ひろせ明子の市議日記

無所属・無会派。
市議として日常で見たこと・感じたことを綴っています。

シックカー

2006年09月20日 | Weblog
今朝のNHKニュースでシックカーについての報道がありました。

この問題は三好基晴医師が何年も前から警鐘を発していたので、私にすれば「やっとマスコミに出てきた。もっと早く報道してくれていれば、被害者が救われたいたのに・・・」との感ですが、兎に角、報道されたことを喜びたいと思っています。

今朝の報道によると、新車に乗っていた女性が視野狭窄になったり気分が悪くなったりと、いわゆる化学物質の典型的な症状でした。
このような症状が出ても、殆どの場合精神的なものと診断され、適切な治療が行われず、症状が悪化して行くのですが、この患者さんは運良く化学物質過敏症を半ば専門とする医師との出会いがあり、的確な処置が行われているようです。

私の知り合いの患者さんも今回のテレビの女性と同じ事を言っています。
「車の運転中に視界が狭められていくことがある、また時には頭が真っ白になってしまうこともある」と。
もしかしたら、たくさん起きている事故の中には運転中に化学物質過敏症の症状が出て運転操作を誤った、なんてものもあるのではないでしょうか。

車は、特に新車は化学物質が充満している密室です。
いすゞが研究したところ、250種類の化学物質が検出されたそうです。
接着剤、塗料・・・、化学物質のオンパレードですね。

三年前、車を買えかえるとき私は敢えて中古車(2年乗った試乗車)を購入しました。
少しでも身を守るには新車を買う気にはなれませんでした。

しかし、車は化学物質のほか、電磁波も要注意です。
ガウスメーターで計測をしたことがありますが、運転席がかなりやばかったです。
化学物質過敏症は当然電磁波にも反応を示します。電磁波を受けると気分が悪くなったり、酷い場合は意識を失う場合もあります。

利便性と引き換えに、私達は確実に命を傷つけています。。

市長選

2006年09月06日 | Weblog
来月22日、いよいよ市長選です。
現職市長の不正疑惑が解明されないまま現職は居座り続け、と言うより説明責任を全く果たさないまま選挙に突入です。

松崎市長は四年前の当選後直ぐに、八千代市の市長の贈収賄に関連して不正疑惑が浮上しました。
そして、二度にわたる百条委員会の設置、また三度にわたる不信任案の提出(三度とも一票差で否決)と、これほどまでに議会との間の信頼関係が断ち切れた市長も珍しいのではないでしょうか。

この議会との間にできた不信は全く払拭されることなく、四年の任期を終えます。

こんな中での市長選、四年前のことを覚えている市民は清潔な市長の誕生を心から期待していますが、果たして結果はどうなるのでしょうか。
対立候補は本来なら一本化して欲しいのですが、現時点で三人が名乗りを上げています。
丹下つよし氏・・・現職の市議(医師、医学博士)
西山ゆきお氏・・・元市議(市議の当時は市長派だった)
折本ひとみ氏・・・8月25日に市議を辞職して出馬(市長選に出るので市議を辞職してしまった。)

丹下氏と折本氏は私と同じ一年生議員でありながらの出馬、西山氏も市議は一期しかしていません。
三人とも市議の経験は私と同じぐらい浅いのですが、市長選に挑戦です。
その心意気は見上げたもので、ご立派としか言いようがありません。

ただ残念なことに三人ともご自分の政策を実現するのに財政の裏づけを伴った主張をしていません。
今後その裏づけを書いたリーフレットやマニュフェストが出てくるのでしょう。期待しています。

加藤健二郎さんのお話

2006年09月03日 | Weblog
軍事ジャーナリスト加藤健二郎さんの講演会が9月2日開催されました。
加藤さんはこれまでイラク、チェチェン、ユーゴ、ニカラグア等、戦場に突入すること70回以上。
何がそこまで彼を駆り立ててきたのか・・・?
加藤さんが言うには、「戦争を好む側から戦場を見てみたかった」とのこと。
戦争の悲惨者からの取材は多いが、戦争が好きなものがいるから戦争が起きるわけで、その側からの取材をしたかったことが大きな理由だとか。


  講演中の加藤さん

たくさんの戦争現場を見てきた今、戦争は「愚かなことである」という結論に達したそうです。

「攻撃かそれとも自衛か」(現代人文社)の中で加藤さんが書いていることば、
極東に関して《そこそこの経済力を持っているからこそ、空爆はされないものの、脅威論に踊らされて高価な兵器を買わされている。アジアの国々は、もう少し賢く、近隣諸国との軍事的緊張を解消して行く方向に立ち回れないものだろうか、技術力、経済力でトップを行く日本が、賢いやり方を先頭切って実行して欲しいところだ。》との示唆はとても意味深い。



数少ない日本でのバグパイプ奏者でもある加藤さんです。
この日はスコットランドの衣装で実演もありました。