ひろせ明子の市議日記

無所属・無会派。
市議として日常で見たこと・感じたことを綴っています。

北栄三丁目の1600坪をなぜダイエーに貸すのですか その114

2014年09月29日 | ダイエー建設問題

以下のサイトがありました。

ダイエー浦安駅前店のオープン日は10月23日(予定)


市長選挙

2014年09月28日 | 市長選挙
一ヶ月後に迫った市長選挙、先日水野市議が立候補声明をしたことがマスコミ各紙で報じられています。

これで、三陣営になったわけですが、争点が何なのかが全く見えてきません。
市民は、一体何を判断基準にして市長を選ぶのでしょうか。

私なりに現在の市の問題点を思いつくままに書いてみます。
市政の理念を述べるのではなく、具体策で問題と思われる点を羅列してみます。

①補助金の取り扱いが不明瞭
   つまり、補助金の取り扱い、特に報告を領収書も含めて公開するのかどうかが、団体により異なることは大問題。

②議事録の公開が不徹底
   市の最高意思決定機関である経営会議録がHP等では公開されていません。仕方なく私が開示請求をして、その都度このブログにUPするという事態になっています。市自らがその責任で公開すべきです。

③入札制度の改革が遅れています
   議会で何度も取り上げてきましたが、指名競争入札が多すぎます。また、一般競争入札と言いながら、市内限定の事業者しか入札に参加できない事例がありますが、これでは十分な競争性が担保されません。市内事業者を育成することと、入札参加条件を市内事業者に限定することとは別次元の話です。

④市民協同の精神に背く行為が多すぎます
   新浦安駅前のスワンへの店舗貸与を多くの市民の反対を押し切ってまで止めてしまったり、北栄のダイエーへの土地貸与について、市民の声、議会の声を聞く姿勢に欠けて強行したり、また、高洲中央公園内に震災モニュメントを作る時も市民の反対を押し切って強行しました。
これらは、市民中心の街づくりとはとても言えません。市民生活に密着した事業を立ち上げる時は、市民とひざを交えて話し合いの場を作るべきだと思います。

9月議会

2014年09月26日 | 議会
9月議会最終日、入札関係の議案に対して以下の反対討論をしました。

・・・・・・・・・

議案15ないし議案17号反対討論を行います。

三議案とも入札結果の審議議案です。
15号、16号は道路災害復旧に関する工事、議案17号は堀江公民館大規模改修建築工事に関する入札です。
反対する理由は入札のあり方が納得できないからであって、決して工事そのものには異を唱えるつもりはないことを大前提で述べます。

三事例とも、一般競争入札です。
前二事例、議案15,16号ですが、二社でのJVを組むことが要件にされ、代表者以外は市内に本店があること、又は市と災害時における供給協定を締結した団体に加入していることが必要とされています。
JVを組むこと自体は問題視しませんが、発注者側つまり市側からJVを組むことを要求した入札だから問題にしています。
JVが要件となると、事前にどの企業とどの企業とがJVを組むのかを当然に話し合いをしなければならないことが予測できます。
そうすると、談合の温床になり易いのではないでしょうか。
発注者側自らがその場を提供するような行為は慎むべきです。

市側が市内要件を課したことも、私が再三この場で指摘してきましたが、問題ではないかと考えます。

これらのことが原因だったのかどうかはわかりませんが、結果的に二事例とも高落札率なのは気になります。
議案15号は95.86%、議案16号は98.09%です。
たしかに昨今は工事人が不足していて、人件費・工賃が高騰しているとのことですが、これも私が指摘してきています他市のように落札率が高い場合に「高落札率入札調査要領」を定めて公正な競争が担保されているのかどうかを調査する義務付けが必要です。井原市、久米市、岐阜市などで行っています。

岐阜市の同要項では、
第2条 高落札率入札調査の実施は、落札率が95パーセント以上となった入札のうち、次の各号に掲げる建設工事の区分に応じ、それぞれ当該各号に定めるものについて行うものとする。
(1) 予定価格が4,500万円以上の工事 すべての入札  
羽島市は1000万円以上の工事全てです。

浦安市もこのような対応が必要です。

議案17号事例
ここでの落札率は何と99.95%です。
高落札率もいいところです。
またこの事案は、100%での入札参加事例でもあります。
先日の私の一般質問でも取り上げたのですが、100%で、つまり予定価格そのもので入札に参加している事例が目立ちます。
議案17号堀江公民館改修建築工事では、落札者ではありませんでしたが、予定価格そのもので入札に参加している事例です。
予定価格は公表しています。その予定価格そのもので入札に参加する、これは一体何を意味しているのでしょうか。
市側はもう少し落札率が高いこと、そして予定価格そのもので入札に参加している実態の分析を行う必要があると思うのですが、市側の答弁は相変わらずのものでした。

市民の貴重な税金の管理の問題です。もっと厳しい目で入札に取り組むことを訴えて、反対討論とします。

ハプニング

2014年09月25日 | 議会
昨日・議会最終日、とんだハプニングが起きました。
議案11号「ウイルス性肝硬変・肝がんの医療費助成等に関する意見書の提出について」の採決が終了したと当時に、議長が「暫時休憩をします。20分間とします」と宣言しました。

この日は、議案12号、13号も続けて行うものだとばかり思っていたので、突然に議長の休憩宣言には驚きました。
それも、20分間という異例のものだったのです。(普通、暫時休憩は10分間です。)

休憩に入ったら、会派「きらり浦安」や「みらい」に属する議員達が自席で何かを話し始めているのです。
休憩時間は、殆どの議員は自席を離れ、議場外の横の応接スペースで雑談をすることが多いのに、今回は自席を離れようとしないのです。

その光景を見て、何かあったのだと思ったのですが、何が起きたのかは皆目わかりませんでした。
昨日の本会議は、議案に対する討論・採決だけですから、特別に問題になるような発言もなかたので、一体何が起きたのか不思議でした。

20分の休憩が終了すると同時に議会事務局職員が各議員に書類の配布を始めました。

 ↓ 配布された書類
折本議員の浦安市議会第2回定例会一般質問における発言に関する抗議書

つまり、市長からの抗議文でした。
抗議内容は、折本議員の22日の一般質問おける発言の取り消しを求めるものでした。

この突然に出された抗議文を巡っては、取り扱いについて少々紛糾しましたが、最終的には議長が調査し措置することになりました。

事前のヒアリング時に折本議員がどんな形でのやりとりを担当課としたのかは知るよしもありませんが、私もヒアリング時に担当者に説明を求めることはあります。その説明で納得できれば、その件は質問はしない場合もありますし、時には
その回答を基に更に突っ込んだ質問を通告する場合もあります。
また、ヒアリング時に担当者から実態を教えられ、それに関する質問を追加する場合もあります。

その意味では、ヒアリング時に担当者に質問をすることは珍しくないのですが、その質問時(多分、一回目のヒアリング時に。)に担当者が答えられないことが起きたとのことを折本議員は議場で発言していました。
しかし、その後のヒアリング時には担当者はそれなりの説明をしたから、質問ができたはずです。

つまり、一回目のヒアリング時がどんなやりとりで終始したのかが把握できないので、この抗議文の取り扱いについてはきちんと議会運営委員会を開催して、状況を把握する必要を感じたので、私は同委員会開催を提案しましたが、議長一任となってしまいました。
同委員会は原則公開ですので、傍聴も可能ですし議事録も残ります。

議会運営に何らかの問題が生じた時には、議長一任をする前に議会運営委員会を開催して対処することは、過去にもありました。
20年6月議会で私が取り上げた官製談合防止法違反事件に関する一般質問の時です。
この時も、市長は私の発言の取り消しを求めてきたのですが、私は承諾できず、結局議会運営委員会が開催されました。
当時の同委員会の様子は議事録も残っています。

【余談】
配布された抗議書ですが、
第2回」と書かれていますが、これは「第3回」の誤りではないでしょうか。
(二枚目の「(報告)」では、「第3回」となっています。)
このことは、昨日議場で醍醐議員が指摘しましたが、市長からは何の説明もありませんでした。
公文書として残るものです。抗議書の題目が抗議内容と明らかに異なるのですが、公文書の変更手続きを踏む必要はないのでしょうか。
(変更手続きの方法は、一体どんなものなのか、後日調べてみます。)

市側が議員に配布する資料で誤りは皆無かというと、そんなことはありません。
人間が行う作業ですので、誤りはいたし方ないと思います。
誤りがあった場合、ものすごく丁寧に担当課は各議員に訂正文書を提出してきます。
今回は、議場で醍醐議員が指摘したのですが、ノーコメントでした。
トラックバック (1)

北栄三丁目の1600坪をなぜダイエーに貸すのですか その113

2014年09月24日 | ダイエー建設問題

ダイエーオープンは間近ですね。
新聞折込に入りました。

地元説明会開催のご案内


  ↓ クリックすると拡大します  


新庁舎建設はここまで来ている その101

2014年09月23日 | 新庁舎建設
工事現場 9月22日現場












市長選挙アンケート

2014年09月21日 | 市長選挙
来月予定の市長選挙に関しての電話によるアンケート調査が来ました。
音声に従ってお選びくださいというもので、一体どんな内容がアンケート項目なのかを知りたくて最後までお付き合いしました。

アンケート内容は大方以下のものでした。

●松崎氏の出馬表明について
  ・五期目に期待する
  ・新しい市長に期待する
  ・分からない

●候補者選びに重要視するもの
  ・人物 人柄
  ・政党団体の推薦
  ・政策公約
  ・その他

●現時点でどの候補者を推すのか
  ・マツザキ氏
  ・イワオ氏
  ・ツジ氏
  ・○○(よく聞き取れなかった)からの候補者

・・・・・・・・・・・・・・・
感想:この手のアンケート依頼は、選挙に出馬予定の陣営が民間会社を使って行うと聞いていますが、一体どの陣営の依頼によるものなのでしょうか。
投票日まで一ヶ月ですが、正式に名乗りを挙げているのは、まだ二名だけだと思っていたのですが、今回の調査によると四名いるようです。
これからまだ増えるのでしょうか。
  

北栄三丁目の1600坪をなぜダイエーに貸すのですか その112

2014年09月20日 | ダイエー建設問題

昨日県はダイエー工事中の土地を「形質変更時要届出区域」に指定しました。

東京新聞記事



 浦安市北栄3丁目のダイエー店舗になる市有地から、環境基準を超える六価クロムなど有害物質が検出された問題で、県は19日、現状でも「健康被害の恐れがない」と判断し、新たな安全対策は必要ないと認めた。これを受け、出店を延期してきたダイエーは開店準備を加速する方針。問題を指摘してきた市民団体は反発している。 (服部利崇)

 県は先月から、土壌汚染対策法に基づき、有害物質による周辺地下水への影響や、大気中への飛散の可能性などを調べてきた。その結果、(1)半径五百メートル以内に飲用の井戸がなく地下水への影響は低い(2)アスファルトで汚染土を覆っており直接体内に摂取する可能性も低い-と判断。用地の形状を変えなければ、新たな対策の必要ない「形質変更時要届出区域」に指定した。

 この土地では昨年夏の調査で、基準値を超える有害物質を検出。一部の汚染土は搬出するなど処理したが、六価クロムは中和など無害化処理をしないまま土中に埋め戻した。

 県の命令で市が七月に実施した再調査でも、環境基準を上回る値の有害物質が検出されていた。市は昨夏の段階で汚染を知りながら、三月に市民団体の指摘を受けるまで公表しなかった。

 今年三月の開店を目指していたダイエーは「県の審査結果が出るまで開店しない」(IR広報部)と延期してきた。建物の外観はほぼ完成し、今後は器具や商品の搬入・陳列、従業員教育を進め、早期オープンを目指す。

 市議会でこの問題を追及してきた広瀬明子市議は「法律上の手続きさえ踏めば、市民の健康はどうでもいいのか。市民に汚染を知らせず、対応が後手に回った市の責任は重い」と批判。化学物質問題市民研究会代表の藤原寿和さんは「地下水の調査が半径五百メートルでは狭すぎる。無害化せずそのまま埋まっており、将来的に地下水が汚染される懸念は残っている」と指摘している。


北栄三丁目の1600坪をなぜダイエーに貸すのですか その111

2014年09月20日 | ダイエー建設問題

すでにお知らせ済みですが、昨日猫実保育園大規模改修工事の入札がありましたので、入札会場に行きまして結果を見てきました。

落札率は何と98.55%!
この数字をみても、市側は何とも思わないでしょうか。
これで、工事者も決まりましたのでダイエー3Fに園児が移動すれば直ぐに大規模改修に着工し、工事完了後に(来春)は園児は猫実保育園に戻り、その後にはポピンズが入るという計画は予定通りに進むのでしょう。


  ↓ クリックすると拡大します。


北栄三丁目の1600坪をなぜダイエーに貸すのですか その110

2014年09月19日 | ダイエー建設問題

ダイエーオープンは来月にはあるでしょう。
駐車場出入口、当初は一箇所でしたが、市長の要望により県道側にも追加ました。
そのことについての大規模小売店舗立地法による変更手続きがなされていました。

駐輪場収容台数60台⇒120台、駐車場出入口1⇒2に変更手続きが取られていました。

  ↓ クリックすると拡大します。


北栄三丁目の1600坪をなぜダイエーに貸すのですか その109

2014年09月18日 | ダイエー建設問題

問題が次から次へと発覚したダイエー建設工事、いよいよオープンも近いのでしょう。
商品搬入はまだのようですが、2F売り場には煌々と明かりがついていました。












祝! 原発ゼロ1年――あなたの疑問におこたえします

2014年09月17日 | 原発
大手マスコミは報じたでしょうか・・・?
9月15日は 原発ゼロ1年!今日9月15日、日本全国で全部の原発の運転が止まってから丸1年になった日でした!

祝! 原発ゼロ1年――あなたの疑問におこたえします

市長選挙

2014年09月16日 | 市長選挙
1か月後には市長選挙が予定されているのですが、全く盛り上がりのない状態です。
四年前の今頃は、市民の間でも話題は自然と選挙のことになっていたのですが、今回は「えっ・・・、今年は市長選挙の年なの・・・?」との反応ばかりです。
対立候補者が未だに見えない状況なのですから、市民の間で関心が薄いのもいたし方ないのですが、このままでは(万が一選挙が行われても)投票率は30%台になるのではと思われます。

現市長は現在四期目ですので、今回の選挙で再選されれば五期目になるわけで、喜ばしいことだとは思いませんが、市民の市政への関心が決して高いとは思われないので、長期政権になってしまうのは致し方ないのかもしれません。

先日行われた市長選挙説明会には、四陣営が(五陣営という人もいる)参加したようですが、現職陣営を除いては出馬する人の名前が聞こえてきません。
まさか、無投票になるなんてことはないとは思いますが、先が見えません。

朝日新聞「誤報」事件  秘密保護法の生け贄

2014年09月14日 | 平和
朝日新聞が異常に批判されている。
このバッシングの本質は一体何なのか、以下のブログは参考になります。

朝日新聞「誤報」事件  秘密保護法の生け贄

映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」

2014年09月13日 | 原発
映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」