シャツのほころび涙のかけら

昔よく聞いたNSPのタイトルを拝借。…趣味や日常を綴っています。基本はガンバレ自分!時々覗いてみてください。

ニッチ収納:コミックからフィギュアへ(2)

2019-07-17 | フィギュア・コミック

前回、ニッチ収納の作り替えについて記したが、画まで入れるとページが長くなるので別にすることにした。で、今回はその画中心の記録。

元々の収納はコミック用だった。約20年楽しませてもらった。〔下左〕
そして、作ってから最初で最後のコミック棚卸し。棚板も外した後。〔下右〕


壁の厚さは、コミックにピッタリだった。


壁になる所を抜いて壁紙をまわし、ホゾをコミックの高さに合わせて付けてもらった。

 

ここからフィギュア用の棚にするため、6月22日(土)~23日(日)の丸二日をかけて組み上げ、ざっとフィギュアを並べてみた。


前回でも触れたが、ニッチのサイズは決まっているし、棚板にするアクリルのサイズも決まっている(カットは少なくしたい)。幅や奥行きにいろいろ制約がある中で、その中に上手く収めなければならなかった。そこで、特に工夫(?)した点をあげると、

(1)ニッチ内の背面は、奥行きを浅くするために発泡スチロールを使用。これにつや消しのホワイトスプレー。
(2)棚板(厚さ4mmのアクリル板)を固定するためにどうしようかと熟考した結果、プラダンを使用することにした。これは、自分でもエライと思った。廉価だし仕上げになるし、高さも自由。ただし、受ける部分をカッターでぎりぎりまでキレイに切らなければならない。けっこう大変。(分りにくいけど画は無いし・・・)
(3)棚板の間隔は、入れるフィギュアの位置をある程度想定し、高さを6cm~7.5cmくらいにした。
(4)戸は必要だが、引違いやドア仕様にはでき難い。そこで落とし込み状の一枚戸にした。ここでもアクリル板を使うわけだが、戸枠をどうするかが問題。溝を掘るトリマーは持っていないし、面倒なことはしたくないし。
ホームセンターでくまなく材を見ていたら、溝が掘ってある凹状の材があったので、これを使うことにした。アクリル材もこの溝厚に合う2mmにした。

そんなこんなで、いろいろと大変なことはあったけど何とか出来た。ちなみに、中段は、チョコらザウルスという食玩のオマケで恐竜のみ。上段の一部は「よつばと!」のダンボー。


下段は、タイムスリップグリコの鉄人とウルトラマン・ウルトラQ、ドラゴンボールなどなど。

 

記録の割には(天気が悪く)写りが悪いし、棚内部の画は無いし、せっかくなので、もう少し整理したら再度とりあげようと思っている・・・。


なお、タイムスリップグリコの他のオマケは、別の棚にまとめた。


それと、何年も目に触れない所に置きっぱなしだった、一番最初に自作したフィギュア用棚(17年ほど前かな)があったので、記念に記録しておく。この棚も今回の作業後処分した。


棚卸ししたコミックは、まだ別の部屋に置いたままで、妻に嫌な顔をされている・・・。

 

コメント

ニッチ収納:コミックからフィギュアへ(1)

2019-07-12 | フィギュア・コミック

リビングにクローゼットがあるが、家を建てる時に本来は幅50センチくらいの壁になるところを、天井までのニッチ収納(壁にくぼみを作って棚を設けた)にし、コミックを置くようにした。コミックは徐々に増えダイニングのベンチの下とかにも置くようになった。しかし、十数年ほど前からは増えていない。で、そのままになっていた。

ひと昔前に流行った玩具菓子。私の場合はチョコラザウルスやタイムスリップグリコなどのフィギュアを好んでいた。しかし、これにしても下の子が大きくなったこともあるが、コミックと同時期から増えていない。でも、フィギュアはあちこちに飾って残っている。

いろいろ考えた結果、ニッチ収納のコミックおよび棚を除き、新たにフィギュアをまとめて置ける棚に変えることにした。と決めるのは簡単だが、具体的にどうするかを考えるのは大変だった。
ニッチのサイズは決まっているし、棚板にするアクリルのサイズも決まっている(カットは少なくしたい)。木材などのサイズにしても同じ。どうやったら上手くはまるか、どうやって棚板を固定するか・・・等々。

GWを過ぎてからWebで調べたり頭をひねったり。5月18日(土)にはホームセンターに行き、材料を見ながら作り方と何を選んだらよいのか検討。その後は毎週末ホームセンターへ通う。

そして、6月9日(日)、ホームセンターで求める材の最終確認をした後、杉材やL字レール、プラダン、スチロール、金具、ネジ。それに、アルミ1m定規、カッターマット等々購入。

6月12日(水)、ネット通販でアクリル注文(発送日のことでちょっとモメた。届いたら不足があって驚くやら呆れるやら。きつめの返信をしたら、すぐ送ってきた)。

6月15日(土)、杉板やプラダンなど(アクリル以外)をカット。その後、板材は塗装。それらの作業は車を前に移動し、空いた所(車庫の後ろの方)で行う。

6月22日-23日の土・日曜は、両日朝から晩まで使って作り上げた。
まずはコミックを他の場所に運んで、車庫から材料などを運び組み上げ作業開始。
細かく採寸したつもりだが、ニッチの中がキッチリした長方形になっているわけでもなく、上下左右は位置によって若干(幅1~2mm、縦はそれ以上)違う。なので調整は必要なのだが、全てに影響するのでまいった(でもアクリルの幅は確保できてセーフ)。それでも、この2日で棚自体はできた。

6月24日(月)から、フィギュアを徐々に移動。置く位置を決めるのは、けっこう時間がかかった。コンプリートしていたチョコラザウルスなのに、9種類が無いことに気づく。何てこった。どこにいったのか?

6月26日(水)、会社帰りに秋葉原のラジオ会館にある海洋堂に(かなり久し振りに)行って、ミニサイズのダンボーを購入。以前からあったらイイなと思っていたけど、新たなフィギュア棚作成を機に入手。これで、4体になり親子のようになった。

6月29日(土)もフィギュアの移動。その後は、移動して空いたけど残す棚を利活用。ついでに、破魔矢と祈祷札の入れ物(?)作りや額の絵を替える作業などをしたら、丸一日かかった。

7月6日(土)、チョコラザウルスを多数入れていた元々の棚は2006年に作り和室に飾っていた。これを取り外して解体し泣く泣くゴミ化。
和室と続く洋室の整理をしていたら、洋室の片隅でモノを置いているところで、自作した小さめのフィギュア棚があった。忘れていたけど、これが最初の自作棚だ。しかも、幾つかのフィギュアを入れっぱなし。そこに、足らなかった9種類のフィギュアがあった~良かった~。
ただ、その9種類を新しい棚に入れることで再びフィギュアの置く場所を調整することになった。

この日で、新フィギュア棚作成に関わる諸々の作業が終わった。一応フィギュア棚もできたし、和室の整理も一連の作業の目的の一つなので、長い期間をかけたけど結果良かった。

ということで、備忘のため記録しておく。画での記録は次回を予定。

 

☆フィギュアの想い出(一部)

2週間かかってやっと出来た『フィギュア用棚』 2006.10.15

フィギュア(食玩)って何か良いよね 2006.11.2

チョコラザウルスのエライとこ! 2006.11.3

ドラゴンボールMFS。これがまた…いいのよね~ 2006.11.26

棚&棚の製作 2011.6.12

『ゆうパックダンボー』 2014.7.26

 

コメント (4)

北本のトンボ、エサキモンキなど

2019-07-10 | 自然・環境とか

機会があれば散歩に行くのだが、6月は一回しか行けなかった。
6月16日(日)に北本自然観察公園に行ってきたので、その時の生き物記録。

●シオカラトンボ(トンボ科トンボ亜科)
湿地で多数みられた。おかげで止まっているチャンスも多い。


シオカラトンボとムギワラトンボ(雌)。シオカラの翅が傷んでいる。


●オオシオカラトンボ(トンボ科トンボ亜科)
シオカラトンボの腰から尾の先までを太くしたようなトンボ。オスは濃いめの水色で、メスはくすんだ黄色とのことだが、これは未成熟なのだろうか。


●コシアキトンボ(トンボ科ベニトンボ亜科)
黒色で、腹の上部だけが白いトンボ。白い部分が空いているように見えるのでこの名がついたそうだ。ハラマキトンボでも良さそうだが・・・。


●クロイトトンボ(イトトンボ科)
アサザの葉の上にいた。胸部側面と腹部の先が青いイトトンボで、成熟したオスは胸の横が粉をふいたように白くなるという。なので間違いないだろう。


●エサキモンキツノカメムシ(ツノカメムシ科)
昨年、初めてみた背面上部にハート形のような黄白色の紋があるカメムシ。
今年は今回が初めてで、メスが産んだ卵を守るという特徴的な様子が見られた。


●アカミミガメ(ヌマガメ科)
池に幼体と思われる小さいアカミミガメ(ペット名:ミドリガメ)がいた。TV番組のおかげで外来種として有名になったと思う。ここでは繁殖しているが、大丈夫?



植物のことは、後日に別の日記でとりあげよう。
ついでに、近くの荒川に近い運動場。初夏だな~!


畑は野焼き。農機の跡がクッキリだ。


対岸のホンダエアポートでは、セスナが離発着。背後には富士山が・・・雲に隠れている。

コメント (2)

日本一になった息子の友達

2019-07-05 | 映画・TV・ヒーロー

今は気持ちの良い涼しさだ。夜、雨になるとの予報だったと思うが、少し風が強くなったけど今のところ大丈夫。

さて、休日も平日の夜もいろいろあって、日記を書くのが久し振りになった。
そこで、6月の諸々から取り上げようと思ったけど、整理するのに時間がかかりそうなので、その前に最近のことを。

先日、息子の友達(というか、親仲間の子供)が『全国ハモネプリーグ2019』で優勝したと妻から聞き驚いた。
ハモネプは2001年が第1回で、2007年から2011年までは年に数回やっていたが、その後はボチボチで、今回は4年振りのようだ。

番組は所用(飲み会)があり観てなかったけど、近年は動画がWebにアップされるので決勝戦を観ることができた。
上手いものだな。それと、元気そうで何よりだ。

 

コメント (2)

健康診断、リカちゃん&バービー

2019-06-23 | 日常のできごと

6月7日(金)は健康診断のため、東京駅から徒歩5分、京橋駅からは直結の『京橋エドグラン』ビル内にあるクリニックに行ってきた。クリニックが移転してから2回目の検診となる。昨年に比べて看護師さんが増えたと思えるのだが、やはり立地が良いからだろうな。健診結果はもうすぐ送られてくるだろう。

このビルの地下1階(タウンミュージアム)で、昨年はキューピーを見たが、今回はリカちゃんとバービーを飾ってあった。
男子なので人形のことはよく知らないけど、リカちゃんは「リカちゃん」という名前で紹介されているが、バービーは「バービーさん」「バービー姐さん」ではなく「バービー」という名前で紹介されていた。

  


リカは「ちゃん」付けで、バービーは呼び捨てということに、当時これらの人形で遊んだ方、および親御さんはどう思っていたのだろう。
仮に、リカちゃんとバービーとでお人形遊びをするとき、「ねぇねぇリカちゃん」「なあにバービー」と言っていたのだろうか。・・・などとフト疑問に思った。


(昨日、今日と丸二日間DIY的なことをしたが、もうちょいやることがあるので、後日にとりあげよう・・・。お疲れだ。)

 

コメント (6)

鉢植えのネズミモチが咲いた・・・

2019-06-16 | 我が家~植物・生物

庭に勝手に生えて、鉢植えにし、一昨年花をつけた我が家のネズミモチ。でも、昨年は花をつけなかった。今年は、3月に植え替えをし、その後花序が出てきて、ついに花を咲かせた。

画は6月1日(土)の様子。

 

 ただ、一昨年の初めての開花に比べると、今年の花は咲く時期がまばらで咲いてもすぐに終わったような感じがする。はたして実はどれほどつくのか・・・心配。


ところで、どんな野鳥が我が家にネズミモチを運んだのか分からないけど、この樹の後にも勝手に発生したネズミモチが4本(?)増えている。他にはまだ幼いモッコクっぽいのが1本、マンリョウっぽいのが1本生えている。つまりネズミモチ偏向にある。

ネズミモチの幼木の小さな葉はカワイイけど、狭い庭なので今後さらにネズミモチが増えても困るな~。それと、こういう樹を鉢植えにしておくのは、やはり無理があるのかな~、と思う今日この頃。

 

コメント (6)

名古屋駅ホームのきしめん

2019-06-14 | 日常のできごと

5月29日(水)、名古屋への日帰り出張。
その数日前に、社内で「駅のホームのきしめんが美味しくて有名」と話す方がおり、また、着いた時間がちょうどお昼なので新幹線ホームの立ち食いきしめんに寄ることにした。
“おすすめ”の「かき揚げきしめん(520円)」を自販機でポチッと。
節がほど良く効いた出し汁に、お腹に優しそうな麺が良かった~。

三十数年前に転勤で1年半ほど名古屋にいたことはあるけど、立ち食いのきしめんを食べたという記憶がない(食べたとは思うけど)。まぁ、当時はまだ国鉄だったし、今とは比較にならないか。

ちなみに、用向きの先は駅構内からデッキで行ける高層ビル内にあり、ほぼ外に出ないでいける所だった。なので、出張とはいえ名古屋らしさを感じたのは「ホームのきしめん」のみだった。

用が終えたのは夕方、帰りの新幹線で同行者と2人で缶ビールなど。引き続き、東京駅に着いてから八重洲の居酒屋で日本酒。少し頂き過ぎて、帰りの電車では、入口近くで寄りかかって立っていたにもかかわらず、うつらうつらと2駅乗り越してしまった。かろうじて戻る電車がある時間で救われた。

 

コメント (2)

上尾市「上平公園」の・・・

2019-06-11 | ご近所、周辺事象

まだ梅雨に入る前の5月26日(日)、上尾市の上平公園と平塚公園に行ってきた。その上平公園散歩でのこと。

「芝生の広場」の道路側の遊歩道は春の花木などが様々あり楽しめるが、その広場の真ん中にある「バラの丘」と呼ばれる所には、ほとんど近寄ることはない。でも、今は時季かな~と一周してみた。

 


なるべく多くの花が咲いている(ように見える)位置を探しながら撮ってみたが、こんな感じ。バラのことはよく分からないけど、昔とあまり変わってないように思う。

・・・そういえば、この公園は息子が幼い時にできたと思うが、何年経つのだろう?と思い調べてみると、平成10年5月1日開園だった。なので、20才だった。

そう思って見ると、水辺の広場の樹木は大きくなったような気がする。影が濃い。

 

野球場から声援が聞こえてきた。スタンドに上がる階段が開放されていたので、どれどれと上ってみる。高校野球の何かの予選だろうか?観客は少ないし、学校の応援も少ない。でも、二十数人程の応援はちょっと良かった。

 

植込みに、チョウがとまっていた。翅の裏面しかみえないけど、ツマグロヒョウモン(タテハチョウ科)雄だと思うのだがどうだろう。


 

コメント

オオヨシキリ、チョウ、カエル

2019-06-06 | 自然・環境とか

5月12日(日)、北本自然観察公園散歩に行ってきた。で、いつものように、植物はあちらに、生き物はこちらに記録しておく。

●オオヨシキリ(ヨシキリ科)
独特の囀りが聞こえても、木の上やヨシの中だったりで(私には)姿を確認できないことが多い。
この日もたびたび聞こえていたが姿は見えなかった。しかし、やけに煩く(近くから)聞こえてきた所で探してみると、ラッキーなことに草木の間から見えた。


ズームで確認。羽の色がそれほど目立たない。

 

チョウの仲間も幾つか見た。(同定は難しいので自信無し)

ヒメウラナミジャノメ(ジャノメチョウ亜科)だと思う。
目玉模様のある薄茶色のチョウ。翅の裏面には細かい波形のもようがある。後翅裏面の目玉模様は、左右各5つずつあるらしい。


ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)かな?
黒地に白帯のあるセセリチョウ。翅を完全に開いてとまることが多いようだ。地方によって翅のもように違いあり。大名って?


チャバネセセリ(セセリチョウ科)かな?
この仲間だと思うが、このように後翅のみを広げる(前翅を立て、後翅は横にする)独特のとまり方をよく見る。ウルトラホーク3号のような飛行物体に見えて面白い。


●ウシガエルだな~残念だけど。
過去にトウキョウダルマガエルを見たことのある所だったので、また?と思ったのだが、模様は違うし・・・、やはり若手のウシガエルのようだ。

 

 

コメント (2)

遠近両用メガネを買い替え

2019-06-02 | 思う事、私の事

加齢によるメガネの経歴。
2014年3月:初めての「手元用メガネ」購入
2017年9月:初めての「遠近両用メガネ」購入

そして、今年の4月27日(土)、遠近の「近」が見難くなったので、買い替えすることにしてメガネ屋さんに行く。受け渡しはGW帰省後の5月5日(日)。

新旧を記録しておく。↓画の上が「新」、下が「旧」。カメラレンズが広角で下の「旧が」大きく見えるけど、実際は同じ幅。


裏側。


形は「新」の方が、よりウェリントンっぽい。また、テンプルが旧は黒で、新はシルバー。
何故、今回テンプルがシルバーになったかというと、妻の意見による。
「この方が、白髪に似合ってる」と。そういえば、一年ほど前?からほぼ髪を染めてない。

なお、JINSの遠近レンズは、従来品より歪みが気になりにくいレンズ設計になった。

 

コメント (2)