にゃおん・ざ・こーなー

北国に住む、猫とジャズが好きな親爺の日々。

ジョン・マクラフリン「EXTRAPOLATION」

2018年07月20日 | ジャズ、音楽

愛車(?)のルノールーテシアは4速ATなんですが、どうもローギア設定なのか、なかなかシフトアップしない。
どうも引っ張りすぎで燃費も良くないみたいなので、マニュアルモードというのですか、手動でシフトアップしております。
発進した途端に2速、時速30km超えて3速、45kmあたりで4速に。
停止時もシフトダウンしてエンジンブレーキを使っております。キーキー鳴き出したブレーキ音も収まります。
走る、止まるをアクティブにやっている感じがし、鈍重な出足も少しキビキビ・・・
(トラブルは起きていません、今のところ・・)

先月のカレー屋五○堂のイギリスジャズ特集。
そこで聴いたマクラフリンの初リーダーアルバム(オリジナルLP)をアマゾンでCDでゲット。
ショーター、ハンコック等のマイルス卒業生達はおらにとって主力選手なんですが、一人大物ギタリストをスルーしていた。

イギリスのジャズって、演奏技術は高いけど黒人的ノリを敢えて排除し、島国的に先鋭化した感じ・・・
ジョン・サーマン(baritone sax=bs,ss),ブライアン・オッジス(ac-b),トニー・オックスレイ(ds)という顔ぶれの本作も
尖った感じ。
音色なんでしょうか、永遠にフレッシュな感じ。
マイルスに抜擢されおお化けする人もいたけど、マクラフリンは最初からマクラフリンだったみたい。

マハヴィシュヌ、、シャクティもある・・お宝ザクザク!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Live at Hall Egg Farm Live

2018年07月17日 | ジャズ、音楽

サッカーとテニスで夜更かしが続いた。祭りの後・・・


先日の大友ライブ会場で購入したCD。
ロジャー・ターナー、佐藤允彦、大友良英

ロジャーのパーカッションソロに始まり、10数分して大友登場(ここは何度聴いてもゾクゾクします!)。
ノイズギターだけど、硬質で張り詰めた感じが半端ない・・・
そして佐藤が参戦。
60分1本勝負だけど、緩急動静が入り混じり全く飽きずに聴き通せる。
約束ごとが、無いようでいて、大きなうねりがあり、相手の出方をよく見ながら、瞬時に技を返すような、
このやり取りがタマランです。
音も良し!

やっぱり、大友はこうではなくては!
2管フロントのジャズなんてやる意味が・・・
テーマやってソロまわしてというジャズフォーマットを敢えてやっているのだろうけど・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レインスピーカー

2018年07月10日 | オーディオ

仕事の関係で岩見沢の赤間板金という屋根板金工事業の会社が技術を活かして
スピーカーを作っていることを知り、聞かせてもらいに行った。(面識も無いのに押し掛けた・・)

円筒形の両側に小口径のフルレンジユニットを配した形。
このタイプは音場がふわっと広がり、癒し系(おらの嫌いな言葉のひとつ・・”ふれあい”とか"絆”も・・)というか、
なんだかぼやっとした音のイメージが有りメインにはどうなんだろう?というイメージがあった。

先ずは音を聞かせてもらう。
マイルス・デイビス、ビートルズ、ジョン・スコーフィールド、キップ・ハンラハン、フランク・ザッパ等
おらの聴き慣れた持込みCDを片っ端からかけまくる。

低域も不足感無く、高域もシンバルがきれる。
小編成のアコースティックギターあたりが得意なんだろうけどジャンルを選ばない。
ごちゃごちゃしたザッパも、細かい部分まで聞き分けられる。

不思議なのは、けっこう大音量でも赤間社長と会話できること。
普通のスピーカーと大きく違うのがここか。
音が飛んで来ず、スピーカー周辺の空間にステージが有り演奏者が存在している。
充分迫力が有り、何をやっているのかよくわかるのだが
耳をつんざく様なきつさが全く無い、聴き疲れしない。

円筒の中は、3層構造で段階的なバスレフ構造になっている。
どういう構造理論かわからないが、好きなビートルズでとことん音決めしたとのこと。
これが一番信用できることかもしれませんね。
「好きな音楽を良い音で聴きたい」という基本がないオーディオには意味が無い・・

序盤で機械の品評というのを忘れ、次から次へと音楽を聴きたくなりました
このシステムがあれば幸せな音楽生活を得られると思います。

レインスピーカーhttps://www.rain-speaker.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大友良英ニュージャズクインテット

2018年07月02日 | ジャズ、音楽

6/30 くう

大友良英(g) 類家心平(tp) 今込 治(tb) 水谷浩章(b) 芳垣安洋(ds)

久々の「くう」は大友バンド。(昨年の大友祭りからもう1年か・・)

チャーリー・ヘイデンの「チェ・ゲバラに捧げる歌」から始まりショーター、ドルフィ等、選曲はツボ。
曲のテーマ後のソロ回し、大友ノイズギターはいつもどおり切れ味が良い(ノイズギターを”いつもどおり”と表現していいのか・・)のだが、フロント陣にどうも心踊らない。
類家トランペットに期待していたのだが、火が付かない・・・
大友以外は”真っ当なジャズ”をやらせれば相当なメンバーなんだろが・・・

これなら、ターンテーブルソロとかインプロ系の人とかフリー系のサックスでもいた方が・・・

たまたま隣に座ったフリーの大家JOE氏に疑問をぶつけたら
「これは大友氏がジャズをやるというバンドフォーマットを楽しむものである。邪心を抱かずに素直に聞くべし。」と
言ったかどうか・・

「ノイズとジャズの微妙なブレンドをお楽しみ下さい」ということか・・・

ある意味今回も”何なんだ?!”という気持ちにさせられた、やっぱ大友の音楽か・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイヤトーン DS-31CmkII

2018年06月26日 | オーディオ

先週のオーディオ同好会で聞いたダイヤトーンのスピーカーが気に入ったので会報記事を
転載しました。

『札幌オーディオ同好会 第67回例会

6/22 らんぷうぇい

今回はランプウエイの山田氏の出品でDIATONE DS-31CmkII。
このスピーカーは、3ウェイ5スピーカー。
ネット情報によると
「低域は30cmコーン型ウーファーと20cmコーン型ウーファーを搭載。
これらのユニットはダブルドライブ方式を採用しており、並列駆動することで放射効率を向上させると共に、
口径を違えることによって再生特性の均一化を図っています。
また、2個のウーファーのチューニングをたくみに調整することによってダンピングの良い低音と滑らかな
中低音の再生を可能にしています。

高域には5cmコーン型トゥイーターを2個搭載しています。
このユニットはメカニカルロード型となっており、特殊合成ゴムのサスペンションによって機械制動をかけ、抜けの良い音質を得ています。
また、トゥイーターユニットを2個垂直に並べることでステレオ再生における音の広がりを改善しています。

超高域には3cmコーン型スーパートゥイーターを搭載しています。
振動板にはアルミ合金成型板を採用しており、10kHz以上の超高域部を受け持っています。

フロントバッフルにはレベルコントロールを搭載しており、2kHz~25kHzの範囲のレベルを3段階に変化できます。

エンクロージャーには密閉方式を採用しています。
外観はウォルナット仕上げとなっており、フロントバッフルにも木目パターンの突き板を使用しています。
また、フロントグリルには二重サランネットを使用しており、格調高い雰囲気を出しています。」

1970年代の製品で、新素材(カーポン、チタン等)競争になる前、オーソドックスな素材でダイヤトーンができる限りのことを
やった機種と思われます。(2s-305やP610の技術陣?)

今回も途中参戦の筆者、小休止モードの会場で持込みCDをかけまくる。
先ずはど定番、サムシングエルスの1曲目「枯葉」、高域、低域、過不足なくラッパもイキイキ。
ビートルズ、「カムトゲザー」、キレがありバスドラもチャンと出てる。
カンターテドミノ、パイプオルガン、教会の高さもまずまず。
マイルス・デイビスの「フットプリンツ」ではトニー・ウィリアムスのシンバルが宙で鳴ってる。

どのジャンルもオールマイティにこなし、スーパーツィータ以外は”紙”の振動板だけどハリ、つやある。
ユニット数多いけど、位相も自然。
スピーカーの品評よりも、鳴ってる音楽に引き込まれる=良いオーディオの証拠!

「こりゃ良いんでないかい!」と皆を振り返ると、
「ふっ、ようやくここまできたのよ。」とニヒルな空気。

初めは鈍くてしょぼくて、どうしようかというところから、セッテイングいろいろやり、
決め手はレイオーディオのスピーカーケーブルだったらしい。
前回も”アンプ替えたんかい!”という位違いを見せ付けたこのケーブル、う~ん、ホシクナッテクル・・・

調教の結果とはいえ、DS-31Cで充分に思えた。多分、我が家のJBL4312より上なことは間違いない・・

山田さん、こんないいスピーカーを眠らせておくなんて・・』

我が家にはこれ以上スピーカー置くところ無いし、大型だけどJBLとの交換に応じても・・

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡本広・田中朋子「オルモスト」

2018年06月20日 | ジャズ、音楽

サッカーやりましたね!
選手達がインタビューでほとんど笑わずに次戦に備えたいと応えていた。
「応援よろしく~」なんてアホコメント無いのが好感。
彼等は自分たちの闘いをやっている。
ベテランの強さを見せて欲しいですね。川島が心配だけど・・・


狸小路の古レコード店のワゴンセールの中で発見、200円也!。
札幌の重鎮、夫婦ジャスデュオ。
まったり作品かと思ったら、違った。
馴れ合うことなく、音のやり取りしている真摯な作品。
ただなあ、繰り返し聴きたくなる盤かというと・・・

ライブパフォーマンスとして優れた音楽でも、それがパッケージ化されると、話が違ってくるのか・・
演奏、楽曲にプロデュースという要素があって初めて「よいパッケージ」が完成するのかな。
ライブこそジャズだと言いながら、実のところパッケージ作品を繰り返し聴くことが日常で、ライブよりパッケージの方が
好きかもしれなし。

演奏した後、宙に散ってしまう音楽というものをパッケージ化して再生できるようになり、ライブだけがジャズではなくなった。
ドルフィーさん、貴方の死後も貴方の演奏は何回も繰り返し再生されているのですよ・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EW&F「ELECTRIC UNIVERSE 」

2018年06月15日 | ジャズ、音楽

昔の職場の同僚と30年ぶりに再会し酒を酌み交わした。
過去を肴に飲むのは得手ではないのですが、彼とは現在進行形の話題で楽しい時間を過ごせた。
ただ銘酒飲み放題の店(狸小路のとうりん、料理もgood!)で、飲めないくせに珍しいお酒に挑戦してしまい
ヘロヘロになってしまった・・・

フィアット500の車検、13万円位でおさまりました。
交換したのはワイパーくらいなので・・

久米島で乗ったレンタカーがダイハツブーン。
今時の車なので機能的問題は無いのだが、走って楽しいとかいう要素は無い。
CVTは滑らかだけど、アクセルコントロールという概念が無いのか、下り坂ではベタベタブレーキ踏まなければ
ならないし、勢いつくと登り坂もアクセル踏むことなくスルスルと上がっていく。
やたらブレーキ踏む運転を見て不思議に思ってたけど、こういう車だからなのか?
ヴィッツはもう少ししっかりしたイメージがある。
世界で勝負している車と、軽より安い普通車というねじれたコンセプトのせいなのか?
ダイハツは小さい車作るの上手い筈なのに・・・
”愛車”という概念も消えつつあり、”機能”さえあればいいのですかね。
いやいや、1tもある物体を”人間”が操作しながら時速50kmで移動させるものである以上、
人間が一体感を持って操作できるものでなければダメだと思うのですが・・
オーナーさんいたら、ごめんなさい。

白石のサイクルレコードにて500円で買ったアースの中古LP。
モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーの区別がつかない程度のアースファン(?)で、
本作も初めて聴きます。

これも確かにアースなんだけど、ホーンセクション抜きのシンセの音造りだと、らしさがねえ。
音楽が機械化される中で、大所帯・人間の量で勝負し、ファンもそれを支持していたグループだったんですね。
タシカニアースナンダケド・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久米島ツアー

2018年06月06日 | 日々のこと

恒例の沖縄ツアー、今年は久米島。

6/2 千歳9:00発~久米島16:25着 
   飛行機3本乗り継いだ割には疲労感少なし。
   那覇~久米島は正味20分位のフライトでしたし・・
  19:50~蛍観察自然ツアー
      ツアー参加者はおら夫婦のみ。
      蛍シーズン間際で数は少ないけど、初めて蛍を見れたし、
                 ガイドの方の、懇切丁寧な説明で、蛍だけでなく島の生き物を観察。
      観光名所よりも絶対に面白!      

6/3 はての浜でシュノーケリング体験。
   60歳にして初シュノーケリング、ろくに泳げないジジイ、不安でしたが潮水を大飲みすることもなく
   楽しめました。

6/4 島内ドライブ。
   何所に行っても人がおらず、ビーチは貸切状態。
   とてもゴージャスだけど、ちと寂しい・・
   観光客の財布の紐を緩めさせようとする、浮かれた商業施設がほとんどなく、
   コーヒー飲みたくてもこじゃれたカフェなどありゃしない。

   ホテルのバルコニーの外側に鳥の巣が。抱卵しており、目が合っても鳥は固まった感じ。

   

6/5 鍾乳洞を訪ねたが、洞窟のくぼみに、甕と白いものが散乱。おいおい人骨でないかい。
   埋葬地であり、風葬した場所もあるみたい。
   洞窟の奥は照明がなく、自分で照明を準備して自己責任で見学してくれと案内板にあった。
   いきなり蝙蝠がバサバサいう、インディ・ジョーンズ的探検は照明が無いので断念。
   (嫁は不気味がって、早く帰ろうと言うし・・)
   久米島14:25~千歳21:00

海で1日遊んだら、あっと言う間に時間が過ぎてしまった。いつもよりも、海、自然を満喫した旅でした。

人口7905人で、自動車学校もあったし、楽天のキャンプ地だし、
沖縄の瓦屋根の民家もまだ現役で街並も残ってはいるが、閑散としており、
ジャズ等の音楽店もなくなんか寂れ感が。
素朴で、余計にリゾート開発されていないとも言えるが・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フレンドリー/リー・オスカー&古澤良治郎 ライヴ・イン・ジャパン

2018年05月31日 | ジャズ、音楽

5/30はカレー屋五〇堂のジャズ喫茶の日。
今月は「べたな超定番を改めて聴く」。
店主に「今日は来ないかと思ってた~、べたなのばかりですよ~」と言われた。
どれだけ変態ジャズマニアと思われているのでしょうか?
拙ブログ読者の皆様ならお分かりのとおり、おらは基本的にはスイングジャーナルの評価を鵜呑みにし、
ビンボなのでできるだけ外れないようにして、音楽のコスパを追求してきた男です。
基本は醤油味で、たまに刺激を求めて辛みそ味に手を出しているだけです。
ピーターソンやポール・デスモンドだって好物です。
(でもクール・ストラッティンやケリー・ブルーはちょっと・・)

定番が365枚あれば、毎日が天国・・・?
ここのレコードはオリジナルとかお宝盤ばかりなので、旧知の定番も一味違って聴こえます。

 

白石のサイクルレコードにてゲットのLP。

Lee Oscar:harmonica
古澤良治郎:drums
高橋知己:saxophone
大口純一郎:piano,e.piano
佐山雅弘:keyboards,synthesizer
廣木光一:guitar
大出元信:guitar
川端民生:bass
ペッカー:percussion
1982年3月24日六本木Pit Inn

”ね”のライブで古澤の良さがようやく分かりかけたら、直ぐ亡くなってしまった。
単なるドラマーには留まらない、ユーモラスでほのぼのとした音楽世界を見せてくれた。
発表時には、ゆるいコマーシャルなものとスルーしていたが、日本の精鋭達、今聴いても
素晴らしい。
イキミの無さが、古澤とリー・オスカーの共通点なんだろうか。

レコード物色中、店内に沢田研二のベスト集が流れていた。
どの曲もいいですねぇ、昭和歌謡の頂点ですね。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

フィアットパンダ

2018年05月22日 | 

嫁の愛車フィアット500がもう3年で車検。

代車がなんと、まだ走行8000km位のフィアットパンダ。

エンジンが500と同じツインエアー(875ccの2気筒ターボ)
ミッションもデュアロジック(クラッチでつなぐオートマ?)、違いがあるのか?
パンダは5ドアで車重1070kg、500は2ドアで1010kg。

座ってみると、腰高に感じる500より低めに落ち着いた感じ。
運転席からの見切りがよく、初めてだけどとても運転しやすい。
やんちゃなエンジンも、若干重いせいか滑らかにシフトアップしていく。
同じホイールベース(230cm)だけど、500の少しピョコピョコするのが無い。
このテイストで5ドアの使い勝手の良さなら、パンダにするべきだったのでは?

「でも、何か面白くないんだよね。」と嫁。
500のやる時はやるぞ!というのがパンダには薄いのか?(その分落ち着いてる?)

デザインを優先し敢えて小さくまとめた500、同じ土台で5ドアに空間を確保したパンダ。
ドアは500の方が厚い、パンダはロードノイズが若干高く、重量軽減のせいか密度が薄く感じる。

パンダだけ乗っていれば別に不満も感じないと思いますが、
ツインエアーというへんてこエンジンを楽しむならやっぱり500かな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加