KYO‐Gのコラム

大好きなハワイ、トライアスロン、ロードバイク、サーフィン、スキーその他興味があること、そして単なる日記(笑)を書きます。

音楽を、できるだけ圧縮されていない音源で聴きたくなった

2020年08月04日 07時51分35秒 | メール・インターネット・その他IT関連
ラジコをヘッドホンで聞いていて、音が貧弱というか薄く感じることがありました。

「なんとなく音楽を聞いているときは問題ないのですが、しっかりと聴きたいときにはちょっと不満」です。

「おそらく、そんなの気のせいレベル」なのはわかっているのですが、気になるといてもたってもいられません。

そこで、これを引っ張り出しました。




これ、何年使っていないのでしょう。

プールで泳ぐ時に使おうと思って買って、フルマラソンを走る時に使っていました。

購入したのは、2013年2月です。

「もしかして、動かないかも」と思いましたが、しっかりと音が鳴りました。

いいです。

CDをMP3(しかも圧縮率を最低にしている)にしているだけです。

Bluetoothの圧縮もありません。

音がはっきりというか、たくさんの音が聞こえます。

今でも最新の機器があるんですね。

 
スマホで音楽を聴くということが全盛なこの時代に、あえて4GBしかメモリーがないこの機器を購入するのは、「水中で音楽を聴く」ことと、有線ではない環境でMP3の圧縮だけの音楽を聴くことが理由です。

Bluetoothの機能を搭載しているものがありますが、あえてそれはBluetooth専用の機器を購入した方がいいと思います。

Amazonのレビューで、「ディスプレイもない環境で、たくさんの音楽から聞きたい音楽を探すことは至難の技。そんな環境でどうやって使うの?」というような意見がありました。

その方は、この機器の良さというか、メリットを得るために捨てるものが多いことを気づいていません。

音楽を探すのは、「フォルダ(アルバム)をスキップさせて、音で探し続ける」のです。

そんな面倒なことを強いられるのですが、それにより「他の機器を使わずに圧縮が少ない音楽を陸上でも水中でも楽しむことができる」のです。

こういう、モノはいいですね。

ラジオはないのかなぁ。


コメント   この記事についてブログを書く
« 楽天モバイルの配布と言って... | トップ | アナログラジオと有線ヘッド... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メール・インターネット・その他IT関連」カテゴリの最新記事