goo

ミヤマハハソ・2~高尾山4号路

 高尾山“4号路”に生えている「ミヤマハハソ(深山山柞)」。アワブキ科アワブキ属の落葉低木で花期は6~7月。枝先に円錐花序を出し直径4ミリほどの小花を咲かせる。花弁は5枚で外側の3枚は円形で大きく内側に2枚は小さく鼻の穴のような鱗片状になる。中から黄色い葯を持つ雄蕊が突き出ている。ハハソ(柞)はコナラの古い呼び方で葉は確かにコナラに良く似ている。さてハハソを文字の通り“ハハソ”と発音するのは何となく言いにくい。おそらく“ホウソ”と発音するほうが自然だろう。この日は奥高尾“萩原作業道”や日影林道でも開花を見た。
コメント ( 0 ) | Trackback ( )

チゴザサ

 イネ科チゴザサ属の「チゴザサ(稚児笹)」。水田や沼地などに生育する多年草で花期は6~8月。髭のようなピンク色のものは雌蕊の柱頭で横幅は3~4ミリ。隙き間から雄蕊の葯が垂れ下がっている。これは五反田谷戸のもの。
コメント ( 0 ) | Trackback ( )

イシミカワ・3~開花

 タデ科イヌタデ属の「イシミカワ(杠板帰・石見皮・石膠)」。北海道~九州の野原や河原など日当たりの良い場所に生育しする一年草で初夏に直径3~4ミリの花を短穂状に付ける。花弁は無く5枚の萼片が蕊を囲んでいる。果実期には萼片が肉質化し種子を包み込む
コメント ( 0 ) | Trackback ( )

ミヤマナミキ・3~高尾山

 シソ科タツナミソウ属の「ミヤマナミキ(深山浪来)」。草丈5~10センチの多年草で花期は6~8月。長さ4~5センチの花序を出して直径5~6ミリの小花を数個付ける。上唇は兜状に膨らみ下唇は上唇より大きく白地に紫色の斑点がある。ここは高尾山の登山道だが足元に目立たないように咲いているのでこの小さな花に気付く人は少ない。
コメント ( 11 ) | Trackback ( )

コイケマ・2~開花

 キョウチクトウ科(←ガガイモ科)カモメヅル属の「コイケマ(小生馬)」。関東地方以西の山地の林縁に生育するつる性多年草で7~8月に球状の散形花序を出し直径3~4ミリの小花を咲かせる。花冠はほとんど開かないが同属のイケマは大きく開く。これは長池公園外周のもの。
コメント ( 2 ) | Trackback ( )

ナツハゼ・4~若い果実

 ツツジ科スノキ属の「ナツハゼ(夏櫨)」。5~6月に枝先に水平に総状花序を出し直径5~6ミリの釣鐘状の花を咲かせる。写真は若い果実で直径7~8ミリ。果実の頂部には萼片の痕が丸く残っている。これは長沼公園“栃本尾根”のもの。
コメント ( 4 ) | Trackback ( )

シオデ・4~長池公園築池

 長池公園“築池”畔のフェンスに蔓を伸ばしている「シオデ(牛尾菜・四緒手)」。シオデ科(←ユリ科)シオデ属のつる性多年草で雌雄異株。写真は雄株の散形花序で小花の直径は6~7ミリ。花被片は反り返り盆提灯のような形になっている。
コメント ( 12 ) | Trackback ( )

アカショウマ

 ユキノシタ科チダケサシ属の「アカショウマ(赤升麻)」。花は純白だが根茎が赤みを帯びることから名付けられている。当地では長沼公園や中山地区の農道で見掛けるが花期は5月下旬~6月上旬。これは高尾山“1号路女坂”のもので今が満開。下界より半月以上遅れていた。
コメント ( 2 ) | Trackback ( )

ヒメヨツバムグラ

 東中野公園の広場に生育している「ヒメヨツバムグラ(姫四葉葎)」。アカネ科ヤエムグラ属の多年草で草丈は8~10センチ。花径は1.5ミリほどで同属のヨツバムグラよりも花柄が長く小葉よりも外に飛び出ている。花冠は淡黄緑色で4裂し雄蕊は4本見える。
コメント ( 0 ) | Trackback ( )

ツチアケビ・3~高尾山

 ラン科ツチアケビ属の「ツチアケビ(土木通)」。冷温帯~暖温帯の落葉広葉樹林内に生育する多年草で自身で葉緑素を持たずナラタケ属の菌と共生する菌従属栄養植物。草丈は60~70センチでひとつの花の大きさは3センチほど。ツチアケビは神出鬼没で今まで出ていたところでも年によっては現れないこともある。ここ高尾山登山道では今年も姿を見せてくれた。その名の由来となっている果実はラン科植物には珍しく液果になり野鳥に食べられて種子が散布される。
コメント ( 10 ) | Trackback ( )
« 前ページ