m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

ソウルの旅【ヴォーリズ建築の梨花女子大】

2009-04-05 | ソウルの旅2009


ソウルにあるヴォーリズの建築について知りたかった為、ヴォーリズ建築事務所さんへ問い合わせたところ、親切に対応して頂き、ヴォーリズについて研究されてる韓国人の留学生の方をご紹介頂き、又梨花女子大竣工当時の写真を頂きました。
ソウルにはヴォーリズ設計の建物は梨花女子大以外には近郊にある鉄原第一監理教会しか現存していないということで、今回は梨花女子大のみを見学することに。
梨花女子大についてや、建物の名称は韓国人の留学生のC様より教えて頂きました。





正門から入ってまず最初に目に飛び込んでくる「大講堂」はヴォーリズ事務所の韓国人所員カンユンが戦後にヴォーリズの建築を継承して建てたものだそう。





梨花女子大はその最初のキャンパス計画全てがヴォーリズによって手がけられ、花崗岩の荒積み仕上げにより、カレッジエート・ゴッシクという様式で造られた。
1935年に「本館」「音楽館」「体育館」、翌年に「保育館」「寄宿舎」「英学館」「家事実習室」が建設された。





大講堂内部の階段。





旧保育園





旧保育園の入り口





ヴォーリズらしく緩やかな傾斜がつけられた階段。





旧音楽館




竣工当時の旧音楽館





石に施された彫刻は女子大らしくとても優美な印象。

















本館




竣工当時の本館









体育館




竣工当時の体育館








旧英学館
こちらの旧英学館はカレッジエート・ゴシックの建築群の中では異なるハーフティンバーを使った様式で造られたそう。
もう一つカレッジエート・ゴシックとは異なる韓屋建築で造られた「家事実習室」というのもあったそうだが、見逃してしまったようだ;





旧英学館


ヴォーリズの梨花女子大学のキャンパス計画は全国のクリスチャンの注目を集め、その成功によってヴォーリズのミッション建築家としての位置は確固たるものになり、その後ヴォーリズには韓国での建築依頼が次々と舞い込む形になったのだそう。





目の前に次々に現れる石造りの美しい校舎に感動と興奮冷めやらぬ私だったが、子供たちがお腹すいた~というのでそろそろランチにすることに。
女子大生の熱気に包まれた学食へ。





コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ソウルの旅【韓国の餅(トッ... | トップ | ソウルの旅【韓屋の町並み】 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カレッジエート・ゴシック (BIRDLAND)
2009-04-06 10:24:35
おはようございます!。

韓国のヴォーリズの建築、楽しく観させて
いただきました。恥ずかしながら"カレッジ
エート・ゴシック"なる言葉をまったく知り
ませんでした。んで、調べたりしているうち
に、この未知の言葉が僕の心を、イギリスの
チュダー朝時代へ連れて行ったり、アメリカ
コロラド開発の時代へ連れて行ったり(笑)。

まゆままさんのおかげでステキな心の旅が
できちゃった!(笑)。
Unknown (mayumama)
2009-04-06 14:49:24
BIRDLANDさん
こんにちは!
私もカレッジ・エート・ゴシックという言葉、初めて知りました。
いろいろと調べられたんですね。
一つの言葉からいろいろイメージや興味が広がっていくのは楽しいですよね。
私もブログを書くのにあちこち横道へそれまくって
それも楽しいんですが・・
なかなか前へ進みません;
自分のブログにはなかなかちゃんと書けてないんですけど;
この機会にいろいろと韓国のこと新たに知ることができてよかったです。

綺麗やなぁ (タダノオヤジ)
2009-04-06 15:07:13
ホンマ 綺麗でんなぁ。

外見だけやのうて中も綺麗。
ほんでそこで学ぶ女子大生も
小奇麗。
日本の女子大生みたいに遊び
呆けてるのんも少しずつ増加
してまつよ。
そ~ゆ~のんは見習わんで
ええっちゅうねん(笑
Unknown (mayumama)
2009-04-06 15:43:45
タダノオヤジさん
学食の美しいショーケースには目を見張りました。
自分の行ってた女子大はこんな小ぎれいじゃなかったんで;
子供が頼んだオムライスの甘いホワイトソースにもびびりましたが;
ここには載せてませんが、ヴォーリズの校舎の間に建つ最新の校舎も最新の設備を備えてそうでびっくりするくらいきれいでした。

コメントを投稿

ソウルの旅2009」カテゴリの最新記事