王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

天皇皇后両陛下 伊勢神宮を参拝 !!

2019-04-18 09:36:24 | 天皇家
昨日17日天皇皇后両陛下は伊勢神宮を参拝し、4月末の退位を報告のため2泊3日の予定で三重県に出発されました。


報道写真ではお出でましにあたり三種の神器のうち、剣と璽(じ・まがたま)を奉持する侍従二人を引き連れていらっしゃるのには驚きました。

象徴天皇でいらっしゃり政治行為とは無関係との割きりですが「天皇退位」に伴うご先祖様への報告は「三種の神器」の登場とは簡単に割り切れない微妙な行為と些かお気の毒な気もしました。
国家元首で国民の長であれば「先祖のアマテラス大御神」に生前退位報告のため伊勢神宮に向かうのは当然ですが、象徴天皇が一族の祖先神をお尋ねになるには憲法によらず三種の神器によりその身分を証明しないといけないのだろうと拝察しました。
神器を奉持して伊勢神宮をご参拝の様子です。

いわば身内の出来事を余り無邪気に「バンザイバンザイ」と奉祝するのも贔屓の引き倒しになってはいけないと思い静かにお祝い申し上げています。
無事お帰りを願っています。



写真:伊勢にお出でましになる両陛下 後ろは神器を奉持する侍従

FNN Pime:
天皇皇后両陛下は18日、天皇家の祖先とされる天照大神をまつる伊勢神宮を参拝し、4月末の退位を報告される予定。

退位にともなう儀式の一つとして伊勢神宮を参拝するため、両陛下は17日、三重県を訪された。

在位中最後の地方訪問で、伊勢の駅や神宮周辺には、およそ1万5,000人が出迎え、両陛下を歓迎した。

沿道に訪れた人は「涙が出てくるくらい感激しました」、「本当にお疲れさまでしたって言いたい」などと話した。

今回の伊勢訪問には、皇位の印として歴代天皇に受け継がれ、普段皇居から外に持ち出すことのない「三種の神器」のうち、「剣璽(けんじ)」と呼ばれる剣と勾玉(まがたま)が持参されている。

両陛下は、剣と勾玉を乗せた車をともない、冷たい雨の降る中、車の窓を開け、手を振りながら宿泊先の伊勢神宮へと向かわれた。

今回の参拝は、4月30日の退位に向けた儀式の一つで、両陛下は18日、天皇家の祖先とされる天照大神をまつる伊勢神宮を参拝し、4月末の退位を報告される予定。
(引用終わり)


コメント