阿智胡地亭のShot日乗

日乗は日記。あちこちでShootする写真日記。お遊びもあり。

ある日の昼食は「アナゴ丼」や「蕪の葉とベーコンのカルボナーラ」

2016年12月04日 | ある日のランチ
👆身がふっくらして焼き方もおいしい穴子だった。近所に軽四で週に一回来る魚屋さんから購入。これだけの穴子500円は嬉しい価格だ。
 蕪の葉がパスタに合うとは知りませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八歳の誕生日祝い

2016年12月04日 | 身辺あれこれ
八歳とは早いものです。この間まで彼らは風邪の連鎖でしたが何とかみんなで祝えてよかった。
 食事は恒例の灘区の「マジックパン」製のサンドイッチで。

 ケーキは今年6月に開店したケーキ屋さんがこの間から気に入っています。電話で事前にオーダーしておいて取りに行きました。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サッカー史上最悪のゴール  動画

2016年12月04日 | びっくり画像・映像
とあるサッカー選手の、「そりゃないよ...」な珍プレーが海外サイトで取り上げられている。

背番号15番の選手が、がら空きになったゴールめがけてここぞとばかりにシュートを決めようとするが、ボールは明後日の方向へ...。チームメートも、思いもよらぬ珍プレーに唖然。
サッカー情報サイト「ESPN FC」によると、この珍プレーはセルビアの地方リーグで開催された試合で起きた。
思わず励ましてあげたくなるようなうっかりミスだが、スポーツニュースサイト「デッドスピン」は、「文字通り、サッカー史上最悪のミス」と選手に追い討ちをかけるような手厳しい見出しをつけた。引用元
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸ルミナリエ2016 始まった。   YouTubeから初日の模様を借用 動画。

2016年12月03日 | びっくり画像・映像
©k2projectx


©Toshi Okada 2016/12/02初日に行ってきました。市役所の屋上から点灯の瞬間を撮りました。
今日は暖かで、東遊園周辺では、神戸の名店の出店やジャズコンサートなども開かれ穏やかな雰囲気が流れていました。引用元。 
 


神戸ルミナリエ開幕 震災犠牲者悼む30万個の光
2016年12月02日神戸新聞
阪神・淡路大震災の犠牲者を悼み、記憶を後世に伝える「神戸ルミナリエ」が2日夜、神戸市中央区の旧外国人居留地と東遊園地で始まった。鮮やかに輝く約30万個の発光ダイオード(LED)が神戸の街を照らし、約20万5千人の来場者を荘厳な光の世界へいざなった。
 22回目となる今年のテーマは「光の叙情詩」で、犠牲者への永遠の祈りや人々の不屈の精神などを表現する。来年開港150年目を迎える神戸港の記念ロゴマークが入った作品も設置された。昨年、作品の一部が突風にあおられ倒壊したことを受け、強風対策にも力を入れている。
 点灯式では黙とう後、震災から生まれた歌「しあわせ運べるように」を市立西灘小学校6年生が合唱。始まりの鐘に合わせ一斉に点灯され、欧風の白くて繊細な骨格を色とりどりの光の粒が飾った。
 11日まで。点灯時間は平日=午後6時~9時半(金曜は同10時まで)▽土曜=同5時~10時▽日曜=同5時~9時半。会場では「1人100円募金」を呼び掛けている。市イベント案内・申込センターTEL078・333・3372
(石川 翠)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「うまおい」がいました。

2016年12月03日 | 花・草・木・生き物
名前の由来は馬追いの声に似ているからだそうです。スイーチョンって・・・。



 楽屋ネタ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の俳句 「朝まだき」

2016年12月03日 | 俳句、川柳
朝まだき  蒲団に届く  船の笛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仲良し金魚、今年も屋外の火鉢で冬を越す。

2016年12月02日 | 花・草・木・生き物




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある日の酒肴は「ハンバーグ」や「牛肉の佃煮風」

2016年12月02日 | ある日の肴/夕食
👆牛肉はミニ餃子と蕪の漬物とかまぼこと。
👇ハンバーグは目玉焼きと馬鈴薯と黒オリーブとザワークラウトと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

84年前、1932年の日本を撮影した動画に今と変わらぬファッションの女学生の姿が。 動画。

2016年12月02日 | びっくり画像・映像
この少女達が映ったのは「JAPAN LAND OF THE CHERRY BLOSSOMS」というモノクロ映画。2012年にオランダのミハエル・ロジェさんが「1932年の日本の映像」として、YouTubeにアップした。「女学生」たちは2分48秒〜54秒にかけてカメラの前を通過している。

1932年といえば、昭和7年。日本は深刻な昭和不況からは立ち直りかけていたが、軍部の発言力が増大。犬養毅首相が殺害される五・一五事件が発生したほか、日本軍の占領地域に満州国が建国された。ドイツではナチスが第一党に躍進するなど、第二次大戦前夜の不穏なムードが世界中に漂い始めていた。
そんな中でも人々は、日々の生活を楽しんでいたことが分かる貴重な動画。ただし文字が鏡文字で映るなど、映像は左右が反転している。前途にどんな暗雲が立ち込めているの知らない人々。だからかYouTubeに掲載した人のコメントは
「Cruise to Japan , land of cherry blossoms. Poor people did not know what lay ahead of them !」とある。引用元

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇喜田川公園@江戸川区北葛西でローラー滑り台を楽しむ

2016年12月01日 | 身辺あれこれ

今年の春、須磨離宮公園に行った時、アスレチックフィールドがすっかり気に入って、今は日曜日には江戸川区のあちこちの公園の遊具を
ネットで調べて一家で楽しんでいるそうです。今回は北葛西の「宇喜田川公園」へ。





「ローラー滑り台のローラーの動きが悪かったのは残念だったけど、子供達満喫してました。」との事。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加