爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

19-07-01 解禁

2019年07月01日 | アユ釣り

前夜祭が終わる頃からシトシト降りの雨。
結局朝になっても止まず、雨に濡れながらテン場の後片付け。
そして予定通りFおとり店前に入川します。
先ずは昨日午後に派手な縄張り行動が見られたポイントを泳がせてみますが全くの無反応。
あまり寒くはないのですが、分厚い雨雲が垂れこめて夕方のような照度。
オラの弱った視力では時として目印を見失うような状態。
今度は向きを変え対岸際の太い流れを引いてみます。
オラのカミに居るG君のロッドが大きく曲がります。
続いてオラにも今季最初の野アユが掛かります。
18センチ、二重追い星の綺麗な魚体、意外にも放流モノではなく遡上モノのようです。
オラの苦手な引き釣りで17~19センチがぽつぽつながら拾えます。
しかしツ抜け一歩手前でアタリが途絶え、押しても引いても全く反応のない状態。
こうなるとオラ得意の脚で稼ぐ放浪の旅しかありませぬ。

上流部は時折強い雨が降っているのか、薄濁りが入ってきたり、ゴミの類が流れたりします。
オラの放浪の旅も昔とは違って足元がおぼつかなく、水深膝程度のザラ瀬の上り返しでも難儀します。
この日強い流れの中で二度の転倒、顔から突っ込んだ際に遠近の高価な眼鏡を流失。
竿を畳んで渡渉中にロッドの上栓を流失、いやはや高い解禁釣行となりました。
孫にはスーパー爺さんと呼ばせているオラも、こうなるともはや歳相応のただの爺様。

少々のドタバタはありましたが上がってみれば40超、楽しかったけど悲しかった解禁釣行でした。

北の奔流アユ釣行へ

コメント