ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

帰ってきたヒトラー、映画

2016-09-14 17:20:53 | 映画

帰ってきたヒトラー

監督、脚本 デヴィッド・ヴェンド(1977年生まれ、ドイツ気鋭の映画監督)

あらすじ、

第二次世界大戦末期のヒトラーが現代にタイムスリップ。現代にいきなり放り出されてまごついていたが、周りの人たちがヒトラーの物まね芸人と思い込み、TVに出たり人気が出てきた。しだいに現代の生活に溶け込んでいいき、現代社会の矛盾や不満を聞くようになって、これは私がどうにかしなきゃと、全国を行脚して今の人々の不満を聞いて回った。ヒトラーは過去も現在も大衆の心を聞くのが上手だったのだ。大衆の不満や叫びを自分の権力構築にうまくすり替えるのだろう。

今のEUでは移民の増加と過激イスラムの問題などが、ちょうど1935年当時のドイツが抱えていた問題と似ていて、ヒトラーが過去と同じように現代でも人気が出てきた。トルコの移民をたたき、過激イスラムには力で対抗し、教育や道徳を説き新興政党まで作り始めた。まさに1935年当時の状況と似てきた。

現代の、EUのイギリスでも国粋主義、内向主義と言って良いのか、国内の不況・不振・不満を国外勢力へぶつけて人気を取る政治家にだぶらせている。

米国のトランプや、中国の習さんも同じであろう。

若者の不満を吸収したポピュリズムは大衆受けもするが、危険なものを含んでいる場合もあると警告している。民主主義は凸ものもあれば凹むものもあり、それのバランスをとることで成り立っている。ポピュリズムで全てよしを目指すと、ヒトラーのような独裁者を生むことがある。過去の独裁者ヒトラーは、政治家生命のスタートは選挙だったのだ。

第二次世界大戦の引き金となった、ナチスとヒトラーは、大衆の希望(心の中から)から生まれた化け物であろう。

大衆や市民と呼ばれるものは、時としてとんでもないものを生み出す。

ものの見方をひねれば違った世界が見えます。

軽い映画ですが、なかなか面白かった。

ぜひ、機会があればご覧ください。

写真はネットより拝借しました。

そうそう、うちの中国人のスタッフが昨年「帰って来たヒトラー」を観たと言っていた。中国本土ではこの映画は上映していないが、したたかな中国国民はネットで観るそうだ。

2019年7月 天気の子、新海監督アニメ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/5685b1b79fa0e8705ae25a538d42f227

2018年11月 万引き家族

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/fcc056e531a6daf8e06c97334948c2a6

2018年10月 カメラを止めるな

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/77e3df90890be3921c12ccdd60160292

2018年5月 コスタリカの奇跡

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/678fee15719f71929bb4c1a00db65ea6

2018年3月 シェイブオブウオーター、アカデミー受賞

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/df65b405417b214116972485477b12d2

2018年2月 スリービルボード

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/5133ea89931a4b362a6a702210ecc39e

2017年12月 オリエント急行殺人事件

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0e95ea094223f41489e6ce6f5d33be25

2017年11月 ブレードランナー2049

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/67fb5004864e2fe621cc135af9eefacd

2017年7月 忍びの国

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/597da5163453c1f070b440582bb9a68f

2017年5月 低開発の記録、星の記憶

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c468ab40189550ae7bade5012886a78f

2017年1月 海賊と呼ばれた男、出光石油の話

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/47127e6bde8b0c887181c09e2b361089

2016年11月 湾生回家、台湾生まれの日本人

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/bce9059d2941cf69dd680e12a11e02dd

2016年10月 君の名は、新海監督アニメ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/249335630d0fce72b6e559487efd18fa

2016年9月 帰ってきたヒットラー

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/28ded9edf6c75f2f171890815fb04a02

2015年5月 図書館戦争

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/baec55689a0ccf6cfde4a09f27885a90

2014年10月 バンフーマウンテイン映画祭

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/4d31b48f444015fd1b5a678b11f9becf

2014年1月 永遠のゼロ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9c2acd1979c600a54f0d675a9b81eb05

2013年10月 終戦のエンペラー

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/5c9121e9cb7a7ec7c8f25ef16bfbce9c

2011年8月 大鹿村騒動

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/f76c3c6fcbd8a294585b37602b08cbdd

2010年5月 第9地区

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/50871496bfbc37299c0c9bbdfe311cb7

2010年3月 アバター

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/f48f5b1b2870d1bbd1037b954f034824

2009年12月 泣きながら生きて

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/665f991435e822c9137dafa291d822ee

2009年6月 剣岳点の記

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/419cda4270609856d3b173b93afb3caf

2209年5月 天使と悪魔

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/88270d35b7c299565a8a6b9fd59a646f

2209年3月 おくりびと

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/c1a0455d293f62d41ba8560e7496cbf4


コメント   この記事についてブログを書く
« 身延山、七面山修行走、、、... | トップ | 地域のサークル「歩こう会」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事