シャツのほころび涙のかけら

昔よく聞いたNSPのタイトルを拝借。…趣味や日常を綴っています。基本はガンバレ自分!時々覗いてみてください。

赤城山:(大洞)赤城神社、大沼

2018-11-18 | お出かけ

山の紅葉を見たい。でも混むのは嫌だし・・・などと考えてはいたが、週末に用があったりして機会を逃した。それでも、たまには山の景色を見たいので、あれこれ検索し、日帰りで山・湖・神社・イルミネーションが楽しめそうな「赤城山」(群馬県)に行くことにした。テレビ番組でサンドイッチマンが赤城山に行っていたのを見たことも理由の一つ(面白そうだった)。これまで赤城山は裾野辺りまでは行ったことがあるが、頂上の方まで行くのは初めてのこと。

11月10日(土)、妻と午前10時頃出発。ナビによると、我が家からだと高速を利用してもしなくても15分くらいしか変わらないので、一般道を進むことにした。

国道17号の深谷バイパスから上武道路へ。上武道路を通るのは初めてかも。利根川を渡り前橋方面へ。そして、上毛三山パノラマ街道を上る。
赤城山は裾野が長い。標高800mくらいまでは比較的曲がりの少ない道路で、その辺りからカーブの数を表示する看板がでてきて、徐々に急斜面になってくねくね上がっていく。眺望は良くない。コーナー手前は波打つような舗装で驚く(サーキット化防止のようだ)。

上りきった辺りが1,450m位で、下り始めると湖が見えてきた。やっとキターと思ったし、眺望も開けてワクワクだ。
湖は赤城山のカルデラ湖で「大沼(おの)」という。標高1,350mほど。まずは、湖畔にあるという「赤城神社」へ直行。初めてなので車をどこにとめたらよいのか分からないけど、赤い橋があるところに駐車場があったので入ってみると、ありがたいことに1台分空いていた。

赤城神社は、主祭神に赤城大明神・赤城山と湖の神様をお祀りし、古来人々の守護神として信仰されてきた。全国には関東地方を中心にして約300社の赤城神社があるといわれ、その中でも特にこの(大洞)赤城神社と山腹の三夜沢赤城神社が総本宮とされる。

駐車場からは赤い橋(「神橋」という)が架けられていた。
↓画の向こう側が車をとめた駐車場。


橋を渡った所に鳥居がある。その先は、もちろん湖面。


突き当たった参道を右に曲がる。参道は、湖沿いに進む。(これは珍しいのでは)


すると、右側に社殿が見えてきた。


中央が拝殿、左側が手水舎、右側は社務所。北方向は雲におおわれていた。少し残念。


朱色のスッキリした拝殿で、必要以上の装飾が無いのが高山にある神社らしい・・・と自己分析(個人の考えで、詳しいことは分かりません)。この日は風があったこともあり寒かった。皆さん上着を着ての参拝。

 
 

 

大沼(おの)は、群馬県の赤城山の山頂カルデラにある火口原湖で、赤城山のカルデラ湖としては最大のもの。周囲は約4km。面積は0.8~0.9km2。水深は、最深部で16.5mで、小鳥ヶ島の周辺は最も浅く、0.2mほど。

湖畔の参道から、南南東の旅館や土産物店がある方を望む。


そのちょい右側、地蔵岳。


社殿裏側の別の駐車場の近くから、北西側を望む。

 

湖畔のお店に移動し、一休み。焼きまんじゅうが大きかった。
店を出ようとした時、出入口の横に多数のレコードを置いてあるのに妻が気づき、立ち止まる。店のお母さんに聞くと、その昔、子供たちが買って保管していたものだという。もう不要なので、欲しい方がいるのであればと。1枚100円だという。

レコードを見ていた妻は、アレもある、コレもある、懐かしい~。聞けないけど(プレーヤーは無い)ジャケットがカワイイから買おうかな~、と言うので、それなら俺がと、かつて妻がファンだった西城秀樹さんのSレコードを2枚買ってあげた。前日の11月9日は結婚記念日だったので、そのプレゼントの一つとなった(と思う)。

店を出た後は、小沼方面に向かう。(つづく)

 

コメント

珪藻土切り出し 卓上七輪

2018-11-15 | 我が家~モノ・作業

ある日のYさん(知人としておく)との会話。
Yさん「バーベキューとかする?」 私:しますよ
Yさん「使ってない七輪あるけど使う」 私:キャンプで使っていた金属製のを持っていますよ
Yさん「珪藻土だよ。切り出しだよ。」 私:よっ良さそうですね~、イイですね~。
ということから、七輪を送っていただくことになった。

でも適当に納得した「切り出し」って?そもそも珪藻土って?と思い、調べたことをメモっておく。

珪藻土とは、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)で、珪藻の殻による細かな空隙があり、多孔質な材料となる。この細かな空気の層が、優れた断熱性、保温性という特徴を生み出し、昔から火に強い土として、七輪、コンロ、耐火断熱レンガなどの原料として使用されてきた。

卓上こんろや七輪の製造方法には大きく分けて、練り出し製法と切り出し製法がある。
練り出し製法とは、一度粉々にした珪藻土を型に詰めてプレスして作る製法で、この製法が開発されたおかげで、大量生産が可能となり、安価な七輪が広く供給されるようになった。

切り出し製法は、自然の堆積層をそのまま切り出して、削って成型する製法で、地層そのままのため、珪藻土の組織が破壊されず、練り出しに比べて軽く、より均質で、断熱性に優れ、大切に使えば一生もの。
但し、製造には熟練した技と労力が必要で、当然ながら価格は練り出しの数倍はする。

な~るほど、なかなかの優れものと分かり、到着を首を長くして待っていた。
そして、11月4日(日)に届いた。さっそく開封して驚いた。前回書いたように外作業をしていたので、庭のタマリュウの上で木を台にして記念撮影。


驚いたというのはキレイだし、カッコイーというか何とも素敵。


真鍮の金具といい、珪藻土の表面の自然な模様といい、とても良い(私は思う)。


卓上仕様らしく、深さは練炭サイズではなく浅い。


さて、困った。これは何としても室内で使いたいと思うが、部屋が油と煙まみれになるのは嫌だし、七輪を汚すのも気が進まない。何を焼いてやろうか・・・と思案中。とりあえず、屋外BBQでは買ったことのない備長炭を2kg買った。

 

コメント

目隠しフェンス作り 11月3日

2018-11-13 | 我が家~植物・生物

11月3日(土)は、前の週に撤去したルーバーラティス(前回記載)の代わりに目隠しフェンスを作ることにした。

最初は、またラティスにしようと思っていたが、調べてみるとこれまでと同じルーバーラティスはそこそこする価格だったし、葉が落ちると壁感が強い。格子ラティスはそれより廉価だが、柄感が強くてこの場所では使いたくないように思う。
それなら、以前ホームセンターに行った際に、防腐処理した杉板があったので、それを使ってはどうかと考えた。

当日、朝一でホームセンターに材料を見に行く。防腐処理済の杉板(1820×45×14)が10枚束で1,382円だった。これを3束と支柱にする材を3本、支柱用の塗料も買うとして・・・格子ラティスよりお得と判明。杉板の経年による劣化は早そうだが、木ネジで止めておけば交換も容易だろう。

板を止める木ネジは、昨年ベランダデッキを処分するときに外した木ネジが多数あり、サイズも合うのでそれを再利用することにした。

杉板は、そのまま使う目隠しと、幅を半分サイズにして使うのと2種類になる。主な作業は材のカット、支柱の塗装、杉板止めなどだが、細かい作業もアレコレ含む。午後5時頃、暗くなってきたこともあり一旦終了。
翌日の午前中に、既設フェンスへの取り付け作業。フックのようなものを支柱につけて、既設フェンスに掛けるようにして止める。できあがりはこんな感じ。

 

 

 


反省としては、杉板の間隔を15ミリにしたのだが、少し広かったかもしれない。10ミリ程度が適当だったかも。まぁ、とりあえずは、出来て良かった。

 

 

コメント (4)

フェンス・鉢植え・植込みの作業 10月28日

2018-11-11 | 我が家~植物・生物

10月28日(日)、諸々の作業の記録。
ルーバーラティスの撤去
庭の裏側の境界フェンスに、目隠しのために取り付けていた高さ1.8m×幅0.9mのルーバーラティスが3枚。経年劣化で傷みが進み、一部枠がとれていた。それに、先の台風の時にはルーバー部分が7~8枚飛んでしまい、流石にみっともないので撤去することにした。

外枠をばらし、ルーバーと分別する。枠はネジを外し、長いのは半分に切る。多数のルーバーは細いクギを外し、それぞれビニール紐でまとめてゴミに出せるようにした。

大きめの観葉植物の土替え
寒くなってきて2階のベランダに出していたベンジャミンを室内に入れる時期になったので、室内のドナセラとともに2つの鉢の土の入れ替えをすることにした。

作業は庭先で行うので、2つの鉢を2階から1階の外に出す。重さと高さがあるので要注意。
前日の夕方、100均で買ってきた鹿沼土や腐葉土などを混ぜて鉢の土づくり(「観葉植物の土」が在庫切れだった)。
どちらの鉢も根が底の方までまわっていた。適当に切って、土を入れ替える。
再び2階のリビングに設置。
その後、約2週間経ちドナセラの葉が枯れてきた。根を切りすぎたせいか・・・どうしよう。

玄関脇の植え込みと庭の・・・
6月9日に植え込みを補修(?)した際に、新たに植えたシマトネリコとアベリアが少し大きくなってきて、おさまりが悪い。また、ほとんど枝が枯れて、2本ほど枝を残していたヒュウガミズキは結局葉が落ちた。
そこで、可愛そうだがヒュウガミズキを処分して、配置を変えることにした。

まずは、ヒュウガミズキの抜根に取り掛かったが、スコップで少し掘ったけどビクともしない。数本の太い根が地中に伸びているようだ。さらに掘って、引っ張って、バールを使ってテコで動かしたりを繰り返す。最後は横に伸びる根を切って取り出した。
それから、幾つかの苗木を動かす。庭に勝手に生えてきた木のうち2本を再度庭に移動した。また、他にも新たな木が育っていたので、場所を移動した。新たなものはマンリョウの葉に似ているが、まだよく分からない。

↓画は、苗木を移動した後の植え込みで、今日の午後3時過ぎに撮ったもの。



この日の作業で、ヒュウガミズキの抜根が一番堪えた。特に足と背中。2日ほど、椅子に座るのもゆっくりと動かざるをえなかった。

 

コメント (2)

大谷石の鉢・宇都宮城址での苗

2018-11-07 | 我が家~植物・生物

宇都宮市(大谷資料館や宇都宮城址)に行った時(10月6日)の続き・・・。

大谷石を加工した小さい鉢のようなものを買ってきたので、それにオリヅルランを植えようと思い、伸びたランナーの先にできた子株をまずは水栽培。
その後、根が出てきたので、鉢に植えようと思うが、その前に鉢底の丸い水抜き用の穴を埋めることが必要だ。

10月27日(土)に作業。丸い穴は径1センチ弱。丸い棒材の残りがあったので、それを切って入れ、隙間と表面に防水パテ。一晩おいて試しに水を入れてみたが問題ない。
ゼオライト(?)の残りがあったので、それとオリヅルランの子株を入れて完了。
下の画の右側がその小鉢。左側の丸いコースター(?)も大谷石。別に四角いのも買ってきた。

 

 

宇都宮城址で行なわれていたイベント(花と緑のフェスティバル)で、たまたま頂いた花の苗5ポットは、翌日(10月7日)2つの鉢に寄せ植えした。遅ればせながら(写真は11月3日)せっかくなので記録しておこう。

写真を撮るため2つ並べてみた。左側の鉢に3つ。手前の緑色のは、花が終わった。
右側の鉢には2つ。後ろの紫花は花数が増えている。手前のは枝先に白いボンボンあり。名前は分からない。(撮影時間は午後4時前で、画は暖色強し)

 

 

 

コメント (2)

角打ち『加島屋酒店』閉店

2018-11-05 | 飲んだときに…

とても残念なことだが、ときどき会社帰りに立ち寄る神田の角打ち(酒屋での立ち飲み)『加島屋酒店』が10月末で閉店となった。

ここ数ヶ月でいえば、1ヶ月に1回程度行っていたと思う。いつからか同僚と「今日はパトロールに行く」というのが符丁のようになっていた。
10月の中旬に行った時、「実は・・・」とお母さんから閉店のことを聞き驚いた。前々から考えていたことなのだろう。代々続いた店を閉めるということは、大きな決断だったと思う。(私の実家にしても約3年半前に蕎麦屋を閉めた・・・)

その後、10月26日にも行き、最後は10月30日に行ってきた。この時は3時間くらい居たのではないかな。店の品物も減らしつつあるので、缶詰中心のつまみだった。(とはいえ、立ったまま3時間って、お酒で酔っていることもあるけど、他の人に話すと呆れられる。)

まぁ、それはともかく、思い出すと、この店に最初にいったのは約5年前。この備忘録日記で検索すると、それ以降、加島屋酒店さんのことは何度も取り上げている。
最初に行った時・加島屋酒店のこと。「酒は純米 燗ならなお良し」のこと。硬貨を数える「銭枡」もこちらで初めて見た。清酒「神田橋」。お母さんの趣味の「大輪あさがお」のこと。神田須田町の納涼会のこと。角打ちで角瓶などなど。

憩いの場を提供して頂き、お酒に癒され、お父さんやお母さんの人柄にも癒され、ありがとうございました。
長い間、お疲れさまでした。

 

コメント (2)

旧岩崎邸・湯島天満宮

2018-11-04 | 日常のできごと

ここ2週間、週末は家での作業があったり(昨日・今日も)、平日はいつもより飲む機会が多かったりで、家でPCに向かう時間がとれなかった。それでも記録しておきたいことはあるので遅れながらも更新していこう。
今回は、先週、社用で文京区湯島の方に行ったついでの立ち寄り(というか“脇見”)から。

●旧岩崎邸庭園
もちろん入園したのではなく、隣地から眺めたもの。以下の情報はWebから。
旧岩崎邸は、三菱財閥初代の岩崎弥太郎が邸地を購入し、長男の岩崎久弥によって1896年(明治29年)に建てられた。往時は20棟もの建物が並んでいたそうだが、現存しているのは、洋館、和館(大広間)、撞球室の3棟で、土地全体と共に国の重要文化財に指定されている。

洋館は岩崎家の迎賓館として用いられた。今ではロケなどにも使われている。右側の奥に小さく写っているのが撞球室でビリヤードをするための棟。

和館(大広間)は、主に日常生活に用いられていた。往時の大邸宅は大部分が取り壊され、全体の1/5ほどの大広間が現存する。

庭園は、「芝庭」をもつ近代庭園の初期の形を残しているようだ。

 

●湯島天満宮(湯島天神)
古来より江戸・東京における代表的な天満宮であり、学問の神様として知られる菅原道真公を祀っている。シーズンには相当な人手になるのだろうが、この日は落ち着いたもの。

表鳥居は銅製。寛文7年(1667)の刻銘がある。笠木上端の長さが約7m。

銅鳥居をまっすぐ進むと、社殿がある。今にも雨が降りそうな雲空。

社殿に向かって左側から社殿をみる。社務所とつながる渡り廊下が太鼓橋風。

 境内に梅園があり池もあった。池の周囲の植物や石、橋もあり趣があるのだが、気になったのは、境内から一段上がって池になっているとこ。掘れない理由があったのだろうか。

 

そろそろ戻らねば、というときポツッポツッと小々雨があたってきた。
社用先が、電車で行くよりも自転車の方が便利ということで、頑張ってきたものの、普段自転車に乗らないので、足は疲れ、そのうえ雨か~。天気予報ではもう少し持つはずだったのだが・・・多少濡れた。

 

コメント

国営武蔵丘陵森林公園 10月21日

2018-10-27 | お出かけ

森林公園(国営武蔵丘陵森林公園:埼玉県比企郡滑川町)は、広大な丘陵地に整備された、全国で初めての国営公園。雑木林を中心に、池沼、湿地、草地など多様な環境が残され、多彩な植物が生育する。なので、年に何度も行きたいところだが、そうもいかない。
今年は春(4月29日)に続いて2回目、秋と言うことでは2年振りに、10月21日(日)に行ってきた。

事前にWebサイトを確認すると、この日は「秋の都市緑化月間」ということで無料開園日だったので、早めに家を出て開園15分前から中央口入口に並んだ。家族連れや年配のグループがほとんどで、今回、妻が用事で一人ぼっちの中年オヤジはちょっと浮き気味。


最初に一番混みそうな運動広場花畑に向かった。小走りで先を行く親子連れもいたが、場所取りなのだろう。羽毛ゲイトウ花畑には、私が一番乗りだった。早めに行って正解だった。羽毛ゲイトウのことは、※別ブログ参照


この日は「沼まつり」というイベントも行われていた。滑川町は、関東一沼の多い町で、大小合わせて約200の沼があり、その約2割にあたる41個の沼が森林公園内にあるそうだ。これらの沼はすべて、田んぼに水を引くために人工的に造られた「ため池」。
沼まつりの起源とも言える「沼普請」は、ちょうど、田んぼで水を使わなくなる10月頃に沼の水を抜き、泥をさらったり、ゴミを取り除いたり、堤を補修したりして、生活に欠くことのできない沼を守るために毎年行われてきたという。


この時間はまだイベント開始前だったが、沼の水は抜かれ、沼にいる淡水魚の展示などがあった。


その後は、坂道・階段を上って野草コースに行く。その名の通り様々な野草が見られる。フジバカマの花には渡りをする蝶「アサギマダラ」 が飛んでいた。
しかし、2年前に来たときに比べると、フジバカマの花は少なかった。台風の影響かもしれない。そのせいかアサギマダラも少なかった(2年前はアサギマダラ祭りだった・・・)。


西口ひろばでは、ピチュニア花畑が終盤だった。※別ブログ参照。西口の方にくるのは久しぶり。


そこから都市緑化植物園の方に行く。春にルピナスの花畑が見られたこもれび花畑は休憩中。ボーダー花壇でスズメガ科のホウジャク(だと思う)が飛んでいた。


植物園花木園で折り返し、まだ緑だけど夜間イベントの装飾が多数あったカエデ園を通り、中央口に戻る。飾りはハロウィン仕様。


入口近くのショップを覗いたら、「花咲く!ピクル酢」という彩り野菜のミックスピクルスがあった。初めて見たけどキレイなものだ。


駐車場の近くの田んぼでは、稲の天日干しが見られた。


滞在時間は約4時間。歩数約1万4千歩だった。
園内の植物については別ブログにて、羽毛ゲイトウを最初に徐々に更新予定。

 

コメント (10)

神田でSF感満載BAR/警戒船

2018-10-22 | 飲んだときに…

10月19日(金)、同僚・元同僚4人で神田駅の近くで飲むことになり、駅前に集合。最初に行った店は予約で満席。近くの酒屋を物色し、次に行ったお店で落ち着いた。沖縄料理をだす店で、週末らしく2Hで会計。
さて、どうしよう?となり、あと1~2杯飲めればと、また近くを彷徨うと、バックトゥザフューチャーのような看板があり、地下に皆を誘った。

階段を下りながら「何だここは!?」と。店のドアを開け中に入ると・・・等身大(?)のアイアンマンが出迎えた。


壁面には、様々なSFモノのグッズが飾られていた。モニターでも映画のダイジェスト。同僚らがコレはあの映画の、アレはエピソード何ちゃらのと盛り上がる。


メニューをみると、SF映画をモチーフにしたカクテルが4ページ(?)にわたってアレコレある。「何なんだここは!?」と何度も同じことを言い合う我々。


とりあえず、記念に(備忘のため)スマホで撮った。

---*-----*------*------*------*-----*---


最近、神田川の橋の上から見る「警戒船」。何の警戒をしているのだろう。

 

コメント (2)

無線山でツマグロヒョウモン

2018-10-20 | 自然・環境とか

10月13日(土)曇天。埼玉県伊奈町の緑のトラスト保全第13号地「無線山・KDDIの森」散歩でのこと。咲いていた花は、遠くからでもそれと判るセイタカアワダチソウくらい。一応近づいていくと、エノコログサ(?)の穂にチョウがぶら下がっているのが目にとまった。


けっこう寄ってみたけど、お疲れなのか動こうとしない。
何というのチョウだろう。チョウの名前はなかなか覚えられないし、翅の裏側だとよけいに分からない。あっ、足は4本だったか、お腹が見えないな~とか思いながら。


あまりにも動きがないので、フーッと吹いてみると、バタバタしながら地面に落ち、そして体勢をたてなおす。翅の表側を確認。
あ~これなら見たことがある。たぶんツマグロヒョウモンと思った。


その後、飛んで行ったが、見回していたら離れたところに別のチョウを発見。これも見たことがあるけど、名前は思い出せない。(↓トリミング)


念のため、後で調べてみるとどちらもツマグロヒョウモンで、最初に見た方が雄♂で、次に見た翅の端の黒が目立つ方は雌♀だった。(いい加減に覚えろよ!と思った)

このチョウは、環境省や国土交通省の調査において、地球温暖化に伴い、分布域を拡大していると考えられている指標生物のようだ。1980年代の分布域は、近畿地方以西だったが、近年は北関東付近まで分布域を拡大しているようだ。

チョウ以外にも、唯一(?)の花には様々な虫が集まっていた。

 

他には秋の・・・

 とか  とか


ついでに、花見の頃には賑わっていた巨木ソメイヨシノの並木も秋の装いに。

 

コメント (2)