草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

日本との戦争を口にし検察の解体を目論む韓国政府を嗤う!

2019年09月08日 | 国際問題

常軌を逸した韓国を批判することはヘイトではない。実際に起きていることを記事にせず、今の韓国に物申せないようにしようとする日本の左翼マスコミは、我が国の国益など念頭にないのである▼次々と驚くべき事実が明らかになっている。一つは韓国軍の内情である。軍事評論家の田岡俊次の「『仮想敵は日本』韓国GSOMIA 破棄の裏に軍備増強の歴史あり!」と題した解説文が「AERAdot.」に去る2日にアップされた。そこでは韓国空軍の代表が米国防省を訪ね空中給油機の売却を要請した逸話を暴露。米国側が北朝鮮の奥行きは300マイル程度。給油機は不要では」と問うと、「東京を爆撃する際に必要だ」と言い放ったという。朝日新聞の系列である「アエラ」ですらその事実を報道せざるを得なくなっているのだ▼もう一つは、去る6日付の夕刊フジが記事にした、文在寅と韓国検察との対立である。応募工をめぐる裁判では司法の独立を口にしながら、ポスト文在寅といわれているチョ・グクを守るためには、手段を選ばないのが文在寅なのである。チョの娘に関する不正疑惑についても、政権幹部が幕引きに躍起になっており、チョを法相にしようと必死である。文在寅が命令に服する裁判官を選んだように、検察の解体を目論んでいるのだ。それによって文在寅の独裁体制を確実なものにしたいのである▼韓国が信用できない国になっているのは確かであり、その現実を私たちは直視すべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (2)