赤いジダンのブログ

鳥やら虫やらのブログです。

あたり

2016年09月26日 22時15分33秒 | 

今日でとうとう16連休が終わる。

明日からまた仕事。 ちゃんと会社になじめるか。(笑)

後半一週間は雨続きで折角会社を休んでいても行くところがなく、リフレッシュ休暇をここに持ってきたのは大失敗だった。

 

さてそんな中で唯一晴れた25日。

毎年恒例の鷹渡りに行ってきた。

雨でたまっていたタカ達がここぞとばかり一斉に飛んだ。

途切れることなく次々と鷹柱が立つ。

圧巻!!

調査Gのカウントによるとこの日の総数4824羽。

大当たりだ。

 

ハチクマ

 

サシバ

 

ツミ

一羽くらいアカハラダカが混じってないかと撮れそうな距離のツミは全部撮ってみたが、PCで確認したところ全部ツミだった、、、ははは。  まあそれが普通だけど。

 

チゴハヤブサ

 

この日イヌワシとチゴハヤでイヤーリストが2種増えて280種。

なんか今年も300行っちゃいそうな雰囲気。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のMF

2016年09月22日 18時57分28秒 | 

リフレッシュ休暇も残すところ今日を入れてあと5日。

予定ではあそこ行って、ここも行って、とあれこれ考えていたがこれだけ雨が続いてしまってはどうにもならない。

結果、行くあてもなく毎日田んぼ巡りの毎日。(^^;)

そして毎日惨敗。

ジシギを探して田んぼをうろうろしても水が多すぎてチュウジたちの好みの環境ではない。

いるのはタシギばっかり。

 

今日はいつにも増して鳥が少ないと思ったらこいつがいた。

狩りをするも失敗。

別の田んぼには成鳥もいた。

 

15時過ぎに一旦雨が止んだので森に入ってみた。

そしたら何とアカゲラがいた。

ちょっと早くない??

残念ながら画像はなし。

 

森の外ではアマツバメが10羽前後で飛んでいた。

中に2羽ほどヒメアマツバメも。

最後に裏の田んぼでノビタキ探すも見つけたのはモズだけ。

あ~、誰か雨でも楽しい場所教えてくれませんか? (笑)

 

あ、そうそう 一日は峠のタカの渡りにいかないとな。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

遠征②(虫その他編)

2016年09月16日 23時38分36秒 | 

ナイトツアーに参加。

島の夜はとても楽しかった。

哺乳類、甲殻類、両生類、そして虫。 なんでもあり。

 

電線にヤエヤマオオコウモリがペアでぶら下がっていた。

流石にデカイ。

 

ヤシガニ

これまたデカイ。

 

オカヤドカリ

なんか平凡な名前なので縁日で売っているレベルのヤドカリかと思ったら天然記念物だそうで・・・

 

クロイワオオケマイマイ

何とも珍妙な形。

こんな生き物がいるなんて全く知らなかった。

 

アオミオカタニシ

これは確かチョコエッグにあったなぁ。

 

大好きなカエル、3種撮影できた。

アイフィンガーガエル

アイフィンガーは人の名前と教えてもらった。

 

ハナサキガエル

 

リュウキュウカジカガエル

カエルが多ければヘビも期待してしまうが、残念ながらこの夜は一種類もヘビを見つけられなかった。

 

タイワンサソリモドキ

これは前々から見たかった。

 

コブナナフシの交尾

 

オオシママドボタル幼虫

あちこちで光ってた。

ちらほら宙を舞う成虫の光も。

 

プロのガイドの方について回ったので大きな成果を得る事が出来た。

夜に一人で森に入るのはちょっと怖い。

 

続いて昼間編

こっちは単独行

イワサキタテハモドキ

 

スジグロカバマダラ

 

タイワンキチョウ

 

クロボシセセリ

後翅裏面の黒点が撮れなかったのが悔やまれる。

 

ネッタイアカセセリ

柵の向こうで近寄れず。

こいつは翅表が撮れなかった。(^^;)

 

メスアカムラサキ♂

 

林道では蝶の吸水集団があった。

ミカドアゲハ

 

ヤエヤマカラスアゲハ

 

ヤエヤマカラスアゲハ と クロアゲハ

その他イシガケチョウやキチョウ類が少数混じっていた。

 

アカスジベッコウトンボ

鳥を見ているときに飛んでいるのが判ったので最終日改めて撮影しに行った。

これは絶対撮りたかった。

現地ではナンヨウベッコウトンボだと思って撮ってたが、家帰って調べたらアカスジだった・・・。

 

オキナワチョウトンボ

今年はバッチリ撮れた。

 

タイリクショウジョウトンボ

 

ハラボソトンボ

 

なんかやに小さいのが飛んで来たと思ったらヒメトンボ

 

ヒメハネビロトンボ

 

ホソミシオカラトンボ

 

台風の影響で連日風が強く、今回は虫を半分諦めて鳥主体に計画変更したのでカメムシ、カミキリは収獲ゼロだったがチョウ5種、トンボ4種がライファー。

鳥見ポイントでついでの虫探しだったが結果オーライ。 

あ~、でもせめてあと二日欲しかった。

 

おまけ

沖縄限定酎ハイ

 

唐辛子そば(麺に唐辛子が練り込んである)

 

八重山そば定食

どれも美味しゅうございました。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

遠征①(鳥編)

2016年09月16日 19時16分53秒 | 

去年に引き続き南国に遠征。

今年は更に遠くの離島に。

台風の影響が心配されたが滞在中はさほどでもなく鳥の方は成果もまずまず。

 

まず初日の夜はナイトツアーに参加。

木の上で寝ているリュウキュウメジロとシマアカモズを発見。

この勢いでオオクイナと行きたいところだが・・・甘いよな。

 

リュウキュウコノハズク

昨年は声だけだったが今年はようやく姿を拝めた。

 

昼の部

昨年本島で見つけられなかったリュウキュウヨシゴイ

今年はゲット

結局4日間を通してこの1羽だけだった。

 

ズグロミゾゴイ

林道では幼鳥も発見したが、そっちはすぐ逃げられた。

 

ムラサキサギは各所で

 

信号待ちしてたら脇の田んぼでカメを食べてた。

ペリット出すの大変そう。

 

こっちでは大きなキシノウエトカゲを捕えた

このトカゲ、天然記念物でござる。

 

牛にアマサギはいかにも南国チック

 

シロハラクイナもいたるところで見られた。

そして親子も。

 

ツバメチドリも各所で。

4日間で結構見た。

 

タマシギ♀

草に隠れることなくかなり近くで撮らせてくれた。

 

ジシギ達

時間が許せば一日でも粘りたい所。

詳しい人なら一枚の写真だけでもある程度絞り込めるんだろうが・・・

 

いっぱいと言えばツメナガセキレイもうじゃうじゃ。

中にはマミジロツメナガも

 

島と言えばカンムリワシ

はみ出さんばかりの幼鳥

カンムリワシは猛禽類のくせに結構警戒心が薄い。

だから平和の象徴なんだとか。

 

目の前の樹でガサゴソさっきから音がすると思ったらチュウダイズズアカアオバト。

てっきりカラスだと思ってたが・・・

枝をくわえてるって事は巣作り??

なのでこの場所に長居できなくなってしまった。(^^;)

 

電線2態

カラムクドリ

ブッポウソウ

ブッポウソウは2羽いた

 

海に目をやればエリグロアジサシ

今年は間に合った。

 

オオアジサシもいた

 

噂には聞いていたがインドクジャクがかなりいた。

あの大きい体で飛ぶんだな。当たり前だけど・・・

なので飛びものを2枚

それにしてもけたたましい鳴き声。

 

インドハッカは台湾から渡って来た個体群なので自然分布と言えるだろうが・・・

台湾の個体群自体が二次的分布だからなぁ。

 

という事で4日間での観察種(五十音順)

アオアシシギ、アオサギ、アカアシシギ、アマサギ、イシガキシジュウカラ、イシガキヒヨドリ、イソシギ、イソヒヨドリ、インドクジャク、インドハッカ、エリグロアジサシ、オオアジサシ、オオジシギ?、オオメダイチドリ、オグロシギ、オサハシブトガラス、オジロトウネン、カラムクドリ、カルガモ、カワセミ、カンムリワシ、キアシシギ、キセキレイ、キョウジョシギ、クサシギ、クロサギ、クロハラアジサシ、コアオアシシギ、ゴイサギ、コウライキジ、コサギ、コチドリ、シマアカモズ、シロハラクイナ、ズグロミゾゴイ、スズメ、セイタカシギ、セッカ、ダイサギ、タカブシギ、タマシギ、チュウサギ、チュウジシギ?、チュウシャクシギ、チュウダイズアカアオバト、チョウゲンボウ、ツバメ、ツバメチドリ、ツメナガセキレイ、トウネン、バン、ヒバリシギ、ブッポウソウ、ミサゴ、ムナグロ、ムラサキサギ、ヤエヤマシロガシラ、リュウキュウアオバズク、リュウキュウキジバト、リュウキュウコノハズク、リュウキュウツバメ、リュウキュウメジロ、リュウキュウヨシゴイ など

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

経験値

2016年09月10日 17時04分09秒 | 

先週のこと

港でグンカンドリを見る機会に恵まれた。

今年は台風で飛ばされてきても数日間滞在してくれることが多いようで、この個体も数日間滞在したようだ。

当初オオグンカンと聞いていたが現地ではコグンカンではという声も聞かれた。

自分ではグンカン類を観察した経験に乏しい。

そもそも2002年に多摩湖で出たコグンカンを遠巻きに一回、2006年にハワイでオオグンカンを数羽見ただけで経験値はほとんどないに等しい。

なので図鑑を数冊一字一句読み込んでみたが・・・・、やはり判らない。

曖昧なままではなんか気持ちがスッキリしないので自分にとって一番信頼を置ける人に写真を見てもらったところ、大きさが判ればある程度「オオ」か「コ」かの目途がついたと思われるが結局総合的に見て識別は保留、となった。

①写真で見る限り体系やクチバシがオオとコの中間的に見える。

②この個体は昨年以前に生まれていると思われるため幼鳥について書かれている図鑑の説明はそのまま識別には使えないと思われる。

グンカンドリ類は成鳥羽になるまで4~5年以上かかり、2~3年目の亜成鳥では羽衣に変異が多いため翼下面に白斑があっても羽衣だけでは判断できないようだ。

因みに生まれて一年以上経過していると判断した理由は換羽の状況で、今回丁寧に教えてもらい非常に勉強になった。

中型以上の多くの鳥は第一回冬羽の換羽時に尾羽や風切羽などの大きな羽は換羽せず生まれて一年経った時期にようやく換羽を始めるので、この個体のように尾羽・風切羽に2世代以上の羽(摩耗した羽と綺麗な羽)がある場合、生後一年以上と判断されるとの事。

逆に尾羽や風切羽に摩耗が少なく一様に揃った羽であれば幼鳥と判断される。

見る機会の少ない鳥だが、次回見つけた時はその辺のところをじっくり観察してみたい。

 

尚この個体、飛びながら盛んに羽繕いをしていたが後で撮った写真をよく見たらクチバシと脚にテグスが絡まっていた。

それを取ろうとしていたようだ。

長生きしてほしいものだが・・・・

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年08月22日 08時34分00秒 | 

自分には珍しく一種の鳥で3日間も通ってしまった。

 

日中は期待薄なので朝と夕方に絞って・・・

3日目、ようやく陽が差す中での撮影。

 

それにしても夕方で200人超とは・・。

木道だけでも100人近く。 木道よく壊れなかったな。(笑)

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

雨・・・

2016年08月20日 20時13分01秒 | 

昨日も今日も天候が安定しない。

晴れ間がのぞいたと思ったらいきなり豪雨が降ったり・・・・

写真もいい色が出ないしカメラマンの人達は苦労した事だろう。

普段、こんな近くで撮れたら一躍人気者のこの鳥も今回はほとんど見向きもされない。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年08月17日 22時29分49秒 | 

台風一過

今回の進路としてはちょっと微妙か。

 

それでも何かいないかと探しに行ってはみたが・・・・

カモメ類以外では遠くに2羽のクロサギを認めたのみ。(^^;)

軍艦あたりを期待したんだけど・・・。

往復7時間、もう慣れちゃったな。(笑)

 

本日のランチ いわし定食

これで500円はお得。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年08月07日 21時05分32秒 | 

山で虫を探しているとき同行の友達から「空に猛禽が~」と。

空を見上げてみるとそこには。

お~~

いいね~

おかげで暑さを一瞬忘れた。

見つけてもらって感謝 !

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

花の丘公園

2016年07月31日 15時49分43秒 | 自転車

最近体重が増加気味なのがちょっと気になる。

なので鳥が少ないこの時期、久々に自転車に乗ってみた。

週末二日間、たっぷり汗かいて溜まっていた老廃物が出た気がした。(笑)

 

昨日今日と近場で走行距離は約50km。

今日は大宮花の丘公園で休憩がてらちょっと散歩。

サルビア満開!!  いゃ~お見事。

 

こんなのが各所に。

初めて行った公園だったがなかなかお洒落な感じでgood。

 

最近、会社帰りもJRの駅まで地下鉄乗らずに2駅分歩いてることもあってか、さっき体重計乗ってみたら何と池中玄太の体重を数年ぶりに下回っていた。

これは嬉しい。

ようやくウォーキングの効果が出てきたのか??

これが続けば尚いいのだが・・・

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

運命

2016年07月26日 21時50分21秒 | 

ちょっと前、MFの森で虫を探していてミドリシジミを見つけた。

結構遅い時期までいるなぁと思いながら写真を撮った。

 

下向きにとまって何か変な感じと思ったら・・・・・

アズチグモの餌食になっていた。

横から撮ってる時は全く気付かず正面に来てようやく判った。

クモは自分の体色を良くわかってるようだ。

ただただお見事と言うしかない。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

セカンドカー

2016年07月24日 18時29分45秒 | 

近々息子も免許を取るらしく、家族4人で車一台だと取り合いになりそうなので軽を購入。

(先日、横浜の実家にて撮影)

 

庭の芝生を削ってもう一台停まれるようにした。

あ~、疲れた。

 

そのハスラー号を駆ってドライブがてら鳥&虫探し。

クロツグミ

こんなしっかりクロツグミの♂を撮ったのは初めてかも。

嬉しい。

 

ハリオアマツバメ

水飲みに降りてくるのを待てずに今回は撤収。 また来年来てみよう。

 

虫もいろいろ

まずはカメムシ

今年も同じ所で見つけたヒメカメムシ

 

モンキクロカスミカメ

カスミカメを見るのは久しぶり

 

初見のナシカメムシ

 

カメムシ以外はこんなのが。

コンビニの電撃殺虫器にやられ息も絶え絶えのアカスジシロコケガ

蛾は難しいのであまり撮らないのだが、あまりにも綺麗だったので撮ってしまった。 

 

マルアワフキ

 

道路横断中のミヤマクワガタ

 

ところで高速道路を80~100kmの安全走行で23km/ℓ は良いのか悪いのか?

軽とはいえこんなもん??  ちょっと微妙。

 

おまけ

庭で作業している時たまたま見つけたスズメガ

エビガラスズメかな?

腹はピンクの横縞だった。

ネットでズバリの画像は出て来なかったが斑紋はいろいろ個体差があるのだろう。

多分合ってると思うけど・・。

 

久々に体使って作業したので明日腰が痛くなってなければいいが。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

天上の鳥 雨燕

2016年07月19日 21時40分17秒 | 

巣立ちから死ぬまでほぼ空の上で生活する鳥、アマツバメ。

睡眠も高空を飛びながら。

そんなアマツバメが唯一地に降りるとき、それは繁殖。

アマツバメは撮影しても大抵は背景が空、しかも見上げる構図ばかりだが、ここでは岩の裂けめに飛び込んだり岩にしがみ付くたくさんのアマツバメを観察することができた。

100羽前後の乱舞は絶景。

 

海を背景に撮るのも悪くない。

ライファーでもない鳥一種のために遠征するのは自分としては珍しいのだが、今回はつくづく行って良かった。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の虫

2016年07月16日 18時52分18秒 | 

今日は海にでも行こうかと考えていたが天気もスカッとしないし家の用事もあったりしたので近所の公園でまたしても虫探し。

5年ぶりのウスバカミキリ

お久しぶりっす。

 

いつもと違う公園行ったらまたしてもルリボシに遭遇

毎回会うと有難味が薄れる・・・

 

エゴヒゲナガゾウムシも出始めてた

 

そして今日もカメムシ多め。

エサキモンキツノカメムシ

一度エサキのつかないやつに会いたいのだが・・

 

イトカメムシ

 

ヘクソガズラがあったので痛んでる葉をめくってみたら・・・

いた、ヘクソカズラグンバイ

立体的すぎて被写界深度が・・・

絞ってストロボ使えばよかった。 でも初見でラッキー。

 

ここからは自信のないやつ

アカヒメヘリカメムシ?

 

毎回悩むやつ

ヒメナガカメムシ?

わからないのでいつも撮ってから後悔する。(笑)

 

そしてこれ、スカシヒメヘリカメムシ?

個体A

個体B

色彩変異が多いらしく、Aの方は上面は黒っぽいが下面は赤い。 

Bの方は暗褐色。

Bには前胸背の前縁にツヤのある横隆起があるように見えるが、Aは写真がしょぼくて不明。

 

スカシヒメが合ってればヘクソカズラグンバイと併せて2種プラスなのだが。

先生教えて下さい。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

海を飛ぶ蝶

2016年07月10日 18時30分43秒 | 

どんな理由があってこんなところを飛んでいるのか。

海を渡ると言えばイチモンジセセリの群れ、アサギマダラも長距離を移動することで有名だ。

さてこのジャコウアゲハは・・・?

そう言えば20年位前、イチモンジセセリの数千頭と思われる移動を埼玉で見た事があったがあれ以来見てない。

 

雨上がりにカメムシ

見たかったウズラカメムシ。

特に珍しいわけではないのだが何故か今まで見つけられなかった。

3カット撮ったら下にポロリ。

 

これはコブチヒメヘリカメムシかな?

この辺りはいつも悩む。

♂と

雌雄で色彩がかなり違う。(それとも成長度合いが違うのか)

 

周辺にもこんなのとか

こんなのとか

こんなのが

 

別の所では、、ヒメナガカメムシ?

小楯板は一様に黒くT模様が入ってないし・・・多分。 自信ない。(^^;)

 

久々のカメムシ探しでこの他に見つけたのは

コバネヒョウタンナガカメムシ、メダカナガカメムシ、ホオズキカメムシ、ホソハリカメムシ、マルカメムシ、クサギカメムシ、ナガメ・・・

普通種ばかりだが一応まあ楽しめたかな。

 

その他の虫達

ヒトツメヨコバイであってるかな?

 

ちょっと黒っぽいけどこいつはコガシラアワフキでいいだろうか

 

なんか自信の持てない虫ばかり・・・(って言うか何か最近真剣に同定してない)

そんでもって、こいつに至っては全く判らない。

ハムシハンドブックにはズバリは出てない。

しかもしっかり撮る前に落ちちゃったし・・。

(ヨツボシテントウダマシと教えていただきました 7/14追記)

 

まぁともかく、近いうち山の虫も一回は行っとこうか。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加