羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

「上体のぶら下げ」考

2019年05月12日 11時10分52秒 | Weblog

最近のこと、「上体のぶら下げ」に、新しい視点からアプローチしている。

そもそもこの動きは、野口三千三先生の体育教師をやめなければならないと言われたほどの腰痛に対する防御意識から考え出された。

したがって腰痛には、効果がある。

さて、新しい視点というのは、ハムストリングのストレッチである。

ハムとは、ひかがみ(膕)のこと。

昨日のテーマは、この「膕」について、いろいろな方向から検討していただいた。

その際、「ゼウスが膕(膝窩)にある腱を切られて幽閉され、腱を取り戻して再生する話があったような気がする」と発言をもらった。

先ほど、Wikiを調べてみたら、詳しい話が載っていた。

なるほど、膝頭の裏側、膝窩にある腱を切られたら、歩けなくなる。

ゼウスは手の腱も切られてしまった。

手も足も出ないとは、このことである。

詳しい話は、別の機会に譲ります。

コメント

坐禅 ふたたび 三日目

2019年05月12日 11時02分36秒 | Weblog

三日坊主の三日目の坐禅。

本日の呼吸は、吐く息の途中から、腹筋に意識を向けた。

吐き切る最後の向けて、絞り上げるように下腹に力を込めてみる。

その時、肩の力をもっと抜いて、ぐっと鉛直方向に下げる動作を静かに行う。

と同時に腹筋と骨盤底筋群かと思われる位置を締めてみる。

肛門と膣の扉を締めるイメージである。

自然に背骨が伸びてくるから不思議だ。

いや、こうした呼吸を繰り返していると、背骨は伸ばされていると思っても、さらに伸びる余裕が見つかる。

本日は、ただそれだけで、およそ30分弱であった。

三日坊主で終わるかな?

コメント