Cooking Studio Tanabe

渋谷で習う和食・WASHOKU

和食・豚肉の山椒煮

2017-02-09 15:19:17 | 

最近、豚肉は油が多くて敬遠していましたが・・・・山椒を入れて煮たら☆☆ 美味しくて・・お薦めです(^^♪

煮汁は水と酒を同量、醤油(酒の1/2)酢少々、砂糖、山椒の醤油煮をたっぷり入れ100分煮ていきます。煮汁が少なくなったら水か酒を足して・・冷めるまでは煮汁に浸けたままで(^^♪     出来上がり! 

                          

 

切った時,まわりは醤油色、中はピンクの肉色で香りは山椒・・これが理想です(^^♪ 100分も煮ているので肉は柔らか・・・・

                         

肉の周りにいっぱいある「山椒の実の醤油漬け」は私の宝物・・毎年5~6月に出る青い山椒の実を1年分漬けます。これは優れもので…ちりめん山椒にしたり、秋刀魚を煮るときに入れたり、と1回作っておけば重宝します(^^♪

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茹で鶏に絶品葱ソースをかけて(^^♪

2015-12-06 02:47:19 | 

 最近、鶏肉はスモークパプリカ焼きが続き・・この茹で鶏の葱ソースがけ・・・はすっかりご無沙汰でした・・が急に食べたくなって・・作り・・・美味しさ実感でした(^^♪

鶏もも肉2枚に水5C、酒1/2C、生姜、葱、を入れ落し蓋をして30分茹でます。火を止め鶏肉を入れたまま、冷まします。

                                         

葱ソースは長ネギ(みじん切り)、生姜、塩をボールに入れ、熱したサラダ油(煙が出るほど)を上からかけて出来上がりです・・

                              

                                        

冷めた鶏肉を切って、上に鶏が見えないくらい、この葱ソースをかけるのが定番です(^^♪   これは何処で食べるよりも、自分で作った方が美味しい気がします・・ぜひ試しを!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カフェ気分で・コーンビーフ風パテを・・

2013-10-23 00:02:32 | 

 ワインに合うパーティーメニューを考えています・・

「パテ ド カンパーニュ」or「レバームースパテ」・・・といきたいところですが・・どうも・・この2つは苦手なのです・・・・
 
 そこで、牛肉でコーンビーフ風のパテを作ってみることに・・


コーンビーフは塩漬けの肉をハムのように切って、食べるようですが・・・私は缶詰のコーンビーフを、もっとマイルドに、美味しくしたパテを、作りたかったのです・・・






軽く塩をして、ひと晩おいた牛肉を、香味野菜、香草を入れ、2時間ほど煮て、粗くフードプロセッサーにかけ、ワインやマスタードで味をつけます・・・

   
 これが・・なかなか、美味しいのです! 食べるうちにクリーミーなコクが出て・・豚肉に比べて脂が少なく、牛肉の香りがして・・これならお肉が苦手な方でも好きになりそう・・・





  好きなだけ、フランスパンに、ぬっても・・小さなピンチョスにしても・・カラフル野菜で作ったピクルスが合いそうです・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牛バラ肉の煮込み

2013-09-25 14:57:46 | 

   
    牛バラ肉を柔らかく2時間煮たものです・・・







お鍋に、しょうが、長ねぎ5本を敷いて、塊の国産牛バラ肉1kgを大きめに切って、並べ、1cの酒、1cの減塩醤油、2cの水を入れて、そのまま2時間煮たら(途中で何回か水を足して)出来上がりです・・

以前,TVで豚肉でつくるレシピを見て、試してみると、美味しいけれど、あまりの脂の多さに・・胸焼けがしてしまいました・・

そこで豚肉を牛肉に変え、生姜をたし、醤油も減塩にしてみました・・簡単でさっぱりとして美味しいです!

空芯菜は お湯に、塩を入れ、オリーブオイルを数滴たらして茹でれば・艶のある青菜となります・・

お醤油はまず普通のもので試して・辛ければ、減塩や風味の違う銘柄のものに、変えてください・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AGEs

2013-08-29 12:07:28 | 

 鶏胸肉の味噌麹漬けが出来上がりました!

美味しくて柔らかく、ヘルシーで、お安くて・・・ついつい箸が進みます!






でも良いことばかりではないようで・・・この こんがり茶色に焼くのは AGEsといって

タンパク質の「糖化」反応によって作られる生成物・・を発生させる調理方法だそうです・

老化を避け美しい肌を保ちたい人には「糖化」は避けるべきもので、パンケーキ、フライドポテト、ポテトチップ、とんかつ、唐揚げ、ベーコンなど・・・高温で調理するもののようです、

「糖化」を防ぎ、AGEsを蓄積させないためには、短時間低温調理が理想のようです。


これは体に良いと言うと・・すぐ買いに行くタイプですが・・最近は情報が多すぎて・・一体どうしたら?  といつも思います・・・

その結果・・楽しく生きる!・・これが私の基本なので・・・・やっぱり楽しく食べたいものは食べる!でしょう・・そのためには、知ること・そして賢く選ぶ・・しかありませんね・・


 そして、お刺身、蒸し物、野菜炊き合わせなど・・少しずつ、ゆっくり食べる 「日本料理は優れもの」と再確認しています!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フライパンで作るローストビーフ

2013-01-02 01:13:55 | 
 

 簡単にオーブンを使わずにローストビーフを作ります。

ローストビーフというと何キロもの大きなお肉を焼いてオーブンに入れて・・・と、思いますが、私の場合は、良いお肉を少し買ってミディアムレァに焼く・・・ただこれだけです

これはお肉が良くなければ、意味のないもので、味は保証できません・・

黒毛和牛のもも肉を、大きな塊1つではなく、細めのものを、何本か買います





必ず焼く前に室温に戻し、塩コショウをきつめに、全面にまぶし、30分、ねかします


フライパンにオリーブオイルとバターをいれて焼きます。 はじめは強火で、中火にしてしつかり焼きます。 この時間は・・あまり長く焼くと焼きすぎてしまうようで、早く火を止めてしまいがちですが・・生の肉に火を入れることを考えれば・・・案外、長めの気がします。

金串を刺して唇に当てて、真ん中が熱くなっていればOK・・と習いましたが・・そんなことをしなくても(お肉が細いので)全面が綺麗な焼き色になれば・・・ミディアムレァ・・に必ずなっています・・・

焼き上がったら、バットにとって、アルミホイルをかぶせて、ねかします・・・これも必ず・・・





好みの厚さに切って出来上がりです!










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バジルソースと鶏の塩焼き

2012-03-23 11:20:04 | 

 先日のバジルソースを使いたくて鶏肉を焼いてみたら・・・これが意外に美味しい!

期待していなかったのでこれはひろいものです・・・家族の反応は・・聞かないのに・・「美味しい!」・・です









このバジルソースと鶏肉の淡白な美味しさがあうのです・・

鶏肉を美味しくするのにはコツがあって・・焼き方だと思うのです・・

この胸肉を茹でてしまっては美味しくない・・・です

地鶏の皮付きの胸肉を1枚用意して、塩を両面に強くふり、お酒を手で付けておきます(上からかけておくのではなく・・)

1~2時間したら焼きます・・皮からじっくりと蓋をして・・・

皮面がきつね色になったら裏返し・・・こちらもきつね色・・・

油をよく落とし、そのままにして冷めたら切ります・・

胸肉はあまり厚くなく薄めの方が 全体に塩味がきいて美味しいです(写真は厚めで、
この半分くらいの厚みの方が美味しいです) 

    是非お試しを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加