赤いジダンのブログ

鳥やら虫やらのブログです。

またしても会社で

2018年01月16日 23時56分17秒 | 

自分の勤める会社の社屋が老朽化で建て替えることとなり今月から同じ区内に仮移転することとなった。

またこの地に戻ってくるのは2020年。

引っ越し準備であれこれ作業していたら屋上のデッキの隙間に虫発見。

越冬モードのキマダラカメムシ。

このカメムシを初めて見たのが2015年10月。

それ以来地元で見つけようと探してみたがなかなか見つけることが出来ず今回2度目の出会いはまたしても会社だった。

東京のど真ん中だがこの辺りはそこそこ個体数がいるのだろう。

次は是非とも地元で発見して北限記録を塗り替えたいものだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足からぶら下げているもの

2018年01月14日 20時30分04秒 | 

今日のMFのノスリ。

なにかぶら下げて飛んでいた。

テグスが絡まっているのかと思いきや、家に帰ってPCでよく見たら・・

どうやら枯草のようだ。

獲物を捕らえた時にでも絡みついたのか??

 

そして帰り道

チョウゲンボウがカラスに追われていた。

ん?? と思ってよく見たらチョウゲンボウはしっかり獲物を掴んでいた。

その獲物を横取りするためカラスが執拗に追いかけるという構図。

獲物はカワラヒワか・・・。

チョウゲンボウは無事逃げきって獲物にありつけたのだろうか。

気になる。

 

日差しは暖かいが風が冷たい一日だった。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

あちこち

2018年01月08日 19時55分54秒 | 

新年がスタートしあちこち回って来た。

毎年1月は気合いが入るのだが段々その気合いがしぼみ始めて夏にはもう中弛みってのが毎年のこと。

今年は頑張れるかな~

 

ノートリでここまで撮れると撮っていても楽しい。

 

今日は今年初のMFに。

色んな人からMFは何もいないと聞かされていたが今日はレンジャク7羽が一瞬入ったらしい。

その後探したが見つからず。次はいつだろう・・

 

 

正月気分も今日まで。

明日からは普通に仕事。

居眠りしないようしないと。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

迎春

2018年01月01日 17時10分08秒 | 

あけましておめでとうございます。

 

今年も恒例の実家MFから。

橋上から見下ろしウォッチング。

デカいから真っ先に目に入ったのがアオサギ

次いでキジ

水の中にはタシギ

クイナ

オオバン

 

カワセミ

カワラヒワ

アオジ

ハクセキレイ

ジョウビタキ

約一時間で色々と・・・。

去年と同様37種からのスタート。

去年はちょっとサボり気味でイヤーリストは253種だった。(一昨年は287種)

今年は何種見られるか。 少なくとも去年は上回りたい。

 

本日唯一の見上げ画像。

ノスリにちょっかいを出すハイタカ。

最後にタカが見られて縁起のいいスタートとなった。

本年も宜しくお願い致します。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

葦原

2017年12月21日 23時18分45秒 | 

先日ちょっと葦原を覗いて来た。

結構風が強く寒い。

期待した猛禽は種類が少なくミサゴとチュウヒくらいしか目に入らなかった。

撮るものないのでミサゴを撮っていたらなにやら大きめの鳥が2羽飛んでいるのが目に入った。

そして池に着水。

ヒシクイだった。

ガン類は今年全然見てなかったのでイヤーリスト+1はラッキー。

 

最後に灰色のタカでも見て帰ろうと思ったが暗くなるまで待つのも面倒臭くなったのでこれを撮って撤収した。

俗にいう「大陸型チュウヒ」ってやつかな?

多分メスad。

ところでそもそも大陸型ってどういう意味なんだろう。

亜種ではないし・・・

本来あまり冬でも日本に渡来せず通年大陸で生活をする個体群ってこと??

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

勉強の成果は?

2017年12月14日 22時16分53秒 | 

カモメ講座の翌週、早速海へ行ってきた。

 

講座とは違い誰も種名を教えてくれない。

数千羽並んだカモメ類の中からちょっと変わったやつを探し出す事ができるか・・。

 

ざっと見た限りワシカモメ、シロカモメは見当たらない。

同時にカナダカモメを探すがカナダも見つけられない。

そんな中、ひときわ黒っぽい大型カモメ。

最初アメリカセグロカモメの1Wかと考えた。

しかしながらよくよく見るとアメリカセグロを否定するような特徴が。

初列風切の尾羽からの突出が大きくないし、体下面は一様な暗色、、とも言えない気が・・・。

上尾筒、下尾筒は縞が多く暗色傾向、、とも言い切れない。

肩羽の淡色の切れ込みは少なめではあるが尾羽の黒帯の広さは確認できず。

結構時間かけて観察したのだが自分の結論としてはオオセグロカモメ1w。

 

逆にこちらは全体的に白っぽい個体。

モンゴルセグロカモメかもと思ったが・・・

確かに頭は白いが羽の模様は白黒のコントラストが弱い。

初列風切の突出も少なめ。

尾羽の黒帯も狭くは見えない。(尾羽基部の白色部までは確認できず)

ということでこれもモンゴルではなさそう。

 

なかなか思うようにはいかない。

結論が出ずモヤモヤが溜まる。

わかるようになるにはこれをいかに繰り返すか、、という事だろう。

 

因みにカモメ3亜種(亜種カモメ、亜種コカモメ、亜種ニシシベリアカモメ)を見つけるがこの日の最大の目的だったが、亜種カモメ自体が殆どおらず期待外れに終わった。

遠くの岸壁には無数のカモメ類がおり、あの中にはなんかいそうな感じだったが近寄れない場所だしあきらめざるを得なかったのが残念。

 

カモメはまた改めて年内にもう一度来たい。

とにかく回数!!

 

帰りがけ、陽が沈みそうだったが何種か別の鳥を探して帰路についた。

ホシムクはこんなカットしか撮れず。

 

コミミは近くを飛んでくれたのだが、これもいいカットが撮れず。

 

日没間際、暗い中塒に帰って来たチュウヒを撮って終了。

 

遅くなったので圏央道使って帰って来たが、圏央道も1車線区間が長く結構渋滞する。

繋がって便利になったと思ったのだが意外に使い勝手が悪いかも・・・。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今シーズンの楽しみ

2017年12月03日 20時29分42秒 | 

昨日行ってきた!!

12:30から18:00までたっぷり勉強してきた。

講座を聞きながら赤ペンで図鑑に書き込みしてたら図鑑が真っ赤になった。

新たな知見など盛りだくさんの講座で参加してよかったなぁ。

よし今年、まずはheineiを自力で見つけるぞ~。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

勤労感謝の日

2017年11月23日 20時09分29秒 | 

せっかくの祝日も朝から雨。

五穀豊穣に感謝しようにもこの雨じゃ外出できないよ・・・、と思ったら昼から晴れ始めた。

そもそも五穀豊穣に感謝しようと言っても鳥屋にとってはこれと言った鳥が出なかった秋だったが・・。

とはいえ日本全国そういう日なので感謝の気持ちを胸に出かけよう。

で、まずはラーメン屋から。

腹ごしらえは重要。(笑)

 

午後からなので遠出もできないし選択肢は限られる。

で結局地元の沼に。

 

今季初認のミコ発見。

風で頭がとんがってる・・・

 

キンクロもとんがる。

 

アメコを探すも、、、ただコガモのみ。

 

沼の端っこの方に控えめにいたのはオナガガモ

 

長逗留なのか、新規なのか、、、シロチがオラオラ~と言いながら迫って来た。(嘘)

 

泥で化粧したハマ。

半日コースとしてはまずまずか。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

写真展終了

2017年11月20日 19時17分18秒 | 

昨日写真展が終了した。

今年も1000人以上の方に来場いただけたようだ。

来ていただいた皆さん、有難うございました。

 

撤収は16時だったのでその前にちょっとMFへ。

今話題のアオバトでも見ようかとポイントまで行って車を停めて上空を見上げたら頭上にハイタカ。

結構低いところをゆっくり飛んでくれた。

今年は定着するのか?

 

さてアオバトはというと・・・・

近すぎてフレームに入りきらず下がって何とか全身が撮れた。

アオバトがここまで近いのは初めての経験。

 

その後森に入って小鳥類をさがすが何にもいない。

・・・と思ったら一羽スーッと飛んできて止まった鳥。

ツミだった。

 

マミチャでもいないかとその後も粘ったがシロハラ、アカハラすらいない。

諦めて田んぼに行くも目的のエンベリ系は見つけられずモズでお茶を濁す。

 

そして写真展撤収時間が近づき、最後にオオホシカメムシ見つけて終了。

そう言えばこいつ今年初認だ。

それにしても最近虫の名前が咄嗟に出て来ない。

このオオホシカメムシも家帰って図鑑見るまで出て来なかった。

困ったものだ。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年11月04日 19時42分46秒 | 

3連休

まずは金曜日

どこ行こうかと思案して、取り敢えず旬な話題に乗っかってイスカへ・・。

とは言え気合いが今一つで家スタートが9時。でもって現地到着は13時。(笑)

出た時間遅いし高速使わないので、まこんなもんか!

こんな心構えなのでイスカの視認はならず。

何のために片道130km走ったのか・・・

本格シーズンを前にカモメの調査もあるしと心に言い聞かせ漁港をを回るもちょっと早過ぎた・・・、かも。

でもシロが1羽いた。

 

それとタイミル系が3羽

ん~・・・・・・。

 

で土曜日

MFにも話題の鳥が・・・

週末には抜けてるかと思ったがバーダー想いの鳥で良かった。

草に潜った後どういう出方をするか行動パターンにも興味あったが、このあと鳥屋が一人近づき飛ばしてくれた。(^^;)

そして飛んだ場所に民族大移動。

撮ることがメインではない人も多数いることを知って欲しい物だが・・・

まぁ無理か。

 

んなことでこの場所には早々に見切りをつけて湖に。

今年カモの数は少ないのかと思っていたが、ホシハジロ、キククロハジロなどが入り始めていて少し安心した。(写真はカンムリだが・・・)

 

森ではこいつと遭遇。

ウソっ!!!

多分全部で7羽。

しっかり見る前に飛ばれてしまった。

その後視認ならず・・・。

 

冬鳥への移行を感じたかったのだがツグミ類は見られずアリスイにもふられた。

辛うじてベニマシコ1とトラフズク1。

あとはMFへどれだけ通えるかという事か・・・。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

雨・・・

2017年10月29日 19時32分13秒 | 

またしても雨の週末。

しかも出歩く気が起きないほどの強雨。

こういう日こそ以前からやろうと思ってたことを。

 

2013年4月から2017年3月まで雑誌BIRDERで連載されたYoungGunsの野鳥ラボ。

識別で悩んだときにとても参考になる記事が多かったのだが、いざ調べようとするといつ頃の記事だったか探すのに一苦労。

そこでこの「野鳥ラボ」だけまとめてファイリングしようと・・・

スキャン・A3カラープリントまでは以前済ませてあったので、あとは折りたたんでファイリングだけだったのだが、そこから先を中々やる時間がなくて暫く放置していた。

 

今日、ようやくできた。

48回分(A3用紙96枚分)、結構なボリュームになった。

Excelで目次も作成。

 

これ一冊の本にしたら売れると思うんだけどなぁ。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の島

2017年10月22日 19時41分41秒 | 

ここのところ長雨で肌寒い日が続く。

台風21号も発生し、ますます天気が崩れそう。

そんな中、離島遠征へ。(笑)

ちょっとした事情から今回はいつもの島ではなく東北方面の離島へ。

昨年海が荒れて中止となったので秋の離島は今年初めての経験。

鳥相も春と比べると大分違っていて最初勝手がわからなかったが徐々に慣れてきて、鳥の数自体も多くワクワク感がとまらないのは春も秋も一緒。

結果的にライファーは1種どまりだったが中々楽しめた遠征だった。

 

鳴かないのでメボソムシクイかオオムシクイかわからないが・・・

足元にいっぱい

地面で餌をとるムシクイはあまりイメージになかった。

 

ムジセッカ

辛うじてこのカット。

 

掃いて捨てるほどいるミヤマホオジロ

 

マヒワも低いところで

 

シベリアアオジ

 

ビンズイがトンボを捕っていた

翅から判断するとノシメ系か?  胸も赤っぽいし・・・

でも別のカットではトンボの下面が白っぽく見える。

ん~~~、、たまたま光の加減か???

遠かったのでトリミングしてもこれが限界。(^^;)

 

今シーズンMFでは出会えなかったがここでようやく。

 

そしてライファーのシラガホオジロ

 

虫の撮影はたまたま飛んできて手にとまったオオトビサシガメのみ

スマホで

 

離島らしい鳥は少なめだったが溢れるほどの鳥で島を満喫した一泊二日。

こっちの島も悪くないな。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

純?

2017年10月15日 22時09分14秒 | 

カモの交雑は色々な種類が知られているがこいつもその中の一つ。

交雑だとすると相手はホシハジロまたはアカハジロが多いようだ。

個人的には過去に奈良と大阪で見ているが正直言って当時は交雑なんてことはほとんど意識していなかった。

奈良の画像を改めて見てみたが画像が粗いことに増して撮っておくべきポイントを押さえていなかったのでなんとも言えない。純血っぽくはみえるが。(大阪の個体は後に交雑と聞いたがこの個体に至っては写真を撮ってない)

 

今回久し振りに隣県で出た。

今度はしっかり見て自分で交雑の有無を識別してみよう。

 

まずクチバシ先端の黒斑は横に広がっていない。

体の大きさとしてはホシハジロと比較して小ぶり。

クチバシもホシハジロのように厚めではなさそう。

翼帯は幅広く白色。

 

とここまではホシハジロとの交雑の材料は無さそう。

ただ脇の褐色、この程度なら「一様に褐色」と言えるのか・・・

 

一方アカハジロとの交雑の可能性は・・

脇の白色部の上部への切れ込みはない。

頭部の色も緑光沢は無いように見えた、・・がこれについては如何せん雨の降りそうな曇天だったので何とも言えない。

 

このあと用事があったため止む無く1時間半ほどで撤収したが、終始対岸のこの位置をあまり動かなかったためこれ以上の情報は得られなかった。

もし長逗留してくれてもう少し近くで観察できるとしたら是非もう一度行ってじっくり観察したいところだ。

とりあえず今のところ自分では純血と思っているのだがいかがだろうか。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年10月09日 20時51分49秒 | 

金曜日は代休をとったので今週末は4連休。

とくに遠出もせず地元でうろうろ。

 

雨上がりのMFで鉄塔にハヤブサを見つけた。

近付いて行く途中で飛んで消えたが、次に現れた時にカモを掴んでいた。

いきなり現れたのでカメラの設定が間に合わず"ど"アンダー。

思いっきり補正をかけてみた。

色が良く出ずピントも甘いのでカモの種類が判らないが大きさからしてコガモかな。

 

ハヤブサってまず獲物の首を狙うんだな。

以前、海でミツユビカモメ狩ったのを見た時もそうだった。

 

川の向こうの鉄塔に止まって食事を始めた。

近づけないので、これにて観察終了。

 

さて、そろそろどこかで珍鳥の話が出てもいい頃ではなかろうか・・・

できれば近場希望。(笑)

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

縞味

2017年10月01日 22時18分24秒 | 

先日飛ばれてしまってじっくり撮れなかったので再度チャレンジ。

まだいてくれたが先日より更に遠くて待っても近寄ってこなかった。

一応羽を開いたところは見られたが、もうちょっと近くでじっくり見たかったなぁ。

こいつは♂幼鳥ということでいいかな??

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加