ほそかわ・かずひこの BLOG

<オピニオン・サイト>を主催している、細川一彦です。
この日本をどのように立て直すか、ともに考えて参りましょう。

石破茂氏を総理大臣にしてはいけない

2018-08-23 09:39:54 | 時事
 自民党総裁選は、安倍首相と石破元幹事長の一騎打ちの様相となってきました。石破氏については、裏切りを繰り返してきた過去があります。井上新平氏のFBでのコメントを若干編集を加えて紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・1981年父の死後真っ先に駆けつけてくれた田中角栄の助言を得て政界を目指すも田中派でなく中曽根派から立候補。⇒ 田中角栄を裏切る

・1993年非自民の細川連立内閣が発足。自民党が野党に転落すると立て直しに四苦八苦する森喜朗幹事長に「私はね政党与党にいたいんです。自民党の歴史的使命は終わった」と捨て台詞を吐いて離党届。⇒ 自民党を裏切る

・小沢一郎を「真の改革者」と称賛して新進党結党に参加するも小沢一郎が党首に選ばれると自分の考える政策とは違うと総選挙直前に離党。⇒ 小沢一郎を裏切る

・その後、自民党に復党するも誰も相手にされず伊吹文明が「石破君は仕事ができる人だから」と情けをかけて伊吹派に入れてもらい、入閣すると「閣僚が派閥に属するのはいかがなものか、派閥は旧態依然としていると思いますよ」と捨て台詞を残して伊吹派を離脱。⇒ 伊吹派を裏切る。その後額賀派も裏切る

・麻生政権の閣僚を務めていながら支持率低迷で総選挙が近付くと、首相官邸に乗り込み「後任は麻生さんが指名すべきだと私はこう思うわけです」と謎の論理を展開して麻生おろしに加担。⇒ 麻生太郎を裏切る

・民主党から政権奪取を目指した自民党総裁選で安倍晋三と総理の座を争い、敗れて幹事長に抜擢されるが在任中に地方選挙で連戦連敗。⇒ 自民党支持者を裏切る

・安保関連法案担当大臣を任せたいといわれるも、めんどくさそうなので理屈をこねて固辞、代わりに受けた地方創生担当大臣で実績を残せないどころか、既得権益に配慮して加計学園問題で地方を見殺しに。⇒ 地方を裏切る

・自民党総裁任期延長問題で総務会で吠えまくるが、だれにも相手にされず、派閥政治を否定していたにもかかわらず石破派の水月会を結成。⇒ 世論を裏切る。

・森友問題や加計問題や自衛隊日報問題で新聞テレビに連日出演して安倍政権と自民党を背後から撃つ発言をしまくり、マスコミの安倍降ろしに加担。⇒ 安倍晋三を裏切る。

 これから誰を裏切るのでしょうか。国民を裏切るのでしょうね・・・多分。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 石破氏は、いろいろな相手に裏切りを繰り返してきましたが、それだけではなく、日本の最高指導者にふさわしくない歴史観、国家観を持っています。

 平成19年11月21日、中国紙記者が防衛大臣執務室を訪れ、石破防衛大臣(当時)に取材しました。その取材に基づき、中国共産党系の「世界新聞報」平成20年1月29日付に石破氏の発言が掲載されました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「私は(防衛庁長官としても)靖国神社を参拝したことがない。第二次世界大戦の時に日本の戦争指導者たちは、何も知らない国民を戦線に駆り出し、間違った戦争をした。だから、私は靖国神社に参拝しない。あの戦争は間違いだ。多くの国民は被害者だ」
 「日本には南京大虐殺を否定する人がいる。30万人も殺されていながら南京大虐殺そのものが存在しないという。何人が死んだかと大虐殺があったかは別問題だ」
 「日本には慰安婦についていろいろな見解があるが、日本軍が関与していたことは間違いない」
 「日本人が大東亜共栄圏の建設を主張したことは、侵略戦争に対する一種の詭弁だ」
 「(中国は日本に対する脅威であるから対中防衛を強化せよという人たちは)何の分析もしないで、中国は日本に対する脅威だと騒いでいる」
 「日本は中国に謝罪するべきだ」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 石破氏は、自虐史観、東京裁判史観に深く侵されており、誤った歴史認識を多く持っています。その上、防衛大臣経験者でありながら、中国の脅威に関して現実を見ず、否定的な見解を述べています。彼が日本国総理大臣になった場合、日本は中国に呑み込まれ、支配されていくことになるでしょう。
 石破氏は、来る自民党総裁選で安倍氏に勝つことは、ほぼ不可能な情勢です。ここで敗れても存在感を示しておいて、派閥を拡大し、ポスト安倍を狙っているのでしょう。そのうえ、石破茂氏は、8月17日、自民党の憲法改正案の焦点である9条の改正に「緊急性はない」と発言しました。https://www.sankei.com/politics/news/180817/plt1808170016-n1.html
 石破氏は本年3月まで9条2項削除論を唱導し、一見「あるべき論」を頑固に主張しました。しかし、自民党では2項維持で9条の2に自衛隊を明記する案がまとめられ、8月13日には安倍首相が臨時国会に改正案を出すと明言したところです。すると今度は、石破氏は9条改正を急ぐ必要はないと言う。何がこの人の信条なのか理解に苦しみます。
 石破氏は防衛通を売り物のようにしていながら、真剣に日本の平和と安全を考えているとは、私には思えません。むしろ中国の軍事力の脅威を軽視し、北朝鮮の動きを強く批判しない石破氏の姿勢は、自民党の政治家であるという立場を通じて中朝を利するものと思います。立憲民主党等の野党が石破氏にエールを送るのは、向いている方向が同じだからでしょう。
 石破氏がポスト安倍の座につく時、日本は亡国の道へ進むことになります。彼を自民党総裁、日本国総理大臣にしてはなりません。

関連掲示
・拙稿「石破茂氏は愛国的な政治家か」
https://blog.goo.ne.jp/khosogoo_2005/e/d0ef7435c2cca2380c771e4825f08277
・拙稿「石破茂氏に漂う偽善のにおい」https://blog.goo.ne.jp/khosogoo_2005/e/fd803bed491aba884db5d1053afbb9bd
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« キリスト教91~近代西欧科... | トップ | キリスト教92~科学革命と... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-09-10 05:35:14
しかし、テレビで憲法改正案で、もし日本が有事に面した時、政府からの命令に従わない者は、自衛隊員も含めた国民は、厳しい処罰、場合によっては、極刑にしてもやむを得ないとも、言ってました。
まるで、戦争でもしたく、今の憲法では戦争も出来ないから、改正したいのかな?と思いましたが、どうなんでしょう。
マイナンバー制度も、国民の資産も含めて、政府の監視下において、いざとなったら徴兵制度を復活させて、軍国主義に進めるための物だと思いました。
どっちにしても、石破を総理大臣にしたら、日本の未来はないと思います。
そもそも、自民党を第一党にするべきではないと思います。
>Unknownさん (ほそかわ)
2018-09-10 10:38:08
石破氏がテレビで語ったという発言のデータをお持ちですか。ネット上に録画がありましたら教えてください。また、書き起こしたものがあれば、ご提供下さい。どちらかのデータを確認した上で、お答えしたいと思います。

Unknown (Unknown)
2018-09-10 19:07:33
https://anond.hatelabo.jp/20130717133934

この放送は、私もリアルタイムで、見てました。
まさか、こんなことを言い出すなんて、恐ろしいと思いました。
今の自民党は、将来的には自衛隊も含め、国民を思い通りに出来る、国造りをしたいのでしょう。

おっしゃる通り、水道事業も外国に売り渡そうとしてるし、大量の移民政策もしようとしてるので、日本を崩壊させるつもりではあることには、間違いないと思います。
TPPも、後戻り出来ないように、基盤を固めるためのものてしょう。

ただ、中国にそのまま明け渡すのかどうかは、私には判断するものが何ないので、分かりません。
アメリカだって、黙って見てはいないと思います。
何故なら、アメリカにとって、日本は格好の金づるだと、思うからです。

石破の言ってることは、自民党の本音だと思ってます。
憲法を改定して、日本人の奴隷化計画だと、思っています。
独裁国家を目指しているのかなと、思っています。

ちなみに、YouTubeは、このことが知れ渡るのが都合悪いのか、削除されてます。
おそらく国の機関が削除要請したと、考えるのが自然ではないかと思います。
>Unknownさん (ほそかわ)
2018-09-11 20:22:17
データのありかを教えていただき、有難うございます。最近石破氏があらためてそういう主旨の発言をしたのかと思いましたが、平成25年(2013年)の発言のことだったのですね。他にもネット上に当時の反応が掲載されていますね。
http://d.hatena.ne.jp/yuagfo1485/20130717/1374052352
http://www.asyura2.com/13/senkyo151/msg/250.html
https://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/9176b4654c82446c0b03ec03b8a8a12f
石破氏の国防に関する考え方は、今も基本的には変わっていないと思います。日本以外の国では、特に問題にならない普通の考え方であり、米国・英国・フランス等の自由主義的・民主主義的な先進国では常識的なものです。
こうした国防思想を持つ石破氏に対し、今回の自民と総裁選において、彼とは全く違う思想を持つ野党の政治家の多くが支持を表明しているのは、反安倍という一点で連携するものです。敵の敵は味方という政治の論理です。しかし、そもそも反自民であれば、石破氏を支持しないのが、一貫性のある姿勢です。
私は、貴殿とは違い、国防思想に関しては石破氏に近い考えを持っています。石破氏を支持しないのは、本稿に書いたように、彼のこれまでの政治行動や歴史観、国家観から見て、総理大臣にすべき人物ではないと判断しているものです。また、石破氏と異なり、憲法改正については安倍氏の現実的な方法を支持しています。憲法や国防に関する私の考えは、下記の拙稿などに書いています。御関心がありましたら、お読み下さい。
http://khosokawa.sakura.ne.jp/opinion08q.htm
Unknown (shpfive)
2020-05-26 07:32:07
石破氏のコメントはまっとうなものばかりですけど、具体的にはどこが問題なんでしょうか?
>shpfiveさん (ほそかわ)
2020-05-26 10:26:29
あなたのような考えを持つ人が、石破氏を次の総理にと待望するのでしょうね。本文に書いたことを再度、書きます。「中国の軍事力の脅威を軽視し、北朝鮮の動きを強く批判しない石破氏の姿勢は、自民党の政治家であるという立場を通じて中朝を利するものと思います。立憲民主党等の野党が石破氏にエールを送るのは、向いている方向が同じだからでしょう。」

コメントを投稿

時事」カテゴリの最新記事