赤いジダンのブログ

鳥やら虫やらのブログです。

2017年03月26日 20時47分33秒 | 

早くもこんなやつが渡って来た。

ハイイロヒレアシシギ

 

ウミスズメも夏羽に

海鳥を見始めの頃、この夏羽をカンムリウミスズメとよく間違えたものだ。

 

そのカンムリウミスズメはこちら

 

クロアシアホウドリはやはり存在感がある。

白いヤツもこれくらい近くで見たいものだが・・・

 

ツノ生えてます

 

カモメをゲットしたハヤブサにウミネコが執拗に纏わりつく。

(因みに獲物はミツユビカモメ)

仲間をやられた復讐かとも行きや、そもそも種類が違うし・・・・

単に獲物を横取りしたいだけ???

 

 

こちらは生きてるミツユビ

近すぎてはみ出した。

 

そして

今シーズンはもうだめかと諦めかけたが滑り込みで1羽入った今日のMF。

 

春だな~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定例会

2017年02月26日 20時43分06秒 | 

昨晩は実家に泊まり、今日は久々の定例観察会に参加。

さすがに実家からだと楽だ。

7時から観察を開始し12時までの5時間、至福の時間。

海鳥観察としては決していい条件ではなく風も波もない状態。

それでもアビ類、トウゾクカモメ類、ウミスズメ類が目を楽しませてくれた。

主な鳥は、ビロードキンクロ、クロガモ、ウミアイサ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、

オオミズナギドリ、ミツユビカモメ、トウゾクカモメ、ウミスズメ、カンムリウミスズメ、ウトウ等

やはり海は楽しい。

 

本日唯一の撮影

ウミスズメ

ここは撮影は望めない場所だがたまにはこんな近くにも来る。

ちょっと得した気分。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく

2017年02月20日 21時14分35秒 | 

昨年末から引きずっていた仕事もようやく一段落。

ドイツから帰国してからも週末ごとに神戸出張が続いていたがここ2週間はそれもなくボチボチ鳥見の時間もとれるようになってきた。

近所の公園から鳥見をポツポツ始めて先週はようやく今年初のMFへ。

そして昨日は今年初の海。

そんなこんなでようやくイヤーが100を超えた。

昨年100種に達したのは1月23日だったので相当スローペースだが今年は焦らずのんびり行きたい。

 

という事でここ2週間の鳥画像を何枚か。

 多分この厄介な仕事も3月末にはケリが付くと思うのでそれまでは我慢しよう。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ミュンヘン

2017年01月22日 17時31分17秒 | 

年末から厄介な仕事を引きずっていて、なかなかプライベートの時間がとれない。

そんな中ドイツ・ミュンヘンの出張も入っており超多忙な2017のスタートとなった。

 

とりあえずミュンヘンからは昨日帰国したが、いゃ~とにかく疲れた。

そして向うでも鳥を見る時間はほとんどなく、僅かな時間の中で見た鳥も前回(2年前)とほぼ同じだった。

ハイイロガン(最初の2枚はスマホで撮影)

今年は寒波で2年前は凍ってなかった池が今年は凍結。

マガモやオオバンたちもわずかに残る水面近くに集結していた。

 

シジュウカラ(久々に持ち出したSX50HSで)

下面の黄色いタイプ

 

クロウタドリ

 

ユリカモメ

 

今回見た鳥

ハイイロガン、コブハクチョウ、マガモ、オオバン、ユリカモメ、カササギ、ハシボソガラス、シジュウカラ、アオガラ、キバシリ、クロウタドリ、イエスズメ、不明タカ類、不明セキレイ類

とまあ鳥はこんな感じ。

 

撮った鳥の写真が少ないのでミュンヘンの街並みをちょっとご紹介します。

 

ホテル前

 

市庁舎

 

市場

 

 

教会

 

BMW Weltと博物館

 

オリンピック公園

 

ホテルの朝食バイキング

おかわり(笑)

 

有名なビアホールで

1回のオーダーが1リットル。

 

現地の人達とディナー

現地人がたのむ量は半端じゃない。

 

今回は何事もなく海外出張終了。

でも明日からの仕事が・・・・・、まぁ考えるのはよそう。

2月に入れば落ち着くでしょう。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2017年01月02日 23時16分32秒 | 

あけましておめでとうございます。

 

今年も元旦は恒例の実家MFから鳥見スタート。

特段変わった種類は見られなかったが次から次といろいろ出てきて新年のスタートとしてはまずまず。

イヤーリストもリセットされ37種からのスタート。

 

橋の上から下を見降ろしてカワセミとカシラダカ。

真上からのカットはなかなか新鮮。

 

どんどん近寄ってきてフレームアウトしそうだった愛想の良いイソヒヨドリ。(ノートリ)

 

今年もたくさんの鳥や虫を見たいと思います。

皆さま、今年も宜しくお願い申し上げます。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

今まで出してない分(その2)

2016年12月24日 21時50分49秒 | 

今年も残りあと一週間。

今年も色々なところに行った。

フィールドノートを見返してみるとその時の光景が鮮明によみがえる。

総集編的に出してない写真をまとめてみよう。

6月にその1をやったので今回はその2ということで・・。

 

6月後半

まずはチゴモズ♂♀。

なんの情報も持たず自分の勘を信じて探し回ってようやく見つけた時は嬉しかった。

 

7月

「アメコ」と略す鳥はアメリカコハクチョウとかアメリカコガモがいるけどこいつも略したらアメコ。

アメリカコアジサシ

アメリカコハクチョウやアメリカコガモと違ってこいつは独立種とされているのでめでたくライフリストに仲間入り。

 

9月、南国遠征にて

カタグロトビ

遠くてしかも強風だったが何とかそれとわかる画像は得られて良かった。

葉っぱのしなり具合で強風というのがわかるだろうか。

この辺は手持ち撮影の辛い所。

それにしてもなかなかカッコいい猛禽類だった。

 

おなじく南国遠征にて

マダラチュウヒjuv

♂adならまだしも、さすがにこれは自分では識別できない。

数日前から滞在していたらしくいろんな人が「マダラでは」と言っていた。

だれも確信が持てないでいたようだがどうやらマダラチュウヒの若でよさそう。

個人的にはいまだチュウヒとの差がよくわからない・・・。(^^;)

 

関東に戻って来てすぐオニアジサシ。

これもやたら遠かった。

スコープをもっていかなかったのは失敗だった。

でもまあ、それなりにオニとわかる画像は得られたし、ずーーっと見たいと思っていた鳥なので最高にうれしい。

次はベンガルが見てみたい。

 

台風16号による置き土産を期待して海に行ったら海鳥ではなくこんな鳥を見つけた。

〇×ヒタキ???

現地では名前が判らず。

サバクでないことはなんとなくわかったものの、この手の鳥はほとんど見た経験がないし、ましてや幼鳥ともなるとハードルが高すぎ。

ハシグロまたはイナバあたりだろうとは思っていたがどうやらイナバヒタキでよさそう。

尾羽を開いたところが確認できないまま10分ほどでロスト。

その後誰も見ていないとか。

 

10月

キマユホオジロ

何回か離島遠征すればいつかは見られるだろうと思っていた鳥が関東で。

ラッキーというしかない。

まぁ写真はあれだが。

植え込みの中にいて暗かったが双眼鏡でしっかり観察はできたので良しとしよう。

発見後30分くらい粘ったが全然いいところに出て来ないので写真はこんなところで妥協。

 

同じく離島に行けばそのうち見られると思っていたモリムシクイ。

こいつも関東に出た。

ムシクイ類ではかなり特徴的で綺麗な鳥だった。

見た人は皆口を揃えてレモンイエローが綺麗と言っていたが個人的には風切羽の黒い部分がカッコいいと思った。

 

そんなこんなでイヤーリストは287種、ライフリストも大幅に増えて20種プラス。

金を使って遠征するとまだまだライフリストもそれなりに増えるもんだ。

さて来年は・・・?

いやその前に残りのあと一週間で何か出るかも。(笑)

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

こみみ

2016年12月18日 19時35分07秒 | 

今年もあともう残すところ2週間。

今年コミミをまだ見ていないのでイヤーリストを稼ぐため昨日葦原に行ってきた。

到着はPM3時。

まず飛んだのはこれ。

続いてノスリ、ミサゴなどがぽつぽつ出た後コミミが遠くに飛んでるのが見えた。

500~600mは離れていただろうか。

遠い・・・・。

カメラマンたちは近くで撮ろうとぞろぞろと移動を始める。

きっとこっちに近付いて来ると読んでその場で待ったが全然近寄ってくる気配はなく、どうせ複数個体いるだろうからと余裕かましてたら今度は反対方向で同じくらい遠いところで別の個体が出た。

こっちも歩いて移動するのは遠すぎる。

色々考えた結果最初に出た個体が移動しそうな方向に車で先回りすることにした。

誰もいない場所で・・。

そして10分くらい待ったあと、読み通りコミミが飛んで来た。

 

ふわふわ飛んでると思ったら急降下でネズミをゲット。

うまいものだ。

その後暫く地面にいたがトビに獲物を狙われ飛び上がる。

夕日を浴びて白い翼下面が赤く染まる。

執拗にトビに絡まれたが獲物を奪われることなく遠くに飛び去って行った。

何はともあれ久し振りにイヤーが増えて287。

でも今年はもう300は無理だな。

今年はどうも気合いが入らない。(^^;)

 

で、今日は鳥見お休みで庭掃除。

庭木が電線に触れるほど伸びてきたので剪定作業。

年末は何かと家の仕事が増える・・・。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のMF

2016年12月11日 19時51分19秒 | 

MFの森はいろいろ入ってきているようだが、何かと他の用事もあって中々行けてない。(^^;)

珍しく♂成鳥のルリビタキが複数入っているので一度は見ておこうとようやく今日行ってみたが出ているポイントは良くわからない。  

とりあえずあたりを付けてぐるっと回ってみたところ2か所で出待ちの場所があった。

でもそのタイミングで運良く鳥が出てるわけでもなく・・・

長居は得意でないのもあって「一度は見に来たぞ」と自分に納得させて次に移動。

 

結局見られたのは・・・

 

♂成鳥は見られずこんなのとか、

 

こんなのとか、

(こいつは近すぎて下がって撮るほど)

 

最後に駐車場でこんなのとか、

でもまあ、たまにしか行けないのでこんなもんでしょう。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

都内の公園

2016年12月04日 18時53分15秒 | 

昨日、都内の公園を散策してきた。

 

カルガモを見ていたら小さい男の子が「お母さん、鳥が道を渡ってくよ~」と言った。

この一言、ちょっとほっこりといい気分にさせてくれた。

男の子には「このまますくすく育ってくれよ」と念を送っておいた。(笑)

 

 

まだ2時だというのに撮ったエナガは既に夕陽色っぽく色付いて・・。

冬だな~

 

カルガモのいた土手から飛び上がった鳥。

双眼鏡で追ったらモズだった。

餌をくわえてる。

この時期にもなると餌も少なくなる。

モズは貴重な餌をゲット。

獲物はどうやらハラビロカマキリ。

カマキリもすでに繁殖活動は終了して使命はまっとうしているはずだし食物連鎖がうまく回っているということかな。

 

ハラビロカマキリと言えば自分の働く会社の屋上にハラビロカマキリの♀が6月から居ついている。

1cm足らずの幼虫だったのがいまや立派な大人に。

そもそも翅のない幼虫がどこから来たのか。

鳥にくっついて来たのか、それとも埃と一緒に飛んで来たのか・・・謎。

9月にはなんと卵を産んだ。

伴侶がいなかったため多分無精卵だろうが。

それにしても餌の少ない都会の屋上でよくぞここまで生き抜いたものだと感心しきり。

カラスの餌食にならないかと毎日ひやひやしている。

このカマキリ、いつまで頑張ってくれるのかな。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

上野とか

2016年11月23日 22時50分08秒 | その他

早く行っとかないと行きそびれるので今日行ってきた。

もの凄い人だった・・・(^^;)

 

この後、妻がイルミネーションを見たいというのでMidtownもついでに。

 

 と言うことで都内散歩の一日。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のMF

2016年11月20日 18時07分46秒 | 

昨晩はラグビー日本代表のウェールズ戦見てたら寝そびれてしまい続けて高校サッカー茨城県決勝までちょこっと見てしまったので今朝はプチ朝寝坊。 起床は7時半。(^^;)

外を見たらもの凄い霧だった。

20m先が見えないほどの霧、こんなの久しぶり。

 

そんなこんなで家でのんびりしていたら、お願いしていた図鑑が来たと連絡をいただき、いいそいそとMFへ。

欲しかった図鑑なのであとでじっくり読み込もう。

 

さて、午後はMFの田んぼで珍しめがいないか巡回。

とりあえずの狙いはホオアカ、続いてコジュリン・コホオアカ辺りか。

とぼとぼ一人で歩くも鳥は比較的少なめ・・・

目にとまるのはホオジロ、カシラダカ、アオジ、ヒバリ、モズ・・・。

水路でクイナを見かけたが写真は撮れず・・・

近くで相手をしてくれたのは

 

撮るものないので蝶も

11月も下旬なのにまだまだチョウは結構動いてるなぁ。

 

これといった成果もないので帰ろうかと思った時頭上を飛ぶエンベリ系がちょっと気になったので撮ってみたら・・・・

取り敢えず坊主は免れたということか。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢旅行

2016年11月13日 18時24分01秒 | その他

会社に入って30年。

節目という事で同期入社メンバーで30周年の記念旅行に行ってきた。

既に会社を辞めた同期も参加して総勢14名。

東京から11名、大阪から2名、山形から1名。

30年経っても入社当時の笑い話などで盛り上がって楽しい旅行だった。

 

宿泊は鳥羽シーサイドホテル。

部屋の窓からは伊勢湾が。

伊良湖岬から飛び立ったサシバやハチクマはこの上を毎年渡っているのだろう。

 

宴会は伊勢エビ、アワビ、松阪牛など豪華で美味。最高だった。

 

 

遅くまで飲んで翌日はお伊勢参り。

 

おはらい町~おかげ横丁

地ビールを飲みながら散策。

苦味とフルーティさが絶妙で美味しい。

 

伊勢と言えば、、、

赤福本店

 

二日間飲み続けて食べ続けてしかも幹事だったのでちょっと疲れたが気の合う仲間と1泊2日の旅行。

楽しかった。

 

p.s.

本日、写真展終了しました。

来ていただいた方には感謝申し上げます。

 

という事で今週は鳥見はなし。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

今季初認

2016年11月06日 19時24分51秒 | 

MFで今季初のマヒワを確認。(^^)v

10±の群れで飛び回っていた。

なかなかいい所にはとまってくれず写真はイマイチだったが初物はやっぱいいなぁ。

 

柄にもなく月に絡めて鳥を撮ってみた。

ちなみに鳥はエゾビタキ。

ん~、結構難しい。(^^;)

 

水場は大型ツグミでにぎわっていた。

人気の筆頭は何といってもマミチャジナイ。

その他アカハラ、シロハラなどが入り混じる。

結構1wが多い。

一応この中に5羽写ってる。↑

渡り途中の鳥と冬鳥が混在するMFだった。

 

昨日の午後から写真展が始まった。

今年で12回目。

昨日今日の2日で300人強の来場をいただき盛況だった。

桜区のプラザウエスト1Fギャラリーにて11/13(日)までやってます。

お時間のある方は是非。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

まるがも

2016年10月30日 19時07分55秒 | 

今日はかなり寒かった。

薄手のパーカーを羽織っただけだったので軽装過ぎて大失敗だった。

いよいよ冬に近づいてきたなぁと実感。

 

今日はMFよりは近くの森。

池にはもうカモが集まり始めている。

カルガモ、コガモ、マガモ、、、と双眼鏡でスキャンしていたら違和感ありありの個体が目に留まった。

体だけ見ればマガモ、でもクチバシから目まではカルガモ。

両方の特徴がよく出ている。

俗にいう「マルガモ」ってやつだ。

交雑の中ではこのカルガモ×マガモの交雑が結構多いらしい。

今日の池は変わった種類はいなかったがこのマルガモのおがけで退屈しなかった。

 

コガモやマガモも生殖羽に換羽中。

綺麗な羽衣になるのももうちょっと。

 

ジョウビタキはオスもメスも複数確認。

アオジも見つけた。

そしてここの森でもアカゲラが到着。

もう冬鳥シーズンに突入したようだ。

 

 

おまけ

先日KAEDEさんのサイトで知った「セミノハリセンボン」

セミに寄生する冬虫夏草の一種。

この写真はニイニイゼミに寄生している。

 

とまぁここまではいいのだが、何とこのセミの死骸の近くにセミノハリセンボンの説明看板が設置されていたのには驚いた。

無造作に地面に落ちているセミの死骸なので強風でも吹いたらすぐ飛んでしまうだろうに・・・

この公園の自然観察に対する姿勢(サービス精神?)にはただただ頭が下がるばかり。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

擬木ウォッチ

2016年10月16日 22時56分39秒 | 

2年くらい前までは何度も虫探しに訪れた湖畔の自転車道。

ここ数年鳥熱再燃で虫ウォッチングは疎かになっていたが、たまたま今回鳥見で訪れたついでに再訪。

2時間ほど擬木の柵につく虫達をのんびり観察してきた。

 

ヨコズナサシガメ(幼)

アリ(?)をゲット。

 

ヨツボシヒョウタンナガカメムシ(であってるかな)

 

クヌギカメムシ

似たような種にヘラクヌギカメムシ、サジクヌギカメムシがあるが、これは側面に黒い点々があるのでただのクヌギカメムシ。

結構このフォルムは好き。

 

アカスジキンカメムシ(幼)

 

アオクチブトカメムシ

自然光で撮ると綺麗なグリーンに写るが、ストロボ当てると下のような色になる。

光の足りないところで遭遇したらまず写真は諦めるしかないか・・・

WBなどを調整したらもしかして近い感じに撮れたりするのかもしれないが、面倒臭いので仮にできてもそこまでする気はない。(^^;)

 

今回の擬木ウォッチで見たのはほとんどがカメムシだった。

この他に見たカメムシはヤニサシガメ、オオモンシロナガカメムシ、ホソヘリカメムシ、クサギカメムシ、ウシカメムシ、ヒメツノカメムシなど。

 

カメムシ以外の虫は少なくてシギゾウムシとクロハナムグリがいたくらい。

で、そのシギゾウムシだが種の同定ができない。

果たしてこの個体はクリシギゾウムシなのかコナラシギゾウムシなのか・・・。

とりあえずクヌギではなさそうだが。

悩ましい・・・。

 

ともあれ久々の虫ウォッチング、

虫用カメラは暫く使ってなかったので電池の充電が不十分で最後まで持つかヒヤヒヤだったがなんとか持ってくれて、しかも十分楽しめたのでめでたしめでたし。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加