shiotch7 の 明日なき暴走

ビートルズを中心に面白カヴァー、60s~80sポップス、ジャズヴォーカル、イエイエに昭和歌謡と、音楽バカ一代のブログです

Led ZeppelinⅡ

2018-06-23 | Led Zeppelin
 “レッド・ゼッペリン・オリジナル盤祭り” の第2弾は彼らの人気を決定づけたセカンド・アルバム「Led Zeppelin Ⅱ」だ。私が彼らのオリジナル盤を買い始めたのはもう15年ほど前のことで、ちょうどビートルズ関連の盤を一通り UK盤で手に入れ、次のターゲットとなったのが他でもないレッド・ゼッペリンだった。当時は “ゼップはイギリスのバンドやからUK盤が一番音がエエやろ...” という考え方に何の疑問も抱かずに、eBay で状態の良い UK 1stプレス盤をコツコツと落としていった。
 今持っている「Led Zeppelin Ⅱ」の UK盤もその時買った1枚で、£15という今では考えられないような安い値段で手に入れることができた。もちろん red/plumレーベルでマトリクスは A▽2 / B▽2、レーベル面でB②の曲名が「Living Loving Wreck」とミス表記されており(←パープルの曲とごっちゃになっとるやん...)、A③「The Lemon Song」のクレジットがちゃーんと“Page/Bonham/Plant/Jones” になっているという、真正1stプレスである。当時はまだゼップの初回盤識別法を知らずにセラーの説明を鵜呑みにして買っていたので、本物の 1stプレス盤を獲れたのは今にして思えばラッキー以外の何物でもなかった。
 で、“どんな凄い音がするんやろ?” とワクワクしながら届いた盤を聴いてみたところ、これぞブリティッシュ・ロック!!!という感じの重厚で深みのある骨太な音が聴けて大感激(^o^)丿 中でも目からウロコだったのがジョーンジーのベース・サウンドで、ザ・フーのジョン・エントウィッスルを想わせるヘヴィーなベースがうねりまくるのを聴いて “ジョーンジーって地味な存在やと思っとったけどこんなに巧かったんや... (≧▽≦)” と彼の凄さを再認識したものだったし、ボンゾの爆裂ドラミングの凄まじさにも大袈裟ではなく腰が抜けそうになり、ビートルズに次いでゼップでも私のオリジナル盤志向に拍車がかかっていった。
 そんなこんなでゼップの「Ⅱ」に関してはコレで決まり!と思っていたのだが、今から5年ほど前に Kentの HPでブートを物色していた時に「Led Zeppelin Ⅱ RL Cutting Edition」というタイトルのCDを目にし、“RL” って何やろ???と思いながらインフォを読んでみると次のようなことが書いてあった。抜粋すると “近年注目され人気が高騰しているのがマトリックス部分に『RL』刻印がある米初版...『RL』盤とは Robert Ludwig によるカッテイングされた「Ⅱ」のことで、ゼップの最大の魅力であるデカイ音にこだわってカッテイングされたレコード... しかもデカイだけではなく、心地よくズ太い低音、奥行きのある音... 例えば1曲目の「Whole Lotta Love 」でギターにベースが絡んできた途端に今までの「Ⅱ」は何だったのか!と思わせる爆音が右へ左へ後ろへ前へと暴れまくる... そのこだわりのカッテイングの為に針飛びが頻発し、はかなくも回収の憂き目にあったという... 現在入手するにはオークションで覚悟を決めるか、中古盤屋さんを探しても100枚に1枚あるかどうか?といった確率の稀少盤で、ジミー・ペイジ氏からも“素晴らしい音質” ということで帰国後にリクエストされた程の高音質盤。” とのこと。え?それって「ラバー・ソウル」のラウドカット盤と同じやん... これはエライコッチャである。
 私はすぐにこのブートCDを購入して実際に聴いてみたところ、確かに豪快な音でゼップの破天荒なエネルギーが手持ちのリマスターCDよりもダイレクトに伝わってくる感じがして超気持ちイイ。とにかく熱いのだ! “針起こし”CDでこれやったらオリジナルのアナログ盤はもっと凄いんちゃうか... と考えた私は早速 eBayで検索、驚いたことに “Led Zeppelin Ⅱ RL”やら“Led Zeppelin Ⅱ Ludwig”、はたまた“Led Zeppelin Ⅱ Hot Mix” といったタイトルで何枚かアップされており、そのどれもが他のノーマル・ミックス盤よりも高値でビッドが集中している。
 私は以前スティーヴ・ホフマンのフォーラムでゼップのUS盤の音質はプレス工場によってかなり差があると書いてあったのを思い出し、改めて確認すると「RL」盤に関しては PR(プレズウェル)プレスが一番音が良いとのことだったので、インフォにあったように “覚悟を決めて” 入札し、何とか $82で落札!!! 手に入れた盤はマト末尾が A の最初期プレスで、いやが上にも期待が高まる。
 実際に聴いてみるとフォーラムのレポート通りの凄まじいサウンドで、スピーカーから怒涛の勢いで飛び出してくる音のダイナミズムに圧倒される(≧▽≦)  こんなごっつい音が $82で聴けるのだから、私にとってこの「RL」盤は安い買い物だったと言えるだろう。巨匠ボブ・ラドウィッグの最高傑作と言っても過言ではないこの盤は UK初回盤と十分にタメを張れる、いや、凌駕しているとさえ言っても過言ではない轟音盤だった。
 ということで何枚かある手持ちの「Led Zeppelin Ⅱ」では、音の深さとベースの重さ が際立つ UK初回盤と、絵に描いたようなラウドカットでパンチのある音が快感を呼ぶ RLカッティングのPRプレス US盤の2枚が最強、という結論に達した。因みに現在 Discogsには “RLカッティングの白プロモ” とかいう空恐ろしい盤が1枚出ているのだが、さすがに €1,000(132,000円)では手も足も出ませんわ(>_<)
Mastering Shootout: The Mighty Blimp II - A Six Version Throwdown