ひろせ明子の市議日記

無所属・無会派。
市議として日常で見たこと・感じたことを綴っています。

新庁舎建設はここまで来ている その79

2013年09月30日 | 新庁舎建設
議案5号は新庁舎建設の入札案件です。
大変残念ですが、本日賛成多数で採択されました。

採決結果 ↓ 

〇…賛成者
×…反対者

クリックすると拡大します。↓

(敬称略)

地熱発電/特別インタビュー

2013年09月29日 | 原発
二年前のものですが、無料配信になっていますのでご覧ください。

日本は原発を放棄し地熱発電を推進すべきレスター・ブラウン氏特別インタビュー

映画上映・ひろしま

2013年09月28日 | 原発
20日のご紹介済みの映画「ひろしま」のことが、本日の東京新聞千葉版で大きく紹介されました。


東京新聞千葉版

取手市議会

2013年09月27日 | 議会改革
取手市議会が26日で閉会になりました。
同市議会(メーリングリスト)から、こんな情報が送られてきました。

取手市議会議決等結果

請願・陳情がこんなにたくさん出されていることにも驚きです。
○請願
・道路改良工事に関する請願…趣旨採択
・新聞購読料への消費税軽減税率適用に関する請願書…採択
・教育予算の拡充を求める請願…採択
・永山小学校通学路整備に関する請願書…採択
・井野小学校・吉田小学校通学路整備に関する請願書…採択

○陳情
・バリアフリーに関する陳情…趣旨採択
・平成24年陳情第19号「市民の放射能被ばくに対する措置を求める陳情書」の速やかな実施を求める陳情書…採択
・市議会議員期末手当の廃止を求める陳情…不採択
・政治倫理条例及び同施行規則の改正を求める陳情…採択
・議会報“ひびき”紙面の一層の拡充を求める陳情…継続審査
・学校給食の安全確保に関わる陳情…不採択
・社会保障改革についての陳情…不採択
・公営斉場「やすらぎ苑」に関する陳情…採択
・採択された陳情の進捗状況公表に関する陳情…一部採択
・取手駅バリアフリー化促進陳情…採択
・屋外広告物に関する陳情…不採択
・草刈の徹底を求める決議に関する陳情…継続審査
・除染工事の入札に関する陳情…不採択
・不正な入札に関する陳情…不採択

北栄1600坪を何故ダイエーに貸すのですか その35

2013年09月26日 | ダイエー建設問題

大規模小売店舗立地法により、ダイエーは県に届け出を出しました。
しかし、そこで書かれたことにで事実と違うことが書かれていたので(市民から指摘を受けた)訂正・削除が行われました。
この訂正・削除は、そんなに頻繁にあるものではありません。
実際、県のHP上では、このダイエーの事例以外は見つかりません。

訂正・削除すべき事項は、本当にこの二件だけなのでしょうか?
私が調べた限りですと、まだ他にもあります。
大変重大なことで記述ミスと思われるものがあります。
それも、調べればすぐにわかるようなことでです。

既に訂正・削除された記述は、市民の方の指摘が無ければ、スルーしていたわけです。

大企業の作成する資料って、こんなにミスがあるものなのでしょうか?
うっかりミスでは済まされない、何か他の意図があるのではと勘繰りたくなります。

大規模小売店舗立地法の届出に係る公告・縦覧の状況(平成25年7月)


※赤線は広瀬が引く。

添付書類の変更(ダイエー浦安店)


北栄1600坪を何故ダイエーに貸すのですか その34

2013年09月24日 | ダイエー建設問題

市民からの要望も、また議会の要望も無視された形で、北栄ダイエーの工事が始まっています。
来年3月半ば過ぎにはオープンするのでしょうか。












スワン問題 その30

2013年09月23日 | スワン問題

スワン跡地に入るのではないかとの噂が一時あった下妻市のアンテナショップ、新浦安駅前のショッパーズダイエー1Fに開店しました。

浦安市HP
下妻市のアンテナショップがオープンしました
2013年7月30日
下妻ファームの店舗
下妻市のアンテナショップがオープン
2013年7月29日

 7月29日、茨城県下妻市の情報発信基地となるアンテナショップ「下妻ファーム」がショッパーズプラザ新浦安1階にオープンしました。

 下妻市の野菜を使用したサラダバーをメインに、加工食品や特産品の販売、観光施設のPRなどを行っています。
 サラダバーは、お客様が野菜3~5品目、蒸鶏などのトッピング、ドレッシングをセレクトし、店員がカップに盛りこみます。
 盛りこんだサラダカップは、持ち帰りも店舗内で食事もできます。
 野菜、果物、納豆、調味料、ドレッシング、煎餅、飲むヨーグルト、クッキーなどの特産品や、障がい者福祉施設で作ったものなどを販売しています。

 下妻市とは、平成24年4月に防災協定を締結しており、このアンテナショップを通じ、特産品・名産品の販売だけでなく、情報発信の基地として、下妻市民と浦安市民の相互親睦が図られる場としても活用されることが期待されます。
問い合わせ 下妻ファーム 電話:047-711-0412

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下妻市HPでも案内が出ています。
下妻市HP
下妻市のアンテナショップがオープンしました。(2013年7月30日掲載)
 下妻市の情報発信基地となるアンテナショップ「下妻ファーム」が千葉県浦安市にオープンしました。
 下妻市の野菜を使用したサラダバーをメインに、加工食品や特産品の販売、観光施設のPRなどを行っています。
 平成25年7月29日にグランドオープンし、開設場所は、JR京葉線新浦安駅ロータリーに面したダイエー新浦安店の1階です。
 サラダバーは、お客様が野菜3~5品目、蒸鶏などのトッピング、ドレッシングをセレクトし、店員がカップに盛りこみます。盛りこんだサラダカップは、持ち帰りも店舗内で食事もできます。
 特産品は、野菜、果物、納豆、調味料、ドレッシング、煎餅、飲むヨーグルト、クッキー、障害者福祉施設で作ったものなどを販売しています。
 電話:047-711-0412(下妻ファーム)
下妻ファーム下妻ファーム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地元茨城県朝日新聞でも紹介されたそうです。(8/2)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年1月、私を含む5名の市議で下妻市を訪れ、事業内容を聞いて来ました。浦安市に出店する以上、何とか成功して欲しいという思いで訪問しました。
「買い支える」ということぐらいしか当面は出来そうにありませんが、商品数が周辺のショップと比較すると見劣りしていますので、是非検討して頂ければと思います。
下妻市知的障害者社会就労支援ショップ運営事業計画書


みんな楽しくHappy♡がいい

2013年09月22日 | 原発
超お勧め ↓
みんな楽しくHappy♡がいい

紹介動画全てのテープお越しがされているのが凄いです。
全てに目を通すにはかなりの時間が必要です。
関心のあるテーマからじっくりとお読みください。

原発問題

憲法

小出裕章先生

小出先生ラジオ

東京電力、他電力会社

食品・生活

隠された真実

討論会

2013年09月21日 | Weblog
青年会議所主催で徹底討論会があります。

青年会議所HP


映画「ひろしま」

2013年09月20日 | 原発
映画「ひろしま」が10月1日(火)に、市内文化会館小ホールで上映されます。


ユーチューブ

千葉県内初上映です。

第一回 10:00~
第二回 13:00~ 
  この回上映後にたべけんぞう氏の講演も予定されています。
第三回 18:00~

入場料 一般 1200円
    シニア 1000円
    大学・高校生 800円

主催:浦安で映画「ひろしま」を上映する会

新庁舎建設はここまで来ている その78

2013年09月18日 | 新庁舎建設
本日の総務常任委員会で、新庁舎建設に関連する入札案件(落札者:鹿島建設・107億5200万円)の議案審査が行われ、賛成多数で可決されました。
賛成者:醍醐、中村、芦田、辻田
反対者:広瀬、柳 (敬称略)

街の中にはまだまだ震災の爪痕が至る所にあります。
復旧・復興工事も計画通りには進まず、市民の生活に多大なご不便をおかけしている中で新庁舎建設です。

今月末(9/30)の本会議でもこの議案は賛成多数で可決されるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下は本日私が質疑した主なものです。

①「基本設計は市が行った」と市は公言している。ということは、その「設計責任」は市にあると判断していいか?

   ・・・・市と日建設計の両方

②今後鹿島が行う「実施設計図」が、上記基本設計に沿ったものであることを確認するのは誰か?

   ・・・・日建設計に監修をお願いする。

③委託する場合委託費見込みはどうか?

  ・・・・予算約1500万円

④工事監理は、どうするのか?

  ・・・・第三者に頼む予定。

⑤工事監理者を選定するのであれば、どれ位の委託費?

  ・・・・7500万円の予算
    (鹿島に頼むことはないとの答弁を聞きだしました。)

⑥内装グレードがⅠ~Ⅳあるが、その単価如何 (市が設計書を作った時の価格です。実際この価格になるかは別です。
   Ⅰ 64、000円/㎡ (グレードⅠにランクつけがあるのは、市長室と応接室2です。 )
   Ⅳ  5,000円/㎡

華美にならないようにと言っている割には、グレードⅠは高すぎる気がします。


⑦建物維持費ですが、
新庁舎・・・・3億2000万円/年間
現在の庁舎(本庁舎、議会棟、プレハブ等々の合計)・・・2億6000万円/年間

全てをLEDにしたり、省エネの器具を入れたりしていますが、何といっても容量・面積が大きいわけですから、維持費も大幅UPしてしまいます。

⑧デザイン&ビルド方式に決定した機関
 新庁舎検討委員会(昨年8月)
 市の最高意思決定機関である経営会議では話していなかったことが分かりました。
 24年予算に実施設計料として予算を計上していました。が、昨年8月それをひっくり返すことをしたのに経営会議に諮られていなっかったわけです。
こんな大事な市の方針転換が経営会議に諮られていないとは驚きです。

⑨新庁舎を建てることで必要とされる総経費
 107億5200万円・・・建築費(今回入札結果)
  9億円  ・・・・・・・・・駐車場建設費
  2億円  ・・・・・・・・・備品(この金額はすべて新品で揃えた場合の金額、現在使用しているものを使えば、もう少し節約できるとのことでした。)

この他、現在のの図書館前の駐車場が公園になります。
その公園工事費は別です。

※質疑時間の持ち時間1時間(市側の答弁時間を含みます。)は短すぎます!
以前は、常任委員会での発言時間に制限はありませんでした。
早く元に戻してほしいものです。
トラックバック (1)

新庁舎建設はここまで来ている その77

2013年09月17日 | 新庁舎建設
新庁舎建設基本計画(案)のパブリックコメント実施結果
(2008年4月1日)

改めて新庁舎建設基本計画(案)のパブリックコメント実施結果を読みました。
このパブコメは震災前のものです。それでも反対が多数いました。震災からの復興・復旧が未だ終わっていないのです。新庁舎建設よりも街の復旧・復興が先ではないでしょうか。

新庁舎建設はここまで来ている その76

2013年09月16日 | 新庁舎建設
新庁舎建設に関する入札は先月完了しました。
その入札結果の議案が9月議会に上程されています。
9月18日総務常任委員会に付され、その後本会議にかけられ、採決を行います。(9月30日)
復旧工事も決して順調に進んでいるとは言えない中、新庁舎など建てて良いものでしょうか。
今年1月15日(火)~2月4日(月)にかけて、新庁舎建設についてのパブコメを市は取りました。
クリック新庁舎建設基本設計(案)に関する市民意見募集結果

この結果に謙虚に耳を傾けたら、このまま進めることに市民の同意があるとは思えません。
以下は市HPに掲載された建設に否定的な意見要旨と市の考え方です。

≪復興事業を優先≫
・震災復旧に費用をついやすべきだ
・住民が安心して生活が出来るようにすることが最優先、現時点で庁舎建設優先はやめるべき
・復興の目途がつき、財政のゆとりが見通せた来年若しくは再来年改めて判断すべ
・少し復旧してきたものの、生活に密接した事を先に改善して欲しい
・未だ復興には至っておらず、新庁舎建設は時期尚早である
・新庁舎を建設している場合じゃない
・優先順位が違っている
・震災の復興に多額の資金が必要だ

これらの意見に対して市の考え方は・・・・・
震災からの復旧・復興については、これから3年間をかけて、下水道や市道幹線道路の復旧工事とあわせて、液状化対策を含めた新浦安駅・舞浜駅前広場やシンボルロードの復旧・復興工事を実施することとなっています。
国によりますと、千葉では、今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率が75.7パーセントと発表されています。庁舎は、大規模災害が発生したときの中核拠点として機能しなければならないことに加え、災害対策をしながらも通常業務を行えなければなりません。こうした機能を維持するためにも、分散化した市民窓口を集めることやバリアフリー対応などの問題を解決するため、震災からの復旧・復興工事などとあわせて新庁舎建設を進
めていきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪事業費や財政について≫
・87億円の基金で、賄えるようにすべき
・建設基金だけで賄える方法はないのか
・建設事業費を庁舎建設基金内で収めるべき

これらの意見に対して市の考え方は・・・・・
事業の再開にあたりましては、基本計画で想定した面積の縮減を図るなど、事業費削減に努めてまいりました。
しかしながら、東京湾北部を震源とする首都直下地震の発生が懸念されることから、この地震に対応するため、免震構造でのさらなる耐震強度の向上(鉄筋コンクリート造から鉄骨鉄筋コンクリート造)、液状化対策としての地盤改良強度の増強を行うとともに、災害対策として防災井戸の設置、自家発電設備の充実、防災通信設備の充実など行っています。
これらのことから、既存庁舎の解体費などを除いた新庁舎の建設費は、約112億円と試算しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・維持費等は、どのくらいかかるのか
・震災を経て以前の財政事情とは違う
・毎月減少する人口、借金ばかり増える事はないのか
これらの意見に対して市の考え方は・・・・・
将来の財政運営を考慮するとともに、建設にあたっては庁舎建設基金を活用し、ライフサイクルコストや耐久性に配慮した新庁舎といたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪規模の縮小≫
・10階建ての庁舎が必要なのか。建てるにしても5階建て以下にすべき。議会棟や旧庁舎は修繕・改修して利用できる。
・旧庁舎を改修して新庁舎とつないでもう少し低層な建物にできないのか。
これらの意見に対して市の考え方は・・・・・
新庁舎は、現在、分散しております庁舎機能を集約して建設計画ですので、新庁舎機能に必要な延床面積は、約25,430㎡と考えています。しかしながら、建設用地は限られており、必要規模を建設するには、10階建てとなります。また、現在の庁舎を活用して増築する場合と新庁舎に集約する場合のコスト比較を行った結果、新庁舎に集約する場合の方が有利となっております。

・建替えるとしても、立派な市庁舎は不要である。
これらの意見に対して市の考え方は・・・・・
・本市の立地条件から基礎工事や地盤改良工事には多額の事業費が必要となりますが、建物本体や内部の仕様につきましては、華美にすることなく設計を行っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪新庁舎の必要性≫
・庁舎の必要性が全く感じられない。
・全く現状でも問題なく震災の時も必要性を全く感じなかった。
・建設を必要とする理由は、すべて今、建設しなければならない理由にはならない。来るべき直下震災に対しても現状の庁舎で十分対応出来る。
これらの意見に対して市の考え方は・・・・・
現在の庁舎には、電力や上下水道などのライフラインが途絶した場合、災害対策本部機能を維持していくだけの設備は有しておりません。
東日本大震災では、市庁舎や周辺のライフラインに大きな被害はありませんでしたが、今後、発生が懸念される東京湾北部を震源とする地震が発生した場合、東日本大震災を上回る揺れにより、ライフラインが途絶することを想定して、このような災害にも対応できる新庁舎の建設が必要であり、新庁舎の建設を他の復興事業と併せて進めてまいります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪民意について≫
・市民への説明がなされていない。市民意見を聞く姿勢が見えない。再度、一時中断したうえで、市民に建設再開の是非を問うべき。
・選挙の争点として公開討議し、市民の判断をあおいだ後に、同意を得て進めるべき。民の声に耳を傾ける市民へのアンケートを実施すべき。
これらの意見に対して市の考え方は・・・・・
新庁舎建設事業につきましては、これまで広報特集号やパブリックコメント、市民ワークショップなどによりお知らせして、ご意見をいただきながら、基本構想、基本計画を作成してきました。また、市議会においても、特別委員会を二度設置して審議いただき、建設について議論を重ね進めてまいりました。
東日本大震災を教訓に防災拠点の機能強化は必要であるとの考えから、事業の再開を決定したものでございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪新庁舎の機能について≫
・自家発があっても、石油の供給が止まって何日もつのか。
この意見に対して市の考え方は・・・・・
非常用発電機につきましては3日分の燃料を備蓄します。その後、燃料供給が出来れば7日間連続運転は可能です。また、災害時においても安定的に供給されます中圧ガスを使用した常用発電機を併設し、災害時の電源を確保します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


≪新庁舎の機能について≫

・吹き抜けの効果は未知数。
・吹き抜けの効果について、具体的な数字に基づき評価・判断しているのか。
これらの意見に対して市の考え方は・・・・・
夏季と冬季を除く中間期を想定してシミュレーションした結果、就業時間の約45%の時間帯で空調機の運転を低減できます。また、夏季と中間期の8か月間では、吹抜け廻りの廊下で約30ルクスの照度が得られます。
自然換気、自然採光とも、平常時だけでなく災害時にも有効となります。万一電源の供給が断たれることがあっても、自然換気、自然採光で必要最低限の執務環境を確保することができ、防災拠点施設としての機能を維持します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
感想:
市の考え方は、どれも意見に対する回答にはなっていないのではないでしょうか。「建設ありき」の姿勢が見受けられます。

「選挙の争点として公開討議し、市民の判断をあおいだ後に、同意を得て進めるべき」との意見がありますが、尤もだと思います。
来秋は市長選なのですから、あと一年先延ばしにして、市長選の争点の一つにして(最大の争点となるでしょう)から取り掛かるべき事案です。
現職市長はこれまで一度も市長選時に新庁舎建設のことを市民に積極的に問いかけたことはありません。
これでは市民の判断をあおぐことを意識的に避けて来たと言われても致し方ないでしょう。
こんな中での議案上程です。議会は慎重な対応が迫られています。

トラックバック (1)

秘密保全法

2013年09月15日 | 情報公開
日本弁護士連合会秘密保全法制に反対

日本弁護士連合会

五味太郎さんの絵本

  意見書提出はこちら ↓
意見書提出フォーム

コントロール発言

2013年09月14日 | 原発
オリンピック招致の為のプレゼンで、安倍首相が放射能汚染水はコントロールされていると発言したことが波紋を投げかけています。
朝日新聞一面トップ記事では東電の山下和彦フェローが首相発言とは違う見解を述べて話題となっています。

汚染水「制御出来ていない」 東電幹部、首相発言と相違

朝日新聞デジタル 9月13日(金)13時3分配信

 東京電力福島第一原発の放射能汚染水漏れ問題で、東電の山下和彦フェローは13日、「今の状態はコントロール出来ていないと我々は考えている」と述べ、安倍晋三首相による国際オリンピック委員会(IOC)総会での「状況はコントロールされている」との発言と違う見解を示した。

 民主党の汚染水問題対策本部が福島県郡山市で開いた会議で答えた。この会議に同席した資源エネルギー庁の中西宏典大臣官房審議官は「今後はしっかりとしたコントロールできるようにやります」と述べた。

朝日新聞社