王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

川崎市無認可「幼稚園」倒産 !!

2019-03-28 09:11:03 | 社会
川崎の無認可「幼稚園」倒産 新年度直前に保護者困惑
昨日27日川崎市にある認可外「幼稚園」ALC(アメリカン・ランゲージ・センター)貝塚学園が倒産と閉演を保護者に通告していた事が判りました。

26日の夕、保護者に学園より閉演を告げる一斉メールがあったとの事。
市や保護者によると縁には300人ほどが通っており保護者には動揺が広がっているそうですが新学期を目の前にして幼稚園がなくなったら親御さんたちは困りますよね!

しかも有志の方が「4-5人」を預かってやり繰りしていたのが倒れたなーんて規模ではありません。
300人となると如何に川崎市の力をもってしても短期に受け皿をつくり保護者の不安を解消するのは難しそうです。

法人名からして他にも英会話や体操を教えるスクールも運営している様でいろいろ問題はありそうですね。
自治体に力があれば「人災による緊急避難」として「臨時子供さん避難所」を開設するところですが無理でしょうね。

しばらく解決を見守らないといけません。


写真:貝塚学園(ネットより)

神奈川新聞:
川崎市川崎区にある認可外の幼稚園「A.L.C.貝塚学院」が倒産と閉園を保護者に通告していたことが27日、分かった。運営会社は近く、自己破産を申請するとしている。市や保護者によると園には300人ほどが通っており、新年度直前の突然の知らせに保護者らの動揺が広がっている。

 保護者や民間信用調査会社によると、同学院を運営しているのは1974年設立の有限会社「アメリカンラングエイジセンター」(同区)。関連会社とともに、体操や英会話を教えるキッズスクールも区内で運営している。

 保護者によると、26日夕に同学院から閉園を告げる一斉メールがあった。倒産の理由について「無認可のため、10月から始まる幼保無償化の対象外で園児が集まらず継続が困難になった」などと説明。29日に保護者向けの説明会を開くとしている。

 同学院は学校教育法上の幼稚園の認可はなく、市は「幼稚園に類似する教育施設」「幼児園」と位置付けている。認可外のため、施設への補助は行っていないが、市は申請があった場合、1人につき年額2万2千円を保護者に助成。2018年度は市内在住の3〜5歳の園児約250人が補助を受けていた。

 市には困惑した保護者からの問い合わせが多く寄せられており、各区役所で相談に応じるとしている。
(引用終わり)
『事件』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 杉並で白昼 保育士の女性 ... | トップ | 萩原健一さん 68才で 逝... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
失礼いたします。 (tenjin95)
2019-03-28 10:21:07
> 管理人様

色々と調べてみたのですが、この一件は、幾つかの不幸が重なって起きた事象のようです。しかも、無認可というか、私設幼稚園のような位置付けで、どうしようもない、というのが実態のようですね。

横浜という都市部ならではの一件かな?とも思います。
取り込み詐欺まがい! (浜の偏屈爺)
2019-03-30 10:15:21
tenjin95の和尚様 お早うございます
その後AFLのパシリが説明会に出てきて破産申請は取り下げたけどサンという会社に身売りをしたので経営に関する意思決定権はないと言いました。新年度の授業料に合わせ預かり金と称して1億3千万ほど取り込んでいますから返還は無理でしょかね??
せめて新組織で認可外保育が1年ほどは続いてくれる事を願うばかりです

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事