ふとっちょパパの気ままな日記

読書履歴を中心に日々の記録を書きます

全裸監督 村西とおる伝

2017-01-29 23:15:07 | 本と雑誌


村西とおるという名前は知っているし、その演出した女優の名前も数名は知っている。
しかしながら、彼が手掛けたAVと言われる作品は一作も見たことがない。

テレビに出ていたので、知っているのだが、何も知らなかったことに本書で気が付く。

本橋信宏さんは、作家であり、村西とおる氏を昔から知っている人。
その人だからかける本だと思う。
こういう生き方がオンゴーイングというのがすごい。

目次

プロローグ

第1章 4人 太平洋戦争における村西とおるの親族の戦死者数
第2章 1万7千円 「どん底」初任給
第3章 1億円 村西とおるが部下たちと台湾で二週間豪遊したときの総額
第4章 600万円 村西とおるが毎月警視庁刑事たちに渡していた裏金
第5章 180円 『スクランブル』の定価
第6章 1万4000円 保釈された村西とおるのポケットに入っていた全財産
第7章 10点 『ビデオ・ザ・ワールド』誌上の新作批評に掲載された『淫らにさせて』(主演・森田美樹・一九八五年制作)の100点満点の総合点数
第8章 1位 『ビデオ・ザ・ワールド』1985年度ベスト10に選ばれた村西とおる監督作品『恥辱の女』の順位
第9章 4本 『SMぽいの好き』で主演・黒木香が陰部に挿入した指の本数
第10章 370年 村西とおるがアメリカ検察庁から求刑された懲役年数
第11章 3000万人 村西とおるが撮影時に証言するAVファンの人数
第12章 6人 村西とおると対峙したメリー喜多川副社長が会議室に乱入させた親衛隊人数
第13章 16歳 村西とおるが撮った主演女優の実年齢
第14章 ∞ 村西とおるが断言した清水大敬組の制作費
第15章 50億円 村西とおるが個人で負った借金の総額
第16章 8000万円 村西とおるの眼球毛細血管が破裂して血の涙を流して借りた金
第17章 4枚 村西とおるの息子がお受験で使った画用紙の枚数
第18章 21歳 村西とおるが男優として復活したときの相手役、野々宮りんの年齢
第19章 14億人 村西とおるが新たな市場として狙う中国の総人口
第20章 68歳 この書が刊行されるときの村西とおるの年齢
エピローグ
村西とおる年表
参考文献
コメント

ムーンウォーカー

2017-01-29 18:56:02 | 映画


久しぶりにdTVを見る。
今日は、ムーンウォーカー。
何とも言えない。
ミュージックビデオだと思って見ると良いのかもしれない。
コメント

ホセ・ムヒカ 日本人に伝えたい本当のメッセージ

2017-01-27 23:51:35 | 本と雑誌


ホセ・ムヒカさんとウルグアイの前大統領。
貧しいが実直な人柄で一世を風靡した人。

背景も含め、理解を深める本。
元ゲリラということを知り、どういう人が良いのか考えさせられる。

目次

第1章 ムヒカさんが伝えたかったこと
第2章 花売りからの出発
第3章 大統領への道
第4章 哲人政治家が残したもの
第5章 「ムヒカ現象」が映した日本のいま
第6章 もっと幸福感のある社会に
第7章 ホセ・ムヒカさん独占インタビュー
コメント

青春怪談

2017-01-20 06:41:17 | 本と雑誌


獅子文六さんの復刻された作品を読む。
昭和29年の読売新聞の新聞小説。
時代を感じさせるロマンティックコメディである。
コメント

航空会社 驚きのウラ事情: 機種選び・クラス設定・サービス競争・LCC躍進…

2017-01-17 06:54:43 | 本と雑誌


飛行機に乗る時のお供で買った本。
知らないことが多く、ためになる。
コメント

中国嫁日記 (六)

2017-01-10 06:19:09 | 本と雑誌


井上純一さんの本を久しぶりに読む。
日中の違いを感ずるところも多く、興味深い。
猫の話、不妊治療の話と二人の真剣さが伝わってくる。
コメント

僕の妻のすべて

2017-01-08 09:41:47 | 映画


dTVで韓国映画を見る。
なかなか面白いラブコメディであった。
コメント

ビールを飲んでも飲んでも腹が凹む法

2017-01-07 00:15:46 | 本と雑誌


小林一行さんという日本メンタルダイエット協会代表の方の本。
職場でともにダイエットに取り組もうという人に読ませようと思い、飛行機のお供として買う。
あっという間に読める。
そう簡単ではないとは思うが、実行することが大事。
実行すれば少しは減るだろう。
コメント

福岡 地名の謎と歴史を訪ねて

2017-01-05 06:01:33 | 本と雑誌


一坂太郎さんという方は知らなかったが、面白い本をお書きになる。

ふとっちょパパは、福岡の出身である。
それにしても、この本で知ることは多い。
一つの項目の記事は短く読みやすい。

目次

第1章 福岡県の地名を訪ねて
第2章 福岡県の古代を訪ねて
第3章 福岡県の中世を訪ねて
第4章 福岡県の戦国時代を訪ねて
第5章 福岡県の江戸時代を訪ねて
第6章 福岡県の幕末維新を訪ねて
第7章 福岡県の近代を訪ねて
第8章 福岡県の昭和を訪ねて
第9章 福岡県の神社仏閣を訪ねて
第10章 福岡県の文化を訪ねて
コメント

幸せ戦争

2017-01-02 23:53:03 | 本と雑誌


最近、青木祐子さんの本を面白く読んでいる。
この本は、天天コーポレーションシリーズではないが、面白く読んだ。
ティーンズノベル作家で活躍された青木祐子さんが一般向けに発表した作品とのこと。
描写は細かく女性に受けるのではないかな。
コメント