ひろせ明子の市議日記

無所属・無会派。
市議として日常で見たこと・感じたことを綴っています。

3月議会から その1

2018年06月18日 | 福祉・情報公開

3月議会一般質問議事録です。
(マスコミでパワハラが問題になっていますが、これは決して他人ごとではなく、浦安市から指定管理を受けた事業所でも行われていました。)

・・・・・・・・・・・

 件名1、社会福祉法人への改善指示について、要旨1、浦安市が行った改善指示、細目1、身体障がい者福祉センター。
 身体障がい者福祉センター、ここでは身体障がいのある方が住みなれた地域で生きがいを持った生活が営めるよう地域活動支援センターとして創作的活動や機能訓練のサービスと障がい者総合支援法の生活介護事業、自立訓練などを行っております。平成25年4月から社会福祉法人パーソナル・アシスタンスともさんが10年の指定管理の委託として事業を展開しております。この事業について、過去に改善指示が浦安市から行われていたことが昨年末、情報公開で開示請求してわかりました。件名1は、この市が行った改善指示の内容に沿って質問を行います。


 まず、平成28年10月20日、浦障事第551号における指摘事項について質問します。
 このように書かれていました。「平成28年7、8月に複数の利用者らから当施設について、センター長が不在の時間が多い、センター長が職員に対してパワーハラスメントがあり利用者として怖い、職員の退職が多くサービスの質がよくない等の苦情があった」と公文書で書かれておりました。
 そこで質問をいたします。ここに書かれているセンター長の不在の時間が多いとか、センター長によるパワーハラスメントがあった、この内容をまず説明をお願いいたします。
 以下、質問者席でお願いいたします。

◎健康福祉部長(大塚慶太君) 広瀬明子議員の一般質問にお答えをいたします。
 件名1、社会福祉法人への改善指示について、要旨1、浦安市が行った改善指示の中でパワハラの詳細な内容はどのようなものであったかとのお尋ねです。
 身体障がい者福祉センターのセンター長が職員を指導する際に大声を出したり、高圧的な言い方をするなどにより利用者が恐怖心を抱いたというふうにお聞きをしております。
 以上です。

◆(広瀬明子君) 今マスコミ等でもパワーハラスメントというのが大変大きな問題になっております。それが浦安市内の事業所において、それも市が指定管理で10年の事業を委託していたところでセンター長によって職員に対して行われたと。そして一番の問題は、事業所の中の問題ではなくてそこにいた、公文書を読むと利用者として怖いと。要するに身体障がい者福祉センターを利用していた市民の方だと思うんですけれども、怖いという恐怖感を覚えてしまったという、こういう事実に対して市はどのような認識というか対応を考えたんでしょうか。

◎健康福祉部長(大塚慶太君) パワハラについては、センター長による職員へのパワハラがあり、利用者として怖いとの通報があり、市が調査を行いましたが、職員19人中9人しか調査に応じず、苦情対応が不十分であるとして、常勤職員の配置不足と併せて平成28年10月に改善指示を出したものです。
 市からの改善指示を受けた法人は、市の業務改善指示に従い平成28年11月15日付でセンター長を交代させています。
 以上です。

◆(広瀬明子君) 今答弁がありましたように、これも公文書に書かれておりましたけれども、市では全職員の調査が必要と判断し申入れをしたが、センター長は常勤7人、非常勤12人、計19人中9人の職員しかできないと応じなかったと。これってあり得ないと常識的に思うんですよ。市としては、そこで働いていた職員さん全員から何らかの聞き取りをしようとしたらば、19人対象の職員がいたと、この公文書を読んでいくと。ところが、実態は9人しか職員は応じないと。そういうのって許されるんですか。市がお願いしている事業者さんが、問題があったから当然市は苦情が上がったから当然実態調査するの、これは当たり前です。では、実際は拒まれた、全員は調査できなかったわけですよね、この時点で。それを、市はよしとしたわけですか。

◎健康福祉部長(大塚慶太君) 今回の調査につきましては、9人調査した後、断られたものですけれども、専従で勤務している方の調査や勤務時間が長い方の調査をした後、残りの方は短時間でしたので、短時間の勤務の中で調査で時間をとられることは支障を来すといった理由で断られたというふうに理解をしています。
 以上です。

◆(広瀬明子君) 残りの人、いわゆる19人中最初9人しかできなかった。最後、最終的に終わったのは半年後ですよね。私、ヒアリングでそこら辺聞き出しましたけれども。平成27年7、8月にこういう通報があったわけですよ。それで即市側は動いたんでしょう。平成28年10月20日の公文書で出てきましたから即動いたんだろうと思うんです。ところが、最終的に19人全員、該当するであろう職員さんの聞き取りは終わったのは半年後である。どういうことですか。これは事業者として本当に市は信頼できるんですか。特にこの事業というのは、最初に説明しましたように障がいがある方たちが浦安で住んでいこうというために市が指定管理を選考して選んでいった事業所ですよね。そこでパワハラがあったと。利用者さんが怖くなっちゃったというね。これを今のような対応で、市の対応が非常に私は甘いんではないかと思うんですけれども、いかがでしょうか。

◎健康福祉部長(大塚慶太君) 利用者への心理的虐待の通報を受け、当初に行った事情聴取は平成28年9月から10月にかけて実施したものです。再調査の実施を決定し、平成29年2月に再調査する旨を通知し、先方の回答を待って再調査を実施する予定としておりましたが、既にセンター長が交代したことや年度の切り替え時期と重なったことから再調査の時期が6月となったものです。
 以上です。

◆(広瀬明子君) とても納得できない答弁なんですけれども、ここに書かれている、センター長が不在の時間が多いと。センター長は本来、ここにいなければいけない方ですよね。何で不在が多いんですか。これ公文書に書かれているんですよ。何でセンター長は、本来いなければいけないのに不在が多いと、市はそのように書いてあるんですよ。センター長は何しているんですか。本来いるべきところにいないで、ほかの仕事していたんですか。

◎健康福祉部長(大塚慶太君) ただいまのご質問につきましては、ヒアリングを行っていないご質問ということで、この場でお答えすることはできかねます。
 以上です。

◆(広瀬明子君) 市の公文書の中身を通告しているんですから一つ一つ細かいことを、答弁できないというのは、通告が、確かにそのことはしなかったかもしれないけれども、異常じゃないですか、センター長、いなくちゃいけない人がいないって市は書いたんですよ。その理由をすぐ説明できないんですか。
 できないんですね、だから市は甘いと、私はそういうふうにあえて言いたくなるんですけれども、これは通告してあります。改善指示は過去、この事業者さんに何回、またどういう内容で出ていますか。これはちゃんと通告しましたよ。

◎健康福祉部長(大塚慶太君) 改善指示についてのご質問ですけれども、平成27年8月に若い世代の利用促進策の指示について、また施設の目的外使用に関する是正指示についてということと、あと平成28年10月、常勤職員の配合割合の改善、それから職員へのパワハラに関する事情聴取、さらに平成29年1月に作業療法士の配置指示などについての改善を通知しています。
 以上です。

◆(広瀬明子君) 今のを合計すると、合計5回私が調べた限りですと平成27年8月17日、平成27年8月も出ています。あと同じく平成27年8月17日はほかの指定管理事業について出ています。平成28年10月20日、今のパワハラの話ですね。それで平成29年1月6日にもまた身体障がい者福祉センターに関して出ています。合計5回、こんなに出ている事業者というのはほかにあるんでしょうか。浦安に関連する事業者さんで改善指示を文書で、口頭ではないですよ、文書で出した事例というのは今までほかにもあるんですか。

◎健康福祉部長(大塚慶太君) 他の事業者についてはございません
 以上です。

◆(広瀬明子君) 異常な事業者ですね、そういう意味では。回数が多いという意味でですよ。ほかの事業者にはこんなに出したことがないと、市側の答弁がありました。ここは5回浦安市が出しております。私、ヒアリングのときにこちらの情報として情報提供したんですけれども、以前は県が管轄でした。県のときも、県がこれは監査に入ろうとしたらば、監査を拒否した事例がありましたよね。私、それは県から取り寄せた公文書で市側にこういうことがありましたよと。ということは、それは平成24年の話なんですよ。市に事務の管轄が移る前の話、それで今回平成28年のパワハラのでは調べようとしたらば、19人中9人しか対象として出してこなかったというね。県が管轄のときは監査そのものを拒んだ。県の監査を拒んだ理由というのは受検態勢という、私は聞きなれない言葉だったんですけれども、受検態勢が整っていないという理由で県の監査を拒んでいます。それは私、資料として市側に情報提供していますからそこは認識されていると思うんですけれども、非常にそういう意味では問題が多い。
 特にパワハラの問題で、センター長がそこの職場からいなくなった、配置がえをしたのかどうかわからないんですけれども、とにかく市としてはセンター長、問題のパワハラを働いたセンター長がいなくなったからいいという、そういうご認識ですか。

◎健康福祉部長(大塚慶太君) ただいまのご質問ですけれども、センター長の交代、それから法人内の職員の教育研修なども推進しているというふうに伺っているところです。
 以上です。

◆(広瀬明子君) 市の平成28年10月20日の公文書で、何でこういう、要するにセンター長が断ったと、調査する対象の人を19人中9人しか出さない。これは対応が不十分である原因、要するに先方の対応が不十分であった、その原因というのは、市側の公文書ですよ、書いてあるんですよ、貴団体の人事管理体制に問題があるものと考えると。単なるセンター長の問題じゃないんですよ。市はちゃんとここまで言っているんですよ。この団体の人事管理体制、貴団体の人事管理体制に問題があると。一個人の特殊な問題じゃないと市は認識していると、そのようにこれは理解できるんですけれども、そのように理解してよろしいわけですね。

◎健康福祉部長(大塚慶太君) ただいまのご質問につきましても、ヒアリングのときにいただいておりませんので、この場でのお答えは差し控えさせてもらいます。
 以上です。

◆(広瀬明子君) ヒアリングで一つ一つ、これ再質問を私はしているんですよ。ヒアリングでは第1問しか通告していないですよ。それで答弁いただいて、それについてどうですかと聞いて。何で再質問に対してちゃんとお答えできないんですか。今私読んだのは、市側の書いた公文書ですよ。こういうふうに書いてありますけれども、今読み上げたところからすると、決してセンター長個人の問題じゃないという、市はそのように把握したんですよねという確認をしているんです。あるいは、じゃ市は単なるセンター長個人の問題だと今も思っているんですか、どっちですか。

◎健康福祉部長(大塚慶太君) ただいまのご質問ですけれども、センター長個人の問題と組織的な文書に書いてあるところもかかわっているというふうに認識をしております
 以上です。

※やっと、「個人の問題だけではなく、組織の問題でもあることを認める。


◆(広瀬明子君) わかりました。今の答弁、後からの質問に影響してきますので、わかりました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

訂正

2018年06月16日 | 液状化対策

舞浜工事中止に関連して行われた「縦覧」。その書類に二点ミスがあったことはお知らせ済みですが、その訂正をどのように行ったのかは関心があります。

先日担当課に行きまして訊きましたら、以下

 

のように訂正したそうです。市HP上で公開。

 

図面上のミスについては、市HPでは一切触れていないようなのですが、何故なのでしょうか?


この記事をはてなブックマークに追加

鳥の巣

2018年06月15日 | 環境

11日にご紹介した鳥の巣、そっとのぞいてみました。

卵が三ケありました。シジュウカラの卵だと思います。

 


この記事をはてなブックマークに追加

弁天工事は?

2018年06月14日 | 液状化対策

弁天地区で5月27日、住民(対象者をどのように市は選んだのか?)に対して説明会がありました。議所録を開示請求したのですが、一体全体何を話したのかが全くわかりません。市からの説明で、「本市の地盤特性を踏まえると格子状改良工法による液状化対策しかない。」と、市は相変わらずのことを言っていることだけはわかります。

市側の出席者は石井副市長と小檜山都市整備部長だけで、先方(弁天45宅地関係者)は誰が出席したのかも、また、人数も不明です。複数名いたであろうことは推測できますが。

黒塗り理由は、
①個人に関する情報であって、特定の個人を識別することができるものである。開示することにより当該個人が明らかとなり、個人の権利利益を害するおそれがあるため。(情報公開条例7条2号)
②実施機関が行う事業の利害関係がある相手方との交渉等に関する情報であって、公にすることにより、利害関係者との信頼関係を損なうおそれがあり、今後の適正な事業の遂行に支障を及ぼすおそれがあるため。(6号)

 


この記事をはてなブックマークに追加

アジサイ

2018年06月12日 | 環境

今年はアジさんが当たり年とか・・・、確かに庭のアジサイは見事です。

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

鳥の巣

2018年06月11日 | 環境

昔子供たちが食べたビワの種を撒いたものが、子供たちの背丈を優に超える大きさになったので枝を落とそうと思ってたら、こんなものがありました。

鳥の巣でしょう。思わず後ずさりしてしまいました。卵が入っているのかどうかは分かりませんし、鳥の姿も見たことがありませんが、もう少し放置することにしました。


この記事をはてなブックマークに追加

怒りの声

2018年06月10日 | 平和

雨にも関わらず、2万7千人も集まった国会前集会。こんなにも大勢なのだから友人に会えることなど期待もしていなかったが、帰りの電車や駅などで三人もの市民にお会いしました。皆さん、今の政治状況にいてもたってもいられないのです。

 

 

 

 

歩道が人で溢れているので、公園内から聞き入る人々

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

うっかりミス?

2018年06月08日 | 液状化対策

まさか・・・、まさか・・・・。

現在は舞浜工事中止に関しての縦覧期間です。

市HP

舞浜三丁目地区市街地液状化対策事業計画の変更(廃止)の縦覧
ページID K1023178 更新日  平成30年5月30日  印刷
浦安市市街地液状化対策事業に関する条例(平成27年条例第2号)第8条において準用する同条例第6条第1項の規定により、市街地液状化対策事業計画の変更(廃止)について下記のとおり縦覧します。

事業計画の名称
舞浜三丁目地区市街地液状化対策事業計画
舞浜三丁目地区市街地液状化対策事業計画(その2)
舞浜三丁目地区市街地液状化対策事業計画(その3)
舞浜三丁目地区市街地液状化対策事業計画(その4)
縦覧場所
都市整備部復興事業課(市役所6階)

縦覧期間
平成30年5月31日(木曜日)から6月13日(水曜日)まで
注記:土曜日・日曜日を除く

縦覧時間
午前8時30分から午後5時まで

・・・・・・・・・・・・・・・・

「縦覧」ってどんな内容なのかを知りたくて、私も縦覧に行きました。
6月5日のことです。

名前・住所を書かされ、それほど厚くない四冊の冊子が渡されました。

一昨年、議会に提案された舞浜地区(4ケのブロックに分けて提案された。)の図面と工事面積や金額などが書かれた冊子です。
じっくり見るためにコピーが欲しかったのですが、コピーは✖。書き写すなら〇。

仕方なしに図面と経費等々の数字の転記を始めました。

う・・・、何かおかしい!
4ブロックに分かれた街区の中に工事個所が分かるようになっているのですが、ご丁寧に、工事個所は二種類が出ています。
一つは、大きめの図で、もう一つは地区全体が分かるように該当箇所は小さめになっています。
どちらの図も、街区は同じでなければいけないのに、4つの冊子の一つだけ街区が「ずれて」示されているのです!

まさか、こんな大事な書類でミスがあるとは思わないので、私の目の錯覚かと何度も見直したのですが、やはり「ずれて」います。

早速担当者に理由を尋ねたのですが、答えられるはずがありません。ミスなのですから。理由はないのです。単純なミスですから。

条例に則り、期間限定して縦覧している書類での記入ミスです。驚きました。

公文書の訂正方法に則り、訂正が一目瞭然で分かるように(問題書類を破棄などしないように!)きつく申し入れをしました。

その後家に帰り、転記した数字を見て、素朴な疑問が湧きました。

私が転記してきた数字  ↓ 

上記表の赤字数字429百万円が何故かしっくりしませんでした。
「分担金総額」とあります。この「分担金」とは、私がこれまで理解していた分担金(この工事に参加する場合の一宅地分の分担金、200万円を限度とし残額は国費と市費とで賄う。)とは違う意味で使っているのかもしれないと思い、一昨日また担当課に質問に行きました。
私が理解している意味であれば、こんな大きな数字にはならない、精々が1億強の筈ですから。

そこでまたまた驚く場面に遭遇しました。

「市側のミスです」と、担当者が言うのです。私の「分担金」の理解は間違っていませんでした。

え、またミス・・・・!

4億円であろうが1億円であろうが、ここに書かれているのはあくまでも書類上の数字です。実際に動くお金であれば4億円と1億円とでは大変な違いですが、これは市民に条例に基づいて書面上で示している数字です。
その数字が違うからと言って一々質問をするのは正直かったるいことです。

でも、私は全く納得できませんでした。何でこんなことが起きるのでしょうか?当然、この縦覧は一担当者だけで行っているわけではなく、市と言う組織での行いです。

偉~い方たちも当然に目を通して、チェックして、問題ナシと判断して市民に縦覧をさせているのです。
偉~い方たちは、今回のことをどのように感じているのでしょうか。責任を感じているのでしょうか。まさか、直接数字を書いた一職員に責任転嫁することなどないでしょうね。

外は急に暑くなってきています。私の頭も、カッカしてきました。

※たまたま、偶然に見つけてしまったミス、他にもこんな事例はあるのではないかと、ふと不安になりました。これは氷山の一角だったのではないだろうか・・・。これまで以上に、厳しい目で市を見て行かなければならないと決意を新たにした次第です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

市内散策 その2

2018年06月07日 | トイレ

こちらは東野の公園です。
海楽南児童公園のように木がないのは残念ですが、幼児用の遊び場は柵で仕切られていて安心です。トイレは海楽の公園と同じ作りでした。

 

 

幼児用の遊び場は柵で仕切られています。

 

 

海楽の公園のトイレと同じデザインで素敵です。

 

この外観だけでは、とてもトイレとは想像できないです。素敵です。

 

反対側は全面が花模様になっています。
当時のデザインした人のセンスの良さを感じます。

 

掃除も行き届いていて、ストックのペーパーの保管も問題なく行われています。

 

ここも天窓がついています。


この記事をはてなブックマークに追加

市内散策 その1

2018年06月06日 | トイレ

市内散策で、トイレ訪問を始めました。

 

 

 木が生い茂り、貴重な静かな公園です。

 

海楽児童公園内のトイレ、外観はトイレを全く感じさせない公園に相応しいものです!
遠くから見たら、トイレとは想像もできない。近寄って初めてトイレだとわかるものです。

 

 外壁の花柄が気に入りました。

 

外観だけからは、トイレは想像できません。

 

中には天窓がついていて、昼間は電気不要。

 

汚れは全くなし。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

入札参加申込書

2018年06月04日 | 入札・談合

音楽ホールに設置予定の自動販売機入札では、「入札参加申込書」の提出が必要です。その書式も市HPで公表されています。

何でこのような入札参加申込書が必要なのかを市担当課に尋ねました。当然に規則とか要綱とかに規定があるのだと思い、具体的な規則(要綱)名を教えて欲しかったのです。
が、が、そのようなものはないとのことでした。基本的に工事、それに付随する入札で求めているとのことでした。

自動販売機に関する入札は、市所有場所を貸し出す行為です。決して工事案件ではありません。でも、入札参加申込が必要とされているのです。

何でこんなことが生じるのか?
きちんと文字で(規則でも要綱でも良いのですが。)定めて、統一した扱いをすべきです!

これでは、担当者の一存でどうにでもなってしまいます。市の業務は、誰が行っても同じ扱いが必要なのです。

この入札は、電子入札ではなく昔の方式(入札日に金額を書いた紙を持参して行う。)だそうです。電子入札にしない理由は、電子入札では一番安い金額が落札しますが、自動販売機入札は一番高値を付けたところが落札者になります。
だとしても、「入札参加申込書」の事前提出は不可欠なのでしょうか。 


この記事をはてなブックマークに追加

介護費不正受給 茨木の2事業所 市、指定取り消しへ /大阪

2018年06月03日 | 福祉・情報公開

介護費不正受給

茨木の2事業所 市、指定取り消しへ /大阪

茨木市は31日、介護事業会社「Altruistic(アルトルーイスティック)」(大阪市阿倍野区)が運営する市内の2事業所が不正に介護給付費を受け取ったなどとして、6月30日付で事業者指定を取り消す行政処分を発表した。

 市によると、「訪問介護 愛いばらき」などの2事業所は介護保険法に基づく運営基準に違反し、一部利用者のサービス提供記録などの書類を作成せず、少なくとも計1400万円を不正に請求・受領した。昨年10月、市の実地指導で発覚、返還を請求する。【松本紫帆】

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

音楽ホール 自販機入札予定

2018年06月01日 | 自動販売機

問題を抱えた音楽ホール、昨年春に開設しましたが何故か自販機は置かれてませんでした。これまでは新施設には社共やNPO法人、公社などが運営していましたが、今回は市が入札に踏み切りました。自販機を公的施設に置くことには環境問題の観点から、私は反対ですが入札に踏み切った点は新市長の前向きな姿勢として高く評価します。
※私は各事業者が運営することの問題点は議会で再三指摘してきましたが、前市長時には殆ど改善されませんでした。

 

音楽ホール入札情報

業務名

浦安音楽ホール自動販売機設置事業者の募集

業務の概要

  1. 自動販売機設置公募物件(場所:浦安市入船一丁目6番1号 浦安音楽ホール)

設置場所

台数

販売品

設置許容面積

(幅×奥行×高さ)

浦安音楽ホール

5階事務室脇

1

缶・ペットボトル

1,100×650×3,500

(単位:センチメートル)

  1. その他
    詳細については「浦安音楽ホール自動販売機設置事業者募集要領」をご参照ください。

履行期間

平成30年7月1日から平成35年6月30日までの5年間

・・・・・・・・・・・・・・・

 自動販売機に関するブログ記事

 

 



この記事をはてなブックマークに追加

舞浜市街地液状化対策工事中止

2018年05月31日 | 液状化対策

舞浜工事中止については千葉日報と読売新聞に載りました。

千葉日報 5/29

 

読売5/29


この記事をはてなブックマークに追加

千葉市 官製談合事件有罪判決

2018年05月30日 | 入札・談合

千葉市で発覚した不正入札

千葉市が発注した橋の修復工事をめぐる官製談合事件の判決公判が29日千葉地裁で開かれ、市の元職員に執行猶予付きの有罪判決が言い渡されました。

 千葉市緑土木事務所元所長の内山恵市被告(60)は去年5月、市が発注した緑区内の陸橋の修復工事の入札で、工事価格などの秘密事項を建設会社の元役員の男に漏らしたとして官製談合防止法違反の罪に問われました。

これまでの裁判で内山被告は起訴内容を認め、検察側は懲役2年を求刑しています。

29日の判決公判で千葉地裁の野原俊郎裁判長は「建設会社の営業担当に秘密事項を抵抗なく繰り返し教えていたもので、行政に対する信頼の失墜は大きく強く非難されるべき」と指摘しました。

一方で、野原裁判長は内山被告が懲戒免職となり社会的制裁を受けていることや犯行を素直に認めていることなどを挙げ、内山被告に懲役1年10か月執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。

・・・・・・・・・・・・・

後を絶たない入札に関連する不正、防止手段はあるのでしょうか。


この記事をはてなブックマークに追加