ふとっちょパパの気ままな日記

読書履歴を中心に日々の記録を書きます

中国で会社をつくったら、ひどい目に遭いました

2017-02-19 20:31:18 | 本と雑誌


高杉裕二さんという方が、大変苦労したという話。
中国語がよくできても騙されるのだな。
大変である。

目次

序 章 私が中国で会社をつくるまで
第1章 中国人とともに会社を立ち上げる
第2章 トラブルまみれの会社運営
第3章 大嫌いだが憎めない中国と中国人
第4章 最終的に私の会社はこうなった
コメント

珍獣の医学

2017-02-19 20:23:27 | 本と雑誌


田向健一さんは、珍獣も診察する獣医師。
色々な苦労があるのが良くわかる。

目次

毎日が未知との闘い、「珍獣」の診療
動物の診療は科学捜査に通ずる
イグアナたちの卵詰まりと不妊手術
命を「飼う」ということ
カメの手術方法と動物の結石
注意1秒、ケガ一生。多くは飼い主の不注意による
なぜ、かくも食べられないものを飲み込むのか
トカゲ100匹の血液検査をし、血液基準値を作成
バレーボール大の犬の腫瘍から、ヘビの大腸ガンまで
動物病院で使う薬のほとんどは人間用
動物いろいろ、飼い主さんもいろいろ
「楽にしてあげたい」と思うか「助かる」と信じるか
コメント

50歳からの勉強法

2017-02-17 00:19:04 | 本と雑誌


和田先生らしい本。
何かしらの参考にはなる。
コメント

50代から始める知的生活術~「人生二毛作の生き方」~

2017-02-17 00:16:54 | 本と雑誌


外山滋比古先生はいつまでもお元気だ。
参考にはなる。
コメント

考えすぎない

2017-02-16 06:48:53 | 本と雑誌


考えすぎないという当たり前の話を長々と書く。
考えすぎる人には必要な本だろう。

目次

考えなくてもいいことを考えすぎない
どうしようもないことを考えすぎない
人のことを考えすぎない
自分のことを考えすぎない
物事を悪く考えすぎない
ヘタに考えすぎない
重苦しく考えすぎない
生活を大切にする
“考えすぎ”への対策
コメント

ナチョ・リブレ 覆面の神様

2017-02-12 18:05:20 | 映画


dTVを見る。
アメリカ映画と言いながら、メキシコ映画だろう。
アナ・デ・ラ・レゲラというキューバ出身の女優が素敵である。
コメント

イケてる私とサエない僕

2017-02-11 18:30:52 | 映画
dTVを見る。
ディズニーチャネルらしい映画。
お気軽。
コメント

人生、サイコー!

2017-02-08 20:34:55 | 映画


dTVを見る。
過去の精子提供により、突然、533人もの子供の父親であることを知らされた中年ダメ男の話。
コビー・スマルダーズのような美人の彼女がいるという設定が理解できない。
コメント

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~

2017-02-08 17:04:25 | 映画


dTVを見る。
気になっていた映画をようやく見た。
食事の映画は面白いものだ。
コメント

私がクマにキレた理由(わけ)

2017-02-08 14:43:27 | 日記


dTVを見る。
一度見たことがあるが、結末だけだったようである。
スカーレット・ヨハンソンの映画を見ることが多い気がする。
この顔立ちは好きだな。
この映画では背が低いなと思ったが、調べてみると160cmとのこと。
恐らくナニー役として、かかとが引く靴を履いていたから背が低く見えたのだろうと思う。
これも、セレブが皆ハイヒールを履いている中で背が低く見えることの演出にもなったのだろう。
コメント

マダム・マロリーと魔法のスパイス

2017-02-07 22:50:35 | 日記


dTVを見る。
インドで暴動がおこり家を焼かれて、フランスに逃れてきた一家が、なんと一つ星レストランンの真ん前にインド料理店を開店するという話。
移民問題でもあり、文化の融合の問題でもあり、興味深い。
スピルバーグ製作、「ショコラ」のラッセ・ハルストレム監督というのでも、その素晴らしさが分かる。
コメント

バーレスク

2017-02-07 20:32:41 | 映画


dTVを見る。
以前見たことがあるが、ついつい気になりまた見る。
個人的には好きなストーリーの映画である。
音楽や踊りを扱う映画は好きである。

バーレスク東京にも行ってみたくなる。
コメント

ヘアスプレー

2017-02-07 18:01:47 | 映画


dTVを見る。
2007年制作。
1960年代のボルチモアが題材。
黒人差別を、若い世代が柔らかく学ぶには良い映画だと思う。
コメント

ローマでアモーレ

2017-02-07 12:57:26 | 日記


dTVを見て過ごす。
ウディアレンらしい複雑なシナリオ。
登場人物もそれぞれに独創的で面白い。
筋もハチャメチャであるが、それはそれで意味がある。
コメント

タイピスト!

2017-02-06 23:22:15 | 映画


インフルエンザで出勤できないので、できる仕事をしたり、本を読んだりする。
dTVも見てみる。
1959年くらいが舞台。
タイピストが華やかなりしころで、その世界一を目指すというフランス映画。
やたらとどこでも煙草を吸う人が多く、あの時代はフランスでもアメリカでもそうだったのだなと思う。
煙草を別にすると、タイピストが女性の憧れの職業だったというのがよくわかる。
恋の話はよく分からない展開だが、ハッピーエンドであり、良しとしよう。
コメント