草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

韓国に媚びる青木理らのコメンテーターに国民の怒り爆発!

2019年09月07日 | マスコミ評

日本のマスコミは今怯えているのではないか。テレビ朝日やTBSに出演しているコメンテーターの青木理を批判したところ、とんでもない数のアクセスがあった。普通の日の約4倍であった。予想以上のことでビックリしてしまった。そんなことは未だかつてなかったからだ。それだけ日本人は怒っているのだろう。韓国を持ち上げてきた者たちを、許せないと思っているのではないか。日本新聞労働組合連合が昨日「今こそ『嫌韓』煽り報道と決別しよう」との声明を出したのは、それが大きな流れになるのを察知したからだろう▼日本のマスコミの多くは韓国の代弁者である。しかし、文在寅のやっていることが明らかになるにつれて、そのミスリードがばれてしまった。多くの日本人は新聞やテレビに対しても怒り心頭に発しているのだ。その矛先が自分たちに向いてくることを恐れて、火消しに躍起になっているのである。労働組合の分際で、国民の知る権利を奪うことはできないはずだ。真実を伝えずに韓国擁護をしてきたから、自分たちの立場がなくなっているのである▼今注目すべきは、韓国の野党の動きである。反文在寅の勢力が赤化を阻止できるかどうかである。しかし、それは微かな希望でしかない。徹底した反日教育を受けた若者たちは、日本よりも北朝鮮に好意を抱いているからだ。文在寅に媚びることは、まさしく内なる敵であり、日本を貶めることなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (5)

上級国民の口舌の徒であるチョ・グクと朝日新聞を嗤う!

2019年09月07日 | マスコミ評

韓国のチョ・グクも朝日新聞も、共通しているのは上級国民であることだ。一派の庶民と比べると、格段に恵まれた生活をしているからだ。しかし、そんな人間に限って、民主主義とか人権とかを偉そうに説くのだから、笑止千万である。そして自分たちの既得権益を手放そうとはしないのである。今の日本共産党だって「代々木官僚」と呼ばれるのは、政治活動を飯の種にしているからで「革命」をやる気などさらさらないのである▼チョがみっともないのは、大学時代の修士論文で、日本人の文献から盗用していたことが発覚したことだ。口では日本批判を繰り返しながら、ちゃっかりしたものである。チョの修士論文がそうであるとうに、韓国で起きている反日にしても、朝日新聞などの日本のマスコミに煽られたことによるのではないか。だからこそ、嫌韓ムードが高まることに対して、朝日新聞が怯えているのではないだろうか▼エリック・ホッファーの『大衆運動』によれば、大衆運動は「言論人によって開拓され、狂信者によって具体化され、活動家によって強化される」のである。「言論人」というのが曲者で、世の中から優遇されているにもかかわらず、不平不満の持主なのである。過激な言動で人々の注目を集めたいのである。それでいて、革命が実際に起きれば、真っ先に粛清されるのである。上級国民の口舌の徒を重宝がるのはマスコミであり、そんな者たちに振り回されるほど、庶民は愚かではないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (1)

軍事的も精神的にも丸腰の今の日本は滅びるしかない!

2019年09月07日 | 思想家

文在寅は韓国を赤化したいだけなのである。日本やアメリカとの関係を断つことを目指している。文在寅にとって日本は敵であり、抹殺すべき対象なのである。まともに付き合うとすること自体が間違いなのだ。韓国軍の動向にも目を光らせなくてはならない。今の韓国の背後には中共や北朝鮮が控えている。ロシアもまた何を考えているか分からない。アメリカがどこまで助けてくれるかも疑問だ▼暴力の海の只中で日本丸が沈没を免れるのは至難の業である。これまでも度々引用してきたが、肝に銘じるべきはカール・シュミットの言葉である。「武装のない民族は味方を持つばかりであるなどと信ずるのは、愚かなことである。恐らく敵は吾が無抵抗の態度に感動することだろうなどとは、下等な胸算用に過ぎぬ。或る民族が政治の領域において自ら固執する実力または意志を最早持たぬということによって、政治的なるものがこの世から消え失せるわけのものではない。唯々弱い民族だけが消え失せるに過ぎない」(『政治的なるものの概念』清水幾太郎訳)▼日本人に求められているのは「政治の領域において自ら固執する実力または意志」である。現状はどうであろうか。政界も官界も、さらにはマスコミも、日本を貶める者たちが跳梁跋扈しているではないか。優柔不断な安倍首相では憲法改正もままならない。私たちが最優先すべきは、国家として身構えることなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント