ひろせ明子の市議日記

無所属・無会派。
市議として日常で見たこと・感じたことを綴っています。

入札結果

2024年05月17日 | 入札・談合

5月10日にお知らせ済み(特定関係調書が義務づけられていた)の入札結果、総合福祉センター維持管理業務委託は33社も参加しました。落札率84.89%でした。

浦安市はこの特定関係調書は令和6年度から実施しています。


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

県立特別支援学校誘致

2024年05月16日 | 県立特別支援学校

既存の市内小中学校で小学校機能を中学校に移転して、空いた小学校に県立特別支援学校が入ることになった浦安市。以下の記事は大変関心があります。

小中一貫校内に特別支援学校 28年度開校へ

鹿児島県教育委員会は、志布志市の小中一貫型教育校・伊崎田学園内に新設する特別支援学校について、2028年4月に開校する整備計画を14日の定例会で明らかにした。本年度中に基本設計に着手し、26年度に着工する見込み。

 計画によると、新設校には小学部から高等部までを置く。対象は同市のほか、旧財部町を除く曽於市、大崎町に住む知的障害、肢体不自由の児童生徒。開校時は80~90人で18~22学級を想定する。30年度以降は少子化で減るが、45年度でも50~60人で11~14学級程度を見込んでいる。

 校内には普通教室や個別指導教室をはじめ、清掃実習室や地域住民と交流できる喫茶実習室を設ける。医療的ケア室や日常機能訓練室のほか、パニック状態になった子どもが心を落ち着かせる小部屋なども設置する予定だという。

 学園には、こども園も隣接する。志布志市の福田裕生教育長は「インクルーシブ教育のモデル校区となるよう、県と連携していきたい」と意欲を見せた。

 志布志市教育委員会によると今後、伊崎田学園内の小、中学校を集約。いずれか空いた方の施設を新設校に活用する。土地と建物は、県に無償譲渡する可能性を含め協議中という。市教委の担当者は「小中学校の保護者や地域に理解を得られるよう説明していきたい」としている。

 対象の2市1町からは23年5月時点で、児童生徒91人が牧之原(霧島市)、鹿屋(鹿屋市)の両特別支援学校に通学。長時間通学と教室不足が課題となっており、塩田康一知事が2月の県議会で、志布志市に新設する意向を表明していた。

南日本新聞

鹿児島県は、障害のある子どもたちが通う特別支援学校(特支)を、志布志市の小中一貫型教育校の伊崎田学園内に新設する。塩田康一知事が、20日開会した県議会で表明した。開校時期は今後、曽於地区の2市1町と協議する。

 伊崎田学園は志布志市のほぼ中央に位置し、都城志布志道路のインターチェンジが近いことから利便性が高い。現在は、隣接する校舎で小学校と中学校で小中一貫校型を実施している。

 曽於地区からは2023年5月時点で、知的障害や肢体不自由の障害がある小中高の91人が牧之原(霧島市)と鹿屋(鹿屋市)の特支に通っている。

 近年の児童生徒増で牧之原特支は教室不足が慢性化し、曽於地区からの長時間通学も課題となっていた。曽於への特支新設はこれらの解消が狙い。


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

特定関係調書

2024年05月10日 | 入札・談合

本日執行予定の入札で以下の調書提出が義務付けられています。
(これまでもこのような調書提出が義務付けられていたかどうか、私の記憶は定かではありません。もし、これまでは義務付けがなかっとしたら、何で今?)

総合維持管理業務委託は毎回20社前後が入札に参加していましたので、不思議だな~と度々思っていました。

本日の入札参加者数はこれまで通り20社前後になるのでしょうか?

※本日は斎場総合維持管理業務委託入札も予定されていますが、こちらも同じ条件付きです。


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

しっくりこない落札結果

2024年05月08日 | 最低制限価格

4月26日に執行された入札結果です。最低制限価格は事後公表、この価格よりも1円でも安い金額だと「失格」にされてしまいます。

しかし、たった1円安いというだけで「失格」扱いをされることは市民感情としては到底納得できません。勿論、安かろう悪かろうは論外ですが。

以下の一覧からすると、(株)三建は落札者のセントラル(株)とは、落札価格がたったの6万100円安すぎたので失格です。この6万100円の差が一体どれだけ仕事に影響するのでしょうか?

一番安い価格で参加した長谷川体育施設(株)と落差札者との差額は10万8,200円の差でしかありません。10万8,200円が人工芝張替工事にどれほどのデメリットがあるのでしょうか?

お金を支払う私たち市民からすれば、少しでも安い方が良いわけです。10万8,200円が人工芝張替工事にどのような影響を及ぼすのかについて、この制度を導入している浦安市は説明できるのでしょうか?できないのであれば、即刻この制度の見直しをすべきです!

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

入札予定

2024年05月06日 | 入札・談合

入札参加者がなかったために入札執行できなかった①明海南小学校地区児童育成クラブ設備建築工事、②同機械設備工事、③同電気設備工事入札がそれぞれ5月21日、23日に予定されています。

公告書を見ましたら予定価格は変わらず、

①147,620,000円 入札予定日 5月21日
②44,407,000円    〃   5月23日
③25,949,000円    〃   5月23日

工期は契約締結日の翌日から令和7年3月17日までだったのもが、3月25日に変更になっています。

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

入札中止

2024年04月25日 | 情報公開

こちらはこんな理由による入札中止。↓

理由は「仕様の見直し」ですが、予定価格は10億円を超える案件です。仕様の見直しをするのは良いのですが、一体何があったのでしょうか。気になります。

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

入札中止

2024年04月24日 | 情報公開

こちらも昨日の入札が中止になったことに連動して入札中止です。

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

入札中止 

2024年04月23日 | 情報公開

本日開札予定だった以下の案件は流れました。予定価格が低すぎたのでしょうか?

中止理由  ↓

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国会でも取り上げられる! 

2024年04月17日 | パイプテクター

本日、山本ともひろ衆議院議員により委員会質疑が行われました。

以下をクリック

 

動画配信

       次にこちらをクリック

浦安市という一地方議会の問題ではなくなりました。国会でも問題にされています。つまり、全国マターになっているのです。浦安市長は真剣に取り組んで欲しいものです。


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

微動だにしない浦安市

2024年04月12日 | パイプテクター

山本衆議院議員、外務省にも働きかけをしています

本日、外務省の方々が国会事務所に来所。NMRパイプテクターなる効果不明、疑似科学、ニセ科学との指摘もある物が、在英、在蒙、在米の在外公館施設などに導入されている、とのことの事実関係と導入の経緯を訊ねました。

・・・・・・・・・・・

警察庁にも

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

微動だにしない浦安市

2024年04月10日 | パイプテクター

今度は消費者庁です。これほどまでに周囲がざわついているのに微動だにしない不思議な自治体浦安市。

山本議員X

「午後、消費者庁の方々が国会事務所に来所。NMRパイプテクターなる効果不明、疑似科学との指摘もある物から消費者を保護する方策について相談。」


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

黙殺される教師の性暴力

2024年04月10日 | うそじゃないよ、本当だよ!

平成15年に市内小学校で発生した事件が題材の本「黙殺される教師の「性暴力」」が中国語に翻訳されるとのこと、嬉しい連絡が入りました。市にとっては恥ですが。

事件の顛末はこちらをお読みください ➡ 嘘じゃないよ本当だよ

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

化学物質で健康被害 退職余儀なくされた男性の「労災」認める判決

2024年03月21日 | 化学物質過敏症

化学物質過敏症で退職を余儀なくされた方の労災認定が認められました。

私たちが生活している事態はここまで悪化しているのに、浦安市の化学物質過敏症についての認識は甘い。私が何度も議会で取り上げて来た学校給食エプロン問題、もう少し敏感になって欲しいものです。

化学物質で健康被害 退職余儀なくされた男性の「労災」認める判決

記者会見をこんな重武装で臨まなければならないのが現実なのです。

工場に勤務時に有害な化学物質にさらされて「化学物質過敏症」で退職を余儀なくされた男性が労災申請を認めなかった国の処分の取り消しを求めた裁判で、東京地裁は14日に労災と認める判決を下しました。

 国の処分の取り消しを求めたのは「花王」の工場に勤務していた男性です。

 男性は工場で1993年からクロロホルムなどを扱う検査業務をしていましたが、頭痛や目まいなどの症状に悩まされ、化学物質過敏症と診断されて2012年に退職しました。

 男性が花王を相手取り2013年に起こした裁判では損害賠償請求が認められました。

 一方、2013年から5回にわたって申請した労災申請については化学物質過敏症が業務に起因したものと認めらずに却下されていました。

 今月14日の判決で、東京地裁は「遅くとも2001年6月頃までには有機溶剤中毒を発症していた」「業務の際、有機溶剤にばく露したことが原因であると認めるのが相当」と男性の訴えを認め、国に労災の不支給決定の取り消しを命じました。

 今回の判決では男性が今も苦しんでいる化学物質過敏症の業務との因果関係は検討されず、化学物質の中毒による「後遺症」とされました。

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一般質問 テープお越し

2024年03月20日 | パイプテクター

15日、私の一般質問が行われました。その時のやり取りを市民の方のご協力を頂きテープお越しが出来ました。(ご協力ありがとうございました。)

 

広瀬議員:

件名1、NMRパイプデクターについて、要旨1、国の動向1、国の認識対応。

1月の末、X、いわゆるツイッター上で激震が走りました。

1月23日、山本ともひろ衆議院議員がX上で、「防衛省の担当者達が国会事務所に来所、元自衛官の再任用制度に関して議論。加えてNMRパイプデクターなる効果がよくわからない、疑似科学との指摘も散見されるモノを自衛隊が入札で導入する可能性があり、 公告済みではあるが、入札を止められるのであれば止めるように指摘。 調査するとのこと。」

そして、翌2月6日、

「全国の防衛省・自衛隊でNMRパイプデクターが設置されているか調べたところ、3カ所にあることが判明し、適切な時期に撤去する、とのこと。今後、特許品などは良く性能などを確認することを徹底する、となりました。」

要するに、国は既に入れてある自衛隊関係の施設、多分、他の施設もあるのではないかと思うんですけれども。

今回は自衛隊施設3箇所に入っているのを、これは撤去する方針が出ました。

そこでお伺いいたします。

浦安市は、この対応をどのように考えていらっしゃるのでしょうか。

よろしくお答え。答弁の方、お願いいたします。

 

生涯学習部長:

広瀬明子議員の一般質問にお答えいたします。

件名1、NMRパイプテクターについて、要旨1、国の動向、細目1、市の認識・対応についての中、国がパイプテクターを撤去することについて、市はどのように考えているかのお尋ねでございます。

国が設置したNMRパイプテクターにつきましては、防衛省のホームページにおいて、

「 当該製品の導入の有無につきましては、現在、全国の駐屯地・基地において確認作業を行っている最中で〜情報収集・整理を進めまして、どのような方法が適切なのか、公告内容の再整理も含めて、対応を検討してまいりたい 」

という報道官会見の内容が公表されております。

この件について、防衛省に確認したところ、その内容については「答えられない」との回答をいただきました。

市としましては、これまでもお答えしてまいりましたとおり、市民プラザに設置したNMRパイプテクターにつきましては、引き続き設置証明書兼製品保証書にある保証期間である10年間、こちらを経過観察してまいりたいと考えております。

 

広瀬議員:

国に問い合わせていただいたということがわかりました。

その結果、国側は「答えられない」という、ご返事だったというわけですけれども、このXにも書いてあるように、疑似科学との指摘もあるじゃないかと。

そして実際1月の末予定していた入札は取り消された。入札執行はされなかったことこれは市側は確認されていますよね

 

生涯学習部長:

こちらにつきましても先ほど申し上げました報道官の会見の内容の中で改めて情報収集を行う必要があると判断されたことから調達を一旦保留するというふうな報道がなされております。

以上でございます

 

広瀬議員:

情報収集を、国の情報収集の流れを経緯を見守るという浦安市の姿勢だと思うんです。

そして結果的に、浦安市は国とは別に、設置はこのまま維持するという今の答弁でしたけれども、この山本ともひろ議員が指摘されているように疑似科学との指摘も散見されていると。

これをどのように市としては受け止めたんでしょうか

 

生涯学習部長:

様々な形でこういったSNS, Xも含めていろいろな考え方があると思います。本市につきましては、今まで通り市民プラザに設置したNMRパイプテクターにつきましては引き続きこちらの製品保証書。こちらにある10年間こちらを経過観察してまいりたいというふうに考えております。

 

広瀬議員:

それでは山本ともひろ衆議院議員にもこの書き込みの内容について連絡していただけたんでしょうか?

 

生涯学習部長:

山本ともひろ議員の方には確認はしておりません。防衛省の方に直接確認をさせていただいたところです。

 

広瀬議員:

私はヒアリングで両方に確認してくださいとお願いしましたけれども、なぜ一方だけだったんですか?

 

生涯学習部長:

こちらはやはり事実確認を求めるためには防衛省の方に確認することが最適というふうに考えております。

広瀬議員の方からヒアリングの際に調査してほしいということのお尋ねがありましたが防衛省の方に確認を行ったところでございます。

以上です。

 

広瀬議員:

いち国会議員がXで、これ当時何十万という回数が動いてました。見られてました、このページは。

いち国会議員がこれだけのことを発言するにはそれなりの根拠があると思うんです

そういう意味で私は、国にヒアリングをすると同時に、これを発信したこの国会議員にもやるべきだという意味でお願いしたんですけれども、それはやってはいただけなかったわけですね。

それでは関連して国がもしこれをいろいろと調査した結果、ここのXに書き込まれたように適切な時期に撤去するとなった場合、浦安市はどうされるんですか?

連動して撤去するんですか?

 

生涯学習部長:

先程来申し上げましたとおり国が設置した装置でございます。本市が設置したのは市民プラザに設置したパイプテクター。こちらにつきましては引き続きやはり経過観察をしてまいりたいというふうに考えております以上です。

 

広瀬議員:

経過観察って何ですか?

 

生涯学習部長:

こちら設置証明書兼製品保証書。こちらの中に10年間はその数値を検査していくというふうに表記ございます。

こちらの数値をもとに我々の方はそれに効果があるのかどうかというところも見極めまして経過を観察していきたいというふうに考えております。

 

広瀬議員:

数値、要するに水質検査の話ですよね。期的に2年に1回だったと思うんですけれども水質検査をしていくと、それを見て数値が低ければずっと10年間はつけておくという。

そういうお考えですか?

 

生涯学習部長:

まずは10年間を見ていきたいというふうに考えております。

またどういったことになるかというのは、これから先わからないところですけれども、やはりその数値を見ていく中で何らかの変動があれば、それは考えなければいけないかもしれませんけれども、今のところ考えられるのはこの期間は数値は確認していきたいと考えております

 

広瀬議員:

数値に大変こだわっているんですけれども、数値にはトリックがあるという動画が流れているんですよ。

あれをどのように理解しているんですか?

あれはいっぱい動画が流れていますから、そのOne of themだと、単なる一つなんだと、そのようにしか理解していないのか?

あともう一点国が、市がまだ設置して10年間、様子を見るんだという間に撤去するという方針が出た場合。

それでも市は10年間は保証期間の10年間はキープするんですか?

 

生涯学習部長:

いずれも答弁したかと思うんですけれども。

様々な情報というのはこのネット社会においていろいろな形で流布されていきます。

それが正しいかどうかというところも含めて、総合的な判断が市には求められているかというふうに思っております。(注:行政って、「総合的」って言葉が大好きですね!個別具体的な判断を求めます。)

そういった中でそういった情報も含めて今後どうしていくかということを逐次決めていっているところでございます。

あと・・なんだっけ・・・よろしいですか

 

広瀬議員:

そもそも浦安のおかしさというのは、文化会館に入れると言って入れなかったんですよ

令和2年度、約2000万の予算を組んで私が議会で取り上げて、市もちょっとたじろいでしまって。翌年に、令和3年度に繰り越し予算した。それでも結果的に入れなかった。

入れなかった理由というのは、私、何度もここで確認していますけれども、

この会社が、いわゆるどこか大学等で実験していると。

その結果をくださいと市は何度も迫っているんですよ。

でも結果をくれない。だから契約しなかったと

こっちは、今維持している方は結果出ているんですか?

どこかの大学機関で検査していたんですよ?

その結果証明書もらっているんですか?

市はもらっていなくても置いといていいんですか?

 

議長:

通告に基づいて質問をお願いいたします。国の動向に関しての質問に求められています。

注:何でこの質問が通告外なのでしょうかね?全ての質問を通告することは無理!全てを通告していたら、台詞読みっこの議会になってしまいます。通告に対して、事前に答弁をくれれば、次の質問も通告可能なのですが、つまり台詞読みっこの議会、儀式としての議会になってしまいますが、議長はそれをお望みですか?この議長の対応は問題です!

広瀬議員:

議長のちょっと思わぬ議事進行が入ってしまったので。答えらればお答えくださいよ。お答えできなければ、次の質問に進みますので

 

生涯学習部長:

これまでも答弁差し上げているとおり、今後そういったことというよりも、今ある数値、こういったものを注視してまいりたい。また以前にもお答えしたと思いますけれども、我々行政側は延命措置を図っていくと、あらゆる方法をとっていきたいというふうな思いもございます。

そういった中で国の動向が変化した場合でも、そのときには考える要素もあるかと思いますけれども。(国の動向に左右されるってことですかね?)

実際には、これは市が導入して今実際には稼働しているわけですから、その稼働している中での対応をしてまいりたいというふうに考えております。←意味不明

以上です

 

広瀬議員:

延命措置延命措置と言いますけれども、私たち岡本議員と美勢議員私と3名で11月28日あの機械を維持管理している事業者さんの職員さんと面談をさせていただきました。そこは同じイオンの建物を同じような仕組みで冷温水管を管理している業者さんです。

イオンの方はもっと装置が大きいです。

屋上に行っていただければわかると思うんですけれども金網で囲われていてウェーブ側いわゆる浦安側とこっちはイオン側でっかい機械が動いています。

ずばり私聞きましたパイプテクターつけていなくて大丈夫なんですかと

問題ありません」と

同じ機械ですよ。もっと大きいものなんですよ同じ建物で同じ年月に作っているんですよ。片やなんかこういうものをお金を使って買って、片や「いや別に」という。

あれはぜひ部長さん直接その方にお話を聞いてください。

付けていないことでのデメリットはないのか?もしデメリットはないというのであれば浦安市は無駄なお金を使ったということになります

 

イオン(以前はダイエーだった)屋上にウエーブ101用の機械(調冷温水配管)とイオン用の機械が取り付けられてあります。イオン用の機械にはパイプテクターは取り付けていないとのことでした。でも、不具合は生じていないとのこと

(続く)

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Anthem Lights

2024年03月16日 | 趣味

私はブログで自分の趣味のことは皆無と言っていいほど触れてきませんでした。

市議活動に直接関係がないからです。

でも、今回は私が仕事に疲れたときに聴く好きなミュージシャンをを公開します。私を知っている人は、多分意外に思われることでしょう。

Anthem Lights

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする