原氏監修の加工品でした。

  じっくり楽しませて頂きます。

  Mさん・Kさんありがとうございました。

  後日、夏野菜を送ります。
コメント

結婚披露宴

2018-06-22 | その他


  先の日曜日は縁者の結婚式があり、お江戸まで家族で出かけました。

  披露宴の料理です。

  ジャガイモのブルーテ



  炙った鮎もミキュイ
  初夏の野菜と生姜のコンフィ





  五島列島の直送鮮魚
  トマト トウモロコシのブイヤベース




  国産牛サーロインのロースト
  ジャガイモとセベット



  しまなみ海道レモンのグラニテ
  メロンのブランマンジェ



  旬の果実のヴァシュラン


コメント

父の日のプレゼント

2018-06-18 | その他



  この週末は縁者の結婚式に出席するため家族でお江戸に行ってきました。

  昨日の夜帰ってきたのですが、宅配ボックスに品物が入っていました。

  開けてみると父の日のプレゼントでした。





  ニッカウイスキーのシングルモルト「宮城峡」です。

  私は昔から国産ウイスキーで飲むのは殆どニッカでした。

  中でも「宮城峡」や「余市」などのシングルモルトが好みです。

  私の好みに合わせててくれたプレゼント!!!

  T君・Mさんありがとうございました。
コメント

人体(国立科学博物館)へ

2018-06-02 | その他


  お江戸2日目は上野の国立科学博物館の「人体」へ。

  人体はNHKで7回シリーズで放映されました。

  毎回視聴しブルーレイにも落としてあります。

  今回のお江戸での楽しみでした。




  館内は撮影禁止ですが、途中から撮影可になります。




  体内の臓器間のネットワーク






  各臓器のシグナル









  私も学生時代基礎学問として、解剖学、生理学、免疫学、生化学などを

  履修しましたが、臓器間のネットワークがこれほどまでとは考えも

  及びませんでした。

  人体は解れば解る程未知の世界が現れる・・・・・!

  科学はどの分野でも同じなのでしょうが・・・・!

  だから理系は楽しいと思っています。





  今とこれからおもしろいのがゲノムの世界。

  新しい知見にわくわくします。



  ゲノムの情報を基に復元された縄文人の顔。

  ゲノム情報でこれだけの復元が出来るとは!!

  ただ、ゲノムの全情報を解読できているわけではありませんので、

  お宝がいっぱいの世界ですが、倫理的な枠組みはしっかり構築して

  欲しいです。

  約2時間半たっぷり楽しめましたが、相方は膝が痛いとかで食傷気味。

  昼食をおごることでご機嫌を直してもらいました。   

 
コメント

料理鋏

2018-04-15 | その他


  昭和50年に購入した料理鋏です。

  当時料理鋏というものは国内には無く、大阪万博で紹介されたのが初めでした。

  当時勤務していた研究施設で、万能鋏として使われていました。

  その切れ味と丈夫さに驚いて、早速購入しました。

  価格は3000円強で当時としては高価だったと記憶しています。

  それから40年以上毎日のように使ってきました。

  さすがに切れ味は落ち、カシメもガタが来ていました。

  先日、刃物屋さんで研磨調整してもらうと、切れ味がよみがえりました。





  メーカーはゾリンゲンのツードール。

  40年以上も使える頑丈さはさすがドイツ製です。 

  刃物屋さんでは現在10,800円で販売されていました。

  包丁もそうですが、刃物は価格と性能が見事にパラレルです。

  良い物を買うと一生物です。 

コメント

コンデジを新調

2018-02-08 | その他


  ブログ「遊木民のアトリエ」を開設して12年になります。

  その間ブログを支えてきたカメラ4台です。

  このカメラが無ければブログは存在しませんでした。

  1台目のオリンパスカメディアをのぞいてキャノンのパワーショットです。





  今使っているSX260HSも5年になります。

  昨年は雨を被ったりして故障、修理しましたが一部不都合があります。

  そんな事で新しいコンデジを購入しました。

  パワーショットG7XマークⅡです。



  以前からGシリーズに興味があったのですが、ボディーサイズが大きすぎました。

  近年Gシリーズも多様化して、望んでいたサイズのG7とG9が出てきました。




  コンデジと言っても機能により種々あります。

  以前カメラをいじった者としてはこだわりがあります。

  撮影に撮影者の意思を反映する機能の有無です。

  撮影モードダイヤルとマクロ撮影機能です。





  それとコンデジ撮影で必要となる機能が露出調節機能です。

  SX260HSにもありますが、ダイヤルが小さく使いずらかった・・・。

  G7でモード切替ダイヤルと同軸で大きな調節ダイヤルがあり望みどおりです。

  センサーも1型のCMOSでSX260HSのセンサー1/2.3型の4倍の大きさです。

  ボケ味も期待出来そうです。



  現役のカメラです。

  ニコンの1眼レフD90(10年目)

  SX260HS      (5年目)

  G7XマークⅡ

  今後ともこれらのカメラを使い分けしながら「遊木民のアトリエ」を

  続けていきたいと思います。  


コメント (2)

昼食と常設展

2017-12-28 | その他


  企画展「北斎とジャポニスム」を約2時間かけて観て、時計を見ると

  12時近くでした。

  昼食は東京文化会館内の精養軒にしました。




  オーダーは「フォレスティーユランチ」にしました。

  オニオンスープ




  ブリの香草チーズパン粉焼

  カニ爪クリームフライ

  牛肩バラ肉のシチュー





  昼食後は美術館に戻り、常設展へ。

  2階の宗教画にはあまり興味がありませんので、軽く通り過ぎて

  1階の展示室へ。

  ゴーガンの「海辺に立つブルターニュの少女たち」



  ルノワールの「帽子の女」




  「横たわる浴女」




  ピカソの「男と女」

  その他「藤田」や「モネ」、新公開作品など充分に楽しむことが出来ました。

  博物館、美術館巡りがお江戸に下ったときの楽しみの一つです。

 過去記事です。

  深海(国立科学博物館)

  レオナル・ド・ダビンチ&ミケランジェロ(三菱一号館)

  日本写真史と長倉洋海の眼(東京都写真美術館)

  古代ギリシャ(国立博物館)

   恐竜博(国立科学博物館)

  始皇帝と大兵馬傭(国立博物館)

  宇宙博(幕張メッセ)  
  
コメント

北斎とジャポニスム

2017-12-27 | その他


  先日家人の所用がありお江戸に同行しました。

  定宿としているホテルから富士山が見えました。




  ズームアップするとこのように見えました。

  今まで何回も宿泊しているのですが、富士山は今回が初めてです。

  寒気のおかげでしょうか?

  前日は強風の影響で特急電車が遅れ、予約時間に間に合わないかと

  やきもきしました。




  朝食後「国立西洋美術館」へ出かけました。

  開館直後のため比較的すいていました。




  お目当ては「北斎とジャポニスム」の企画展です。

  数年前いわきにもホノルル美術館所蔵の企画展があり感動しました。

  「北斎展」


  今回の企画展を見て、西洋絵画に及ぼした北斎の影響を実感しました。

  なんと言っても「北斎漫画」の描写力のすごさに驚きます。

  解体新書まで参考にして、素描していたことに驚きです。

  まさに、ダビンチ、ミケランジェロを超える天才と言っても過言では

  ないと確信しています。

  「レオナル・ドダビンチ&ミケランジェロ展」

  上記の企画展で感じた以上の観察力、表現力、デフォルメ等

  遙かに上だなと思うのは身びいきだけではないと思います。

コメント