KYO‐Gのコラム

大好きなハワイ、トライアスロン、ロードバイク、サーフィン、スキーその他興味があること、そして単なる日記(笑)を書きます。

ハワイ一人旅、ノースショアのビーチでサーフィン。「パドッ、パドッ、パドッ、パドッ」。

2012年01月13日 00時01分00秒 | ハワイ

到着日とその翌日以外の4日連続でノースショアに行き、サーフィンをしています。

冬のノースですが、初級者でも乗れる波が入るところです。
水深も十分でケガの心配も少ないです。
ないとはいえないのがハワイの海ですが、サーフレッスンをする場所なのでかなり安全だと思います。

パドリング(サーフィンをするときに海の流れとスピードを合わせるために漕ぐこと)をしていたら、後ろからすでに乗ってきた人がいたので、ボードから下りたところ、波が大きくてボードがちょっと流れてその人にぶつかりそうでした。

その人はボードに気づき乗るのをやめてしまいました。

迷惑をかけたのでお詫びし、「OK ノープロブレム」と笑ってシャカサインをしていました。

そして次の波に乗ろうしたところ、バランスを崩して海に落ちました。

そうしたら、「ボードの端をもたずにボードの上に手を置くんだ。両端を持つとボードがぐらぐらしてバランスを崩す」とアドバイスを先ほどの人から笑顔と共にもらいました。

そういえば、マウイでサーフレッスンをしたときにもそのように言われたっけ。

お礼をして、その3つ後の波で無事に乗れました!


しばらくしたときに違う人から、「パドッ、パドッ、パドッ、パドッ」と声がかかります。

なにかと思ったら、パドリングがあまいようです。
そのときは波に乗れなかったのですが、「顔を上げてもっとパドリングをして」とアドバイスされました。

上級者のアドバイスはありがたいです。

僕が気づいていないだけで、もしかしたら4日とも同じ時間にサーフィンをしている人だったのかもしれませんね。

僕は覚えていませんが、このビーチにいる日本人男性は僕を入れないで0~2人くらいです。(日本人ではなく現地の方かも)

コメント