千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

銀座ライオン(外神田)の「小たまねぎ(ベコロス)のフライ」「銀座ローストビーフ」等

2019年11月03日 | 居酒屋・パブ
【令和元年11月某日 調査・登録】
 こちらの店「銀座ライオン」の生ビールは、一世紀を超える長い歴史の中、多くの方から愛されてきました。その特徴は、すっきりとしたクリアな飲みやすさと、美しい黄金色のきめ細かな泡のコントラストにあります。秋葉原ラジオ会館店は、秋葉原駅電気街口徒歩1分の至近距離にあり、ビアホールの雰囲気を満喫できる店内が魅力です。
 《前回のこちらの店の REO 八重洲鉄鋼ビル店の調査・登録:10品目の焼き野菜サラダ・アンガス牛のローストビーフ等




 まずは「エーデルピルス生ビール」をいただきましょう。ファインアロマホップを贅沢に使った上品なホップの苦みと香りが特徴の麦芽100%の生ビールです。


 こちらは「小たまねぎ(ベコロス)のフライ」です。甘みが凝縮した小たまねぎが丸ごと揚げられています。




 ビールのお替りは「ヱビススタウト クリーミートップ」です。ドイツ・バイエルン産アロマホップがふんだんに使われ、長期熟成されるというヱビス独自の製法にこだわったジャパニーズスタイルのスタウトです。いつまでも消えないクリーミーな泡が見事です


 こちらは、銀座ライオンの名物料理「銀座ローストビーフ」です。古き良きビヤホール「銀座ライオン」の伝統の一皿で、遠赤外線で焼き上げられた特製ローストビーフは表面は香ばしく、中はやわらかジューシーに仕上がっています。黒毛アンガス牛のサーロインで、「和風ソース」と「グレービーソース」が選べますが、「グレービーソース」をチョイスしました。


 伝統の「銀座ローストビーフ」はさすがの味わいでした。ビールも勿論美味です。

★銀座ライオン 秋葉原ラジオ会館店
 所在:千代田区外神田1-15-16秋葉原ラジオ会館地下1階
 電話:03-5298-5155
 品代:エーデルピルス生ビール737円、小たまねぎ(ベコロス)のフライ638円、ヱビススタウトクリーミートップ759円、銀座ローストビーフ<レギュラーカット200g>2,178円
コメント   この記事についてブログを書く
« RINGO(有楽町)の「焼きたて... | トップ | Manuel Tasca do Talho(丸の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

居酒屋・パブ」カテゴリの最新記事