goo

Tennyson, "The Lady of Shalott" (日本語訳)

アルフレッド・テニソン (1809-1892)
「シャロットの姫」

第I部

1.
川の両岸に
ずっと広がる大麦畑・ライ麦畑、
空と出会うところまで大地を装う。
そのなかを道が走る、
塔の並ぶキャメロットまで。
行ったり来たり人が通り、
咲きほこる百合のなか
川下に浮かぶ島を見つめる。
シャロットの島。

2.
柳は青白く色を失い、ポプラがふるえる。
そよ風もふるえ、暗くなる、
いつも、永遠に、流れる川の波の上。
川は島の隣を通り、
キャメロットまでつづく。
灰色の城壁が四つ、灰色の塔が四つ、
咲く花々を見下ろしている。
音のない島にはひとり、
シャロットの姫がひとり。

3.
川のほとり、柳のヴェールの向こうで、
大きな船が静かに進む、ゆっくり
馬たちに曳かれ。誰も気づかぬなか
シャロットの姫の小舟は進む。絹の帆が
キャメロットまで軽やかに、滑るように。
誰も見たことなかったはず、彼女が手を振る姿を、
窓辺に立つ姿を。
国中で誰か彼女を知っていた?
シャロットの姫を?

4.
でも農夫たちは、朝早く
ひげの長い大麦を刈りながら、
楽しげに響く歌を聞いた。
曲がりくねって流れる澄んだ川、
キャメロットの塔に向かう川から聞こえる歌を。
月の夜、疲れた農夫が、
そよ風吹く丘に麦の束をつみあげながら、
歌を聞いてつぶやいた、「おお、妖精の姫、
シャロットの姫……」。


第II部

5.
昼も夜も彼女は織る、
あざやかな色の魔法の布。
誰か・何かがささやいて、こういったから、
機織りをやめて
下のキャメロットを見たらおまえは呪われる、と。
呪いってなに……? 彼女は知らない。
でも織りつづける、
他のことなど考えず、
そんなシャロットの姫。

6.
澄んだ鏡、
目の前の鏡のなか、
外の世界がぼんやり見える、動いている。
鏡のなか、近くの大通りは、
曲がりくねってキャメロットにつづく。
鏡のなか、川は小さく渦巻く。
不機嫌な村の男たち、
赤い羽織りの物売りの女の子、みな
シャロットの島からキャメロットに向かう。

7.
時折、楽しそうな女の子たちが、
ゆっくり馬に乗る修道士が、
髪の長い、深紅の服を着た召使いの男が、
キャメロットの塔に向かっていく。
時折、青い鏡を横切って、
馬に乗った騎士が二人ずつ通る。
忠誠を誓い、仕える騎士はいない、
シャロットの姫に。

8.
でも機織りは楽しかった、
魔法の鏡にうつるものを織ることは。
なぜなら、静かな夜に、よく
葬列が通ったから。羽で飾られ、明かりで照らされ、
歌を奏でながら、キャメロットまで。
月がのぼる夜には、
結婚したばかりの若い恋人たちがあらわれる。
「こういう幻、ちょっと飽きた」。
つぶやくシャロットの姫。


第III部

9.
彼女の部屋から矢が届くくらいのところ、
大麦の束が見えるなか、馬に乗った彼が通る。
木の葉のあいだ、日の光が輝き、
真鍮の鎧の上で熱く燃える。
あれは勇者ランスロット卿。
赤い十字の騎士が永遠にひざまずく、
貴婦人の前に……そんな絵が盾に。
盾は黄色の畑に光の火花を放つ、
シャロットから遠くて近いところで。

10.
馬具の宝石がきらきらきらめいて止まらない。
まるで星の葉をつけた枝のよう、
金色に輝く銀河の木の枝のよう。
馬の鈴も楽しげに鳴り、
キャメロットに向かうランスロット卿。
あざやかな肩の帯、そこに
音の大きな小さな銀ラッパ。
馬の上、彼の鎧が鳴る、
シャロットから遠くて近いところで。

11.
青く雲のない空の下、
たくさんの宝石で革の鞍が光る。
兜とその羽飾りが、
炎のように燃える。
キャメロットに向かうランスロット卿。
それはたとえば紫色の夜、
輝く星の房の下を、
光の髪をなびかせて彗星が
通るときのよう。静かにシャロットを越えて。

12.
広くきれいな額が、太陽の下、白熱して光を放つ。
ひづめを輝かせて軍馬は進む。
兜の下、流れるように、
艶やかな黒い巻き髪が馬の歩みにあわせて揺れる。
キャメロットに向かうランスロット卿。
川岸の道を歩む彼、川にうつる彼、
その姿が彼女の水晶の鏡にきらめき、うつる。
「ティラ・リラ……」、川のほとりの道、
歌うランスロット卿。

13.
彼女は機織りのをやめて立ちあがる。
三歩歩いて部屋の反対側へ行く。
そして花咲くスイレンを見てしまった……
兜と羽飾りを見てしまった……
川の先、遠くのキャメロットの町までずっと見てしまった。
織っていた布が窓から飛び出て風に舞う。
鋭い音を立てて鏡に亀裂が走る。
「呪い……!」、思わず声をあげる
シャロットの姫。


第IV部

14.
嵐のように歌う東風、
黄色く色あせる林の木々。
大きな川が嘆き悲しみ、
重い空から激しい雨が降る、
キャメロットの塔に。
シャロットは下りてきて、柳の下に
浮かぶ小舟を見つけて舳先(へさき)に名を書いた、
「シャロットの姫」。

15.
うす暗く、広い川……
幻視者は我を忘れ、この世を忘れ、
未来の自分の不幸を見る……
そんなガラスの目で見つめる、
シャロットはキャメロットを。そして
舟を留める鎖をはずして横になる。
大きな川がかなたに運ぶ、
シャロットの姫。

16.
横たわる彼女の白雪のドレスが
ゆるやかに左に右に風になびく……
彼女の上に木の葉が静かに舞い落ちる……
夜の喧騒のなか
彼女は漂い、キャメロットに向かう。
小舟は進む、
柳の丘、野原や畑のあいだを。
そして響きわたる
シャロットの姫の最後の歌。

17.
悲しげで、でも清らかな歌。
時に大きく、時に小さく。
やがて、しだいに、血は凍っていき、
彼女の目は真っ暗になる、
キャメロットの塔を見つめて。
川の上、
最初の家に着く前に、
歌いながら、歌のなか、死んだ……
シャロットの姫。

18.
塔の下、バルコニーの下、
壁と回廊の脇、
彼女のからだは静かに輝いて漂う。
大きな家のあいだ、死んで青白く音もなく
彼女は着いた、キャメロットに。
みな波止場に出てくる、
騎士も町の人々も、貴人も貴婦人も。
そして舳先(へさき)の名を読む、
「……シャロットの姫」。

19.
誰? なぜここに?
明かりの灯った宮殿、
王侯の笑い声が死んで消える。
恐れて十字を切る、
みなキャメロットの騎士たちは。
ランスロットはもの思い、じっと見つめて
いった、「かわいい……
神のご慈悲とお恵みを。
シャロットのお姫さま……」。

*****
20180701 修正

*****
Tennyson, "The Lady of Shalott" (英語テクスト)
Tennyson, "The Lady of Shalott" (解説)

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« From [Burton]... Jonson, Epigr... »